遊戯王OCGカード考察:SR(スピードロイド)バンブー・ホース

展開と墓地肥やし両方で活躍する優等生!

 

今回紹介するのはレイジング・テンペストよりこのカードです。

 

 

 

SRバンブー・ホース
効果モンスター
星4/風属性/機械族/攻1100/守1100
「SRバンブー・ホース」の②の効果は1ターンに1度しか使用できない。
①:このカードが召喚に成功した時に発動できる。
手札からレベル4以下の「スピードロイド」モンスター1体を特殊召喚する。
②:墓地のこのカードを除外して発動できる。
デッキから風属性モンスター1体を墓地へ送る。
この効果はこのカードが墓地へ送られたターンには発動できない。

 

 

レイジング・テンペストで登場するレベル4のスピードロイドです。

アークファイブにおいてユーゴがリン戦で使用したカードであり

その効果で手札からSR三つ目のダイスを特殊召喚、

そのままクリアウィング・シンクロ・ドラゴンのシンクロ召喚に繋げました。

 

 

SRバンブーホース

バンブーホースというそのまんまな名前からしてもモチーフは竹馬です。

竹馬上の脚部を持った馬型のロボット、といった外見をしています。

転ばないんでしょうかこれ

 

 

①の効果は召喚に成功した時に手札からレベル4以下の

スピードロイドを特殊召喚できる切り込み隊長な効果です。

チューナーを特殊召喚してシンクロ召喚に繋げられるのは勿論の事、

レベル4のスピードロイドを特殊召喚すればエクシーズ召喚も可能です。

スピードロイドは機械族風属性の為、

電光千鳥やギアギガントXのエクシーズ召喚に繋げられる他、

シェイブーメランを特殊召喚して相手の攻撃力を下げた後に

No.103 神葬零嬢ラグナ・ゼロに繋げるといった芸当も可能です。

 

 

②の効果は1ターンに1度、墓地にあるこのカードを除外する事で

デッキから風属性1体を墓地に送るという墓地肥やし効果です。

ただし墓地へ送られたターンには発動できない制約が存在します。

スピードロイドであれば三つ目のダイスや電々大公を墓地に送る事で

墓地で発動する効果の準備が出来る他、墓地へ落としたモンスターを

ダブルヨーヨーで蘇生させたい場合にも重宝します。

また自身を除外する点もチャンバライダーの③の効果を使う事で

再利用に繋げる事が可能です。

スピードロイド以外でも風属性全般を墓地に落とす事が可能であり

ガスタや音響戦士、幻獣機にとってもありがたい効果です。

 

 

どちらも効果もシンプルかつ間違いなく有用な効果であり

純正のスピードロイド以外でも他のテーマと混ぜたい場合などでも

お世話になるカードだと言えるでしょう。

特にランク4のエクシーズ召喚を狙うのに貢献してくれますが

その場合はエクストラデッキの選別により悩まされるかもしれません。

 

路上のギリジン

関連記事

遊戯王VRAINS(ヴレインズ)第8話『風を操りし者』感想

遊戯王ヴレインズ第8話の感想です。 ブルーエンジェルとのデュエルに勝利したプレイメーカー。

記事を読む

DDD超死偉王(ちょうしいおう)パープリッシュ・ヘル・アーマゲドン:遊戯王カード考察  シンプルながらも強い破壊効果

今回紹介するのは4月28日に発売されるマスターガイド5の 付属カードとしてついてくるこちらです

記事を読む

マスター・オブ・ペンデュラムと一緒に揃えておきたいカードは?財布と相談だ!

6月20日土曜日、いよいよマスター・オブ・ペンデュラムの発売ですね。 数多くの魅力的な新カード

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:DD魔導賢者コペルニクス

今回紹介するのはペンデュラム・ドミネーションよりこのカードです。   &nbs

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:解放のアリアドネ

ブレイカーズ・オブ・シャドウのカードの情報、一気に来ましたね。 今回紹介するのはこのカードです

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:古代の機械要塞(アンティーク・ギアフォートレス)

アンティーク・ギアの耐性を大きく強化!   今回紹介するのはストラクチャーデッ

記事を読む

遊戯王OCG:デッキ枚数を減らす事、増やす事それぞれの意義について

「デッキ枚数はどれくらいがいいのか?」 遊戯王においてたびたび検証される永遠の議題ですね。

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:神の通告

今回紹介するのはブレイカーズ・オブ・シャドウよりこのカードです。   &nbs

記事を読む

動画紹介:どういうことだ!? 説明しろギラグ!!

かつて、あの重々しき歌に送られた戦士たち。 故国を守る誇りを厚い拳に包んだ反骨の闘士の、ここは墓場

記事を読む

寄生虫パラノイド:遊戯王カード考察 大丈夫、リメイク前よりはグロくないです

今回紹介するのはデュエリストパック-レジェンドデュエリスト編2-よりこのカードです。 &nbs

記事を読む

Comment

  1. 匿名 より:

    なんか馬は馬でも「海馬(タツノオトシゴ、英名はシーホース)」っぽいデザインしてるなあ

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

広告1

スポンサーリンク
遊戯王カード考察:サイバネット・オプティマイズ 通常召喚追加はやっぱり強い!

今回紹介するのはストラクチャーデッキ-マスター・リンク-よりこのカード

遊戯王カード考察:トークバック・ランサー LINK-1の中でも攻撃力高め、効果も優秀

今回紹介するのはストラクチャーデッキ-マスター・リンク-よりこのカード

遊戯王カード考察:サイバネット・コーデック 最大で6枚サーチ!あとはデッキに何を採用するか

本日6月23日、ストラクチャーデッキ-マスター・リンク-の発売です。

遊戯王カード考察:エルフェーズ サイバネット・バックドアと相性よし リンク素材にするだけが芸じゃない

今回紹介するのはストラクチャーデッキ-マスター・リンク-よりこのカード

遊戯王カード考察:プロフィビット・スネーク 毎ターン回収可能な戦闘サポート

今回紹介するのはストラクチャーデッキ-マスター・リンク-よりこのカード

→もっと見る

    • 5,412,983 総合計アクセス数
PAGE TOP ↑