遊戯王OCGカード考察:影のデッキ破壊ウイルス

守備力版魔のデッキ破壊ウイルス!

 

今回紹介するのはレイジング・テンペストよりこのカードです。

 

 

 

影のデッキ破壊ウイルス
通常罠
①:自分フィールドの守備力2000以上の闇属性モンスター1体をリリースして発動できる。
相手フィールドのモンスター、相手の手札、
相手ターンで数えて3ターンの間に相手がドローしたカードを全て確認し、
その内の守備力1500以下のモンスターを全て破壊する。

 

 

死のデッキ破壊ウイルス、魔のデッキ破壊ウイルス、闇のデッキ破壊ウイルスに続く

第4のウイルスカードが登場しました。

 

%e5%bd%b1%e3%81%ae%e3%83%87%e3%83%83%e3%82%ad%e7%a0%b4%e5%a3%8a%e3%82%a6%e3%82%a4%e3%83%ab%e3%82%b9

他のウイルスカードと同じく「影」と漢字の書かれたウイルスです。

コウモリの外見をしており他のウイルスと比べてどこか愛嬌があります。

 

 

その効果は自分の場の守備力2000以上の闇属性モンスターをリリース、

相手フィールドのモンスター、手札、そして相手ターンで数えて

3ターンの間に相手がドローしたカードを確認し、

その中で守備力が1500以下のモンスターを全て破壊するというものです。

まさに守備力版の魔のデッキ破壊ウイルスとも言うべき効果であり、

採用できるデッキ、刺さるデッキ共に少し変わってくるでしょう。

 

 

まずリリース要因として守備力2000以上の闇属性を用意する必要があります。

守備力が2000を超える闇属性は下級モンスターにも数多く存在しており

霊廟の守護者やグレイヴ・キーパーは

デブリドラゴンと暗躍のドルイド・ドリュースの両方に対応しています。

彼岸であればスカラマリオンをリリース要因にする手もあります。

またブラック・マジシャンのように攻撃力2500、守備力2000という

いわゆる主人公エースのステータスを持つ闇属性モンスターであれば

闇、魔、影と3種類のウイルスカードに対応できる為、

それが出しやすいデッキであれば問題なく併用が可能です。

特にランク4のエクシーズ召喚を狙えるデッキであれば

ダーク・リベリオン・エクシーズ・ドラゴンがいる為、

ウイルスの媒体には困らないでしょう。

 

 

遊戯王は全体的に見て攻撃力よりも守備力の低いモンスターの方が多く、

魔のデッキ破壊ウイルスよりも多くのカードをウイルスの対象にできるでしょう。

切り札級のモンスターであっても守備力が低いカードも多く

守備力の低いモンスターばかりの【不知火】や【帝】などが相手の場合

甚大な被害をもたらす事が出来るでしょう。

その一方で【超重武者】など守備力の高いモンスターが主軸のデッキであれば

魔のデッキ破壊ウイルスよりも効果が落ちる場合もあります。

 

 

 

ウイルスカードは相手のデッキに左右されやすい一面がありますが

このカードが刺さらないデッキというのは実際の所かなり少ないと思います。

少なくともまったく影響がないという事はまずないでしょう。

守備力2000以上の闇属性を多用するデッキであれば

結構オススメできるカードです。

 

バイオハザードマーク

関連記事

遊戯王OCG:2017年10月の制限改定を個人的に予想してみる

9月になりました。涼しくなってきたという声もあるようですが ぶっちゃけここら辺はまだまだめっち

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:プレゼントカード

デッキ破壊を軽視するあなたに送りものです   今回紹介するのはインベイジョン・

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:ツインツイスター

最近メタルギアオンライン3にはまっております。 重装メインでやってますがやっぱり茨の道っぽいで

記事を読む

テセウスの魔棲物(ませいぶつ)/Sea Monster of Theseus:遊戯王カード考察  簡易融合からシンクロ召喚を可能にしてくれる

今回紹介するのはEXTRA PACK 2017よりこのカードです。   &nb

記事を読む

遊戯王アークファイブ第76話『キングス・ギャンビット』感想

遊戯王ARC-V76話の感想です。 OP、EDも新しいものに代わりますね。 次のOPにな

記事を読む

遊戯王アークファイブ第75話『反逆者の呪縛』感想

遊戯王ARC-V75話の感想です。 次回から新しいOPとEDになる為今回のOPはこれで見納めと

記事を読む

影六武衆(かげろくぶしゅう)-フウマ:遊戯王カード考察  効果も優秀だしチューナーとしても優秀

今回紹介するのはスピリット・ウォリアーズよりこのカードです。    

記事を読む

『蘇生制限』:今から知っても遅くない遊戯王用語解説  召喚条件無視って聞くと出来るって思っちゃうよね

「何このカードゲーム難しい・・・」 そんな感想をいだく遊戯王初心者の為の解説コーナー、

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:青眼の双爆裂龍(ブルーアイズ・ツイン・バースト・ドラゴン)

今回紹介するのはVジャンプの2月号に付録されるこのカードです。    

記事を読む

絶縁の落とし穴:遊戯王カード考察  相手がリンクモンスター使わない?自分でリンク召喚すればいいじゃない!

今回紹介するのはコード・オブ・ザ・デュエリストよりこのカードです。   &nb

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

広告1

スポンサーリンク
輪廻のパーシアス:遊戯王カード考察 カウンター罠多めに採用すれば他のデッキにも

ストラクチャーデッキR-神光の波動-の発売にも近づいてまいりました。

遊戯王VRAINS(ヴレインズ)第19話『闇に葬られし事件』感想

遊戯王VRAINS19話の感想です。 リバースモンスターを駆使す

SW2.0:エイジ・オブ・グリモワール登場 新種族「ノーブルエルフ」「マナフレア」に新技能「グリモワール」「アーティサン」「アリストクラシー」

2017年9月20日、ソードワールド2.0の新しいサプリメント、

銃砲撃(ガン・キャノン・ショット):遊戯王カード考察 実にキースらしいイカサマカード

今回紹介するのはデュエリストパック-レジェンドデュエリスト編2-よりこ

究極変異態・インセクト女王(クィーン):遊戯王カード考察 ちゃんとトークン守備表示で出せます

こちらはなんとか台風が通過しました。 でもまた少し暑くなってきま

→もっと見る

    • 4,629,071 総合計アクセス数
PAGE TOP ↑