遊戯王OCGカード考察:EM(エンタメイト)ラフメイカー

公開日: : 最終更新日:2016/10/13 カード考察, 遊戯王, 遊戯王OCG ,

スマイル・ワールドを使いこなせ!

 

いよいよ10月8日今日、レイジングテンペストが発売されます。

今回紹介するのはレイジング・テンペストよりこのカードです。

 

 

 

EMラフメイカー
ペンデュラム・効果モンスター
星8/光属性/魔法使い族/攻2500/守2000
【Pスケール:青5/赤5】
①:1ターンに1度、相手フィールドに元々の攻撃力より
高い攻撃力を持つモンスターが存在する場合に発動できる。
自分は1000LP回復する。
【モンスター効果】
「EMラフメイカー」の①②のモンスター効果は1ターンに1度、
いずれか1つしか使用できない。
①:このカードの攻撃宣言時に発動できる。
このカードの攻撃力はバトルフェイズ終了時まで、
このカード及び相手フィールドのモンスターの内、
元々の攻撃力より高い攻撃力を持つモンスターの数×1000アップする。
②:元々の攻撃力より高い攻撃力を持つこのカードが戦闘・効果で破壊された場合、
自分の墓地のモンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターを特殊召喚する。

 

来てくれ!誰をも笑顔にしてくれる楽しい仲間!
レベル8!EMラフメイカー!!

 

 

エンタメイトの新しい仲間となるペンデュラムモンスターです。

エンタメイトではスライハンド・マジシャンを超える最高レベルの8であり

攻撃力、守備力は主人公エースのステータスとなる2500/2000です。

スライハンドマジシャンが非ペンデュラムでのエンタメイトのエースなら

こちらはペンデュラムでのエンタメイトのエースとなります。

アークファイブにおいて榊遊矢がエド・フェニックス戦で使用したカードであり

スマイル・ワールドの効果で攻撃力を大幅に上昇させた他

その効果で墓地のブレイブアイズ・ペンデュラム・ドラゴンを蘇生させました。

 

 

%ef%bd%85%ef%bd%8d%e3%83%a9%e3%83%95%e3%83%a1%e3%82%a4%e3%82%ab%e3%83%bc

オレンジの衣装と両側に水晶のついたバトンが特徴的なマジシャンです。

サーカス的なイメージの多いエンタメイトよりは手品師な印象が強く

エンタメイジのカードだと言われても納得できますね。

 

 

ペンデュラム効果は1ターンに1度、

相手フィールドに元々の攻撃力が高いモンスターがいる場合に

自分のライフを1000回復する事が出来るというものです。

スマイル・ワールドと組み合わせる事で回復を狙っていけますが

積極的に回復を狙うよりはスケール5のペンデュラム要員として使いつつ

回復が出来ればラッキーぐらいの考えでいいでしょう。

 

 

 

モンスター効果は2つ存在しますが1ターンにどちらか片方しか使えません。

①の効果は攻撃宣言時に発動しそのバトルフェイズの間

このカード自身と相手モンスターの中で元々の攻撃力が高いカードがあれば

その数×1000だけ攻撃力を上昇させられるというものです。

スマイル・ワールドと抜群の相性を誇る効果であり

相手モンスターが多ければ多いほど加速度的に攻撃力が上昇していきます。

またスマイル・ワールド以外でもエンタメイトは攻撃力の上昇手段に優れており

相手モンスターの攻撃力を強化していない状態であっても

元々の攻撃力と合わせて攻撃力4000程度は充分に狙っていけます。

 

②の効果は攻撃力が上昇しているこのカードが戦闘、効果で破壊された場合に

自分の墓地のモンスター1体を蘇生させるというものです。

①の効果とトレードオフになりますが基本的には自分ターンに①の効果、

相手ターンに②の効果を発動する機会が多いでしょう。

自分の墓地のモンスターであれば種類を選ばずに蘇生ができますが

ペンデュラムモンスターが主体のデッキの場合は

墓地から蘇生させるモンスターに気を使う必要が出てくるでしょう。

残念ながらスマイル・ワールドはそのターンの間しか攻撃力が上昇しない為、

相手ターンに破壊された場合この効果を狙う事は出来ませんが、

エンタメイトは攻撃力を上昇させる手段が豊富にある為、

相手ターンでもこの効果を狙っていくのはそれほど難しくはありません。

 

 

 

ペンデュラムモンスターですがレベルが8と高い為、

ペンデュラム召喚によって場を出すのは難しいでしょう。

それよりはEMウィム・ウィッチをリリースして出すのが有効で、

EMウィッチのモンスター効果が生きるカードの1枚です。

ペンデュラム・リボーンを使って特殊召喚するのもいいでしょう。

 

 

全力で「スマイル・ワールドを使え」と言っているカードです。

その名に違わずまさにスマイル・ワールドと最高の相性を誇るカードであり

スマイル・ワールドを活かすという遊矢の理念が伝わってくる1枚です。

元々スマイル・ワールドは単体ではどうしても力不足なカードでしたが

このカードの存在によりその価値は大きく高まったと言えるでしょう。

今後遊矢がスマイル・ワールドを活かせるようなカードを使っていけば

いつか【スマイル・ワールド】とも言うべきデッキも作れるかもしれません。

 

%e8%b5%a4%e7%a2%95-%e7%bf%94

Laugh Maker……冗談じゃねえ……

 

 

%e3%82%a8%e3%83%89%e3%83%bb%e3%83%95%e3%82%a7%e3%83%8b%e3%83%83%e3%82%af%e3%82%b9%ef%bc%92

……エド…
……おまえも……
おれたちと……同じ………
……逃れられない……………
…………笑顔から…………

関連記事

遊戯王OCGカード考察:RR(レイド・ラプターズ)-アルティメット・ファルコン

シャイニング・ビクトリーズのCMも放送されましたね。 今回紹介するのはシャイニング・ビクトリー

記事を読む

星霜のペンデュラムグラフ、時空のペンデュラムグラフ:遊戯王カード考察

強いのに虹彩の魔術師でサーチし放題!   というわけで12月25日、ク

記事を読む

Re:EX(レックス):遊戯王カード考察  2700打点まで届く下級恐竜族の脳筋担当!

今回紹介するのはコード・オブ・ザ・デュエリストよりこのカードです。   &nb

記事を読む

遊戯王VRAINS(ヴレインズ)第6話『アイドル!!ブルーエンジェル』感想

遊戯王ヴレインズ第6話の感想です。 翔一ポエムな次回予告で紹介された複雑な兄妹関係。 兄

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:WW(ウィンド・ウィッチ)-ウィンター・ベル

レベル7までのモンスターを手札から簡単に特殊召喚!   今回紹介するのはレイジ

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:マグネット・フィールド

どちらか片方だけでも物凄く強いのに・・・   今回紹介するのはストラクチャーデ

記事を読む

遊戯王OCG新カード考察:ゴヨウ・プレデター

今回紹介するのはハイスピード・ライダーズよりこのカードです。    

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:虚空の黒魔導師(くろまどうし)

相手の魔法罠破壊カードを腐らせろ!   今回紹介するのはザ・ダーク・イリュージ

記事を読む

遊戯王アークファイブ第118話『サバイバル・デュエル』感想

遊戯王ARC-V118話の感想です。 お盆休みに実家に帰っていた為記事の作成が遅れてしまいまし

記事を読む

ディアバウンド・カーネル:遊戯王カード考察

毎ターン相手の攻撃力を下げてやれ!   今回紹介するのは20th ANNIVE

記事を読む

Comment

  1. 匿名 より:

    なに、このエドへのリンチ………

  2. 匿名 より:

    シルバークロウやゴールドファング、ドラマチックシアターなんかとも相性いいな。
    ペンデュラムマジシャンのP効果もいいんだけど制限……

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

広告1

スポンサーリンク
    • 4,393,701 総合計アクセス数
PAGE TOP ↑