遊戯王OCGカード考察:幻想の見習い魔導師(げんそうのみならないまどうし)

弟子はとっても優秀だった!

 

2016年9月21日にVジャンプ11月号が発売されます。

今回紹介するのはそのVジャンプ11月号の付録となるこのカードです。

 

 

 

幻想の見習い魔導師
効果モンスター
星6/闇属性/魔法使い族/攻2000/守1700
①:このカードは手札を1枚捨てて、手札から特殊召喚できる。
②:このカードが召喚・特殊召喚に成功した場合に発動できる。
デッキから「ブラック・マジシャン」1体を手札に加える。
③:このカード以外の自分の魔法使い族・闇属性モンスターが
相手モンスターと戦闘を行うダメージ計算時、
手札・フィールドのこのカードを墓地へ送って発動できる。
その自分のモンスターの攻撃力・守備力はそのダメージ計算時のみ2000アップする。

 

 

新しいブラック・マジシャン関連のレベル6魔法使い族です。

 

%e5%b9%bb%e6%83%b3%e3%81%ae%e8%a6%8b%e7%bf%92%e3%81%84%e9%ad%94%e5%b0%8e%e5%b8%ab

まさに幻想の黒魔導師のブラック・マジシャン・ガール版とも言える外見です。

褐色の肌からブラマジガールの生前の姿であるマナのイメージが強く残ってますが

幻想の黒魔導師同様に髪の毛がものっそい伸びてます。

ブラック・マジシャン・ガールがペガサスの故郷であるアメリカ人ではなく

ちゃんとエジプト人をイメージして作られたらこんな感じになるんでしょう。

 

 

①の効果は手札を1枚捨てる事で手札から特殊召喚できるというものです。

いわばレベル6版のTHEトリッキーと言える効果であり

レベル5であるあちらとはまた違う需要が存在するでしょう。

魔法使い族でありもう1体レベル6の魔法使い族を揃える事ができれば

風紀宮司ノリトやマジマジ☆マジシャンギャルのエクシーズ召喚が狙えます。

他にもレベル1のチューナーを通常召喚するなりして

アーカナイト・マジシャンのシンクロ召喚を狙ってもいいでしょう。

 

 

②の効果はこのカードが召喚、特殊召喚に成功した場合に

デッキから師匠を1枚サーチするというものです。

師匠を手札に加える手段としては他にイリュージョン・マジックがあり

あちらは一気に2枚手札に加える事が出来ますが

こちらは1ターンに1度の制約もなく①の効果で特殊召喚したり

あるいは蘇生やアドバンス召喚をするたびに師匠をサーチ可能であり

また手札に来た師匠を①の効果のコストにしたりと色々と小回りが利きます。

ただ師匠はデッキから特殊召喚する手段も豊富に存在しており

あまりデッキからばかすか師匠をサーチしてしまうのも問題になります。

貪欲な瓶など師匠をデッキに帰す手段も用意しておくと

よりこの効果も使いやすくなるでしょう。

 

 

③の効果はこのカード以外の闇属性・魔法使い族モンスターが

相手モンスターと戦闘するダメージ計算時に

手札、もしくはフィールドのこのカードを墓地に送る事で

そのダメージ計算時の間のみ攻撃力を2000アップさせるというものです。

月影のカルートのような手札誘発のコンバットトリック用の効果ですが

手札だけでなくフィールドからでも発動できるのが特徴で発動タイミングの関係上

フィールドから墓地に送って発動しても戦闘の撒き戻しは発生しません。

また攻撃力の上昇量も2000と高く師匠に対して発動できれば

その攻撃力は4500にまで到達します。

ちょうど青眼の究極竜と互角に渡り合える攻撃力ですね。

シャドール・ドラゴンなど下級アタッカーに対して発動した場合であっても

ほぼ全てのモンスターに打ち勝てるようになります。

ちなみに生前の師匠である守護神官マハードは

そもそもが光属性である為、この効果の対象にできません。残念

 

 

なんていうか至れり尽くせりなカードです

どの効果をとっても非常に優秀で、【ブラック・マジシャン】であれば

展開力と打点を同時に補う事のできる優秀なカードとなってくれます。

闇属性魔法使いやレベル7の多い【魔術師】にも

ブラックマジシャンと一緒に出張させやすいでしょう。

またそれぞれの効果が優秀の為、①の効果、もしくは③の効果

どれか1つのみを目当てに他のデッキに採用する選択肢も充分にありです。

①の効果はラブラドライドラゴンとレベルスティーラーを採用している聖刻で

手札のレベルスティーラーを墓地に落としつつレベル6を展開可能です。

それ以外にもランク6のエクシーズ召喚を狙うデッキであれば

手札1枚あれば特殊召喚できるカードとして重宝してくれるでしょう。

③の効果は闇属性・魔法使い族を扱うデッキ全般で恩恵があり、

特に打点不足に悩まされやすい【墓守】などには非常にありがたい効果です。

霊滅術師カイクウの効果を通したい時にも使えます。

 

%e3%83%9e%e3%83%8a

関連記事

遊戯王OCG新カード考察:Em(エンタメイジ)ハットトリッカー

エンタメイジ、アークファイブでも非常に印象深いテーマであり、 個人的に今回一番気になっているテ

記事を読む

ワンタイム・パスコード:遊戯王カード考察  制約の緩いトークン生成カード!シンクロ素材にリリース要因になんでもござれ

今回紹介するのはサーキット・ブレイクよりこのカードです。    

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:イグナイト・ユナイト

アヴェンジャーやスティンガーが一気に使いやすく!   今回紹介するのはインベイ

記事を読む

遊戯王アークファイブ第90話『革命の狼煙』感想

遊戯王ARC-V90話の感想です。 零羅のピンチに「君こそが主人公だろう」とばかりに駆けつけた

記事を読む

遊戯王エイプリルフール企画、なんか集英社が海馬コーポレーションに乗っ取られてた

4月1日、エイプリルフールですね。 嘘をついていい日という事で日本の企業はやたらとこの日が大好

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:重装甲列車アイアン・ヴォルフ

新しい機械族ランク4候補!   今回紹介するのはレイジング・テンペストよりこの

記事を読む

遊戯王OCG、2015年の制限改定発表!だがしかし・・・

とうとう今年7月のリミット・レギュレーションが判明しました。 どのカードが規制強化されるのか、

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:巨神竜(きょしんりゅう)フェルグラント

蘇生して、さらにまた蘇生する   2016年2月9日にストラクチャーデッキR-

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:EM(エンタメイト)ラフメイカー

スマイル・ワールドを使いこなせ!   いよいよ10月8日今日、レイジングテ

記事を読む

遊戯王OCG新カード考察:超重武者ヒキャ-Q(ク)

今回紹介するのはディメンション・オブ・カオスよりこのカードです。   &nbs

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

広告1

スポンサーリンク
遊戯王カード考察:聖騎士の追想 イゾルデ ボールスに続くまとまった聖剣墓地肥やし手段

いよいよ今日、LINK VRAINS PACK(リンク・ヴレインズ・パ

遊戯王カード考察:インヴェルズ・オリジン 激流葬あたりと組み合わせよう

今回紹介するのはLINK VRAINS PACK(リンク・ヴレインズ・

遊戯王カード考察:フレッシュマドルチェ・シスタルト 魔法罠を守る優しいシスター

今回紹介するのはLINK VRAINS PACK(リンク・ヴレインズ・

遊戯王VRAINS(ヴレインズ)第28話『三騎士、最後の将』感想

遊戯王ヴレインズ28話の感想です。 惜しくもロンリーブレイブの前

遊戯王カード考察:トラフィックゴースト 待望の下方向3つの汎用LINK-3

今回紹介するのはストラクチャーデッキ-パワーコード・リンク-よりこのカ

→もっと見る

    • 4,814,486 総合計アクセス数
PAGE TOP ↑