遊戯王OCGカード考察:パラサイト・フュージョナー

久々に登場した融合素材代用モンスター

 

今回紹介するのはレイジング・テンペストよりこのカードです。

 

 

 

パラサイト・フュージョナー
効果モンスター
星1/闇属性/昆虫族/攻   0/守   0
このカードは、このカードの①の効果を適用する場合のみ融合素材にできる。
①:このカードは、融合モンスターカードに
カード名が記された融合素材モンスター1体の代わりにできる。
その際、他の融合素材モンスターは正規のものでなければならない。
②:このカードが特殊召喚に成功した場合に発動できる。
融合モンスターカードによって決められた、
このカードを含む融合素材モンスターを自分フィールドから墓地へ送り、
その融合モンスター1体をエクストラデッキから融合召喚する。

 

 

レベル1、闇属性の昆虫族モンスターです。

アークファイブにおいてドクトルが開発したモンスターであり

人間の脳内に侵入して寄生、宿主を洗脳するという恐ろしいカードです。

ドクトルはこのモンスター柚子、セレナ、リン、瑠璃に寄生させ

洗脳し意のままに操っていました。

デュエルにおいてもこのカードはWW-クリスタル・ベルや

LL-インディペンデント・ナイチンゲールの融合素材として利用され

おっぱいに張り付いたりおっぱいに巻き付いたりしてました。

月光にも張り付いて欲しいと思った奴絶対いるよな?

アニメではこのカードを素材にした融合モンスターに装備され

破壊の身代わりになる効果がありましたがOCG化に伴い

残念ながらそれらの効果はオミットされています。

 

 

%e3%83%91%e3%83%a9%e3%82%b5%e3%82%a4%e3%83%88%e3%83%bb%e3%83%95%e3%83%a5%e3%83%bc%e3%82%b8%e3%83%a7%e3%83%8a%e3%83%bc

中々にグロテスクな形をした寄生虫です。

これが耳から脳に侵入してくるのだから恐いです。

アニメでは前足で宿主の脳をグサりと刺して洗脳しようとしています。

耳の穴に侵入できるぐらいには小さいのですが

カードとして召喚された場合には手のひらぐらいの大きさになっています。

 

 

①の効果はこのカードを融合素材にする場合、融合モンスターカードに

カード名が記された融合素材の代わりになる融合素材代用効果です。

また同時にこの効果で融合素材の代用になる場合以外では

融合素材に出来ないという効果外テキストの制約も存在します。

この制約がかなり厄介でスターヴ・ヴェノム・フュージョン・ドラゴンや

D-HERO デッドリー・ガイの融合素材として利用できません。

 

 

②の効果はこのカードが特殊召喚に成功した場合に

このカードを含む融合素材をフィールドから墓地に送る事で

融合モンスターを融合カード無しで融合召喚できるというものです。

この効果を発動する為にはこのカードを特殊召喚する必要がありますが

レベル1の為ワン・フォー・ワンや金華猫に対応していますので

特殊召喚自体はそれほど難しくはないでしょう。

特に金華猫に対応しているのは美味しい点で

他の融合素材を確保できるならば金華猫でこのカードを蘇生させる事で

繰り返しこの効果による融合召喚を狙っていく事も可能です。

 

 

攻撃力守備力がともに0でありダーク・バーストや悪夢再びに対応していますが

金華猫で蘇生させる事を考えると墓地にあった方が都合がいいかもしれません。

融合素材以外では特に制約が無いのでいざという時には

デブリ・ドラゴンやカメンレオンで蘇生させてシンクロ素材にするのも手です。

 

 

 

このカードを扱う場合特に融合素材代用効果についての認識が大事になってきます。

融合素材代用効果自体は沼地の魔神王や融合呪印生物など

様々なモンスターが持つ伝統的な効果なのですが

結構間違えやすいポイントが多いので正しい知識を知っている必要があります。

まず「融合モンスターカードにカード名が記された融合素材モンスター」というのは

ルーンアイズ・ペンデュラム・ドラゴンを例に出してみると

 

ルーンアイズ・ペンデュラム・ドラゴン
融合・効果モンスター
星8/闇属性/ドラゴン族/攻3000/守2000
「オッドアイズ・ペンデュラム・ドラゴン」魔法使い族モンスター

 

この赤字部分のように融合素材として

あるモンスターの固有名がしっかりと書かれたカードが該当します。

逆を言えば青字部分のように種族や属性、

もしくは「オッドアイズ」モンスターのようにカテゴリ名が記されている場合

それらの融合素材の代わりになる事が出来ません。

特に最近の融合カードは固有名が指定されている事が少ない為、

融合素材の代用に出来るかどうかはチェックしておく必要があります。

 

もう1つの注意点として

「このカードは上記のカードを融合素材とした融合召喚でのみ特殊召喚できる。」

というテキストの書かれた融合モンスターに対しては

パラサイト・フュージョナーのような融合素材代用モンスターは利用できません。

例として月光舞豹姫や月光舞獅子姫が該当している為注意しましょう。

特に切り札級のモンスターにはこのテキストが書かれている事が多いです。

 

 

で、融合素材代用モンスターについて理解すると分かってくるのですが

このカードを有効に使える融合モンスター、相当に限られてきます。

特に9期に登場した融合モンスターとなると上述のルーンアイズ以外では

同じくレイジング・テンペストに登場したWW-クリスタル・ベルや

竜破壊の剣士-バスター・ブレイダーや一部のデストーイ程度です。

このうちルーンアイズはレベル1メインのデッキであれば

金華猫とジェスター・コンフィがあれば出せる為結構狙い目となります。

他にもサクリファイスを儀式召喚してからそれを素材にして

サウザンド・アイズ・サクリファイスの融合召喚につなげると

2体分の除去効果を使いつつロックを形成していく事が可能です。

 

このカードを使う上で特に個人的にオススメなのが異星の最終戦士です。

効果が非常に強力な上、どちらの融合素材の代用になる事も可能であり

元々異星の最終戦士を出すデッキに特殊召喚用のカードと一緒に

このカードを混ぜる事でより安定して出しやすくなるでしょう。

%e3%83%9e%e3%83%ab%e3%82%b3%e5%85%88%e7%94%9f

きっとマルコ先生ならこのカードを使いこなしてくれるはずです

 

またリビングデッドの呼び声などでこのカードを特殊召喚する事で

相手ターンに融合召喚を狙っていく事も可能です。

前述の異星の最終戦士で不意打ち気味に相手の展開を妨害できる他、

デストーイ・シザー・タイガーも相手のカードを複数破壊する事で

展開の妨害につなげられる為相手ターンに融合召喚する価値があります。

 

 

中々扱いの難しいカードではありますが中々にオンリーワンな性能を持っており

今後登場する融合モンスター次第でも化ける可能性を秘めたカードです。

是非ともこのパラサイト・フュージョナーを使いこなして

おっぱいに張り付いていきましょう。

関連記事

亡龍の戦慄(ぼうりゅうのせんりつ)-デストルドー  単純にレベル7チューナーとしても便利な上に自己蘇生効果つき

今回紹介するのはサーキット・ブレイクよりこのカードです。    

記事を読む

遊戯王カード考察:ドラグニティ・ドライブ 特殊召喚の制約はまあなんとかなります

今回紹介するのはCYBERNETIC HORIZONよりこのカードです。  

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:EM(エンタメイト)モモンカーペット

史上初となるペンデュラムのリバースモンスター!   昨日のアークファイブは残念

記事を読む

遊戯王OCGテーマ考察:サイバー・エンジェル “閃光の決闘者編”

ARC-VにGXからなんと天上院明日香が登場する事になりました! その影響もあってかサイバー・

記事を読む

遊戯王カード考察:グレートフライ このカードの登場待ちわびてた人も多いよね

今回紹介するのはフレイム・オブ・デストラクションよりこのカードです。   &n

記事を読む

遊戯王カード考察:電網(でんもう)の落とし穴 腐るケースはかなり少ないと思います

今回紹介するのはフレイム・オブ・デストラクションよりこのカードです。   &n

記事を読む

遊戯王アークファイブ第130話『欲深き猛毒龍』感想

遊戯王ARC-V130話の感想です。 インチキカードによって遊矢の暴走を止めた遊勝は 柚

記事を読む

遊戯王OCGテーマ考察:化合獣(かごうじゅう) ”インベイジョン・オブ・ヴェノム”

インベイジョン・オブ・ヴェノムに新しいテーマ「化合獣」が登場します。 なんとデュアルモンスター

記事を読む

弾帯城壁龍(ベルトリンク・ウォール・ドラゴン):遊戯王カード考察  カウンターの増減をしっかり把握しよう

今回紹介するのはEXTREME FORCE(エクストリーム・フォース)よりこのカードです。 &

記事を読む

遊戯王アークファイブ第63話『捕獲者の王「ゴヨウ・キング」』感想

遊戯王ARC-V63話の感想です。 前回黒咲が「貴様、丸腰で逃げる気か?」と言って渡すものが

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

広告1

スポンサーリンク
遊戯王カード考察:エルフェーズ サイバネット・バックドアと相性よし リンク素材にするだけが芸じゃない

今回紹介するのはストラクチャーデッキ-マスター・リンク-よりこのカード

遊戯王カード考察:プロフィビット・スネーク 毎ターン回収可能な戦闘サポート

今回紹介するのはストラクチャーデッキ-マスター・リンク-よりこのカード

遊戯王VRAINS(ヴレインズ)第57話『雲上の決戦』感想

遊戯王ヴレインズ57話の感想です。  

遊戯王カード考察:シューティングコード・トーカー 攻撃力を上昇させるメリットがでかい

今回紹介するのはストラクチャーデッキ-マスター・リンク-よりこのカード

遊戯王カード考察:G戦隊 シャインブラック 意外と充実している地属性昆虫族通常モンスター

7月にジャンプビクトリーカーニバル2018が行われます。 今回紹

→もっと見る

    • 5,407,382 総合計アクセス数
PAGE TOP ↑