遊戯王OCGカード考察:デストーイ・ハーケン・クラーケン

かゆい所に手が届くデストーイ!

 

今回紹介するのはフュージョン・エンフォーサーズよりこのカードです。

 

 

 

デストーイ・ハーケン・クラーケン
融合・効果モンスター
星8/水属性/悪魔族/攻2200/守3000
「エッジインプ」モンスター+「ファーニマル」モンスター
①:1ターンに1度、相手フィールドのモンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターを墓地へ送る。
この効果を発動するターン、このカードは直接攻撃できない。
②:このカードは1度のバトルフェイズ中に2回攻撃できる。
③:このカードが戦闘を行ったバトルフェイズ終了時に発動できる。
このカードを守備表示にする。

 

 

魔物の爪よ 悪魔の使徒と1つとなりて
新たな力と姿を見せよ!融合召喚!
現れ出ちゃえ!自由を奪い闇に引き込む海の悪魔!
デストーイ・ハーケン・クラーケン!!

 

デストーイのレベル8融合モンスターです。

アークファイブにおいて紫雲院素良がキャプテン・ソロ戦で使用し

エッジインプ・トマホークとファーニマル・オクトを素材に融合召喚され

遊矢のEM大加勢によって攻撃力を上昇させた上で

2回攻撃によってキャプテン・ソロを撃破しました。

アニメでは融合素材がカード名で指定されていましたが

OCG化に伴い素材が緩くなっており効果も追加されています。

 

%e3%83%87%e3%82%b9%e3%83%88%e3%83%bc%e3%82%a4%e3%83%8f%e3%83%bc%e3%82%b1%e3%83%b3%e3%82%af%e3%83%a9%e3%83%bc%e3%82%b1%e3%83%b3

全身に刃物をつけた紫色のイカです。

ハーケンというのはドイツ語で「鉤」の事を指しますが

元がエッジインプ・トマホークを素材にしている事もあり

どちらかと言えば斧や鎌に近い形状の刃物を装備しています。

恐らくはUFOロボグレンダイザーのダブルハーケンの影響と

ハーケン・クラーケンという韻の踏みを重視した結果でしょう。

 

 

融合素材としてエッジインプ1体とファーニマル1体を要求します。

デストーイの中でも特に緩い素材指定であり

エッジインプ・トマホークも積極的に融合素材に利用できます。

レベル8なのでデストーイ・マーチでも融合召喚可能です。

 

 

①は1ターンに1度、相手モンスター1体を墓地へ送る除去効果です。

除去手段がデストーイ・シザー・タイガー頼りだった中で

破壊耐性持ちにも対処できる貴重な除去手段となります。

この効果を発動するターンは直接攻撃出来ないデメリットがあるので

相手のモンスターの数や状況に合わせて

他のデストーイと上手く使い分けていくといいでしょう。

 

 

②の効果は1度のバトルフェイズに2回攻撃できる効果です。

デストーイ・シザー・ウルフの効果をコンパクトにしたようなもので

あちらと違い最大でも2回しか攻撃できませんが

シザーウルフよりも攻撃力が200高い2200打点で攻撃が可能です。

①の効果のデメリットを考えると直接攻撃で大ダメージを狙うよりも

残ったモンスターを戦闘破壊する方が向いているでしょう。

 

 

③の効果はこのカードが戦闘を行ったバトルフェイズ終了時に

このカードを守備表示にできるというものです。

アタッカーにしつつ守備力3000を活かして壁にする事もできる

地味ながらもありがたい効果です。

 

 

このカードの最大の特徴は一度融合召喚してしまえば

特殊召喚に制約がなく、また融合召喚以外で特殊召喚しても

その性能を最大限に発揮できる事にあります。

特にデストーイ・サーベル・タイガーとの相性が抜群で

このカードを蘇生させる事で除去効果を利用しつつ

攻撃力2600で2回攻撃が可能となります。

それ以外でも死者蘇生などの蘇生カードを利用できる他、

コストとして除外した後も闇次元の解放やD・D・Rなどで

除外したハーケンクラーケンを特殊召喚し

その効果を発揮しつつ再びコストとして再利用する事も可能です。

 

 

緩い融合素材指定に破壊以外での除去効果、蘇生のしやすさなど

ファーニマルの痒い所に手が届く非常に小回りの効くカードです。

 

%e7%b4%a0%e8%89%af%ef%bc%97

関連記事

遊戯王OCG新カード考察:チェーン・リゾネーター

今回紹介するのはハイスピード・ライダーズよりこのカードです。    

記事を読む

遊戯王アークファイブ第118話『サバイバル・デュエル』感想

遊戯王ARC-V118話の感想です。 お盆休みに実家に帰っていた為記事の作成が遅れてしまいまし

記事を読む

ペンデュラムーチョ:遊戯王カード考察

これからはレベル1ペンデュラムの時代だ!   今回紹介するのはマキシマム・クラ

記事を読む

遊戯王OCG新カード考察:矮星竜 プラネター

クラッシュ・オブ・リベリオン、いよいよ今日発売ですね。 今回はこのカードの解説です。 &

記事を読む

遊戯王OCG新カード考察:超重武者ツヅ-3(ミ)

今回紹介するのはディメンション・オブ・カオスよりこのカードです。   &nbs

記事を読む

恐獣の鼓動と一緒に揃えておきたいカードは?新マスタールールでも十分戦えるぞ!

明日2月25日にストラクチャーデッキR-恐獣の鼓動-が発売されます。 収録されるカードは以下の

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:花札衛(カーディアン)-萩に猪-、花札衛-紅葉に鹿-、花札衛-牡丹に蝶-

これでもっとエンジョイできる!   今回紹介するのはインベイジョン・オブ・ヴェ

記事を読む

トワイライトロード・シャーマン ルミナス:遊戯王カード考察  ライトロードに新しい展開手段が増えました

今回紹介するのはコード・オブ・ザ・デュエリストよりこのカードです。   &nb

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:九十九スラッシュ

耐えて、耐えて、耐えて……耐えて耐えて、耐えた甲斐あった!! 耐えた、耐えた、耐えた耐えた、耐えた

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:EM(エンタメイト)モモンカーペット

史上初となるペンデュラムのリバースモンスター!   昨日のアークファイブは残念

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

広告1

スポンサーリンク
    • 4,301,291 総合計アクセス数
PAGE TOP ↑