遊戯王OCGカード考察:降竜の魔術師(こうりゅうのまじゅつし)

ドラゴン族絶対殺すマンのお供に

 

今回紹介するのはレイジング・テンペストよりこのカードです。

 

 

 

降竜の魔術師
ペンデュラム・効果モンスター
星7/闇属性/魔法使い族/攻2400/守1000
【Pスケール:青2/赤2】
①:1ターンに1度、フィールドの表側表示モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターの種族は相手ターン終了時までドラゴン族になる。
【モンスター効果】
①:1ターンに1度、自分メインフェイズに発動できる。
このカードの種族はターン終了時までドラゴン族になる。
②:フィールドのこのカードを素材として
融合・S・X召喚したモンスターは以下の効果を得る。
●このカードがドラゴン族モンスターとの戦闘を行うダメージステップの間、
このカードの攻撃力は元々の攻撃力の倍になる。

 

 

レイジング・テンペストで追加されるレベル7の魔術師ペンデュラムです。

アークファイブにおいて榊遊矢が天城カイト戦で使用し

自身をドラゴン族にする事でオッドアイズ・ペンデュラム・ドラゴンと共に

覇王黒竜オッドアイズ・リベリオン・ドラゴンのエクシーズ素材となりました。

 

降竜の魔術師

魔術師ペンデュラムの例に漏れずイケメンです。

ローブ、杖、マジシャンズハット、魔女帽子と

パーツだけ見ればオーソドックスな魔法使い風のデザインですが、

それらのパーツが独特な形状をしているのが特徴です。

 

 

ペンデュラム効果は1ターンに1度、表側表示のモンスター1体を

相手ターン終了時までドラゴン族にするというものです。

相手が種族サポートを多用するのであればそれを妨害する事が出来ますし

天翔の竜騎士ガイアのようにドラゴン族を素材にする融合モンスターがあれば

超融合で相手を吸ってしまう事も可能です。

エレクトリック・ワームでコントロールを奪うのも面白いでしょう。

自身のモンスターにも使用できる為、任意のモンスターをドラゴン族にして

巨竜の羽ばたきなどのドラゴン族サポートを利用する事や

ドラゴン族を素材にするシンクロやエクシーズ召喚に利用できたりします。

 

 

モンスター効果の①は1ターンに1度、

ターン終了時までこのカードをドラゴン族にするというものです。

アニメのように覇王黒竜オッドアイズ・リベリオン・ドラゴンの

エクシーズ素材として利用できる他、ペンデュラムモンスターなので

バーストブレスや幻界突破のリリース要因にしてしまうのも1つの手です。

 

 

モンスター効果の②はこのカードを素材に

融合・シンクロ・ペンデュラム召喚したモンスターは

ドラゴン族と戦闘するダメージステップの間、その攻撃力を

元々の数値の倍にするというものです。

このカードを素材に冥界濁龍 ドラゴキュートスをシンクロ召喚して

ドラゴン族モンスターを狙えば8000の攻撃力を叩き込む事も可能です。

ペンデュラム効果とシナジーしており降竜の魔術師が2枚存在すれば

片方のペンデュラム効果で相手モンスターをドラゴン族にした後、

もう片方を素材にしたカードで倍の攻撃力で殴る芸当が可能です。

オッドアイズ・メテオ・バーストドラゴンがあれば

ペンデュラムゾーンの降竜の魔術師を特殊召喚できる為、

同様の事を降竜の魔術師1枚で可能になります。

 

 

このカードと相性がいいのは何といっても【バスター・ブレイダー】でしょう。

ドラゴン族に対して無類の強さを誇るバスター・ブレイダーにとって

相手のカードをドラゴン族にできるカードは非常にありがたいです。

特に破壊剣士融合で任意の相手モンスターを融合素材にできるのは大きいでしょう。

いざという時には自身も竜破壊の剣士-バスター・ブレイダーの融合素材になれます。

何より元々【バスター・ブレイダー】には魔術師を混ぜた構築も存在する為、

このカードも無理なく採用する事が出来るでしょう。

ただ竜破壊の剣士-バスター・ブレイダーは元々攻撃力上昇効果を持っている為

②のモンスター効果とは少々かみ合わせが悪い所もあります。

 

 

魔術師軸の【バスター・ブレイダー】デッキはペンデュラム・コールの規制により

少々組みづらくなっていましたがこのカードが登場した事で

またいくらか組みやすくなったと言えるでしょう。

関連記事

忍びの六武(しのびのろくぶ):遊戯王カード考察 ザ・ロマンカード、墓地をいかに肥やすかが鍵

今回紹介するのはデッキビルドパック スピリット・ウォリアーズよりこのカードです。  

記事を読む

遊戯王カード考察:インヴェルズ・オリジン 激流葬あたりと組み合わせよう

今回紹介するのはLINK VRAINS PACK(リンク・ヴレインズ・パック)よりこのカードです。

記事を読む

遊戯王アークファイブ第111話『ペンデュラムハート』感想

遊戯王ARC-V110話の感想です。 絶対エンタメなんかに負けたりしないと意気込むエド総司令官

記事を読む

遊戯王カード考察:EM(エンタメイト)ガトリングール

凶悪なバーン効果で相手をハチの巣だぁ!   今回紹介するのはマキシマム・クライ

記事を読む

心眼の祭殿:遊戯王カード考察  戦闘ダメージを1000に固定、中々用途が広いです

今回紹介するのはサーキット・ブレイクよりこのカードです。    

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:WW(ウィンド・ウィッチ)-スノウ・ベル

風属性デッキ全般のシンクロをサポート!   今回紹介するのはレイジング・テンペ

記事を読む

DDD怒涛大王エグゼクティブ・シーザー:遊戯王カード考察  相手の妨害に専念する?それとも積極的に攻撃力上げる?

今回紹介するのはコード・オブ・ザ・デュエリストよりこのカードです。   &nb

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:No.(ナンバーズ)51 怪腕のフィニッシュ・ホールド

ドッゴラァァァァ!!!   今回紹介するのはコレクターズパック「閃光の決闘者編

記事を読む

遊戯王アークファイブ第82話『究極の隼VS黒羽の雷』感想

遊戯王ARC-V82話の感想です。 まだまだ続く黒咲VSクロウの新旧闇属性鳥獣族対決。

記事を読む

遊戯王カード考察:機界騎士(ジャックナイツ)アヴラム サイキック族通常モンスターはかなり貴重

今回紹介するのはフレイム・オブ・デストラクションよりこのカードです。   &n

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

広告1

スポンサーリンク
遊戯王カード考察:やぶ蛇 地雷カードの決定版 発動できた場合皆は何を出す?

今回紹介するのはフレイム・オブ・デストラクションよりこのカードです。

遊戯王カード考察:クインテット・マジシャン シンプルに豪快で強い、未来融合もオススメ

2月23日にザ・ヴァリュアブル・ブック20が発売されます。 今回

遊戯王カード考察:ヤジロベーダー さあなんか新用語が出て来ましたよ

今回紹介するのはフレイム・オブ・デストラクションよりこのカードです。

遊戯王カード考察:急き兎馬(せきとば) 新しいランク5素材候補、実はデメリットも有効活用できる

今回紹介するのはフレイム・オブ・デストラクションよりこのカードです。

遊戯王カード考察:星遺物-『星槍』(せいいぶつ せいそう) リンク用の強力な戦闘補助、回収もしやすい

今回紹介するのはフレイム・オブ・デストラクションよりこのカードです。

→もっと見る

    • 4,966,697 総合計アクセス数
PAGE TOP ↑