遊戯王OCGカード考察:WW(ウィンド・ウィッチ)-アイス・ベル

展開しながらバーンダメージ!

 

今回紹介するのはレイジング・テンペストよりこのカードです。

 

 

 

WW-アイス・ベル
効果モンスター
星3/風属性/魔法使い族/攻1000/守1000
「WW-アイス・ベル」の①②の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
①:自分フィールドにモンスターが存在しない場合に発動できる。
このカードを手札から特殊召喚する。
その後、デッキから「WW」モンスター1体を特殊召喚できる。
この効果で特殊召喚したモンスターはリリースできず、
この効果を発動するターン、自分はレベル5以上の風属性モンスターしか
エクストラデッキから特殊召喚できない。
②:このカードが召喚・特殊召喚に成功した場合に発動できる。
相手に500ダメージを与える。

 

 

リンが使っていたテーマ「WW(ウィンド・ウィッチ)」が

レイジング・テンペストにてOCG化されました。

アークファイブにおいてリンがユーゴ戦で使用しており、

このカード2体とWW-スノウ・ベルでチューニングして

WW-ウィンター・ベルのシンクロ召喚につなげています。

アニメではバーン効果に1ターンに1度の制約が存在せず、

連続でバーンを仕掛けていましたがOCG化に伴い調整されています。

また「風を告げる鈴の音」が内蔵されたような効果も追加されました。

 

 

WWアイスベル

どことなくZEXALの神代璃緒を思わせる姿の魔法少女です。

杖の先端がベルの形になっているのが1つの特徴ですね。

個人的にはアニメの女の子モンスターでもかなり好みのデザインですが

笑顔でバーンダメージ与えてくるという中々怖いカードです

ちなみにアニメには色違いも登場しています。

 

 

①の効果は1ターンに1度、自分の場にモンスターがいない場合に

手札から特殊召喚でき、さらにデッキから

ウィンドウィッチ1体を特殊召喚できるというものです。

ただしこの効果で特殊召喚したモンスターはリリースには使えず、

さらにこの効果を発動「する」ターンはレベル5以上の風属性モンスター以外は

エクストラデッキから特殊召喚できない制約が発生します。

何ていうかベイゴマックス調整しましたって感じの効果ですね。

レベル5以上という縛りがまた絶妙でエクシーズ素材にする事は勿論、

スノウ・ベルを特殊召喚して古神ハストールをシンクロ召喚する事も出来ません。

つまりシンクロ召喚につなげる場合はこのカードの他に

もう1枚別のカードが必要になってくるわけです。

リリースできない為、アドバンス召喚に使う事もできません。

特殊召喚に制約が発生するのはあくまでエクストラデッキからなので

墓地やデッキ、手札から特殊召喚する分にはまったく問題ありません。

 

 

②の効果は1ターンに1度、召喚・特殊召喚に成功した場合に

相手に500のダメージを与えるというものです。

ダメージ自体は対した事ないですが発動条件が非常に緩く、

展開するおまけで着実にダメージを与えていく事が可能です。

特に神の通告などライフコスト系のカードを多用するデッキであれば

この細かいダメージの積み重ねが馬鹿にならないものとなるでしょう。

アニメでもこの効果を連続で発動してダメージを積み重ねており、

「高速展開しながらバーンを積み重ねていく」

というのがウィンドウィッチのコンセプトだと思われます。

 

 

前述の通りこのカードでシンクロ召喚を狙うには

もう1枚別のモンスターを用意する必要が出てきます。

レベル4のチューナーを用意する事が出来れば

このカードでスノウベルを特殊召喚した後に

クリアウィング→クリスタルウィングと繋げる事が可能です。

またレベル5(ダイナミスト・ブラキオンあたりがオススメです)を

場に出せればミスト・ウォームのシンクロ召喚にも繋げられます。

 

 

まだウィンドウィッチの判明しているカードは少ないですが、

①の効果の制約にシンクロ召喚以外を縛るという旨はありません。

わざわざ融合召喚にも使えるような制約になっているあたり

多分クリスタル・ベルもいつか登場すると思われます。

 

リン1

関連記事

遊戯王OCG新カード考察:竜穴の魔術師

続々と新カードの情報がやってきて興奮が収まりきらないユリポエです。 1枚ずつの考察になるので多

記事を読む

インスペクト・ボーダー:遊戯王カード考察 ロック性能は十分!ステータスも十分!

今回紹介するのはEXTREME FORCE(エクストリーム・フォース)よりこのカードです。 &

記事を読む

覇王眷竜(はおうけんりゅう)クリアウィング:遊戯王カード考察  シンクロ召喚すれば相手モンスター全破壊、覇王眷竜どれも強いぞ!

今回紹介するのはコード・オブ・ザ・デュエリストよりこのカードです。   &nb

記事を読む

遊戯王カード考察:サイバネット・リグレッション どうせ狙う相手ターンに

今回紹介するのはSTARTER DECK(2018)よりこのカードです。  

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:チューニングガム

②の効果だけでも便利!   今回紹介するのはザ・ダーク・イリュージョンよりこの

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:天照大神(アマテラス)

待ちに待ったスピリットの新カード!   今回紹介するのはザ・ダーク・イリュージ

記事を読む

星遺物-『星盾』(せいいぶつ せいじゅん):遊戯王カード考察 ザ・壁要因といえる実に盾らしい盾

今回紹介するのはEXTREME FORCE(エクストリーム・フォース)よりこのカードです。 &

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:幻創(げんそう)のミセラサウルス

なんか恐竜族にすっごいの来た!   今回紹介するのはレイジング・テンペストより

記事を読む

遊戯王OCG:2017年1月の制限改定を個人的に予想してみる

12月ですね。とうとう今年も残り1ヶ月となりました。 遊戯王にとっては来月には新しいリミットレ

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:捕食植物(プレデター・プランツ)セラセニアント

相手を道連れにできる防御カード!   今回紹介するのはフュージョン・エンフォー

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

広告1

スポンサーリンク
遊戯王カード考察:トークバック・ランサー LINK-1の中でも攻撃力高め、効果も優秀

今回紹介するのはストラクチャーデッキ-マスター・リンク-よりこのカード

遊戯王カード考察:サイバネット・コーデック 最大で6枚サーチ!あとはデッキに何を採用するか

本日6月23日、ストラクチャーデッキ-マスター・リンク-の発売です。

遊戯王カード考察:エルフェーズ サイバネット・バックドアと相性よし リンク素材にするだけが芸じゃない

今回紹介するのはストラクチャーデッキ-マスター・リンク-よりこのカード

遊戯王カード考察:プロフィビット・スネーク 毎ターン回収可能な戦闘サポート

今回紹介するのはストラクチャーデッキ-マスター・リンク-よりこのカード

遊戯王VRAINS(ヴレインズ)第57話『雲上の決戦』感想

遊戯王ヴレインズ57話の感想です。  

→もっと見る

    • 5,412,000 総合計アクセス数
PAGE TOP ↑