遊戯王OCGカード考察:超重忍者(ちょうじゅうにんじゃ)シノビ-A・C(ア・シー)

意外と超重武者以外でも使えるぞ

 

今回紹介するのはレイジング・テンペストよりこのカードです。

 

 

 

超重忍者シノビ-A・C
シンクロ・効果モンスター
星7/地属性/機械族/攻1200/守2800
機械族チューナー+チューナー以外の機械族モンスター1体以上
このカードはルール上「超重武者」カードとしても扱う。
①:このカードは表側守備表示のままで攻撃できる。
その場合、このカードは守備力を攻撃力として扱いダメージ計算を行う。
②:自分の墓地に魔法・罠カードが存在しない場合に発動できる。
このカードの元々の守備力はターン終了時まで半分になり、
このターンこのカードは直接攻撃できる。
③:このカードが効果で破壊され墓地へ送られた場合、
次のスタンバイフェイズに発動できる。
このカードを墓地から特殊召喚する。

 

 

疾きこと風の如く、静かなること林の如し!
音無く忍びとどめを刺せ!
シンクロ召喚!出でよ!レベル7!
超重忍者シノビ-A・C!

 

 

超重武者のレベル7シンクロモンスターです。

アークファイブにおいて権現坂昇がBB戦で使用したカードであり

タマ-C、ファイヤー・アーマー、ココロガマ-Aを素材にシンクロ召喚され

ムルミロの効果で破壊されながらも自身の効果で蘇生しました。

アニメでは墓地から特殊召喚する効果がそのターンのエンドフェイズでしたが

OCG化に伴いスタンバイフェイズへとタイミングが変更されています。

 

 

超重忍者シノビ-A・C

サルト-Bよりはスマートですがやはり全体的に体系がエビス丸です。

脚部がカエルに似ており恐らくは忍者のガマをイメージしてるのでしょう。

背中のパーツは亀の甲羅っぽくもありどこか忍者タートルズを思わせます。

両側の先端に複数の穴が空いた独特の棒が特徴的です。

アニメではこの穴から光りを放って自身に浴びせる事で

透明ににある効果を持っていましたがイラストを見る限りどうやら

モーニングスター型のビームサーベルとしても使えるようです。

忍者である事もそうですがシンクロ口上でも

「疾きこと風の如く」とか言っているあたり

不動ってなんだろうって気持ちになります。

 

 

レベル7のシンクロモンスターであり素材には

チューナーと非チューナー両方に機械族を指定しています。

超重武者であればヒキャ-Qかビッグワラ-Gを特殊召喚した後に

タマ-Cかホラガ-Eを通常召喚すれば素材を揃えられます。

超重武者シンクロの例に漏れず超重武者として扱う効果外テキスト持ちです。

 

 

①の効果は守備力を攻撃力扱いとして守備表示のまま攻撃できる効果です。

超重武者の代名詞とも言える効果でありこれが無ければ始まりません。

 

 

②の効果は墓地に魔法罠が存在しない状態の時に

自身の元々の守備力を半分にする事で直接攻撃できるというものです。

相手に与えられるダメージは基本は1400となりますが

超重武者装留グレート・ウォールを装備させれば2600まで上昇します。

さらに超重武者装留ダブル・ホーンを装備させれば2回攻撃可能と

準備さえしっかりすれば強烈なダメージを叩き込む事が可能です。

 

 

③の効果はこのカードが効果破壊されて墓地へ送られた場合、

次のスタンバイフェイズに墓地から特殊召喚できるという自己蘇生です。

蘇生タイミングはやや遅めですが実質的な効果破壊耐性とも言える効果で

バウンスや除外に対しては無力ですがそれらの除去にチェーンして

デストラクト・ポーション等で破壊する事で

炎王のように次のターンには復活させる事が可能です。

 

 

レベル7のこのカードが登場した事により

レベル5から10までの超重武者シンクロが全て存在する事になりました。

これはタマ-Cの効果でレベル3からレベル8までのモンスターであれば

全てシンクロ素材にしてしまえる事を意味します。

タマ-Cの使い勝手は飛躍的に高まったと言えるでしょう。

 

 

墓地に魔法罠が無い事を要求する効果は②のみである為、

直接攻撃を考慮しないのであれば魔法罠を入れたデッキにも採用が可能です。

このカードもまた「忍者」カテゴリに属しており

サルトーBよりも忍者用のサポートカードを考慮する事が可能です。

シンクロ素材にも超重武者の指定が無い為、

機械族デッキであればこのカードのシンクロ召喚を狙えます。

単純に自己蘇生効果を持った2800打点のレベル7としても使える為、

幻獣機や音響戦士あたりに採用してみるのも悪くないと思います。

 

キングさよなライオン

関連記事

サイバース・コンバーター:遊戯王カード考察 セクレタリーと並ぶ手札からの展開手段に

7月21日にVジャンプ9月号が発売されます。 今回紹介するのはその付録としてついてくるこのカー

記事を読む

アカシック・マジシャン:遊戯王カード考察  バウンスにデッキトップサーチにと結構使いどころが多いです

今回紹介するのはサイバース・リンクよりこのカードです。    

記事を読む

遊戯王アークファイブ第134話『闇の誘惑』感想

遊戯王ARC-V134話の感想です。 先週は放送休みだったので2週間ぶりですね。 榊遊勝

記事を読む

遊戯王OCG:「電影の騎士ガイアセイバー」から考えるリンクモンスターの傾向予測、まだ不明瞭な点など

リンク召喚の登場と新マスタールールにおけるエクストラデッキの制限により 遊戯王の環境が激変、各

記事を読む

遊戯王OCG新カード考察:禁忌の壺

今回紹介するのはディメンション・オブ・カオスよりこのカードです。   &nbs

記事を読む

センサー万別:遊戯王カード考察 群雄割拠の逆バージョン!種族がバラバラな事が強みに

本日10月14日、いよいよエクストリーム・フォースの発売です。 今回紹介するのはEXTREME

記事を読む

サイバース・ガジェット:遊戯王カード考察

1枚で3体分の素材になる新時代のガジェット!   3月21日にVジャンプ5月号

記事を読む

影六武衆(かげろくぶしゅう)-リハン:遊戯王カード考察  融合の六武衆が登場、影忍術で使いまわそう

8月11日にデッキビルドパック スピリット・ウォリアーズが発売されます。 今回紹介するのはその

記事を読む

遊戯王OCG新カード考察:天帝従騎(てんていじゅうき)イデア

皆さんは夏休みの宿題を溜めておくタイプでしたか?自分もそうでした。 今回紹介するのは真帝王降臨

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:竜魔王レクターP(ペンデュラム)

シャイニング・ビクトリーズの発売も近づいてまいりました。 既にフラゲ情報も出回っているようです

記事を読む

Comment

  1. 匿名 より:

    機械族で忍者といえばカラクリもいますねぇ…

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

広告1

スポンサーリンク
セキュリティ・ドラゴン:遊戯王カード考察 そろそろトーチ・ゴーレム許されなさそう

10月21日にVジャンプ12月号が発売されます。 今回紹介するの

アロマセラフィ-ジャスミン:遊戯王カード考察  アロマだけでなく植物族全般で有用

今回紹介するのはLINK VRAINS PACK(リンク・ヴレインズ・

遊戯王VRAINS(ヴレインズ)第23話『ゲノムの巨人』感想

遊戯王ヴレインズ23話の感想です。 アザナー状態になったマコトの

彼岸の黒天使 ケルビーニ:遊戯王カード考察 彼岸だけでなくレベル3メイン全般で有用!

今回紹介するのはLINK VRAINS PACK(リンク・ヴレインズ・

水晶機巧(クリストロン)-ハリファイバー:遊戯王カード考察 アクセルシンクロの救世主、むしろもっとやばい何か

11月25日に既存OCGテーマ用のリンクモンスターを収録したパック、

→もっと見る

    • 4,722,073 総合計アクセス数
PAGE TOP ↑