遊戯王OCGカード考察:創星神 tierra(そうせいしん ティエラ)

新たなるラスボス、降臨

 

今回紹介するのはレイジング・テンペストよりこのカードです。

 

 

 

創星神 tierra
特殊召喚・効果モンスター
星11/光属性/悪魔族/攻3400/守3600
このカードは通常召喚できない。
このカード以外の自分の手札・フィールドのカード10種類を
持ち主のデッキ・エクストラデッキに戻した場合のみ特殊召喚できる。
①:このカードの特殊召喚は無効化されない。
②:このカードが特殊召喚に成功した場合に発動する。
このカード以外のお互いの手札・フィールド・墓地のカード及び
エクストラデッキの表側表示のPモンスターを全て持ち主のデッキに戻す。
この効果の発動に対して魔法・罠・モンスターの効果は発動できない。

 

 

創星神 sophiaに続くターミナル世界のラスボスと思われる創星神です。

sophiaと同じくレベル11という共通点があり

sophiaが闇属性であったのに対しこちらは光属性、

sophiaが天使族だったのに対しこちらは悪魔族、

さらに攻撃力守備力が反対と所々でsophiaと対になっています。

%e5%89%b5%e6%98%9f%e7%a5%9e-%ef%bd%94%ef%bd%89%ef%bd%85%ef%bd%92%ef%bd%92%ef%bd%81

インフェルノイド・ティエラをベースとして

アポクリフォート・キラーとアポクリフォート・カーネルが装着されています。

クリフォート・ツールのフレーバーテキストにも名前が記されており

インフェルノイド・ティエラが完全体となり創星神となったのでしょう。

まさにインフェルノイドとクリフォートという二大脅威が合体した

ターミナル世界の新たなるラスボスとして君臨する存在です。

 

 

特殊召喚モンスターでありこのカードを場に出すには

自分の手札とフィールドから合計で10種類のカードを

デッキとエクストラデッキに戻す必要があるという

sophiaに負けず劣らず豪快な特殊召喚条件を持っています。

10枚ではありません、10種類です。

tierra自身も含めて合計で11種類ものカードを

手札とフィールドに揃える必要があります(一応tierraは被ってもいいですが)

そうやすやすと特殊召喚は許してくれないでしょう。

 

 

①の効果は特殊召喚を無効にされないという召喚保障効果です。

sophiaにも備わっていた効果であり、

神の宣告や神の警告による妨害を許しません。

 

 

②の効果はこのカードが特殊召喚した場合に

チェーン不可で自身以外の手札、フィールド、墓地の全てのカードと

エクストラデッキに表側表示で存在するペンデュラムモンスターを

持ち主のデッキに戻してしまうというものです。

sophiaの効果を除外からデッキバウンスへと変わり、

さらにエクストラデッキのペンデュラムもデッキに戻すという

まさに神の名に相応しい最強と言ってもいい除去効果だと言えます。

①の効果と合わせてこのカードの君臨をとめる事はほぼ不可能であり

ほとんどの場面において攻撃力3400のダイレクトアタックが可能ですが

既に発動している永続効果を無効にする事は出来ず

また完全耐性を持つカードも除去する事は出来ません。

スキルドレインやRR-アルティメットファルコンあたりが

このカードに対抗する手段となるでしょう。

 

 

sophiaと同様に出す事ができれば最強の部類に入るカードですが

当然ながら「出す事が出来れば」の話でありどうやって出すかというのが

このカードにおける最大の課題となってきます。

出す手段としてはまず候補として思い浮かぶのはペンデュラムデッキです。

マジェスペクターであれば多くのカードがサーチ、セット効果を持っており

ペンデュラム召喚も合わせればカードを11種類を揃えるのも

かなり現実味を帯びてきます。

他にはツールやアセンブラでアドバンテージを稼ぎやすいクリフォートや

ドクロバットジョーカーやペンデュラムマジシャンを有するエンタメイト、

エクストラデッキ肥やしとサーチを両立できるイグナイトあたりも

カードを10種類揃えたい際の候補となってくるでしょう。

 

 

またエクゾディアのように大量のドローを狙えるデッキであれば

手札だけで10種類のカードを揃える事も充分に可能です。

図書館エクゾのようなデッキにエクゾディアの代わりに

創星神 tierraをいれてみる、というのも面白いでしょう。

 

 

あと個人的にオススメなものとしてはゴーストリックです。

ゴーストリック・パレードをはじめとして多くのカードが

サーチ効果、墓地回収効果を持っておりカードの種類も多い為

カードを10種類揃えるという条件も積極的に狙っていけます。

 

 

「出すのは困難だが出す事が出来れば超強力」という

まさに神のカードと呼ぶに相応しいロマンに満ちたカードです。

そして出しづらいながらも創星神 sophiaと比較すると

こちらの方が召喚を現実的に狙っていきやすいと個人的に思っています。

上記で上げたもの以外でも召喚を狙えるデッキはあると思うので、

この新しいラスボスを君臨させる方法をいろいろと模索してみてください。

 

%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%95%e3%82%a9%e3%83%bc%e3%83%88%e3%83%bb%e3%83%84%e3%83%bc%e3%83%ab

で、ターミナル世界はいつ平和になるんですか?

関連記事

遊戯王OCG新カード考察:超重武者ヌス-10(トウ)

今回紹介するのはディメンション・オブ・カオスよりこのカードです。   &nbs

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:ダーク・ドリアード

今回紹介するのはブレイカーズ・オブ・シャドウよりこのカードです。   &nbs

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:不知火の武士(もののふ)

今回紹介するのはブレイカーズ・オブ・シャドウよりこのカードです    

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:ランスフォリンクス、竜角の狩猟者、ドラコニアの獣竜騎兵、ドラコニアの海竜騎兵

今回紹介するのはEXTRA PACK 2015よりこのカードです。   &nb

記事を読む

遊戯王用に今まで作った七英雄コラを1年の終わりに振り返ってみる

2016年もいよいよ終わりです。 今年も1年この考察好きニコ厨のMUGEN次元に付き合っていた

記事を読む

遊戯王アークファイブ第147話『解き放たれたドラゴン』感想

遊戯王ARC-V147話の感想です。 ついに召喚法を冠する竜4体の同時召喚を実現した遊矢。

記事を読む

紫毒の魔術師(しどくのまじゅつし):遊戯王カード考察

破壊したら君のカードも道連れにするからね   今回紹介するのはペンデュラム・エ

記事を読む

遊戯王アークファイブ考察:2017年現在まだ解明されていない謎はどれだけあるか?

皆様、あけましておめでとうございます。 2017年もこの考察好きニコ厨のMUGEN次元をよろし

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:ブンボーグ009(ゼロゼロナイン)

脳筋の彼方へ・・・・・・     シャイニング・ビクトリーズの

記事を読む

遊戯王OCG新カード考察:超戦士カオス・ソルジャー、超戦士の儀式

今回紹介するのはディメンション・オブ・カオスよりこのカードです。   &nbs

記事を読む

Comment

  1. 匿名 より:

    助けてくれぇぇぇ!ダアトォォォォォォ!

  2. ショッカー より:

    新しいセフィラ登場フラグかもしれない!

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

広告1

スポンサーリンク
    • 4,201,107 総合計アクセス数
PAGE TOP ↑