遊戯王OCGカード考察:SR(スピードロイド)バンブー・ホース

展開と墓地肥やし両方で活躍する優等生!

 

今回紹介するのはレイジング・テンペストよりこのカードです。

 

 

 

SRバンブー・ホース
効果モンスター
星4/風属性/機械族/攻1100/守1100
「SRバンブー・ホース」の②の効果は1ターンに1度しか使用できない。
①:このカードが召喚に成功した時に発動できる。
手札からレベル4以下の「スピードロイド」モンスター1体を特殊召喚する。
②:墓地のこのカードを除外して発動できる。
デッキから風属性モンスター1体を墓地へ送る。
この効果はこのカードが墓地へ送られたターンには発動できない。

 

 

レイジング・テンペストで登場するレベル4のスピードロイドです。

アークファイブにおいてユーゴがリン戦で使用したカードであり

その効果で手札からSR三つ目のダイスを特殊召喚、

そのままクリアウィング・シンクロ・ドラゴンのシンクロ召喚に繋げました。

 

 

SRバンブーホース

バンブーホースというそのまんまな名前からしてもモチーフは竹馬です。

竹馬上の脚部を持った馬型のロボット、といった外見をしています。

転ばないんでしょうかこれ

 

 

①の効果は召喚に成功した時に手札からレベル4以下の

スピードロイドを特殊召喚できる切り込み隊長な効果です。

チューナーを特殊召喚してシンクロ召喚に繋げられるのは勿論の事、

レベル4のスピードロイドを特殊召喚すればエクシーズ召喚も可能です。

スピードロイドは機械族風属性の為、

電光千鳥やギアギガントXのエクシーズ召喚に繋げられる他、

シェイブーメランを特殊召喚して相手の攻撃力を下げた後に

No.103 神葬零嬢ラグナ・ゼロに繋げるといった芸当も可能です。

 

 

②の効果は1ターンに1度、墓地にあるこのカードを除外する事で

デッキから風属性1体を墓地に送るという墓地肥やし効果です。

ただし墓地へ送られたターンには発動できない制約が存在します。

スピードロイドであれば三つ目のダイスや電々大公を墓地に送る事で

墓地で発動する効果の準備が出来る他、墓地へ落としたモンスターを

ダブルヨーヨーで蘇生させたい場合にも重宝します。

また自身を除外する点もチャンバライダーの③の効果を使う事で

再利用に繋げる事が可能です。

スピードロイド以外でも風属性全般を墓地に落とす事が可能であり

ガスタや音響戦士、幻獣機にとってもありがたい効果です。

 

 

どちらも効果もシンプルかつ間違いなく有用な効果であり

純正のスピードロイド以外でも他のテーマと混ぜたい場合などでも

お世話になるカードだと言えるでしょう。

特にランク4のエクシーズ召喚を狙うのに貢献してくれますが

その場合はエクストラデッキの選別により悩まされるかもしれません。

 

路上のギリジン

関連記事

遊戯王アークファイブ第86話『怯まぬ決意』感想

遊戯王ARC-V86話の感想です。 デュエルに敗北し会場を後にするセレナ。 しかしロジェ

記事を読む

遊戯王カード考察:転生炎獣(サラマングレイト)ヴァイオレットキマイラ 脳筋効果+脳筋効果+脳筋効果=相手は死ぬ

今回紹介するのはSAVAGE STRIKE(サベージ ストライク)よりこのカードです。 &nb

記事を読む

遊戯王アークファイブ第96話『借り物の言葉』感想

遊戯王ARC-V96話の感想です。 先週は卓球の影響で延期してしまいましたが改めて今日放送です

記事を読む

遊戯王カード考察:ドラグニティナイト-ハールーン ヴァジュランダとはかなり運用法が違います

今回紹介するのはCYBERNETIC HORIZONよりこのカードです。  

記事を読む

遊戯王VRAINS(ヴレインズ)第10話『衝撃!サイバース消失』感想

遊戯王ヴレインズ第10話の感想です。 ストームアクセスによってトポロジック・ボマー・ドラゴンを

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:DD魔導賢者ニュートン

12月12日にストラクチャーデッキ-ペンデュラム・ドミネーション-が発売されます。 赤馬零児を

記事を読む

遊戯王カード考察:ブラック・バード・クローズ んもー、クロウ君ってばすぐ手札から罠発動する

今回紹介するのはデュエリストパック-レジェンドデュエリスト編3-よりこのカードです。 &nbs

記事を読む

遊戯王カード考察:機怪神(デウス)エクスクローラー 最上級リバースの新たな選択肢、勿論クローラーで使っても強いよ

今回紹介するのはDARK NEOSTORMよりこのカードです。    

記事を読む

遊戯王カード考察:アンチエイリアン 効果も便利なサイバース族の下級アタッカー

いよいよ今日ストラクチャーデッキ-パワーコード・リンク-の発売ですね。 今回紹介するのはそんな

記事を読む

星遺物-『星盾』(せいいぶつ せいじゅん):遊戯王カード考察 ザ・壁要因といえる実に盾らしい盾

今回紹介するのはEXTREME FORCE(エクストリーム・フォース)よりこのカードです。 &

記事を読む

Comment

  1. 匿名 より:

    なんか馬は馬でも「海馬(タツノオトシゴ、英名はシーホース)」っぽいデザインしてるなあ

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

広告1

スポンサーリンク
    • 6,142,374 総合計アクセス数
PAGE TOP ↑