遊戯王OCGカード考察:サイバー・チュチュボン

儀式召喚の新しいお供

 

今回紹介するのはレイジング・テンペストよりこのカードです。

 

 

 

サイバー・チュチュボン
効果モンスター
星5/地属性/戦士族/攻1800/守1600
①:このカードは自分の手札・フィールドから
戦士族または天使族モンスター1体リリースして手札から特殊召喚できる。
②:このカードが儀式召喚のためにリリースされた場合、
自分の墓地の儀式魔法カード1枚を対象として発動できる。
そのカードを手札に加える。

 

 

地属性戦士族のレベル5モンスターです。

アークファイブにおいて天上院明日香がユーリ戦で使用し

機械天使の絶対儀式により手札と墓地で2回コストとなり

サイバー・エンジェル-那沙帝弥-2体の儀式召喚に貢献しました。

 

%e3%82%b5%e3%82%a4%e3%83%90%e3%83%bc%e3%83%bb%e3%83%81%e3%83%a5%e3%83%81%e3%83%a5%e3%83%9c%e3%83%b3

頭に2つの赤いボールがついた女の子のモンスターです。

サイバー・チュチュの上位版である事を意識してか

サイバー・チュチュよりも全体的に煌びやかな衣装になっています。

 

 

①は自分の手札かフィールドから戦士族か天使族1体をリリースする事で

手札からこのカード特殊召喚できるという効果です。

THEトリッキーと似た感じの特殊召喚条件ですが

あちらと違いコストに出来るのが戦士族か天使族限定である代わりに

フィールドのモンスターもコストにする事が可能です。

またTHEトリッキーが「手札を捨てる」のに対し

こちらは「リリースする」という違いも存在します。

これによりサイバー・エンジェル-韋駄天-や-弁天-の

リリースされた時に発動する効果を利用可能になっています。

 

 

②の効果はこのカードが儀式召喚の為にリリースされた場合に

墓地に存在する儀式魔法1枚を手札に加えるというものです。

特にサイバー・エンジェルにとっては儀式魔法が枯渇するケースも多く

使用した儀式魔法をすぐに回収できるこの効果は非常にありがたいです。

余談ですがこのカードと同じレベル5の儀式モンスターは

現状ではサイバー・エンジェル-那沙帝弥-以外では

カタストルの影霊衣しか存在しなかったりします。

もっと言えば同じく5の倍数となるレベル10のモンスターも

サイバー・エンジェル-美朱濡-以外ではイビリチュア・ジールギガスと

ディサイシブの影霊衣程度となります。

完全にレベルを合わせなくてもいい儀式魔法であれば問題はありませんが

レベルをピッタリ合わせる必要のある儀式魔法を使うのであれば

この効果を活かせるデッキは限られてくるでしょう。

 

 

どちらの効果も直接サイバー・エンジェルを指定する効果ではありませんが

種族やレベル、効果などが全体的にサイバー・エンジェルとかみ合っており

【サイバー・エンジェル】に採用してこそ真価を発揮できるカードと言えます。

レベル5の戦士族であり蛮族の狂宴LV5に対応している点も特徴です。

特にサイバー・エンジェル-美朱濡-の儀式召喚につなげたい場合に

2体一気に蘇生できる蛮族の狂宴LV5が活きて来るでしょう。

サイバー・エンジェル以外だと【カオス・ソルジャー】も戦士族がメインであり

覚醒の暗黒騎士ガイアと疾風の暗黒騎士ガイアの

リリースされた時の効果を利用できる為結構と高相性です。

ただレベルが合わない事が多くなる為超戦士の儀式は使い辛くなります。

 

 

いっその事②の効果を無視して手札から特殊召喚しやすいレベル5として

THEトリッキーの代わりに採用するというのも1つの手です。

戦士族である点やフィールドからもリリースできる点で差別化が図れ

特に不死武士を使うようなデッキであれば活かしやすいです。

 

逆に①の効果を捨てて儀式魔法のリリース要員に特化する手もあります。

墓地から儀式魔法を回収できるカードは中々貴重であり

儀式魔法が枯渇しやすいエスプリットでも採用が考えられます。

 

%e6%98%8e%e6%97%a5%e9%a6%99%ef%bc%93

関連記事

遊戯王アークファイブ第112話『笑顔あふれる街へ』感想

遊戯王ARC-V112話の感想です。 ノロの手配によりアカデミアに包囲されてしまった遊矢。

記事を読む

遊戯王OCG新カード考察:聖珖神竜(せいこうしんりゅう)スターダスト・シフル

今回紹介するのはVジャンプの応募者全員サービスよりこのカードです。   &nb

記事を読む

遊戯王VRAINS(ヴレインズ)第14話『ゴーストガールの誘い(いざない)』感想

遊戯王ヴレインズ第14話の感想です。 前回はマスコミが可哀想になっていましたね。 さてゴ

記事を読む

遊戯王OCG新カード考察:天空の虹彩

マスター・オブ・ペンデュラムより今回はこのカードの紹介です。    

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:真実の名

今回紹介するのはMILLENNIUM PACKよりこのカードです。   &nb

記事を読む

遊戯王OCG新カード考察:オッドアイズ・アブソリュート・ドラゴン

「マスター・オブ・ペンデュラム」の新カードの情報が出ました。 早速考察していきたいと思います。

記事を読む

ハック・ワーム:遊戯王カード考察  条件さえ満たせば複数展開可能!ジェスター・コンフィと一緒にどうぞ

今回紹介するのはコード・オブ・ザ・デュエリストよりこのカードです。   &nb

記事を読む

遊戯王カード考察:真竜皇V.F.D.(しんりゅうおう ザ・ビースト)

相手モンスターの効果を無効にしつつコストに!   今回紹介するのはマキシマム・

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:EM(エンタメイト)ラディッシュ・ホース

脳筋型エンタメイトのダークホース!   今回紹介するのはザ・ダーク・イリュージ

記事を読む

ダウンビート:遊戯王カード考察 トランスターンとの違いを把握しよう

ウミガメのスープって面白いですね。最近ハマってます。 今回紹介するのはEXTREME FORC

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

広告1

スポンサーリンク
輪廻のパーシアス:遊戯王カード考察 カウンター罠多めに採用すれば他のデッキにも

ストラクチャーデッキR-神光の波動-の発売にも近づいてまいりました。

遊戯王VRAINS(ヴレインズ)第19話『闇に葬られし事件』感想

遊戯王VRAINS19話の感想です。 リバースモンスターを駆使す

SW2.0:エイジ・オブ・グリモワール登場 新種族「ノーブルエルフ」「マナフレア」に新技能「グリモワール」「アーティサン」「アリストクラシー」

2017年9月20日、ソードワールド2.0の新しいサプリメント、

銃砲撃(ガン・キャノン・ショット):遊戯王カード考察 実にキースらしいイカサマカード

今回紹介するのはデュエリストパック-レジェンドデュエリスト編2-よりこ

究極変異態・インセクト女王(クィーン):遊戯王カード考察 ちゃんとトークン守備表示で出せます

こちらはなんとか台風が通過しました。 でもまた少し暑くなってきま

→もっと見る

    • 4,629,071 総合計アクセス数
PAGE TOP ↑