遊戯王OCGカード考察:影のデッキ破壊ウイルス

守備力版魔のデッキ破壊ウイルス!

 

今回紹介するのはレイジング・テンペストよりこのカードです。

 

 

 

影のデッキ破壊ウイルス
通常罠
①:自分フィールドの守備力2000以上の闇属性モンスター1体をリリースして発動できる。
相手フィールドのモンスター、相手の手札、
相手ターンで数えて3ターンの間に相手がドローしたカードを全て確認し、
その内の守備力1500以下のモンスターを全て破壊する。

 

 

死のデッキ破壊ウイルス、魔のデッキ破壊ウイルス、闇のデッキ破壊ウイルスに続く

第4のウイルスカードが登場しました。

 

%e5%bd%b1%e3%81%ae%e3%83%87%e3%83%83%e3%82%ad%e7%a0%b4%e5%a3%8a%e3%82%a6%e3%82%a4%e3%83%ab%e3%82%b9

他のウイルスカードと同じく「影」と漢字の書かれたウイルスです。

コウモリの外見をしており他のウイルスと比べてどこか愛嬌があります。

 

 

その効果は自分の場の守備力2000以上の闇属性モンスターをリリース、

相手フィールドのモンスター、手札、そして相手ターンで数えて

3ターンの間に相手がドローしたカードを確認し、

その中で守備力が1500以下のモンスターを全て破壊するというものです。

まさに守備力版の魔のデッキ破壊ウイルスとも言うべき効果であり、

採用できるデッキ、刺さるデッキ共に少し変わってくるでしょう。

 

 

まずリリース要因として守備力2000以上の闇属性を用意する必要があります。

守備力が2000を超える闇属性は下級モンスターにも数多く存在しており

霊廟の守護者やグレイヴ・キーパーは

デブリドラゴンと暗躍のドルイド・ドリュースの両方に対応しています。

彼岸であればスカラマリオンをリリース要因にする手もあります。

またブラック・マジシャンのように攻撃力2500、守備力2000という

いわゆる主人公エースのステータスを持つ闇属性モンスターであれば

闇、魔、影と3種類のウイルスカードに対応できる為、

それが出しやすいデッキであれば問題なく併用が可能です。

特にランク4のエクシーズ召喚を狙えるデッキであれば

ダーク・リベリオン・エクシーズ・ドラゴンがいる為、

ウイルスの媒体には困らないでしょう。

 

 

遊戯王は全体的に見て攻撃力よりも守備力の低いモンスターの方が多く、

魔のデッキ破壊ウイルスよりも多くのカードをウイルスの対象にできるでしょう。

切り札級のモンスターであっても守備力が低いカードも多く

守備力の低いモンスターばかりの【不知火】や【帝】などが相手の場合

甚大な被害をもたらす事が出来るでしょう。

その一方で【超重武者】など守備力の高いモンスターが主軸のデッキであれば

魔のデッキ破壊ウイルスよりも効果が落ちる場合もあります。

 

 

 

ウイルスカードは相手のデッキに左右されやすい一面がありますが

このカードが刺さらないデッキというのは実際の所かなり少ないと思います。

少なくともまったく影響がないという事はまずないでしょう。

守備力2000以上の闇属性を多用するデッキであれば

結構オススメできるカードです。

 

バイオハザードマーク

関連記事

ミセス・レディエント:遊戯王カード考察

エクストラ召喚枠確保の期待の星   今回紹介するのはコード・オブ・ザ・デュエリ

記事を読む

遊戯王OCG新テーマ考察:マジェスペクター

クラッシュ・オブ・リベリオンにおいて新しいテーマ「マジェスペクター」の情報が公開されました。

記事を読む

遊戯王アークファイブ第113話『修羅の渇望』感想

遊戯王ARC-V113話の感想です。 アカデミアのスパイだと判明しながらもランサーズとして様々

記事を読む

時械巫女(じかいみこ):遊戯王カード考察  時械神中心でデッキを組む意義が生まれました

今回紹介するのはコレクターズパック2017よりこのカードです。    

記事を読む

遊戯王アークファイブ第66話『開幕戦!!クロウvs権現坂』感想

遊戯王ARC-V66話の感想です。 ついに始まりましたフレンドシップカップ。 興味深いカ

記事を読む

拮抗勝負(きっこうしょうぶ):遊戯王カード考察  大量展開にきっついオシオキを

今回紹介するのはサーキット・ブレイクよりこのカードです。    

記事を読む

サイバー・ダーク・クロー:遊戯王カード考察  エクストラデッキから墓地に送れるカードが新たに誕生!

今回紹介するのはデュエリストパック-レジェンドデュエリスト編-よりこのカードです。  

記事を読む

遊戯王OCG新カード考察:ライトロード・セイント ミネルバ

シンクロ次元篇、続きが気になって仕方ありません。 毎回予告がずるいんですよアークファイブって。

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:EM(エンタメイト)ドラマチックシアター

脳筋こそエンタメイトの本質だと思うあなたへ・・・   3月19日に2016年度

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:パワー・ウォール

あのヘルカイザーのカードついにOCG化   2016年12月17日に 2

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

広告1

スポンサーリンク
トリックスター・ブラッディマリー:遊戯王カード考察  Sっぽいけど癒し系、でもその実ハンデスの布石となるえげつない子

Vジャンプ9月号の応募者全員サービスにおいて 遊戯王VRAINS

東方鈴奈庵第53(最終話)話『八雲紫の安寧(後編)』感想

東方鈴奈庵53話の感想です。 はい、最終話です。何の予告もなく突

遊戯王VRAINS(ヴレインズ)第11話『轟く弾倉 ヴァレルロード』感想

遊戯王ヴレインズ第11話の感想です。 ついにはじまったプレイメー

ソードワールド2.0の神々の何かちょっとおかしい紹介:戦勝神ユリスカロア

ものすごく久しぶりですがソードワールド2.0に関する記事です。

ゲートウェイ・ドラゴン:遊戯王カード考察 シンプルながらも重宝する展開要員

今回紹介するのはサーキット・ブレイクよりこのカードです。 &nb

→もっと見る

    • 4,476,075 総合計アクセス数
PAGE TOP ↑