遊戯王OCGカード考察:SR(スピードロイド)-OMK(オーエムケー)ガム

今回紹介するのはレイジング・テンペストよりこのカードです。

 

 

 

SR-OMKガム
チューナー・効果モンスター
星1/風属性/機械族/攻   0/守 800
①:自分・相手のバトルフェイズに自分が
戦闘・効果でダメージを受けた場合に発動できる。
このカードを手札から特殊召喚する。
②:このカードの効果でこのカードが特殊召喚に成功したバトルフェイズに発動できる。
このカードを含む自分フィールドの風属性モンスターのみをS素材としてS召喚する。
③:このカードがS素材として墓地へ送られた場合に発動できる。
自分のデッキの一番上のカードを墓地へ送り、
そのカードが「スピードロイド」モンスターだった場合、
このカードをS素材としたSモンスターの攻撃力は1000アップする。

 

 

 

レイジング・テンペストで追加されるスピードロイドのチューナーです。

アークファイブにおいてユーゴがアポロ戦で使用したカードであり

手札から特殊召喚された後にクリアウィングと共に

クリスタルウィング・シンクロ・ドラゴンのシンクロ召喚へと繋げ、

さらにその効果でクリスタルウィングの攻撃力を4000まで上昇させました。

アニメでは特殊召喚さえされれば即時シンクロが可能でしたが

OCG版では自身の効果で特殊召喚した時限定になっています。

 

SR-OMKガム

お菓子のケースが人型ロボットに変形するという

中々に子供心をくすぐるデザインをしています。

名前の由来は食玩入りのおまけ入りガムと考えていいでしょう。

オマケを「OMK」とちょっと格好よく訳しているあたりがニクいです。

 

 

①の効果はバトルフェイズ中に戦闘か効果でダメージを受けた場合に

手札からこのカードを特殊召喚できるというものです。

発動できるのがバトルフェイズ中限定であり能動的に発動する場合

破壊輪などのカードが必要になります。

ガスタ等では自爆特攻でダメージを受ける事も視野にいれていいでしょう。

個人的には好敵手の記憶も面白いかなと考えてます。

 

 

②の効果は①の効果で特殊召喚に成功した場合に

このカードを含む風属性モンスターのみを素材にして

シンクロ召喚を行うというものです。

シンクロ素材は風属性に限定されているもののシンクロ先は指定されておらず

フィールドに素材さえ揃っていれば柔軟なシンクロ召喚が可能です。

①の発動条件と合わせて能動的にこの効果を活かすはやや厄介なものの

自分ターンにシンクロ召喚ができればそのまま連続で攻撃が可能であり

狙う価値は充分にあります。

相手ターンでもブラック・ローズ・ドラゴンなどをシンクロ召喚できれば

攻撃の手を止める事が出来るでしょう。

 

 

③の効果はシンクロ素材として墓地へ送られた場合に

デッキからカードを1枚墓地へ送り、

送ったカードが当たり、つまりスピードロイドだった場合には

シンクロ召喚したモンスターの攻撃力を1000アップするというものです。

アニメでは墓地へ送ったスピードロイドの攻撃力分上昇させましたが

OCGでは送ったスピードロイドに関わらず1000で統一されました。

特にHSRチャンバライダーやスターダスト・チャージ・ウォリアーなど

連続攻撃の可能なシンクロの攻撃力を上昇できれば中々に美味しいです。

②の効果と違ってシンクロ素材になるだけで発動可能であり

SRダブルヨーヨーで墓地から蘇生すれば

そのままチャンバライダーのシンクロ召喚に繋げられる為オススメです。

 

 

③の効果は外れた場合でも特にデメリットは存在しない為、いっその事

「シンクロ素材にした場合にデッキから1枚墓地へ送る効果」

と割り切って運用するのも1つの手です。

1ターンに1度の制約も存在しない為、機械複製術などで複数展開し

それぞれをシンクロ素材にすればその分だけカードを墓地に落とせます。

1枚だけの墓地肥やしですが何度も繰り返せば結構馬鹿にならないので

【スピードロイド】は勿論、それ以外のデッキに採用するのも1つの手だと思います。

特殊召喚手段も持っており、機械複製術やスピードリバースに対応するなど

単純なレベル1チューナーとして見ても中々面白いカードです。

 

ユーゴ9

関連記事

EM(エンタメイト)オッドアイズ・シンクロン:遊戯王カード考察  ちゃっかり吊り上げ効果がつきました

5月13日、いよいよコレクターズパック2017の発売ですね。 今回紹介するのはコレクターズパッ

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:鬼(おに)くじ

ゴブリン「スカってなんだよスカって・・・・・・」 今回紹介するのはデュエリストフェスティバル2

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:ホールディング・アームズ

今週の遊戯王アークファイブはおやすみです・・・・・・ 今回紹介するのはMILLENNIUM P

記事を読む

遊戯王OCG新カード考察:魔装邪龍 イーサルウェポン

巷ではクラウンブレードが猛威を振るってる頃でしょうか? 今回紹介するのはクラッシュ・オブ・リベ

記事を読む

遊戯王OCG新カード考察:SR(スピードロイド)オハジキッド

今回紹介するのはハイスピード・ライダーズよりこのカードです。    

記事を読む

クリア・エフェクター:遊戯王カード考察

ドローしつつ耐性付与!   今回紹介するのは20th ANNIVERSAR

記事を読む

ドラコネット、ビットロン:遊戯王カード考察

ローレベル通常モンスターの大きなサポート!   今回紹介するのはスターターデッ

記事を読む

十二獣(じゅうにしし)クックル:遊戯王カード考察

こいつ素材にした十二獣エクシーズ結構厄介なんです   今回紹介するのはマキシマ

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:EM(エンタメイト)ハンサムライガー

上級ペンデュラムを何でもサーチ!   今回紹介するのはVジャンプの定期購読特典

記事を読む

覇王眷竜(はおうけんりゅう)ダークリベリオン:遊戯王カード考察 4000程度のダメージは軽くいけます

今回紹介するのはコード・オブ・ザ・デュエリストよりこのカードです。   &nb

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

広告1

スポンサーリンク
サイバネット・バックドア:遊戯王カード考察 サイバース族用強化版亜空間物質転送装置!

今回紹介するのはサイバース・リンクよりこのカードです。 &nbs

【オルターガイスト】:遊戯王テーマ考察  罠カードメイン低速メタビート!いやらしく相手を妨害していこう

遊戯王VRAINSにおいて財前晃とちょっと大人な関係を匂わせつつ

拮抗勝負(きっこうしょうぶ):遊戯王カード考察  大量展開にきっついオシオキを

今回紹介するのはサーキット・ブレイクよりこのカードです。 &nb

遊戯王VRAINS(ヴレインズ)第7話『ハノイの天使』感想

遊戯王ヴレインズ第7話の感想です。 プレイメーカーとブルーエンジ

ダックドロッパー:遊戯王カード考察  相手にダイレクトアタックを強要しつつ自分は高い耐性で身を隠す!

今回紹介するのはサーキット・ブレイクよりこのカードです。 &nb

→もっと見る

    • 4,384,955 総合計アクセス数
PAGE TOP ↑