遊戯王OCGカード考察:EM(エンタメイト)ラフメイカー

公開日: : 最終更新日:2016/10/13 カード考察, 遊戯王, 遊戯王OCG ,

スマイル・ワールドを使いこなせ!

 

いよいよ10月8日今日、レイジングテンペストが発売されます。

今回紹介するのはレイジング・テンペストよりこのカードです。

 

 

 

EMラフメイカー
ペンデュラム・効果モンスター
星8/光属性/魔法使い族/攻2500/守2000
【Pスケール:青5/赤5】
①:1ターンに1度、相手フィールドに元々の攻撃力より
高い攻撃力を持つモンスターが存在する場合に発動できる。
自分は1000LP回復する。
【モンスター効果】
「EMラフメイカー」の①②のモンスター効果は1ターンに1度、
いずれか1つしか使用できない。
①:このカードの攻撃宣言時に発動できる。
このカードの攻撃力はバトルフェイズ終了時まで、
このカード及び相手フィールドのモンスターの内、
元々の攻撃力より高い攻撃力を持つモンスターの数×1000アップする。
②:元々の攻撃力より高い攻撃力を持つこのカードが戦闘・効果で破壊された場合、
自分の墓地のモンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターを特殊召喚する。

 

来てくれ!誰をも笑顔にしてくれる楽しい仲間!
レベル8!EMラフメイカー!!

 

 

エンタメイトの新しい仲間となるペンデュラムモンスターです。

エンタメイトではスライハンド・マジシャンを超える最高レベルの8であり

攻撃力、守備力は主人公エースのステータスとなる2500/2000です。

スライハンドマジシャンが非ペンデュラムでのエンタメイトのエースなら

こちらはペンデュラムでのエンタメイトのエースとなります。

アークファイブにおいて榊遊矢がエド・フェニックス戦で使用したカードであり

スマイル・ワールドの効果で攻撃力を大幅に上昇させた他

その効果で墓地のブレイブアイズ・ペンデュラム・ドラゴンを蘇生させました。

 

 

%ef%bd%85%ef%bd%8d%e3%83%a9%e3%83%95%e3%83%a1%e3%82%a4%e3%82%ab%e3%83%bc

オレンジの衣装と両側に水晶のついたバトンが特徴的なマジシャンです。

サーカス的なイメージの多いエンタメイトよりは手品師な印象が強く

エンタメイジのカードだと言われても納得できますね。

 

 

ペンデュラム効果は1ターンに1度、

相手フィールドに元々の攻撃力が高いモンスターがいる場合に

自分のライフを1000回復する事が出来るというものです。

スマイル・ワールドと組み合わせる事で回復を狙っていけますが

積極的に回復を狙うよりはスケール5のペンデュラム要員として使いつつ

回復が出来ればラッキーぐらいの考えでいいでしょう。

 

 

 

モンスター効果は2つ存在しますが1ターンにどちらか片方しか使えません。

①の効果は攻撃宣言時に発動しそのバトルフェイズの間

このカード自身と相手モンスターの中で元々の攻撃力が高いカードがあれば

その数×1000だけ攻撃力を上昇させられるというものです。

スマイル・ワールドと抜群の相性を誇る効果であり

相手モンスターが多ければ多いほど加速度的に攻撃力が上昇していきます。

またスマイル・ワールド以外でもエンタメイトは攻撃力の上昇手段に優れており

相手モンスターの攻撃力を強化していない状態であっても

元々の攻撃力と合わせて攻撃力4000程度は充分に狙っていけます。

 

②の効果は攻撃力が上昇しているこのカードが戦闘、効果で破壊された場合に

自分の墓地のモンスター1体を蘇生させるというものです。

①の効果とトレードオフになりますが基本的には自分ターンに①の効果、

相手ターンに②の効果を発動する機会が多いでしょう。

自分の墓地のモンスターであれば種類を選ばずに蘇生ができますが

ペンデュラムモンスターが主体のデッキの場合は

墓地から蘇生させるモンスターに気を使う必要が出てくるでしょう。

残念ながらスマイル・ワールドはそのターンの間しか攻撃力が上昇しない為、

相手ターンに破壊された場合この効果を狙う事は出来ませんが、

エンタメイトは攻撃力を上昇させる手段が豊富にある為、

相手ターンでもこの効果を狙っていくのはそれほど難しくはありません。

 

 

 

ペンデュラムモンスターですがレベルが8と高い為、

ペンデュラム召喚によって場を出すのは難しいでしょう。

それよりはEMウィム・ウィッチをリリースして出すのが有効で、

EMウィッチのモンスター効果が生きるカードの1枚です。

ペンデュラム・リボーンを使って特殊召喚するのもいいでしょう。

 

 

全力で「スマイル・ワールドを使え」と言っているカードです。

その名に違わずまさにスマイル・ワールドと最高の相性を誇るカードであり

スマイル・ワールドを活かすという遊矢の理念が伝わってくる1枚です。

元々スマイル・ワールドは単体ではどうしても力不足なカードでしたが

このカードの存在によりその価値は大きく高まったと言えるでしょう。

今後遊矢がスマイル・ワールドを活かせるようなカードを使っていけば

いつか【スマイル・ワールド】とも言うべきデッキも作れるかもしれません。

 

%e8%b5%a4%e7%a2%95-%e7%bf%94

Laugh Maker……冗談じゃねえ……

 

 

%e3%82%a8%e3%83%89%e3%83%bb%e3%83%95%e3%82%a7%e3%83%8b%e3%83%83%e3%82%af%e3%82%b9%ef%bc%92

……エド…
……おまえも……
おれたちと……同じ………
……逃れられない……………
…………笑顔から…………

関連記事

プチラノドン:遊戯王カード考察

手札からでもデッキからでも破壊されまくるある意味可哀想な子   今回紹介するの

記事を読む

【オルターガイスト】:遊戯王テーマ考察  罠カードメイン低速メタビート!いやらしく相手を妨害していこう

遊戯王VRAINSにおいて財前晃とちょっと大人な関係を匂わせつつ ゴーストガールとして情報を盗

記事を読む

遊戯王OCG新カード考察:グレイドル・インパクト

ディメンション・オブ・カオスの発売も近づいてきましたね。 今回紹介するのはこのカードです。

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:黄昏の忍者シンゲツ

今回紹介するのはブレイカーズ・オブ・シャドウよりこのカードです。   &nbs

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:破戒蛮竜(はかいばんりゅう)-バスター・ドラゴン

ようやく秋らしい涼しさになってきましたね。 自分は完全に冬型の人間で暑いのが大の苦手なので助か

記事を読む

栄光の聖騎士団(えいこうのせいきしだん):遊戯王カード考察 トリスタンとの組み合わせが強力

皆さんコード・トーカーはもう貰いましたか? 自分のいった所は自分が初めて貰いにいった客だったみ

記事を読む

遊戯王カード考察:競闘(きょうとう)-クロス・ディメンション アルティメット・パウンドと相性抜群

デュエリストパック-レジェンドデュエリスト編2-、いよいよ明日発売です。 今回紹介するのはそん

記事を読む

魂喰い(たまぐい)オヴィラプター:遊戯王カード考察

サーチも墓地肥やしもどっちもできる!   今回紹介するのはストラクチャーデッキ

記事を読む

遊戯王OCG新カード考察:聖戦士カオス・ソルジャー

待ちに待った大逆転裁判を入手できてちょっと興奮が抑えきれないユリポエです。 でも頑張ってブログ

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:修禅僧(しゅぜんそう) ゲンドウ

結構いやらしいです、こいつ   今回紹介するのはシャイニング・ビクトリーズより

記事を読む

Comment

  1. 匿名 より:

    なに、このエドへのリンチ………

  2. 匿名 より:

    シルバークロウやゴールドファング、ドラマチックシアターなんかとも相性いいな。
    ペンデュラムマジシャンのP効果もいいんだけど制限……

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

広告1

スポンサーリンク
遊戯王カード考察:ストームサイファー デメリットだけじゃない2400打点デメリットアタッカー

今回紹介するのはストラクチャーデッキ-パワーコード・リンク-よりこのカ

遊戯王カード考察:オルターガイスト・キードゥルガー 場合によっては自爆特攻も考慮

今回紹介するのはフレイム・オブ・デストラクションよりこのカードです。

遊戯王カード考察:トポロジック・トゥリスバエナ 魔法罠を除去できる汎用LINK-3、攻撃力も高め

【お詫び:「新月」のボイスについて】 駆逐艦「新月」のボイスですが、

遊戯王VRAINS(ヴレインズ)第31話『終末のトリガー』感想

遊戯王ヴレインズ31話の感想です。 はじまったゴーストガールとリ

遊戯王カード考察:No.(ナンバーズ)5 亡朧竜(もうろうりゅう) デス・キマイラ・ドラゴン

今回紹介するのはプレミアムパック20よりこのカードです。 &nb

→もっと見る

    • 4,876,115 総合計アクセス数
PAGE TOP ↑