遊戯王カード考察:古代の機械蘇生(アンティーク・ギアリボーン)

何度もアンティーク・ギアの蘇生を狙える!

 

今回紹介するのはレイジング・テンペストよりこのカードです。

 

 

 

古代の機械蘇生
永続罠
①:「古代の機械蘇生」は自分フィールドに1枚しか表側表示で存在できない。
②:1ターンに1度、自分フィールドにモンスターが存在しない場合、
自分の墓地の「アンティーク・ギア」モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターを特殊召喚する。
この効果で特殊召喚したモンスターの攻撃力は200アップする。

 

アンティーク・ギア用の永続罠です。

アークファイブにおいてオベリスクフォースが使用したカードであり

その効果で古代の機械参頭猟犬を蘇生させました。

アニメではそのターンに墓地へ送られたモンスターしか蘇生できませんでしたが

他のプレイヤーのアンティーク・ギアも蘇生でき

バトルロイヤルルールで威力を発揮しました。

 

%e5%8f%a4%e4%bb%a3%e3%81%ae%e6%a9%9f%e6%a2%b0%e8%98%87%e7%94%9f

大地から稲妻と共に機械の手が這い上がろうとしています。

この手は恐らくは古代の機械巨人のフレームではないでしょうか。

 

 

①の効果は自分フィールドに1枚しか表側表示で存在できない制約です。

この為基本的には1ターンに1度しか②の効果を利用できませんが

古代の機械射出機などで破壊してしまえば連続での発動も可能です。

「古代の機械蘇生」の効果は1ターンに1度しか発動できない

と書かれるよりは少し緩めの制約だと言えるでしょう。

 

 

②の効果は1ターンに1度、自分の場にモンスターが存在しない場合に

墓地のアンティーク・ギア1体を攻撃力200アップさせて蘇生できます。

強化蘇生と同じくこのカードが破壊されても蘇生したモンスターは自壊せず

また強化蘇生と違い破壊されても攻撃力は上昇したままとなります。

自分の場にモンスターがいない場合にしか蘇生が出来ませんが、

上手くこのカードを場に残す事が出来れば複数回の蘇生も狙えます。

相手ターンにもモンスターを蘇生できる点も覚えておきましょう。

 

 

このカードで蘇生させるアンティーク・ギアの候補となるのは

まず第一に古代の機械飛竜でしょう。

蘇生させればそのままサーチ効果を発動可能であり

相手ターンに蘇生させれば下手に倒してしまうと次の自分ターンに

またこのカードで蘇生してサーチ効果を発動する事が可能になる為、

相手は迂闊にこのカードを破壊する事が出来なくなります。

 

同様に古代の機械魔神を蘇生させるのもオススメです。

完全耐性を持っている上に破壊すると特殊召喚効果が発動、

おまけに毎ターン1000ダメージを与えてくるという。

厄介極まりない壁として活躍してくれます。

 

古代の機械熱核竜や古代の機械巨竜も蘇生させる候補となります。

単純に攻撃力3200のアタッカーとして暴れさせる事が可能です。

特に3000打点を超える事が大事な相手では重宝します。

 

個人的に面白いと思っているのはトゥーンに採用する事です。

そう、トゥーン・アンティーク・ギアゴーレムです。

トゥーン・ワールドがある状態で相手ターンに蘇生できれば

次の自分ターンにそのまま3200打点で直接攻撃が可能です。

トゥーン・キングダムがあれば対象耐性と破壊耐性も付与可能で

仮にトゥーン・キングダムが無い状態であっても

貫通攻撃持ち3200打点として運用する事も可能です。

 

 

蘇生カードの中でも相当に優秀な部類に入る1枚です。

制約の関係上特に劣勢の時にこそ輝くカードだと言えるでしょう。

 

%e3%82%aa%e3%83%99%e3%83%aa%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%95%e3%82%a9%e3%83%bc%e3%82%b9%ef%bc%94

関連記事

遊戯王OCG新カード考察:Em(エンタメイジ)ハットトリッカー

エンタメイジ、アークファイブでも非常に印象深いテーマであり、 個人的に今回一番気になっているテ

記事を読む

衛生兵マッスラー:遊戯王カード考察  切り込み隊長投げ飛ばしてたあの人が変則的なデメリットアタッカーとして登場

今回紹介するのはサーキット・ブレイクよりこのカードです。    

記事を読む

弾帯城壁龍(ベルトリンク・ウォール・ドラゴン):遊戯王カード考察  カウンターの増減をしっかり把握しよう

今回紹介するのはEXTREME FORCE(エクストリーム・フォース)よりこのカードです。 &

記事を読む

トリックスター・ブラッディマリー:遊戯王カード考察  Sっぽいけど癒し系、でもその実ハンデスの布石となるえげつない子

Vジャンプ9月号の応募者全員サービスにおいて 遊戯王VRAINSのメインキャラクターである

記事を読む

炎王獣 ガネーシャ:遊戯王カード考察  強い事しか書いてない至れり尽くせりの1枚

今回紹介するのはサーキット・ブレイクよりこのカードです。    

記事を読む

遊戯王カード考察:星遺物-『星槍』(せいいぶつ せいそう) リンク用の強力な戦闘補助、回収もしやすい

今回紹介するのはフレイム・オブ・デストラクションよりこのカードです。   &n

記事を読む

遊戯王OCGテーマ考察:バージェストマ

カンブリア期(訳5億3千万年前)に存在していたといわれるバージェス動物群、 それをモチーフにし

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:EM(エンタメイト)ドラマチックシアター

脳筋こそエンタメイトの本質だと思うあなたへ・・・   3月19日に2016年度

記事を読む

遊戯王カード考察:セフィラ・メタトロン 実は結構いろんなデッキで使えるリンク3

今回紹介するのはLINK VRAINS PACK(リンク・ヴレインズ・パック)よりこのカードです。

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:破壊剣-ドラゴンバスターブレード

今回紹介するのはブレイカーズ・オブ・シャドウよりこのカードです。   &nbs

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

広告1

スポンサーリンク
遊戯王カード考察:エルフェーズ サイバネット・バックドアと相性よし リンク素材にするだけが芸じゃない

今回紹介するのはストラクチャーデッキ-マスター・リンク-よりこのカード

遊戯王カード考察:プロフィビット・スネーク 毎ターン回収可能な戦闘サポート

今回紹介するのはストラクチャーデッキ-マスター・リンク-よりこのカード

遊戯王VRAINS(ヴレインズ)第57話『雲上の決戦』感想

遊戯王ヴレインズ57話の感想です。  

遊戯王カード考察:シューティングコード・トーカー 攻撃力を上昇させるメリットがでかい

今回紹介するのはストラクチャーデッキ-マスター・リンク-よりこのカード

遊戯王カード考察:G戦隊 シャインブラック 意外と充実している地属性昆虫族通常モンスター

7月にジャンプビクトリーカーニバル2018が行われます。 今回紹

→もっと見る

    • 5,408,252 総合計アクセス数
PAGE TOP ↑