遊戯王OCGカード考察:D-HERO(デステニーヒーロー) ディバインガイ

公開日: : 最終更新日:2017/10/10 カード考察, 遊戯王 ,

満足状態にして2枚ドロー

 

今回紹介するのはデステニー・ソルジャーズよりこのカードです。

 

 

 

D-HERO ディバインガイ
効果モンスター
星4/闇属性/戦士族/攻1600/守1400
「D-HERO ディバインガイ」の②の効果は1ターンに1度しか使用できない。
①:このカードの攻撃宣言時に、
相手フィールドの表側表示の魔法カード1枚を対象として発動できる。
そのカードを破壊し、相手に500ダメージを与える。
②:自分の手札が0枚の場合、
自分の墓地からこのカードと「D-HERO」モンスター1枚を除外して発動できる。
自分はデッキから2枚ドローする。
この効果はこのカードが墓地へ送られたターンには発動できない。

 

 

デステニー・ソルジャーズで追加されたデステニーヒーローの仲間です。

レベル4のデステニーヒーローでありドリルガイ、ディシジョンガイと並び

下級のデステニーヒーローでは1600と最高打点を誇ります。

GXにおいてエド・フェニックスがDD戦や万丈目準戦で使用しており

D-HERO Bloo-Dに装備されたドグマガイを破壊するなどの活躍を見せました。

アニメでは装備魔法カードしか破壊できずドローエフェクトもありませんでしたが

OCG化に伴い大幅に強化されています。

 

D-HERO ディバインガイ

レジェンドガンダムみたいな背中のパーツが特徴的な黒色のヒーローです。

ディヴァインとは神、もしくは神聖といった意味であり背中のパーツが

神や仏やネオグランゾンに描かれる光背、光輪のイメージなのでしょう。

 

 

①のエフェクトはこのカードの攻撃宣言時に

相手の場に表側表示で存在する魔法カード1枚を破壊した上で

相手に500のバーンダメージを与えるというものです。

表側表示のものしか破壊できませんがペンデュラムデッキ相手であれば

このエフェクトを発動できる機会も多いでしょう。

バーンダメージ量はおまけ程度のものですがD-HEROには

ディストピアガイやドグマガイなど相手のライフを減らすカードもある為、

それらのダメージのささやかなひとだすけにはなってくれます。

ただエフェクトを発動する為には攻撃1600のこのカードで

攻撃宣言をする必要があるのが厄介な点と言えるでしょう。

打点を強化したり守備表示の相手を攻撃するなどの手もありますが

いざという時は自爆特攻も視野に入れてもいいでしょう。

 

 

②のエフェクトは1ターンに1度、手札0という満足状態の場合に

セメタリーからこのカードともう1体デステニーヒーローを除外する事で

2枚ドローできるというものです。

ただしセメタリーに送られたターンには発動できない制約が存在します。

何といいますか自身だけでなくもう1体除外が必要という所が

他のデッキに出張させて悪用させない感が出ておりますね。

 

 

ドローソースが弱いわけありませんね

特に②のエフェクトが非常に強力です。

セメタリーコストだけで2枚ドローというのは破格と言ってもよく

D-HEROの回転力を支える重要なカードとなってきます。

発動にはセメタリーにこのカードともう1体のD-HEROが必要な他

手札が0である必要がありますが新しいD-HERO用のカードには

デッドリーガイやD3など手札コストが必要なカードもあり

発動条件を満たす事は難しくないでしょう。

特にこれらの手札消費の激しいカードを使おうと思った場合には

ディバインガイは必須と言ってもいい存在となるでしょう。

下級D-HEROの最高打点の為融合素材としてもオススメです。

 

ディバイン

関連記事

輪廻のパーシアス:遊戯王カード考察 カウンター罠多めに採用すれば他のデッキにも

ストラクチャーデッキR-神光の波動-の発売にも近づいてまいりました。 もう収録カードは全て判明

記事を読む

ストラクチャーデッキR-闇黒の呪縛-と一緒に揃えておきたいカードは? 禁止令のテキスト変わってます

今日3月10日にストラクチャーデッキR-闇黒の呪縛-が発売されました。 収録されているカー

記事を読む

遊戯王アークファイブ第107話『決闘に飢えたアマゾネス』感想

遊戯王ARC-V107話の感想です。 ユーリに襲撃され塾生をカード化されてしてしまった遊勝塾融

記事を読む

遊戯王OCG、2016年10月の制限改定判明!ついにあのカードが禁止解除!

2016年10月のリミットレギュレーションが判明しました。 4月と10月に大幅な改定が行われる

記事を読む

時械神(じかいしん)ラツィオン:遊戯王カード考察  結構再現度高いぞ!墓地から希望を奪い取れ!

今回紹介するのはコレクターズパック2017よりこのカードです。    

記事を読む

アーティファクト-ミョルニル:遊戯王カード考察 純構築向けのカード、制約とどう向き合うか

今回紹介するのはEXTREME FORCE(エクストリーム・フォース)よりこのカードです。 &

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:破壊剣一閃

とうとうブレイカーズ・オブ・シャドウのCMが流れましたね。 今回はそのCMで判明したこのカード

記事を読む

遊戯王アークファイブ雑記:ランサーズをセレナちゃん主役の乙女ゲー風に紹介

注意:今回は考察ではなく雑記です。しかもわりと頭悪い内容です。    

記事を読む

遊戯王OCG新カード考察:冥帝従騎(めいていじゅうき)エイドス

今回紹介するのは真帝王降臨よりこのカードです。     冥帝従

記事を読む

遊戯王カード考察:EM(エンタメイト)ダグ・ダガーマン

ブレイブアイズの融合素材にどうぞ   今回紹介するのはレイジング・テンペストよ

記事を読む

Comment

  1. ユーゴ次元 より:

    ①の効果も弱いわけじゃない、でも②の効果が強力すぎる。Dは手札消費が激しいからこの効果はありがたすぎる

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

広告1

スポンサーリンク
    • 5,259,519 総合計アクセス数
PAGE TOP ↑