遊戯王OCGテーマ考察:霊魂(エスプリット)

史上初のスピリットテーマにして儀式テーマでもるエスプリット、

前回に一度霊魂鳥神-彦孔雀についての記事を書きましたが

レイジング・テンペストに収録されたエスプリットが全て判明した為

改めて今回紹介したいと思います。

 

 

 

霊魂鳥-忍鴉(エスプリット・バード しのびがらす)
スピリット・効果モンスター
星4/風属性/鳥獣族/攻   0/守   0
このカードは特殊召喚できない。
①:1ターンに1度、このカードが相手モンスターと戦闘を行う
ダメージステップ開始時からダメージ計算前までに、
手札からスピリットモンスター1体を捨てて発動できる。
このカードの攻撃力・守備力はバトルフェイズ終了時まで、
捨てたモンスターの攻撃力・守備力のそれぞれの数値分アップする。
②:このカードが召喚・リバースしたターンのエンドフェイズに発動する。
このカードを持ち主の手札に戻す。

 

 

霊魂鳥-伝鳩(エスプリット・バード つたえばと)
スピリット・効果モンスター
星4/風属性/鳥獣族/攻1000/守1800
このカードは特殊召喚できない。
①:1ターンに1度、このカード以外の
フィールドのスピリットモンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターを持ち主の手札に戻す。
②:このカードが召喚・リバースしたターンのエンドフェイズに発動する。
このカードを持ち主の手札に戻す。

 

 

霊魂鳥-巫鶴(エスプリット・バード かんなぎつる)
スピリット・効果モンスター
星4/風属性/鳥獣族/攻1500/守1500
このカードは特殊召喚できない。
①:1ターンに1度、このカードがモンスターゾーンに存在し、
このカード以外のスピリットモンスターが召喚・特殊召喚に成功した場合に発動できる。
自分はデッキから1枚ドローする。
②:このカードが召喚・リバースしたターンのエンドフェイズに発動する。
このカードを持ち主の手札に戻す。

 

霊魂鳥神-彦孔雀(エスプリット・ロード ひこくじゃく)
儀式・スピリット・効果モンスター
星8/風属性/鳥獣族/攻3000/守2500
「霊魂の降神」により降臨。
このカードは儀式召喚でしか特殊召喚できない。
①:このカードが儀式召喚に成功した場合に発動できる。
相手フィールドのモンスター3体まで選んで持ち主の手札に戻す。
その後、手札からレベル4以下のスピリットモンスター1体を
召喚条件を無視して特殊召喚できる。
②:このカードが特殊召喚したターンのエンドフェイズに発動する。
このカードを持ち主の手札に戻し、自分フィールドに
「霊魂鳥トークン」(鳥獣族・風・星4・攻/守1500)2体を特殊召喚する。

 

 

霊魂鳥神-姫孔雀(エスプリット・ロード ひめくじゃく)
儀式・スピリット・効果モンスター
星8/風属性/鳥獣族/攻2500/守3000
「霊魂の降神」により降臨。
このカードは儀式召喚でしか特殊召喚できない。
①:このカードが儀式召喚に成功した場合に発動できる。
相手フィールドの魔法・罠カードを3枚まで選んで持ち主のデッキに戻す。
その後、デッキからレベル4以下のスピリットモンスター1体を
召喚条件を無視して特殊召喚できる。
②:このカードが特殊召喚したターンのエンドフェイズに発動する。
このカードを持ち主の手札に戻し、自分フィールドに
「霊魂鳥トークン」(鳥獣族・風・星4・攻/守1500)2体を特殊召喚する。

 

 

霊魂の降神(エスプリット・コーリング)
儀式魔法
「霊魂鳥神-姫孔雀」「霊魂鳥神-彦孔雀」の降臨に必要。
①:レベルの合計が儀式召喚するモンスターのレベル以上になるように、
自分の手札・フィールドのモンスターをリリース、
またはリリースの代わりに自分の墓地のスピリットモンスターを除外し、
手札から「霊魂鳥神-姫孔雀」または「霊魂鳥神-彦孔雀」を儀式召喚する。

 

 

霊魂の拠所(エスプリット・パワースポット)
永続魔法
「霊魂の拠所」の②の効果は1ターンに1度しか使用できない。
①:自分フィールドのスピリットモンスターの攻撃力・守備力は500アップする。
②:自分フィールドの表側表示の風属性モンスターが自分の手札に戻った場合に発動できる。
デッキからスピリットモンスター1体または儀式魔法カード1枚を手札に加える。

 

 

霊魂の円環(エスプリット・ヒーリング)
永続罠
「霊魂の円環」の①②の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
①:このカードが魔法&罠ゾーンに存在し、
自分フィールドの表側表示のスピリットモンスターが自分の手札に戻った場合、
相手フィールドのカード1枚を対象として発動できる。
そのカードを破壊する。
②:相手モンスターの攻撃宣言時に
自分の墓地のスピリットモンスター1体を除外して発動できる。
その攻撃を無効にし、その後バトルフェイズを終了する。

 

 

テーマの特徴をまとめると以下の通りです。

・和装を身にまとった鳥人型のモンスターのテーマである

・風属性、鳥獣族のテーマであり全てのモンスターがスピリットである

・レベル4の下級モンスター霊魂鳥(エスプリット・バード)と

レベル8の儀式モンスター霊魂鳥神(エスプリット・ロード)に分かれる

・モンスターが手札に戻った時に効果を発揮するカードが多い

・スピリットでありながら積極的に特殊召喚を狙い防御手段に優れる

 

初のスピリットテーマにしてスピリットと儀式を組み合わせたまったく新しいテーマ

それがこの霊魂(エスプリット)となります。

%e3%82%a8%e3%82%b9%e3%83%97%e3%83%aa%e3%83%83%e3%83%88%e3%83%90%e3%83%bc%e3%83%89%e5%b7%ab%e9%b6%b4%e3%82%a8%e3%82%b9%e3%83%97%e3%83%aa%e3%83%83%e3%83%88%e3%83%ad%e3%83%bc%e3%83%89%e5%a7%ab%e5%ad%94%e9%9b%80

全てのモンスターには鴉や鶴といった鳥の名前がついており

それぞれの鳥に似た外見をした外見をしています。

レベル4の霊魂鳥(エスプリット・バード)は鳥人間といった姿をしていますが

儀式モンスターとなる霊魂鳥神(エスプリット・ロード)はより人間に近い姿です。

上位の存在ほどより人間に近い姿になっていくのでしょう。

 

 

このテーマにおける最大の特徴はやはりスピリット・儀式モンスターとなる

霊魂鳥神-彦孔雀、霊魂鳥神-姫孔雀の2体の存在です。

これら2枚のカードは儀式魔法「霊魂の降神」によって儀式召喚されますが

スピリットモンスターの宿命としてフィールドに出されたターンのエンドフェイズに

手札に戻ってしまう性質があります。

それ故に従来の儀式テーマのようにリリーサーを素材にする事で

強力な制圧を行うといった動きが不可能になっています。

その一方で効果は非常に優秀で彦孔雀はモンスターを3枚手札に戻して

手札からスピリットを召喚条件無視で特殊召喚する効果を、

姫孔雀は魔法罠を3枚デッキに戻して

デッキからスピリットを召喚条無視で特殊召喚する効果をそれぞれ持ち、

また手札に戻る際にレベル4のトークン2体をフィールドに残します。

この2体の儀式モンスターをいかに繰り返して場に出せるかが

エスプリットの鍵を握る事になるでしょう。

きっちりと儀式の下準備に対応している為、

積極的に儀式召喚を狙っていく事が可能です。

 

 

またサポートカードとして霊魂の拠所と霊魂の円環があります。

この2枚はエスプリット専用というわけではないですが、

風属性やスピリット、儀式魔法にまつわる効果を持っており

エスプリットにおいて真価を発揮するカードとなっています。

どちらもモンスターが手札に戻る事をトリガーにする効果を持っており

エンドフェイズ時に手札に戻るスピリットの特性を最大限に活かせます。

霊魂の拠所は攻撃力の確保と手札の補充に、

霊魂の円環は除去手段と相手の攻撃からの防御として機能します。

 

 

 

下級のスピリットとなる忍鴉、伝鳩、巫鶴の3体は

いずれも単体では上手く機能しない性能でありますが

従来のスピリットの大半が召喚、リバース時に効果を発動したのに対し

この3体は特殊召喚された場合にでも効果を発動可能であり

彦孔雀や姫孔雀の効果で特殊召喚する事で機能するカードとなっています。

 

忍鴉は彦孔雀や姫孔雀が手札に溜まっていく一方で儀式魔法が枯渇し、

儀式召喚を狙えない場面でそれらを活用する手段となります。

 

伝鳩はエンドフェイズ以外でスピリットを手札に戻す事により

霊魂の拠所や霊魂の円環、他にも霞の谷の神風といった

手札に戻る事で発動するカードの効果をより使いやすくしてくれます。

また彦孔雀や姫孔雀の効果で特殊召喚したスピリットは手札に戻らない為、

それらを改めて手札に戻して再利用する手段にもなります。

 

巫鶴はこのカードを召喚した後に彦孔雀や姫孔雀を儀式召喚すれば

それで1枚ドローとなる為エスプリットのエンジンとして機能してくれます。

いずれもやや癖のある性能ですが上手く使いこなしていきましょう。

 

 

 

スピリット全般に対して効果を発揮するカードが多い為、

他のスピリットカードとも上手く組み合わせていく事が可能です。

特に任意のスピリットをサーチできる荒魂や

墓地に送られた時にドローできる和魂はエスプリットでも非常に重宝します。

他にも霊魂鳥トークンを天照大神のリリース要員にしてしまうのもいいでしょう。

 

 

自分自身、スピリットには特に思いいれが強く、

スピリットテーマであるこのエスプリットは特に注目しています。

是非ともこのエスプリットがスピリットの復権に繋がって欲しい所です。

 

 

以下は個人的に相性がいいと思われるカードを挙げていきます。
※カード名をクリックでwikiを表示します

 

緊急儀式術

ぶっちゃけ必須カードだと思います

儀式召喚時に除去効果を発揮する彦孔雀と姫孔雀は

相手ターンに儀式召喚する意義が非常に大きく

場に残った霊魂鳥トークンを相手に処理される前に利用する手段として、

さらに儀式魔法が枯渇する問題を解決する為の手段として

まさにエスプリットの為にあるといってもいいカードです。

 

 

連撃の帝王

相手ターンにアドバンス召喚を可能とする永続罠です。

このカードもまた霊魂鳥トークンを相手に処理される前に

リリース要員として使っていく事が可能になります。

砂塵の悪霊や天照大神をデッキに採用している場合にオススメです。

関連記事

遊戯王OCGカード考察:ユニオン格納庫

1枚でユニオン合体!   今回紹介するのはストラクチャーデッキ-海馬瀬人-より

記事を読む

遊戯王OCG,ストラクチャーデッキ-武藤遊戯-、ストラクチャーデッキ-海馬瀬人-と一緒に揃えておきたいカードは?

ストラクチャーデッキ-武藤遊戯-とストラクチャーデッキ-海馬瀬人-、 いよいよ2つのストラクチ

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:沈黙の魔術師-サイレント・マジシャン、サイレント・バーニング

手札を維持して攻撃力を確保しろ!   今回紹介するのはデュエリストパック-王の

記事を読む

No.(ナンバーズ)29 マネキンキャット:遊戯王カード考察  壊獣やDNA改造手術あたりと一緒に使ってみる?

今回紹介するのはコレクターズパック2017よりこのカードです。    

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:守護神官マハード

マハードさん強かった!   今回紹介するのは劇場版 遊☆戯☆王 THE DAR

記事を読む

遊戯王カード考察:剛竜剣士ダイナスターP(パワフル)

今回紹介するのはブレイカーズ・オブ・シャドウよりこのカードです    

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:RUM(ランクアップマジック)-デス・ダブル・フォース

今回紹介するのはウィング・レイダーズよりこのカードです。    

記事を読む

覇王の逆鱗:遊戯王カード考察  新マスタールールだしアニメより強化しちゃってもいいよね☆

今回紹介するのはコード・オブ・ザ・デュエリストよりこのカードです。   &nb

記事を読む

遊戯王アークファイブ第100話『絶望の都ハートランド』感想

遊戯王ARC-V100話の感想です。 1時間スペシャルという事で100話も連続放送です。

記事を読む

伝説のフィッシャーマン二世:遊戯王カード考察 梶木くんなにカードになってんねん・・・・・・

今回紹介するのはデュエリストパック-レジェンドデュエリスト編-よりこのカードです。  

記事を読む

Comment

  1. 匿名 より:

    巫鶴は霊魂鳥神の儀式召喚時効果を通告から守るという意味で最重要なカードだと思ってる。

    ……正直、彦孔雀もデッキバウンス&デッキからSSだったら良かったなという強欲な思いがある。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

広告1

スポンサーリンク
セキュリティ・ドラゴン:遊戯王カード考察 そろそろトーチ・ゴーレム許されなさそう

10月21日にVジャンプ12月号が発売されます。 今回紹介するの

アロマセラフィ-ジャスミン:遊戯王カード考察  アロマだけでなく植物族全般で有用

今回紹介するのはLINK VRAINS PACK(リンク・ヴレインズ・

遊戯王VRAINS(ヴレインズ)第23話『ゲノムの巨人』感想

遊戯王ヴレインズ23話の感想です。 アザナー状態になったマコトの

彼岸の黒天使 ケルビーニ:遊戯王カード考察 彼岸だけでなくレベル3メイン全般で有用!

今回紹介するのはLINK VRAINS PACK(リンク・ヴレインズ・

水晶機巧(クリストロン)-ハリファイバー:遊戯王カード考察 アクセルシンクロの救世主、むしろもっとやばい何か

11月25日に既存OCGテーマ用のリンクモンスターを収録したパック、

→もっと見る

    • 4,720,118 総合計アクセス数
PAGE TOP ↑