動画紹介:何か妙に検索ワードに「帝王海馬」が多い件

公開日: : 動画紹介, 遊戯王

皆様は「帝王海馬」という遊戯王のカードをご存知でしょうか?

エイプリルフールの時にVジャンプがでっちあげたネタカードでして

 

 

 

帝王海馬
効果モンスター
星8/光属性/カリスマ族/攻3000/守3000
帝王海馬の②③の効果は1ターンに何度でも発動できる。
①:このカードは神属性のモンスターをアドバンス召喚する場合、
3体分のリリースにできる。
②:このカードの召喚・特殊召喚に成功した時、
デッキから「光の創造神ホルアクティ」1体を手札に加える。
③:このカードをリリースして発動できる。
手札・デッキ・墓地から神属性モンスターを3体まで召喚条件を無視して特殊召喚する。

 

 

まあこんな感じのぶっ壊れカードです。

で、どうしてこんな話を今更するのかと言うとなんか最近妙に多いんですよね。

「帝王海馬」と検索してこのブログに顔を見せる方々が

それはありがたい事なのですが4ヶ月以上も前のネタカードが

どうして今になってこんなに検索されるのかが気になったわけです。

でもってその原因と思われる動画が見当たりました。

というわけでものすごく久しぶりなのですが動画紹介です。

 

 

大エンタメデュエル大会 前編

あるツールを使ったデュエル動画ですね。

それもアニメオリジナルのカードも大量に使用したデュエルです。

そして中にはアニメ以外のオリジナルカードも使ったデッキもありまして・・・

はい、あるんです。よりによって帝王海馬採用したデッキが

こんなぶっ壊れカードを使ったら一方的な勝負になりそうなもんですが

ご安心ください、このデュエルには他にもたくさんぶっ壊れがいます

 

 

時の女神の悪戯
速攻魔法
①:次の自分バトルフェイズまでターンをスキップする。

 

とか

 

シュトロームベルクの金の城
フィールド魔法
①:1ターンに1度、自分メインフェイズに発動できる。
デッキからレベル4以下のモンスター1体を特殊召喚する。
②:このカードがフィールドゾーンに存在する限り、
攻撃可能なモンスターは攻撃しなければならない。
③:相手モンスターの攻撃宣言時、
攻撃モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターを破壊し、
破壊したモンスターの元々の攻撃力の半分のダメージを相手に与える。
④:自分スタンバイフェイズに発動する。
相手はデッキの上から半分のカードを墓地に送る。
相手のデッキ枚数が1枚以下の場合、このカードを破壊する。
⑤このカードはこのカード以外のカードの効果を受けない。

 

とか

 

黄泉天輪
永続魔法
①:このカードの発動時の処理として、
フィールドのモンスターを全て破壊し、
お互いのデッキのモンスターカードを全てゲームから除外する。
②:お互いのスタンバイフェイズ時、
またはこのカードを発動したターンのメインフェイズに1度だけ発動できる。
自分の墓地にモンスターが存在する互いのプレイヤーは
それぞれ自分の墓地に存在するモンスター1体を選択する。
選択したそのモンスターを召喚条件・蘇生制限を無視して、
それぞれのフィールドに特殊召喚する。
④:このカード効果で特殊召喚したモンスターがフィールドから離れた場合、
ゲームから除外される。

 

といった頭のネジが5本は飛んだカード達が目白押しです。

これらのぶっ壊れカード満載のデッキが織り成すデュエルは

ただ一言「酷い」としか言いようがありません。

私達はとても平和な環境でデュエルが出来ているものだと思えてきます。

そんな酷いデュエルに興味がある方にオススメの動画です。

デュエルの展開が非常に早いので試聴の際は一時停止しながら見るといいでしょう。

一時停止しながらでも何が起こっているか理解できないと思いますが

 

またこの動画はある意味過去の動画の続編とも言えるものなので

 

歴代ボス決闘大会 Part1【遊戯王ADS】

まだ見ていない方はこちらの動画を先に試聴した方が楽しめるかと思います。

 

 

※動画の著作権はそれぞれの製作者に帰属します。
もし紹介した動画に問題があるようでしたら、メールよりご連絡ください。
対処いたします。
また他の方の迷惑に繋がりますので、
紹介した動画に対して「○○から来ました」といったコメントは、
控えていただくようお願いします。

関連記事

戒めの龍(パニッシュメント・ドラグーン):遊戯王カード考察

墓地も除外カードも全部デッキに戻す!   今回紹介するのはコード・オブ・ザ・デ

記事を読む

遊戯王アークファイブ考察:零羅は赤馬零児の弟ではない?

アークファイブ公式のキャラクター説明なんですが零羅の説明に大きな違和感を感じました。 『零児を「兄

記事を読む

遊戯王OCG新カード考察:永遠の淑女 ベアトリーチェ

今回紹介するのはVジャンプ11月号の付属カードであるこのカードです。   &n

記事を読む

ディアバウンド・カーネル:遊戯王カード考察

毎ターン相手の攻撃力を下げてやれ!   今回紹介するのは20th ANNIVE

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:DDD極智王(きょくちおう)カオス・アポカリプス

とうとう今年もあと1ヶ月です。 ペンデュラム・ドミネーションのCMが発表されましたね。

記事を読む

遊戯王アークファイブ第76話『キングス・ギャンビット』感想

遊戯王ARC-V76話の感想です。 OP、EDも新しいものに代わりますね。 次のOPにな

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:No.(ナンバーズ)100 ヌメロン・ドラゴン

君はこのカードを使いこなせるか?   今回紹介するのはコレクターズパック「閃光

記事を読む

遊戯王OCG新カード考察:EM(エンタメイト)モンキーボード

今回紹介するのはブレイカーズ・オブ・シャドウよりこのカードです。   &nbs

記事を読む

遊戯王OCG、2018年1月の制限改定判明!あのカードが無制限になる時代

2018年1月のリミットレギュレーションが判明しました。 リンクヴレインズパックの登場により環

記事を読む

遊戯王OCG新カード考察:オッドアイズ・アブソリュート・ドラゴン

「マスター・オブ・ペンデュラム」の新カードの情報が出ました。 早速考察していきたいと思います。

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

広告1

スポンサーリンク
遊戯王カード考察:オルターガイスト・キードゥルガー 場合によっては自爆特攻も考慮

今回紹介するのはフレイム・オブ・デストラクションよりこのカードです。

遊戯王カード考察:トポロジック・トゥリスバエナ 魔法罠を除去できる汎用LINK-3、攻撃力も高め

【お詫び:「新月」のボイスについて】 駆逐艦「新月」のボイスですが、

遊戯王VRAINS(ヴレインズ)第31話『終末のトリガー』感想

遊戯王ヴレインズ31話の感想です。 はじまったゴーストガールとリ

遊戯王カード考察:No.(ナンバーズ)5 亡朧竜(もうろうりゅう) デス・キマイラ・ドラゴン

今回紹介するのはプレミアムパック20よりこのカードです。 &nb

遊戯王OCG、2018年1月の制限改定判明!あのカードが無制限になる時代

2018年1月のリミットレギュレーションが判明しました。 リンク

→もっと見る

    • 4,873,408 総合計アクセス数
PAGE TOP ↑