遊戯王OCG新カード考察:RR(レイド・ラプターズ)-ファジー・レイニアス

クラッシュ・オブ・リベリオンが発売されましたね。

皆さんが特に注目しているカードは何でしょうか?

今回解説するのはこのカードです。

 

 

RR-ファジー・レイニアス
星4/闇属性/鳥獣族/攻500/守1500
「RR-ファジー・レイニアス」の①②の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できず、
このカードの効果を発動するターン、自分は「RR」モンスターしか特殊召喚できない。
①:自分フィールドに「RR-ファジー・レイニアス」以外の「RR」モンスターが存在する場合に発動できる。
このカードを手札から特殊召喚する。
②:このカードが墓地へ送られた場合に発動できる。
デッキから「RR-ファジー・レイニアス」1体を手札に加える。

 

 

格闘ゲームには「ファジーガード」というテクニックが存在しまして、

しゃがみガード→立ちガードとずらして入力する事により下段攻撃と中段攻撃両方に対応でき

すいません、関係無い話でした。

 

レイド・ラプターズの新しい仲間です。

最初にレイド・ラプターズが出た時はしばらくはバニシング・レイニアスしか存在せず、

よくその事がネタになっていましたが、すっかり多くの仲間に恵まれるようになりましたね。

尚タッグフォーススペシャルの黒咲さんはまだバニシング以外のRRはバニシングしている模様。

原作で黒咲隼がフォース・ストリクスを大量展開する時に使ったカードですが、

OCG版では1ターンに一度しか効果を使えない為原作再現は出来ません、残念。

 

効果は2つあり1ターンにそれぞれ1つずつしか使用できない制約と

どちらの効果でも発動「する」ターンはレイド・ラプターズしか特殊召喚できない制約を持っています。

レイド・ラプターズしか特殊召喚できない制約はRR-トリビュート・レイニアスも持っていましたが、

あちらはその制約が発生するのは②の効果を使った「後」にしか制約が発生せず、

また基本的にもう1つの墓地肥やしの効果がをメインに運用するモンスターであった為、

レイド・ラプターズ以外のカードを混ぜ合わせるのも比較的容易でした。

しかしこちらはいずれの効果にも発動するターンの間制約が発生する為、

レイド・ラプターズ以外のカードを運用するにはちょっと工夫が必要になります。

まあなんだかんだでまだライズ・ファルコンの評価はあまり高いものではなかったですし、

こういう制約のあるカードもライズ・ファルコンの救済に繋がると思います。

 

特殊召喚を制限されるだけあり、強力な効果を秘めています。

①の効果はファジー・レイニアス以外のRRがいる時に手札から特殊召喚できる効果です。

今まで展開手段をRR-バニシング・レイニアスに依存する事の多かったRRにとって、

非常に緩い状態で展開をサポートできるありがたいカードです。

特にRR-トリビュート・レイニアスと相性がよく、

トリビュート・レイニアス召喚

効果でミミクリー・レイニアスかファジー・レイニアスを墓地に

墓地に落としたカードの効果でファジー・レイニアスをサーチ

ファジー・レイニアスを手札から特殊召喚

と手順を踏めばトリビュート・レイニアス1枚から

RR-フォース・ストリクスのエクシーズ召喚につなげられます。

 

②の効果は墓地へ送られた場合にデッキの同名カードをサーチできる効果です。

こちらも非常に優秀です。

エクシーズ素材やデッキから直接墓地に送られてもサーチが可能である為、

極めて緩い条件でサーチが可能になります。

1ターンに1度しか使えない制約が存在するのも当然ですね。

この効果を最大限に利用するならば極力3枚積みすべきでしょう。

 

総合して純粋な【RR】を使うなら是非とも採用したいカードといえます。

特殊召喚の制約が無ければトリビュート・レイニアスと共に、

様々なランク4を狙うデッキへ出張していた事でしょう。

特殊召喚の制約は完全に妥当と言えるスペックを持っています。

しかし特殊召喚の制約は特にエクシーズモンスターに強く影響します。

レイド・ラプターズ以外のエクシーズモンスターを運用していきたい場合には、

よく考えて採用する必要のあるカードと言えるでしょう。

 

 

 

以下は個人的に相性がいいと思われるカードを挙げていきます。

※カード名をクリックでwikiを表示します

 

貪欲な瓶

これはレイド・ラプターズというテーマ全体に言える事なのですが、

デッキからのサーチ手段に優れている関係上、

デッキにサーチしたいレイド・ラプターズがもう残っていないというケースが、

とてもよく発生します。

ファジー・レイニアスは特にこれが顕著であり②の効果を使っていれば、

あっという間にデッキからファジー・レイニアスはいなくなってしまうでしょう。

そこで貪欲な瓶でデッキに戻し、再びサーチ効果を利用するのは有効です。

勿論貪欲な壺でもいいですが、壺1枚では足りないケースは多いです。

 

デブリ・ドラゴン

攻撃力が500と低いため、デブリ・ドラゴンの効果で墓地から吊り上げる事が可能です。

そのままフォース・ストリクスに繋げてエクシーズ素材として墓地に落とし、

レイド・ラプターズ2枚を手札に持ってきてもいいですし、

他のエクシーズモンスターに繋げてエクシーズ素材のまま残しておくのもいいです。

もし相手ターンにエクシーズモンスターが破壊されたとしてもサーチ効果は発動しますし、

相手のターンであればレイド・ラプターズしか特殊召喚できない制約もごまかしやすいです。

ファジー・レイニアスの攻撃力の低さは他にもダーク・バーストや

ハーピィ・ハーピスト、リミット・リバースの対象にもなるので覚えておくといいでしょう。

関連記事

遊戯王カード考察:剛鬼死闘(ごうきデスマッチ) デッキから可能な限りっておま・・・

今回紹介するのはLINK VRAINS BOX(リンク・ヴレインズ・ボックス)よりこのカードです。

記事を読む

遊戯王カード考察:やぶ蛇 地雷カードの決定版 発動できた場合皆は何を出す?

今回紹介するのはフレイム・オブ・デストラクションよりこのカードです。   &n

記事を読む

剛鬼(ごうき)サンダー・オーガ:遊戯王カード考察  お互いの召喚権を増やす豪気なカード!

今回紹介するのはサーキット・ブレイクよりこのカードです。    

記事を読む

パーシアスの神域(しんいき):遊戯王カード考察 3つとも全部有用だやばい

今回紹介するのはストラクチャーデッキR-神光の波動-よりこのカードです。  

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:不知火流 輪廻の陣(しらぬいりゅう りんねのじん)

不知火に貴重なドローソースが!   今回紹介するのはレイジング・テンペストより

記事を読む

DDD超死偉王(ちょうしいおう)ホワイテスト・ヘル・アーマゲドン:遊戯王カード考察 思った以上に出しやすいですこいつ

今回紹介するのはコレクターズパック2017よりこのカードです。    

記事を読む

影六武衆(かげろくぶしゅう)-ドウジ:遊戯王カード考察  六武衆における墓地肥やし担当、エニシとは相性抜群

今回紹介するのはデッキビルドパック スピリット・ウォリアーズよりこのカードです。  

記事を読む

遊戯王アークファイブ第80話『次元を超えた再開』感想

遊戯王ARC-V80話の感想です。 「使えないカードなんてない」という事を周囲に伝える事が出来

記事を読む

DDD超死偉王(ちょうしいおう)パープリッシュ・ヘル・アーマゲドン:遊戯王カード考察  シンプルながらも強い破壊効果

今回紹介するのは4月28日に発売されるマスターガイド5の 付属カードとしてついてくるこちらです

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:黄昏の忍者将軍-ゲツガ

今回紹介するのはブレイカーズ・オブ・シャドウよりこのカードです。   &nbs

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

広告1

スポンサーリンク
遊戯王カード考察:サイバネット・オプティマイズ 通常召喚追加はやっぱり強い!

今回紹介するのはストラクチャーデッキ-マスター・リンク-よりこのカード

遊戯王カード考察:トークバック・ランサー LINK-1の中でも攻撃力高め、効果も優秀

今回紹介するのはストラクチャーデッキ-マスター・リンク-よりこのカード

遊戯王カード考察:サイバネット・コーデック 最大で6枚サーチ!あとはデッキに何を採用するか

本日6月23日、ストラクチャーデッキ-マスター・リンク-の発売です。

遊戯王カード考察:エルフェーズ サイバネット・バックドアと相性よし リンク素材にするだけが芸じゃない

今回紹介するのはストラクチャーデッキ-マスター・リンク-よりこのカード

遊戯王カード考察:プロフィビット・スネーク 毎ターン回収可能な戦闘サポート

今回紹介するのはストラクチャーデッキ-マスター・リンク-よりこのカード

→もっと見る

    • 5,414,101 総合計アクセス数
PAGE TOP ↑