遊戯王OCGカード考察:超量必殺アルファンボール

戦隊シリーズのお約束、完・全・再・現!

 

今回紹介するのはレイジング・テンペストよりこのカードです。

 

 

 

超量必殺アルファンボール
通常魔法
①:自分フィールドに「超量士」モンスターが3種類以上存在する場合に発動できる。
相手フィールドのカードを全て持ち主のデッキに戻す。
その後、相手はエクストラデッキからモンスター1体を召喚条件を無視して特殊召喚する。
②:自分の墓地からこのカードと「超量妖精アルファン」1体を除外して発動できる。
デッキから「超量機艦マグナキャリア」1枚を発動する。

 

 

新たに登場する超量用の通常魔法です。

 

超量必殺アルファンボール

バレーボール状のオーラを纏った超量妖精アルファンを

グリーンがレシーブ、ブルーがトスをして

最後にレッドがスパイクをして飛ばしています。

バレーボール、という事で太陽戦隊サンバルカンの必殺技、

バルカンボールがモチーフになっていると思われます。

発動条件から考慮しても超量士3体の合体必殺技と見ていいでしょう。

 

 

①の効果は自分の場に超量士が3種類以上存在する場合に、

相手の場に存在するカードを全てデッキにバウンスするというものです。

ただしこの効果を発動した後、相手にエクストラデッキから

好きなモンスターを召喚条件を無視して特殊召喚する権利を与えます。

除去カードとしては最高峰の性能を秘めていますがこの特殊召喚が厄介で

もし相手がシューティング・クェーサー・ドラゴンあたりを出してきたら

逆に不利になってしまう可能性があります。

 

 

②の効果は墓地のこのカードと超量妖精アルファンを1枚ずつ除外する事で

デッキから超量機艦マグナキャリアを発動するというものです。

墓地コストのみでデッキから超量の要となるマグナキャリアを発動でき、

①の効果の発動の為に超量士が3種類揃っている状況であれば

後は手札が3枚あればグレートマグナスまで繋げる事が可能です。

もし①の効果で相手に強力な切り札を特殊召喚されたとしても、

生半可な切り札であればグレートマグナスで倒す事が出来るでしょう。

 

 

完璧です

・戦隊ヒーローにおける合体攻撃(超量士3種類が必要)

・倒された敵が巨大化(エクストラデッキから特殊召喚)

・それに合わせてこちらも巨大ロボを(マグナキャリア発動)

上記の要素は戦隊ヒーローにおけるお約束の流れなのですが

このカードはその流れを遊戯王の効果に当てはめ完璧に再現しています。

 

 

相手によっては①の効果は使い辛くなるでしょうが

②の効果だけでも充分すぎるほどに優秀なカードです。

相手にエクストラデッキから自由に特殊召喚させるのがやばいと感じた場合は

マグナキャリアの①の効果などで手札コストにしてしまうといいでしょう。

 

 

さて、ここからはこのカードを使われる側の立場で考えた話です。

①の効果でエクストラデッキから好きなカードを特殊召喚する事が出来ますが

もし相手がグレートマグナスまで出す準備を整えているのならば

よほど強力なモンスターでない限りその高い攻撃力と

対象を選ばないデッキバウンスによって討ち取られてしまうでしょう。

AtoZドラゴン・バスター・キャノンやナチュル・エクストリオなど

魔法の発動を無効に出来るカードであっても

②の効果からのマグナキャリアの発動は無効に出来ないので注意が必要です。

デッキバウンスを防ぐには完全耐性を持ったモンスターが必要となりますが

グレートマグナスの攻撃を受けられるのは合神竜ティマイオス程度です。

完全耐性以外ではグレートマグナスを出すのを妨害する手もあります。

特殊召喚そのものを封じる事のできる異星の最終戦士が狙い目です。

ABCドラゴン・バスターなどのフリーチェーンで除去できるカードで

後から発動したマグナキャリアを除去してしまう手もあります。

個人的に面白いと思っているのはデス・ウイルス・ドラゴンです。

特殊召喚した時にフィールドのレッドレイヤーとグリーンレイヤーを破壊でき、

上手く行けば相手の手札にも大きな打撃を与える事が可能です。

もし相手に超量必殺アルファンボールを使われる事を意識する場合、

上記のカードのいずれかを1枚エクストラデッキに忍び込ませておくと

いざとう時に役立ってくれるでしょう。

 

 

①の効果の発動条件に「場に超量士3種類以上」と書かれていますが

現在超量士はレッド、ブルー、グリーンの合計3種類しか存在しません。

わざわざ「以上」という表記をしているという事は

今後超量士の新カードも登場するかもしれませんね。

 

サンバルカン

関連記事

デューテリオン:遊戯王カード考察 これ三沢くんより梶木くんの方が使いこなせるんじゃ・・・

今回紹介するのはデュエリストパック-レジェンドデュエリスト編-よりこのカードです。  

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:光波異邦臣(サイファー・エトランゼ)

サイファー以外でも大いに役立つ!   今回紹介するのはレイジング・テンペストよ

記事を読む

六武衆の影忍術(ろくぶしゅうのかげにんじゅつ):遊戯王カード考察 展開手段でもあり再利用手段でもある

今回紹介するのはデッキビルドパック スピリット・ウォリアーズよりこのカードです。  

記事を読む

サブテラーの導師:遊戯王カード考察 サーチも出来るし妨害もできるし展開の補助もできる

9月21日にVジャンプ11月号が発売されます。 今回紹介するのはその付録としてついてくるこのカ

記事を読む

遊戯王OCG新カード考察:グレイドル・アリゲーター、グレイドル・コブラ

ディメンション・オブ・カオス、一気にカードが判明しましたが、 マイペースに少しずつ紹介していき

記事を読む

巨大要塞ゼロス:遊戯王カード考察

ヴァー   今回紹介するのはマキシマム・クライシスよりこのカードです。

記事を読む

遊戯王OCG新カード考察:超戦士カオス・ソルジャー、超戦士の儀式

今回紹介するのはディメンション・オブ・カオスよりこのカードです。   &nbs

記事を読む

遊戯王アークファイブ第120話『バトル・ビースト』感想

遊戯王ARC-V120話の感想です。 兄に反逆する妹、瑠璃とのデュエルに打ち勝った隼。

記事を読む

遊戯王OCG新カード考察:ヒドゥン・ショット

今回紹介するのはハイスピード・ライダーズよりこのカードです。    

記事を読む

遊戯王OCG新カード考察:幻殻竜

クラッシュ・オブ・リベリオン、もうすぐ発売ですね。 今回解説するのはこのカードです。 &

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

広告1

スポンサーリンク
遊戯王カード考察:ストームサイファー デメリットだけじゃない2400打点デメリットアタッカー

今回紹介するのはストラクチャーデッキ-パワーコード・リンク-よりこのカ

遊戯王カード考察:オルターガイスト・キードゥルガー 場合によっては自爆特攻も考慮

今回紹介するのはフレイム・オブ・デストラクションよりこのカードです。

遊戯王カード考察:トポロジック・トゥリスバエナ 魔法罠を除去できる汎用LINK-3、攻撃力も高め

【お詫び:「新月」のボイスについて】 駆逐艦「新月」のボイスですが、

遊戯王VRAINS(ヴレインズ)第31話『終末のトリガー』感想

遊戯王ヴレインズ31話の感想です。 はじまったゴーストガールとリ

遊戯王カード考察:No.(ナンバーズ)5 亡朧竜(もうろうりゅう) デス・キマイラ・ドラゴン

今回紹介するのはプレミアムパック20よりこのカードです。 &nb

→もっと見る

    • 4,875,824 総合計アクセス数
PAGE TOP ↑