遊戯王OCG新カード考察:ライトロード・セイント ミネルバ

シンクロ次元篇、続きが気になって仕方ありません。

毎回予告がずるいんですよアークファイブって。

 

今回紹介するのはクラッシュ・オブ・リベリオンよりこのカードです。

 

ライトロード・セイント ミネルバ
エクシーズ・効果モンスター
ランク4/光属性/天使族/攻2000/守 800
レベル4モンスター×2
「ライトロード・セイント ミネルバ」の①②の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
①:このカードのX素材を1つ取り除いて発動できる。
自分のデッキの上からカードを3枚墓地へ送る。
その中に「ライトロード」カードがあった場合、
その数だけ自分はデッキからドローする。
②:このカードが戦闘または相手の効果で破壊された場合に発動できる。
自分のデッキの上からカード3枚を墓地へ送る。
その中に「ライトロード」カードがあった場合、
その数までフィールドのカードを選んで破壊できる。

 

 

無垢な少女であったミネルバがまるで男を知ったかのような美しい美人に!

優しく微笑みかけてる絵なんでしょうがなんとなくドヤ顔に見えるのは自分だけでしょうか?

こっそり魔法使い族から天使族になっているのもポイントです。

 

ライトロードもE-HEROと同じく随分と息の長いテーマですね。

初登場時から今でもいまだに一線級で活躍し続けています。

ちょくちょく大会にも顔を載せてるのも見かけますし本当に恐ろしいテーマです。

 

 

シンクロに引き続き登場したライトロードのエクシーズモンスターです。

レベル4であれば何でも素材に出来ますが効果はライトロードに関係するものです。

ライトロード・メイデン ミネルバの強化形態ですがミネルバはレベル3なので、

ミネルバを素材にエクシーズするにはEMプラスタートルとかの力を借りねばなりません。

ランク3であればライトロード・サモナー ルミナスからエクシーズ召喚に繋げれたので、

ランク3でないというのはちょっと残念かもしれませんね。

強力無比なカードという事には変わりありませんが。

 

①の効果はX素材を取り除いて墓地から3枚カードを送り、

その中のライトロードカードの数だけデッキからドローできる効果です。

落としたカードがライトロード・アーチャー フェリスや

ライトロード・ビースト ヴォルフであれば膨大なアドバンテージになります。

事故要因になりがちなこの2枚ですがライトロード・セイント ミネルバを使うのであれば、

是非とも投入したい2枚でもあります。

 

②の効果は戦闘か相手の効果で破壊された時に同じくデッキから3枚墓地へ送り、

落としたライトロードの数だけフィールドのカードを選んで破壊できる効果です。

「選んで破壊」なので対象を取らない効果なのがまた強力です。

不確定な効果ではありますが、だからといって相手からすれば、

こんな物騒な効果持ち、迂闊に破壊する事はできないでしょう。

戦闘で破壊されてもいいのでエクシーズ素材を使い切った場合は自爆特攻するのも手です。

 

効果の関係上デッキにおけるライトロードの割合が多ければ多いほど効果を発揮するカードです。

ただ純粋なライトロードで組んでしまうとレベル4を2体揃えるのにそこそこ苦労します。

上手くフェリスやヴォルフが落ちれば揃えやすいんですけどね。

なので展開をサポートする他のレベル4モンスターを入れる方が出しやすいです。

ドロー効果や破壊効果に注目しがちですが単純な墓地肥やしとしても十分に強力な効果です。

なので墓地利用の多いデッキならばライトロードがあまり入っていなくても採用する価値があります。

現在巷を賑わせているEmトリック・クラウンとH・C サウザンド・ブレードとの相性は抜群です。

このカードを呼びやすくなるだけでなくこの2つのカードを墓地に送るのに貢献してくれます。

エースカードとして十分すぎるスペックを誇っているので安定性の為に、

裁きの龍をデッキから抜く選択肢は十分にあると思います。

 

 

以下は個人的に相性がいいと思われるカードを挙げていきます。

※カード名をクリックでwikiを表示します

 

 

スキル・プリズナー

②の効果が相手への牽制になるといっても昨今は鳥銃士カステルや

No.101 S・H・Ark Knightなどで簡単に除去されてしまいます。

場持ちを維持したい場合はこのカードの出番です。

ミネルバの効果で墓地に落ちたとしても無駄にならないのがポイントです。

 

 

虚空海竜リヴァイエール

デッキにライトロードを多く採用したいと考えた場合、

ルミナスをはじめとするレベル3のライトロードも入れたくなるでしょう。

ランク3のエクシーズ召喚をしたいと思った時にオススメのカードです。

除外したレベル4のモンスターをフィールドに出せば、

そこからライトロード・セイント ミネルバのエクシーズに繋げれます。

超電磁タートルやEmダメージ・ジャグラーを採用しているならば、

復活させる対象には困らないでしょう。

リヴァイエールの他にもH・C サウザンド・ブレードを採用している場合、

M.X-セイバー インヴォーカーもオススメできます。

関連記事

遊戯王OCGカード考察:沈黙の魔術師-サイレント・マジシャン、サイレント・バーニング

手札を維持して攻撃力を確保しろ!   今回紹介するのはデュエリストパック-王の

記事を読む

リンクリボー:遊戯王カード考察  レベル1モンスターの活用手段がまた増えました

今回紹介するのは8月4日に発売される最強ジャンプの付録となるこのカードです。  

記事を読む

遊戯王OCG新カード考察:竜呼(りゅうこ)相打つ

今回紹介するのはブレイカーズ・オブ・シャドウよりこのカードです。   &nbs

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:光の導き

メぇぇぇ~~~リぃぃぃぃクリっスマぁぁぁーーースぅ!! 今回紹介するのはシャイニング・ビクトリ

記事を読む

遊戯王OCG新カード考察:疾走の暗黒騎士ガイア

今回紹介するのはディメンション・オブ・カオスよりこのカードです。   &nbs

記事を読む

遊戯王カード考察:競闘(きょうとう)-クロス・ディメンション アルティメット・パウンドと相性抜群

デュエリストパック-レジェンドデュエリスト編2-、いよいよ明日発売です。 今回紹介するのはそん

記事を読む

遊戯王VRAINS(ヴレインズ)第32話『ハノイの塔』感想

遊戯王ヴレインズ32話の感想です。 リボルバーに敗れ去ってしまったゴーストガール。 彼女

記事を読む

遊戯王OCG新カード考察:覚醒の暗黒騎士ガイア

今回はVジャンプ9月号の付属カードであるこのカードの紹介です。    

記事を読む

遊戯王カード考察:嵐竜の聖騎士(ナイト・オブ・ストームドラゴン) サイバース・ウィッチから簡単に出せます

今回紹介するのはCYBERNETIC HORIZONよりこのカードです。  

記事を読む

遊戯王アークファイブ第135話『揺れ動く次元』感想

遊戯王ARC-V135話の感想です。 頼みのダーク・リベリオン・エクシーズ・ドラゴンを奪われて

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

広告1

スポンサーリンク
遊戯王カード考察:エルフェーズ サイバネット・バックドアと相性よし リンク素材にするだけが芸じゃない

今回紹介するのはストラクチャーデッキ-マスター・リンク-よりこのカード

遊戯王カード考察:プロフィビット・スネーク 毎ターン回収可能な戦闘サポート

今回紹介するのはストラクチャーデッキ-マスター・リンク-よりこのカード

遊戯王VRAINS(ヴレインズ)第57話『雲上の決戦』感想

遊戯王ヴレインズ57話の感想です。  

遊戯王カード考察:シューティングコード・トーカー 攻撃力を上昇させるメリットがでかい

今回紹介するのはストラクチャーデッキ-マスター・リンク-よりこのカード

遊戯王カード考察:G戦隊 シャインブラック 意外と充実している地属性昆虫族通常モンスター

7月にジャンプビクトリーカーニバル2018が行われます。 今回紹

→もっと見る

    • 5,408,252 総合計アクセス数
PAGE TOP ↑