遊戯王OCGカード考察:磁石の戦士δ(マグネット・ウォリアー・デルタ)

マグネット・バルキリオンがさらに救済!

 

 

8月21日にVジャンプ10月号が発売されます。

今回紹介するのはその10月号の付録カードとなるこのカードです。

 

 

 

磁石の戦士δ
効果モンスター
星4/地属性/岩石族/攻1600/守1400
「磁石の戦士δ」の①②の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
①:このカードが召喚・特殊召喚に成功した場合に発動できる。
デッキからレベル4以下の「マグネット・ウォリアー」モンスター1体を墓地へ送る。
②:このカードが墓地へ送られた場合、
「磁石の戦士δ」以外のレベル4以下の「マグネット・ウォリアー」モンスター3体を
自分の墓地から除外して発動できる。
手札・デッキから「磁石の戦士マグネット・バルキリオン」1体を
召喚条件を無視して特殊召喚する。

 

 

 

なんと磁石の戦士に新しい仲間が登場しました。

磁石の戦士δ

なんていうかトッキントッキンなデザインです。

頭と両腕にU磁石、足にI磁石とフル武装感が出ています。

かなりシンプルなデザインでαβγと並んでも違和感ありません。

他の磁石の戦士同様レベル4地属性の岩石族となっています。

 

 

①は1ターンに1度、召喚、特殊召喚に成功した場合にデッキから

レベル4以下のマグネットウォーリア1体を墓地に送る墓地肥やし効果です。

②の効果の為の布石の他、電磁石の戦士を墓地に落とし

マグネット・ベルセリオンの特殊召喚に繋げるのにも貢献します。

 

 

②の効果は1ターンに1度、このカードが墓地へ送られた場合に

磁石の戦士δ以外のレベル4以下のマグネット・ウォーリアが墓地に3体あれば

それを除外する事で手札かデッキからマグネット・バルキリオン1体を

召喚条件を無視して特殊召喚できるというものです。

墓地へ送る手段はなんでもよくフィールドだけでなく手札やデッキ、

エクシーズ素材として墓地へ落とした場合でも発動が可能です。

 

 

うん、バルキリオンまだ使いづらいと思ってたんだ。

今までマグネット・バルキリオンを特殊召喚するには

手札からフィールドから磁石の戦士3体を墓地へ送る必要があり

どちらの場合でも多大なディスアドバンテージが必要でしたが

磁石の戦士δと墓地コストさえあればデッキから直接特殊召喚が可能と

マグネット・バルキリオンの使い勝手が一気に高まりました。

ただしマグネット・バルキリオンの力を最大限に発揮したい場合

墓地に磁石の戦士α、β、γの3体を置いておく必要があり

この効果の為に除外してしまったばかりにバルキリオンで蘇生させる

3体の磁石の戦士がいなくなるというケースも多く発生するでしょう。

バルキリオンを特殊召喚する為の墓地コストが揃っている場合でも

実際に特殊召喚するべきかは状況を見て判断する必要があります。

ですが逆にこの効果で墓地の磁石の戦士を除外しても

まだ墓地に蘇生させる磁石の戦士3体が残る程度に墓地が肥えていれば

その3体で武神姫-アマテラスをエクシーズ召喚して

もしくはマグネット・コンバージョンの②の効果で

除外した磁石の戦士を再利用するといった動きも可能です。

 

 

このカードを活かす場合とにかく墓地を肥やせるかが重要であり

このカード自身も①の効果で墓地肥やしが可能ですが

それ以外にも岩投げアタックなど墓地に磁石の戦士を溜める手段があれば

より力を発揮できるようになるでしょう。

いずれにしても磁石の戦士にとっては

非常にありがたいカードであるのは間違いないでしょう。

 

 

基本的には②の効果がメインとなるのですが

もし最初から電磁石の戦士の方を中心に据えて戦うつもりであれば

もういっそのこと②の効果をバッサリ切り捨てて

①の効果だけを目当てに採用してしまう選択肢も実は結構アリです。

まあここまでバルキリオンの事を考えてくれている効果なのに

それは大分寂しいのですが。

関連記事

時械神(じかいしん)ラツィオン:遊戯王カード考察  結構再現度高いぞ!墓地から希望を奪い取れ!

今回紹介するのはコレクターズパック2017よりこのカードです。    

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:真竜皇(しんりゅうおう)バハルストスF(フェーラー)

対象を取らない2枚除外!   今回紹介するのはインベイジョン・オブ・ヴェノムよ

記事を読む

遊戯王OCGテーマ考察:方界(ほうかい) ”ムービーパック”

2016年4月23日! とうとう劇場版『遊☆戯☆王 THE DARK SIDE OF DIME

記事を読む

デーモンの呼び声:遊戯王カード考察 捨てるカードと蘇生するカード両方があるデッキに

今回紹介するのはEXTREME FORCE(エクストリーム・フォース)よりこのカードです。 &

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:EM(エンタメイト)モモンカーペット

史上初となるペンデュラムのリバースモンスター!   昨日のアークファイブは残念

記事を読む

ペンデュラム・フュージョン:遊戯王カード考察

融合召喚の新しい可能性!   今回紹介するのはPREMIUM PACK 19よ

記事を読む

遊戯王OCGテーマ考察:アモルファージ

シャイニング・ビクトリーズに登場する新しいテーマが判明しました。 その名も「アモルファージ」、

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:チューニングガム

②の効果だけでも便利!   今回紹介するのはザ・ダーク・イリュージョンよりこの

記事を読む

魔界台本「魔界の宴咜女(えんため)」:遊戯王カード考察  絶対に破壊しちゃいけない類のカードです

今回紹介するのはコレクターズパック2017よりこのカードです。    

記事を読む

絶縁の落とし穴:遊戯王カード考察  相手がリンクモンスター使わない?自分でリンク召喚すればいいじゃない!

今回紹介するのはコード・オブ・ザ・デュエリストよりこのカードです。   &nb

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

広告1

スポンサーリンク
遊戯王カード考察:聖騎士の追想 イゾルデ ボールスに続くまとまった聖剣墓地肥やし手段

いよいよ今日、LINK VRAINS PACK(リンク・ヴレインズ・パ

遊戯王カード考察:インヴェルズ・オリジン 激流葬あたりと組み合わせよう

今回紹介するのはLINK VRAINS PACK(リンク・ヴレインズ・

遊戯王カード考察:フレッシュマドルチェ・シスタルト 魔法罠を守る優しいシスター

今回紹介するのはLINK VRAINS PACK(リンク・ヴレインズ・

遊戯王VRAINS(ヴレインズ)第28話『三騎士、最後の将』感想

遊戯王ヴレインズ28話の感想です。 惜しくもロンリーブレイブの前

遊戯王カード考察:トラフィックゴースト 待望の下方向3つの汎用LINK-3

今回紹介するのはストラクチャーデッキ-パワーコード・リンク-よりこのカ

→もっと見る

    • 4,814,486 総合計アクセス数
PAGE TOP ↑