遊戯王OCGカード考察:古代の機械混沌巨人(アンティーク・ギア・カオス・ジャイアント)

圧倒的殺意の塊!

 

今回紹介するのはレイジング・テンペストよりこのカードです。

 

 

 

古代の機械混沌巨人
融合・効果モンスター
星10/闇属性/機械族/攻4500/守3000
「アンティーク・ギア」モンスター×4
このカードは融合召喚でしか特殊召喚できない。
①:このカードがモンスターゾーンに存在する限り、
このカードは魔法・罠カードの効果を受けず、
相手はバトルフェイズ中にモンスターの効果を発動できない。
②:このカードは相手モンスター全てに1回ずつ攻撃でき、
守備表示モンスターを攻撃した場合、
その守備力を攻撃力が超えた分だけ戦闘ダメージを与える。

 

 

いにしえの魂受け継ぎし機械仕掛けの猟犬どもよ!
その10の首混じり合わせ
混沌にして絶大なる力とならん!
融合召喚!現れろ!レベル10!
この世の全てを形無き混沌に帰す究極破壊神!
古代の機械混沌巨人!!

 

 

新たに登場するアンティーク・ギアの融合モンスターです。

アークファイブにおいてデニス・マックフィールドが黒咲隼戦で使用し

デニスがエンターテイナーである事を捨てた意思表示であるかのように

古代の機械混沌融合(アンティーク・ギア・カオス・フュージョン)により

墓地のエンタメイジエクシーズを除外する形で融合召喚されています。

アカデミアによる侵略の象徴のような存在であり

オベリスクフォースの切り札的な融合モンスターとしても扱われています。

アニメでは古代の機械猟犬、古代の機械双頭猟犬、古代の機械参頭猟犬、

そして古代の機械究極猟犬の4体のモンスターを融合素材にする必要があるという

作中でもオベリスクフォースが3人がかりでようやく素材を揃えられるという

極めて重い素材を要求していましたがOCG化に伴い素材が大幅に緩和されました。

 

 

%e5%8f%a4%e4%bb%a3%e3%81%ae%e6%a9%9f%e6%a2%b0%e6%b7%b7%e6%b2%8c%e5%b7%a8%e4%ba%ba%e5%8f%a4%e4%bb%a3%e3%81%ae%e6%a9%9f%e6%a2%b0%e6%b7%b7%e6%b2%8c%e5%b7%a8%e4%ba%ba%ef%bc%92

ワァン!

プラスワァン!

プラスワァン!

プラスワァン!

プラスワァン!

プラスワァン!

プラスワァン!

プラスワァン!

プラスワァン!

プラスワァン!

ジュウライオン古代の機械混沌巨人!!

 

左側がOCG版で右側がアニメ版です。

肩や手、肘や足先、胴体など様々な箇所に犬の頭部が使われており、

まさに複数の犬型ロボが合体して人型になったという形状をしています。

今まさに左手(頭?)の銃口にエネルギーがチャージされている所であり

非常に威圧感と格好よさに溢れたイラストとなっています。

古代の機械猟犬に比べるとウェザリングが控えめですがそれでも

アニメ版に比べてやや色がくすんでおりアンティーク・ギアらしさが増してます。

 

 

融合素材にはアンティーク・ギア4体を要求します。

かなり重い融合素材ではありますが他のアンティーク・ギアと違い闇属性であり

オーバーロード・フュージョンに対応しているのが大きなポイントです。

また古代の機械猟犬と古代の機械飛竜、古代の機械箱を活用する事で

歯車街と古代の機械射出機の2枚から融合召喚を狙う事も可能です。

 

 

①の効果はこのカードがモンスターゾーンに存在している間は

バトルフェイズ中に相手がモンスター効果を発動する事を防ぎ、

さらにこのカードに魔法罠の効果を受けない耐性を得るというものです。

場に出してさえできれば魔法罠を気にする事なく攻撃する事が可能であり

クリスタルウィング・シンクロ・ドラゴンやホープ・ザ・ライトニング、

オネストやバトルフェーダーなどの発動も許しません。

中々に優秀な耐性を持っていますが自分の魔法罠の効果も受け付けない為、

パワー・ボンドやリミッター解除などの恩恵を受ける事ができない点には注意です。

追記:パワー・ボンドに対応するという裁定が下されました。

攻撃力9000をもって全体貫通攻撃をお見舞いするという暴力が可能です。

 

 

②の効果は相手モンスター全てに1回ずつ攻撃できる連続効果に加えて

なおかつ守備表示のモンスターに対しても貫通ダメージを与えられるというものです。

4500という攻撃力から繰り出される貫通効果つきの連続攻撃は強力無比であり

相手が下手に複数のモンスターを出していようものなら

そのままゲームエンドに持ち込めるほどのダメージを叩き出せます。

 

 

 

なんだこの殺意の高さ

実際の所魔法罠にこそ一切受け付けない耐性がありますが

バトルフェイズ以外のモンスター効果に対しては無力であり

鳥銃士カステル等で簡単に除去されてしまう為場持ちはそれほど高くありません。

しかし「融合召喚したターンにぶん殴る」という目的で考えれば

大抵の魔法罠やモンスター効果を蹴散らす非常に優秀な耐性だと言えます。

おジャマトリオやブラック・ガーデンあたりとは非常に相性がよく

相手の場にサンドバッグを用意しておいてそれをぶん殴れば

簡単に1ターンキルに届くダメージを達成できます。

「このカードを出す=そのターンで決着をつける」ぐらいの心構えであれば

返しのターンに除去されやすい点は大した問題とは言えないでしょう。

そういう意味ではひたすら相手を倒す事に特化したカードだと言えます。

このアカデミアからの侵略者をなんとかしようとするなら

・神の警告などで召喚そのものを無効化する

・相手ターンに妖精伝姫-シラユキなどのモンスター効果を発動する

・プライドの咆哮などの魔法罠で自分のモンスターを強化

といった手段が必要になってきます。

 

 

4500という高い攻撃力に加えて連続攻撃効果、貫通効果、

そしてバトルフェーダーやオネストなどによる対処を許さない無効効果と

数あるモンスターの中でもトップクラスの状況打開性能を誇ります。

まさにアンティーク・ギアの切り札として相応しい1枚です。

是非ともアカデミアの名の元に多次元を蹂躪していきましょう。

これであなたも立派なオベリスク・フォースの一員です。

 

%e3%82%b4%e3%83%a9%e3%82%a4%e3%82%aa%e3%83%b3

サレンダーせい!

関連記事

ミレニアム・アイズ・サクリファイス:遊戯王カード考察 手札誘発も怖くありまセーン

今回紹介するのはデュエリストパック-レジェンドデュエリスト編2-よりこのカードです。 &nbs

記事を読む

ムーンバリア:遊戯王カード考察

相手のメインフェイズ2を奪い取れ!   今回紹介するのは20th ANNIVE

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:解放のアリアドネ

ブレイカーズ・オブ・シャドウのカードの情報、一気に来ましたね。 今回紹介するのはこのカードです

記事を読む

遊戯王OCG新カード考察:EM(エンタメイト)ヘルプリンセス

今回紹介するのはディメンション・オブ・カオスよりこのカードです。   &nbs

記事を読む

遊戯王アークファイブ第66話『開幕戦!!クロウvs権現坂』感想

遊戯王ARC-V66話の感想です。 ついに始まりましたフレンドシップカップ。 興味深いカ

記事を読む

鎧獄竜(がいごくりゅう)-サイバー・ダークネス・ドラゴン:遊戯王カード考察  蘇生可能が何気にでかい!

今回紹介するのはデュエリストパック-レジェンドデュエリスト編-よりこのカードです。  

記事を読む

影星軌道兵器(えいせいきどうへいき)ハイドランダー:遊戯王カード考察  ハイランダー構築に大きな意義を生み出す存在

今回紹介するのはコード・オブ・ザ・デュエリストよりこのカードです。   &nb

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:巨竜の聖騎士(パラディン・オブ・フェルグラント)

フェルグラントドラゴン救済カード!   今回紹介するのはストラクチャーデッキR

記事を読む

遊戯王OCG新カード考察:DDD双暁王(そうぎょうおう)カリ・ユガ

7月に発売されるディメンション・オブ・カオスのカードが早くも一部判明しました。 今回紹介するの

記事を読む

遊戯王カード考察:超進化の繭 進化の繭からめっちゃ進化してます

今回紹介するのはデュエリストパック-レジェンドデュエリスト編2-よりこのカードです。 &nbs

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

広告1

スポンサーリンク
遊戯王カード考察:ストームサイファー デメリットだけじゃない2400打点デメリットアタッカー

今回紹介するのはストラクチャーデッキ-パワーコード・リンク-よりこのカ

遊戯王カード考察:オルターガイスト・キードゥルガー 場合によっては自爆特攻も考慮

今回紹介するのはフレイム・オブ・デストラクションよりこのカードです。

遊戯王カード考察:トポロジック・トゥリスバエナ 魔法罠を除去できる汎用LINK-3、攻撃力も高め

【お詫び:「新月」のボイスについて】 駆逐艦「新月」のボイスですが、

遊戯王VRAINS(ヴレインズ)第31話『終末のトリガー』感想

遊戯王ヴレインズ31話の感想です。 はじまったゴーストガールとリ

遊戯王カード考察:No.(ナンバーズ)5 亡朧竜(もうろうりゅう) デス・キマイラ・ドラゴン

今回紹介するのはプレミアムパック20よりこのカードです。 &nb

→もっと見る

    • 4,876,128 総合計アクセス数
PAGE TOP ↑