遊戯王OCGカード考察:重装甲列車アイアン・ヴォルフ

新しい機械族ランク4候補!

 

今回紹介するのはレイジング・テンペストよりこのカードです。

 

 

 

重装甲列車アイアン・ヴォルフ
エクシーズ・効果モンスター
ランク4/地属性/機械族/攻2200/守2200
機械族レベル4モンスター×2
①:1ターンに1度、このカードのX素材を1つ取り除き、
自分フィールドの機械族モンスター1体を対象として発動できる。
このターン、自分はそのモンスターでしか攻撃できず、
そのモンスターは直接攻撃できる。
②:このカードが相手によって破壊され墓地へ送られた場合に発動できる。
デッキから機械族・レベル4モンスター1体を手札に加える。

 

 

難攻不落の鉄くろがねの城よ
地響き立てて敵兵うごめく鉄路を行け!
エクシーズ召喚!現れろ、ランク4!
重装甲列車アイアン・ヴォルフ!

 

地属性機械族のランク4エクシーズモンスターです。

アークファイブにおいて神月アレンがタイラー姉妹戦で使用し

直接攻撃を狙いましたが残念ながら阻まれてしまいました。

アニメではサーチ効果がありませんでしたが、

その代わりに攻撃に制約がありませんでした。

いわゆる「列車」の系譜なのですがZEXALのアンナは

レベル4のカードも使っていながら使っている関連するエクシーズは

ランク10のものだけでランク4の列車エクシーズはありませんでした。

そんな中アークファイブのアレンがこのカードを使い、

ランク4の列車エクシーズの保管をした形になります。

 

%e9%87%8d%e8%a3%85%e7%94%b2%e5%88%97%e8%bb%8a%e3%82%a2%e3%82%a4%e3%82%a2%e3%83%b3%e3%83%bb%e3%83%b4%e3%82%a9%e3%83%ab%e3%83%95

金色の狼の顔が前面に、銀色の狼の顔が側面に施された

群青を基調とする列車です。

なんとなく勇者シリーズに出てきそうな外見をしていますね。

アイアン・ヴォルフとは「鉄の狼」という意味なのですが

アイアンは英語でヴォルフはドイツ語というごちゃまぜっぷりです。

ちなみに両方とも英語だとアイアン・ウルフ、

両方ともドイツ語だとアイゼン・ヴォルフになります。

 

 

エクシーズ素材にはレベル4の機械族2体を要求します。

レベル4の機械族にはゴールドガジェット、シルバーガジェット、

ブリキンギョなどがいるのでエクシーズ召喚は難しくないでしょう。

ギアギガントXと同じ素材指定でありあちらを採用しているデッキならば

アイアンヴォルフも問題なく出す事が出来ます。

 

 

①の効果は1ターンに1度、オーバーレイユニットを1つ消費する事で

自分の場の機械族モンスター1体を選択、

そのターン選択したモンスター以外攻撃できない代わりに

直接攻撃を可能にするというものです。

このカード自身も対象にする事が可能であり

最低でも攻撃力2200のダイレクトアタッカーを生み出せます。

 

 

②の効果はこのカードが相手によって破壊されて墓地に送られた場合に

デッキからレベル4の機械族1体をサーチするというものです。

サーチ効果としては能動的に発動できない分ギアギガントXに譲りますが

このカードが破壊されても再びエクシーズ素材を揃えて、

再度エクシーズ召喚を狙っていく事が可能です。

 

 

特に一族の結束やネジマキシキガミを採用している等で

機械族で統一しているデッキには超量機獣エアロボロスや

ギアギガントXに続く新たなランク4候補となってくれるでしょう。

相手の場にステータスの高いモンスターがいる等で突破が困難な場合に

それを無視して直接攻撃を仕掛ける要員として働けます。

それ以外でもギアギガントXを使い切った後に

4枚目以降の後続に繋げられるカードとしてもお世話になるでしょう。

 

 

Sinサイバー・エンド・ドラゴンとは制約の面でも噛み合っており

フィールド魔法を用意できれば攻撃力4000でダイレクトアタックできます。

これにリミッター解除も付ければ攻撃力8000で1キルを達成できます。

アイアンヴォルフ自身もリミッター解除を使えば4400で直接攻撃可能であり

この点がダーク・リベリオン・エクシーズ・ドラゴンや

No.82 ハートランドラコとの大きな差別点になってきます。

それ以外でも一族の結束や豪腕特急トロッコロッコで強化できれば

3回直接攻撃できれば相手のライフを削りきる事が可能です。

幸いレベル4の機械族にはSRメンコートという防御カードもある為、

ダメージレースに特化したデッキを構築してみるのも面白いと思います。

 

%e3%83%99%e3%83%ab%e3%82%af%e3%82%ab%e3%82%a4%e3%82%b6%e3%83%bc

関連記事

遊戯王OCG新カード考察:ペンデュラム・コール

マスター・オブ・ペンデュラムの発売も近づいて来ましたね。 可変機獣 ガンナードラゴンが入ってる

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:王者の調和(キングス・シンクロ)

大型シンクロで奇襲しろ!   今回紹介するのはインベイジョン・オブ・ヴェノムよ

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:No.(ナンバーズ)77 ザ・セブン・シンズ

本来ならば来年の2016年に発売されるプレミアムパック18。 しかし2015年の12月19日と

記事を読む

遊戯王カード考察:インヴェルズ・オリジン 激流葬あたりと組み合わせよう

今回紹介するのはLINK VRAINS PACK(リンク・ヴレインズ・パック)よりこのカードです。

記事を読む

【チェーンバーン(遊戯王世界大会2017)】:大会で活躍したあのデッキを検証

Yu-Gi-Oh! World Championship 2017 大規模な遊戯王の世界大会が

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:DD魔導賢者コペルニクス

今回紹介するのはペンデュラム・ドミネーションよりこのカードです。   &nbs

記事を読む

幻想魔術師(マジカルイリュージョニスト)・ノー・フェイス:遊戯王カード考察 サクリファイス用の優秀な蘇生要員

なんかまた暑くなってきました? 今回紹介するのはデュエリストパック-レジェンドデュエリスト編2

記事を読む

2016年度遊戯王OCG検定終了、面白かった問題やwikiと裁定の違う問題に関して

4月25日から5月9日までの間、2016年度の遊戯王OCG検定が実施されていました。 28問全

記事を読む

遊戯王アークファイブ第111話『ペンデュラムハート』感想

遊戯王ARC-V110話の感想です。 絶対エンタメなんかに負けたりしないと意気込むエド総司令官

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:ゴヨウ・ディフェンダー

今回紹介するのはブレイカーズ・オブ・シャドウよりこのカードです。   &nbs

記事を読む

Comment

  1. 匿名 より:

    破壊場所に指定が無いからX召喚自体を無効にして破壊されても後続に繋げられるのはギアギガントXと比べた場合の強み。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

広告1

スポンサーリンク
遊戯王カード考察:エルフェーズ サイバネット・バックドアと相性よし リンク素材にするだけが芸じゃない

今回紹介するのはストラクチャーデッキ-マスター・リンク-よりこのカード

遊戯王カード考察:プロフィビット・スネーク 毎ターン回収可能な戦闘サポート

今回紹介するのはストラクチャーデッキ-マスター・リンク-よりこのカード

遊戯王VRAINS(ヴレインズ)第57話『雲上の決戦』感想

遊戯王ヴレインズ57話の感想です。  

遊戯王カード考察:シューティングコード・トーカー 攻撃力を上昇させるメリットがでかい

今回紹介するのはストラクチャーデッキ-マスター・リンク-よりこのカード

遊戯王カード考察:G戦隊 シャインブラック 意外と充実している地属性昆虫族通常モンスター

7月にジャンプビクトリーカーニバル2018が行われます。 今回紹

→もっと見る

    • 5,406,821 総合計アクセス数
PAGE TOP ↑