遊戯王OCG新カード考察:チキンレース

海外でまたバーニングアビスとU.Aの新規が出るみたいですね。

・・・バーニングアビスあれ以上強くなるんですか?

クラッシュ・オブ・リベリオンより今回はこのカードです。

 

 

チキンレース
フィールド魔法
①:このカードがフィールドゾーンに存在する限り、
相手よりLPが少ないプレイヤーが受ける全てのダメージは0になる。
②:お互いのプレイヤーは1ターンに1度、
自分メインフェイズに1000LPを払って以下の効果から1つを選択して発動できる。
この効果の発動に対して、お互いは魔法・罠・モンスターの効果を発動できない。
●デッキから1枚ドローする。
●このカードを破壊する。
●相手は1000LP回復する。

 

 

奈落の底へ落ちてもいい。
そんな覚悟をキメつつ、落ちる is 敗北ネ!!
矛盾を抱くハートを
闘志に転換する is COOL & HOT !!

 

非常に面白いフィールド魔法です。

①の効果は相手よりライフポイントが少ないプレイヤーが受けるダメージを

全て0にするというものです。

お互いのプレイヤーが影響を受けるので「どちらのライフが少ないか?」

というのを常に気にしながらのデュエルとなるでしょう。

 

②の効果は1000ライフ支払う事で3つの効果からいずれかを発動できます。

1つはデッキからカードを1枚ドローする効果です。

基本的にこの効果をメインに使っていく事になるでしょう。

もう1つはこのカードを破壊する効果。

相手のLPを削りきる算段がつき、攻勢に出ようと思った時に、

邪魔なこのカードを始末する時に使う事になるでしょう。

最後の1つは相手のライフを1000回復する効果です。

①の効果はライフポイントが少ないプレイヤーが恩恵を受ける効果なので、

相手に恩恵を与えたくない時に使う事になるでしょう。

 

そして最大のデメリットにして最大の特徴はこの効果を全て相手も使用できる事です。

その為相手は1000ライフ支払えばいつでもこのカードを破壊できる事になります。

しかしわざわざ100ライフを支払って破壊するよりは、

自分もこのカードのドロー効果を利用する方が都合のいい場面は多いでしょう。

その為いつでも破壊できるにも関わらず、破壊を躊躇してしまうという、

そんな絶妙な特徴を持ったカードといえます。

「いつまでドロー効果を使用するか?」「いつこのカードを破壊するか?」

お互いのプレイヤーが常にそれを考えて動く事になります。

そして破壊するまでお互いにライフを減らし続ける事になるのです。

まさに破滅的なチキンレースような駆け引きが発生するカードと言えます。

チキンレースという看板に偽りの無い効果を持ったカードですね。

コイントスやサイコロのようなギャンブルカードとはまったく別の意味で、

「ギャンブルのようなゲームにするカード」だと自分は思っています。

 

 

強力な効果を持っていますが中々採用が難しいカードでもあります。

このカードを有効に使うのであれば相手のLPを0にする以外の方法で、

相手に勝利できるデッキに投入するのがいいと思われます。

代表的なのは【終焉のカウントダウン】や【活路エクゾ】ですね。

これらのデッキは①の恩恵を一方的に受けやすく、

またダメージを0にする効果も存分に活かせます。

もっともこれらのデッキであると相手に気付かれた時点で、

相手は躊躇無くこのカードを破壊してくると思いますが。

 

逆に【フルバーン】のような1ターンで相手のライフを

大幅に削れるようなデッキにも相性がいいかと思われます。

やはりドローソースや防御手段になりえると同時に、

破壊されたとしてもその時に相手のライフを1000奪える事になります。

バーンデッキにおいてこれは大きいです。

一気に削りきれると思った時にこのカードを破壊するようにすれば、

バーンの邪魔にもなりにくいです。

 

緑一色型の【大逆転クイズ】に採用しても面白いと思います。

テラフォーミングと併せて中々のデッキ圧縮手段となります。

また相手のライフを回復する効果も、

大逆転クイズの条件を満たす為に有効に働いてくれるでしょう。

 

 

 

 

以下は個人的に相性がいいと思われるカードを挙げていきます。

※カード名をクリックでwikiを表示します

 

霞の谷のファルコン

ファルコンに限らず宇宙砦ゴルガーや氷結界の虎王ドゥローレン等、

チキンレースを手札にバウンスできるカード全般ですね。

一度手札に戻した後にもう一度発動すれば、

1ターンに2回ドロー効果を使用する事が可能です。

またもう一度発動せずに手札に残したままにすれば、

相手がこのカードを逆利用したり破壊してくるのを防げます。

 

 

エンシェント・フェアリー・ドラゴン

ドロー効果を利用しつつ、破壊して相手が効果を利用するのを防ぎ、

なおかつ次のチキンレースをサーチしてくる事が可能です。

おまけにライフを1000回復する為コストの損失分も補えます。

「相手のこのカードを使わせたくねぇ!」という超チキンなあなたにどうぞ。

チキンでないあなたは決闘竜の方でドロー加速をするのも面白いです。

 

フィールドバリア

このカードがある限りチキンレースを破壊する事が出来なくなります。

その為より逃げ道の無い恐怖のチキンレースが繰り広げられます。

勿論自分も破壊が不可能になるのでそこは覚悟しておかなくてはなりません。

狂気の沙汰ほど面白い、そんなあなたにどうでしょう?

同じくフィールドを守る効果を持つSin・スターダスト・ドラゴンもあります。

どちらが自分にとって守りやすいかで採用するカードを選ぶといいでしょう。

関連記事

遊戯王アークファイブ第64話『デュエルキング ジャック・アトラス』感想

遊戯王ARC-V64話の感想です。 とうとうジャック・アトラスが登場する回ですね。 個人

記事を読む

【機界騎士(ジャックナイツ)】:遊戯王テーマ考察 直線番長な奴ら、一部すごい事書いてあります

星杯にクローラー。 どちらも聖遺物を巡った戦いを繰り広げており。 10期の遊戯王OCGの

記事を読む

No.(ナンバーズ)41 泥睡魔獣バグースカ:遊戯王カード考察 エイプリルフールにちなんで登場、強力な制圧力を持つ汎用ランク4!

皆さん、今日はエイプリルフールです。 どうもデュエルリンクスだとブルーアイズが面白い事

記事を読む

遊戯王カード考察:ジェルゴンヌの終焉 発動は難しいけどダメージ量は魅力

今回紹介するのはフレイム・オブ・デストラクションよりこのカードです。   &n

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:捕食植物(プレデター・プランツ)キメラフレシア

これで捕食植物も融合デッキだ!   2016年の11月12日に新しいブースター

記事を読む

遊戯王カード考察:星遺物(せいいぶつ)への抵抗 上手く相互リンクしてハラキリだ

今回紹介するのはフレイム・オブ・デストラクションよりこのカードです。   &n

記事を読む

遊戯王OCGテーマ考察:電子光虫(デジタル・バグ)

以前電子光虫-ライノセバスの記事を書いた時 「電子光虫というテーマが出てくるんじゃないか?」と

記事を読む

エンコード・トーカー:遊戯王カード考察 デコード・トーカーの親戚登場!スピードデュエル向きのリンクマーカー

6月17日にストラクチャーデッキ-サイバース・リンク-が発売されます。 藤木遊作の使うサイバー

記事を読む

遊戯王OCG、2016年10月の制限改定判明!ついにあのカードが禁止解除!

2016年10月のリミットレギュレーションが判明しました。 4月と10月に大幅な改定が行われる

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:チューニングガム

②の効果だけでも便利!   今回紹介するのはザ・ダーク・イリュージョンよりこの

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

広告1

スポンサーリンク
    • 5,759,134 総合計アクセス数
PAGE TOP ↑