遊戯王OCGカード考察:烏合無象(うごうむぞう)(Cattle Call)

いくらでも悪用がききます

 

今回紹介するのはエクストラパック2016よりこのカードです。

 

 

 

烏合無象(Cattle Call)
速攻魔法
「烏合無象」は1ターンに1枚しか発動できない。
①:自分フィールドから元々の種族が
獣族・獣戦士族・鳥獣族の表側表示モンスター1体を墓地へ送って発動できる。
墓地へ送ったそのモンスターと元々の種族が同じモンスター1体を
エクストラデッキから特殊召喚する。
この効果で特殊召喚したモンスターは攻撃できず、
効果は無効化され、エンドフェイズに破壊される。

 

 

獣族・獣戦士族・鳥獣族を組み合わせた

いわゆる「ビースト」用の速攻魔法です。

 

烏合無象

なんともまあワラワラと揃っております

マスターオブOZや恐牙狼 ダイヤウルフ、旋風のボルテクスなど

3種族の融合、シンクロ、エクシーズモンスターが集まっています。

いやーダイヤウルフってこんなに大きかったんですね。

カード名は恐らく「烏合の衆」と「有象無象」を組み合わせたもので

どちらも「くだらない集まり」的な意味を持ちます。

イラストでもみんなが好き勝手していてあまりまとまって無い感じですね。

 

 

その効果は1ターンに1度、自分のフィールドに存在する

元々の種族が獣族、獣戦士族、鳥獣族のいずれかのモンスター1体を墓地に送り

そのモンスターと元々の種族が同じモンスターを1体

エクストラデッキから特殊召喚するというものです。

ただしこの効果で特殊召喚したエクストラデッキのモンスターは

効果が無効にされ攻撃もできず、エンドフェイズには破壊される制約がつきます。

上記のきつい制約により基本的にただ出すだけではあまり意味がない為、

基本的に出したモンスターを何かに利用していく事や

もしくはリリースエスケープとして使う事が大事になってきます。

また墓地に送る必要がある為、

トークンやペンデュラムモンスターには使えない点も注意しましょう。

 

 

獣族であればなんといってもマスター・オブ・OZが狙い目です。

マスター・オブ・OZを素材にビーストアイズ・ペンデュラム・ドラゴンを

特殊召喚できれば追加ダメージで4200与える殺意の塊が出来上がります。

【金華猫】などビーストアイズの特殊召喚が狙いやすいデッキであれば

チャンスが来た時の引導火力として働いてくれるでしょう。

また同じく偉大魔獣 ガーゼットのアドバンス召喚の為にリリースすれば

攻撃力8400の暴力を作り出す事も可能です。

 

 

鳥獣族であればRR-アルティメット・ファルコンがオススメです。

No.77 ザ・セブン・シンズにエクシーズチェンジさせる事が可能であり

破壊耐性持ちの4000打点として活躍させる事が可能です。

同様の事はRR-ラスト・ストリクスでも可能ですが

こちらは戦闘ダメージを与えられる利点が存在する為、

相手にトドメをさしたい時などにも使えます。

また零鳥姫リオート・ハルピュイアを特殊召喚すれば

そこからFA-クリスタル・ゼロ・ランサーに重ねる事が可能です。

 

 

獣戦士族の場合は他の2種族に比べると少し見劣りしてしまいますが

天狼王 ブルー・セイリオスを特殊召喚した後に破壊すれば

相手の攻撃力を下げる事が可能です。

相手ターンに特殊召喚できれば結構いやらしい壁になってくれるでしょう。

他には武神-ヒルコのペンデュラム効果を利用する事で

武神エクシーズに重ねる事が可能です。

またこれは獣戦士族に限った事ではないですがランク5か6のエクシーズから

迅雷の騎士ガイアドラグーンに繋げる事も可能です。

 

 

このカードで特殊召喚したモンスターは大きな制約が発生しますが

亜空間物質転送装置や刻剣の魔術師で除外させた後に帰還させる事で

その制約をリセットさせ、性能をフルに発揮させる事が可能です。

完全耐性を持つRR-アルティメット・ファルコンや

強力な制圧力を持つナチュル・エクストリオが特に狙い目となります。

The tyrant NEPTUNEでリリースして

効果をコピーしてしまうのもいいでしょう。

 

 

他にもこのカードで闇属性のエクシーズモンスターを特殊召喚すれば

オーバーレイユニットの無い状態で特殊召喚が可能になる為、

RUM-幻影騎士団ラウンチでランクアップさせる事が可能です。

これもラスト・ストリクスで同様の事が可能なのですが、

あちらと違い戦闘ダメージを与える事もできる為、

特に覇王黒竜オッドアイズ・リベリオン・ドラゴンを使う場合には

1ターンキルを狙っていく事も可能です。

 

 

上記に挙げた方法以外にもまだ様々な使い方があると思います。

今後3種族の融合、シンクロ、エクシーズモンスターが追加されれば

そのたびに評価が変わってくるカードでもあり、

可能性と悪用法に満ち溢れたカードだと言えるでしょう。

 

マスターオブOZ

関連記事

遊戯王カード考察:星遺物-『星槍』(せいいぶつ せいそう) リンク用の強力な戦闘補助、回収もしやすい

今回紹介するのはフレイム・オブ・デストラクションよりこのカードです。   &n

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:HSR(ハイスピードロイド)マッハゴー・イータ

今回紹介するのはブレイカーズ・オブ・シャドウよりこのカードです。   &nbs

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:EM(エンタメイト)オッドアイズ・ユニコーン

ワグナス!デメリット無しのスケール8だ! 今回紹介するのはシャイニング・ビクトリーズよりこのカ

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:RR(レイド・ラプターズ)-ネクロ・ヴァルチャー

今回紹介するのはウィング・レイダーズよりこのカードです。    

記事を読む

幻煌龍(げんおうりゅう):遊戯王テーマ考察

通常モンスターである幻煌龍(げんおうりゅう) スパイラルを主軸にする新しいテーマ、 それがマキ

記事を読む

星霜のペンデュラムグラフ、時空のペンデュラムグラフ:遊戯王カード考察

強いのに虹彩の魔術師でサーチし放題!   というわけで12月25日、ク

記事を読む

ドン・サウザンドの契約:遊戯王カード考察

バーンとして使う?それともロックとして使う?   今回紹介するのは20th A

記事を読む

遊戯王OCG新カード考察:SR(スピードロイド)三つ目のダイス

いよいよハイスピード・ライダーズの発売日ですね! 今回紹介するのはこのカードです。 &n

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:巨竜の守護騎士(ガーディアン・オブ・フェルグラント)

レヴァライダーみたいな事ができるぞ!   今回紹介するのはストラクチャーデッキ

記事を読む

DDD超死偉王(ちょうしいおう)パープリッシュ・ヘル・アーマゲドン:遊戯王カード考察  シンプルながらも強い破壊効果

今回紹介するのは4月28日に発売されるマスターガイド5の 付属カードとしてついてくるこちらです

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

広告1

スポンサーリンク
    • 5,475,680 総合計アクセス数
PAGE TOP ↑