遊戯王OCGカード考察:幻想の見習い魔導師(げんそうのみならないまどうし)

弟子はとっても優秀だった!

 

2016年9月21日にVジャンプ11月号が発売されます。

今回紹介するのはそのVジャンプ11月号の付録となるこのカードです。

 

 

 

幻想の見習い魔導師
効果モンスター
星6/闇属性/魔法使い族/攻2000/守1700
①:このカードは手札を1枚捨てて、手札から特殊召喚できる。
②:このカードが召喚・特殊召喚に成功した場合に発動できる。
デッキから「ブラック・マジシャン」1体を手札に加える。
③:このカード以外の自分の魔法使い族・闇属性モンスターが
相手モンスターと戦闘を行うダメージ計算時、
手札・フィールドのこのカードを墓地へ送って発動できる。
その自分のモンスターの攻撃力・守備力はそのダメージ計算時のみ2000アップする。

 

 

新しいブラック・マジシャン関連のレベル6魔法使い族です。

 

%e5%b9%bb%e6%83%b3%e3%81%ae%e8%a6%8b%e7%bf%92%e3%81%84%e9%ad%94%e5%b0%8e%e5%b8%ab

まさに幻想の黒魔導師のブラック・マジシャン・ガール版とも言える外見です。

褐色の肌からブラマジガールの生前の姿であるマナのイメージが強く残ってますが

幻想の黒魔導師同様に髪の毛がものっそい伸びてます。

ブラック・マジシャン・ガールがペガサスの故郷であるアメリカ人ではなく

ちゃんとエジプト人をイメージして作られたらこんな感じになるんでしょう。

 

 

①の効果は手札を1枚捨てる事で手札から特殊召喚できるというものです。

いわばレベル6版のTHEトリッキーと言える効果であり

レベル5であるあちらとはまた違う需要が存在するでしょう。

魔法使い族でありもう1体レベル6の魔法使い族を揃える事ができれば

風紀宮司ノリトやマジマジ☆マジシャンギャルのエクシーズ召喚が狙えます。

他にもレベル1のチューナーを通常召喚するなりして

アーカナイト・マジシャンのシンクロ召喚を狙ってもいいでしょう。

 

 

②の効果はこのカードが召喚、特殊召喚に成功した場合に

デッキから師匠を1枚サーチするというものです。

師匠を手札に加える手段としては他にイリュージョン・マジックがあり

あちらは一気に2枚手札に加える事が出来ますが

こちらは1ターンに1度の制約もなく①の効果で特殊召喚したり

あるいは蘇生やアドバンス召喚をするたびに師匠をサーチ可能であり

また手札に来た師匠を①の効果のコストにしたりと色々と小回りが利きます。

ただ師匠はデッキから特殊召喚する手段も豊富に存在しており

あまりデッキからばかすか師匠をサーチしてしまうのも問題になります。

貪欲な瓶など師匠をデッキに帰す手段も用意しておくと

よりこの効果も使いやすくなるでしょう。

 

 

③の効果はこのカード以外の闇属性・魔法使い族モンスターが

相手モンスターと戦闘するダメージ計算時に

手札、もしくはフィールドのこのカードを墓地に送る事で

そのダメージ計算時の間のみ攻撃力を2000アップさせるというものです。

月影のカルートのような手札誘発のコンバットトリック用の効果ですが

手札だけでなくフィールドからでも発動できるのが特徴で発動タイミングの関係上

フィールドから墓地に送って発動しても戦闘の撒き戻しは発生しません。

また攻撃力の上昇量も2000と高く師匠に対して発動できれば

その攻撃力は4500にまで到達します。

ちょうど青眼の究極竜と互角に渡り合える攻撃力ですね。

シャドール・ドラゴンなど下級アタッカーに対して発動した場合であっても

ほぼ全てのモンスターに打ち勝てるようになります。

ちなみに生前の師匠である守護神官マハードは

そもそもが光属性である為、この効果の対象にできません。残念

 

 

なんていうか至れり尽くせりなカードです

どの効果をとっても非常に優秀で、【ブラック・マジシャン】であれば

展開力と打点を同時に補う事のできる優秀なカードとなってくれます。

闇属性魔法使いやレベル7の多い【魔術師】にも

ブラックマジシャンと一緒に出張させやすいでしょう。

またそれぞれの効果が優秀の為、①の効果、もしくは③の効果

どれか1つのみを目当てに他のデッキに採用する選択肢も充分にありです。

①の効果はラブラドライドラゴンとレベルスティーラーを採用している聖刻で

手札のレベルスティーラーを墓地に落としつつレベル6を展開可能です。

それ以外にもランク6のエクシーズ召喚を狙うデッキであれば

手札1枚あれば特殊召喚できるカードとして重宝してくれるでしょう。

③の効果は闇属性・魔法使い族を扱うデッキ全般で恩恵があり、

特に打点不足に悩まされやすい【墓守】などには非常にありがたい効果です。

霊滅術師カイクウの効果を通したい時にも使えます。

 

%e3%83%9e%e3%83%8a

関連記事

心眼の祭殿:遊戯王カード考察  戦闘ダメージを1000に固定、中々用途が広いです

今回紹介するのはサーキット・ブレイクよりこのカードです。    

記事を読む

遊戯王VRAINS(ヴレインズ)考察:第1話時点での謎とその予測について、サイバース世界は危険?

遊戯王VRAINS、いよいよ放送開始しました。 ディエルこそありませんでしたがその分世界観の紹

記事を読む

遊戯王OCG新カード考察:A BF(アサルト ブラックフェザー)-霧雨のクナイ

今回紹介するのはディメンション・オブ・カオスよりこのカードです。   &nbs

記事を読む

ペンデュラム・パラドックス:遊戯王カード考察  ペンデュラム召喚しないデッキでも結構有用

今回紹介するのはEXTREME FORCE(エクストリーム・フォース)よりこのカードです。 &

記事を読む

遊戯王OCG新カード考察:真閃珖竜(しんせんこうりゅう) スターダスト・クロニクル

とうとう漫画版遊戯王ファイブディーズの9巻が出ましたね。 また1つ楽しみにしていた漫画が終わっ

記事を読む

動画紹介:エンターテイメントのデュエルとは?

今回紹介するのは遊戯王のニコニコ動画の中でも非常に有名なものの1つです。 それでもこの動画は是

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:レッカーパンダ

場に残せば残すほど攻撃力がどんどん上昇!   今回紹介するのはザ・ダーク・イリ

記事を読む

熱き決闘者たち(あつきデュエリストたち):遊戯王カード考察

3つの特徴的な効果を使いこなせ!   今回紹介するのは20th ANNIVER

記事を読む

剛鬼(ごうき)ヘッドバット:遊戯王カード考察

今回紹介するのはサーキット・ブレイクよりこのカードです。    

記事を読む

遊戯王アークファイブ第123話『栄光の機械竜』感想

遊戯王ARC-V123話の感想です。 見事BB相手にエンタメデュエルを成功させた遊矢、

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

広告1

スポンサーリンク
寄生虫パラノイド:遊戯王カード考察 大丈夫、リメイク前よりはグロくないです

今回紹介するのはデュエリストパック-レジェンドデュエリスト編2-よりこ

輪廻のパーシアス:遊戯王カード考察 カウンター罠多めに採用すれば他のデッキにも

ストラクチャーデッキR-神光の波動-の発売にも近づいてまいりました。

遊戯王VRAINS(ヴレインズ)第19話『闇に葬られし事件』感想

遊戯王VRAINS19話の感想です。 リバースモンスターを駆使す

SW2.0:エイジ・オブ・グリモワール登場 新種族「ノーブルエルフ」「マナフレア」に新技能「グリモワール」「アーティサン」「アリストクラシー」

2017年9月20日、ソードワールド2.0の新しいサプリメント、

銃砲撃(ガン・キャノン・ショット):遊戯王カード考察 実にキースらしいイカサマカード

今回紹介するのはデュエリストパック-レジェンドデュエリスト編2-よりこ

→もっと見る

    • 4,629,400 総合計アクセス数
PAGE TOP ↑