遊戯王OCGカード考察:D-HERO(デステニーヒーロー) ダイナマイトガイ

攻撃を防ぎつつ相手にダメージ

 

今回紹介するのはデステニー・ソルジャーズよりこのカードです。

 

 

 

D-HERO ダイナマイトガイ
効果モンスター
星5/闇属性/戦士族/攻1000/守1000
①:モンスターが戦闘を行うダメージ計算時にこのカードを手札から捨てて発動できる。
その戦闘で発生する自分への戦闘ダメージは0になり、
お互いのプレイヤーは1000ダメージを受ける。
②:墓地のこのカードを除外し、
自分フィールドの「D-HERO」モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターの攻撃力は次の相手ターン終了時まで1000アップする。

 

 

デステニー・ソルジャーズで追加されるD-HEROの新しい仲間です。

アークファイブにおいてエド・フェニックスが榊遊矢戦で使用し

1戦目ではそのエフェクトで引き分けに持ち込み

2戦目では相手の攻撃を防いだ後に

ディストピアガイの融合素材として利用されました。

なおOCG化に伴い新たに効果が追加されています。

 

D-HERO ダイナマイトガイ

「俺はダイナマイトガイでござい当たると痛えぞ爆発すっぞ」

と主張しているかのような以下にも全身爆発物といった感じのデザインです。

もう爆発の準備OKって感じに体に赤みが出ていますね。

ただダイナイマイトというのはそもそも危険物であるニトログリセリンを

極力安全に扱えるようにする為に開発されたものです。

その事を考えると見た目よりは安全な人なのかもしれません。

エフェクトも強制発動する類のものではありませんしね。

 

 

①のエフェクトはモンスターが戦闘を行うダメージ計算時に手札から捨てる事で

自分への戦闘ダメージを0にする上でお互いのプレイヤーに

1000のエフェクトダメージを与える手札誘発エフェクトです。

あくまでも戦闘ダメージを防ぐだけなのでモンスターを守る事はできませんが

大ダメージを食らう状況などではお世話になるでしょう。

また自分から攻撃する場合にも発動する事が可能であり

相手のライフが少ない状況ではとっておきのだめ押しとして使えます。

 

 

②のエフェクトはセメタリーに存在するこのカードを除外する事で

フィールドのデステニーヒーロー1体の攻撃力を

次の相手ターン終了時まで1000アップさせるというものです。

攻撃力に乏しいデステニーヒーローの強化として活用するだけでなく

ディストピアガイの②のエフェクトを発揮したい場合にもお世話になるでしょう。

きっちり相手ターンまで攻撃力の上昇が続くのも特徴で

ディストピアガイのエフェクトを相手ターンにも狙う事が可能です。

ちなみに1ターンに1度の制限が無いので

複数のダイナマイトガイが墓地にいればそれだけ強化させる事も可能です。

 

 

上級モンスターでありながら攻撃力1000とステータスが低いので

基本的には手札から発動する専門となるでしょう。

ライフポイント軽視してガンガンライフを使う相手は多いので

なんだかんだでこのカードでトドメさせる状況は結構あると思います。

手放しで強いというわけではないけど要所要所でお世話になる、

新規のデステニーヒーローもそんなカードが多いです。

 

ダイナマイト刑事

モップ!柱時計!コショウ!

関連記事

遊戯王OCGカード考察:覚醒の魔導剣士(エンライトメント・パラディン)

帝も随分強くなったなぁとしみじみ思う今日この頃です。 今回紹介するのはブレイカーズ・オブ・シャ

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:超重輝将(ちょうじゅうきしょう)ヒス-E(イー)

今回紹介するのはブレイカーズ・オブ・シャドウよりこのカードです。   &nbs

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:超量必殺アルファンボール

戦隊シリーズのお約束、完・全・再・現!   今回紹介するのはレイジング・テンペ

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:EM(エンタメイト)ラディッシュ・ホース

脳筋型エンタメイトのダークホース!   今回紹介するのはザ・ダーク・イリュージ

記事を読む

遊戯王カード考察:EM(エンタメイト)スカイ・マジシャン

第1話から姿を見せていた存在がついにOCG化   今回紹介するのはマキシマム・

記事を読む

六武衆の真影(ろくぶしゅうのしんえい):遊戯王カード考察 荒行使う時とかに便利な奴です

今回紹介するのは8月21日に発売される Vジャンプ10月号の付録となるこのカードです。

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:砂塵のバリア -ダスト・フォース-

今回紹介するのはブレイカーズ・オブ・シャドウよりこのカードです。   &nbs

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:おろかな副葬

これあかん奴じゃ・・・   今回紹介するのはレイジング・テンペストよりこのカー

記事を読む

遊戯王OCG新カード考察:竜呼(りゅうこ)相打つ

今回紹介するのはブレイカーズ・オブ・シャドウよりこのカードです。   &nbs

記事を読む

遊戯王アークファイブ第87話『野獣の記憶』感想

遊戯王ARC-V87話の感想です。今年最後の遊戯王アークファイブですね。 突如ナイターで始まる

記事を読む

Comment

  1. 匿名 より:

    8年D-HERO使ってきたD使いだけど、ダイナマイトガイ微妙
    場に出すにも素材にするにも扱いづらい星5
    攻撃力上昇には墓地に送らなきゃいけないのに墓地に送るには戦闘をこなさなきゃいけないっていう効果の噛み合わなさ
    単体でアドバンテージに繋がる能力がないどころか、通常召喚できないせいで効果を使うためには他のカード、ドリルガイや融合で介護しなきゃいけないから事故、とまでは言わないけど展開が遅れやすい
    ディストピアは実質こいつを素材にしなきゃバーン以降はバニラ
    ディストピアの素材にするにしても素材のDはディアボやオバデスのために星8のDにしたいから今度はバーンが発動しづらくなる
    攻撃力上昇してもディストピアの効果使うと元に戻るのが相手に高攻撃力が立ってるとダメージを稼げず勿体無い場面が多い
    弱いとは言わないけど微妙に噛み合わないカード

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

広告1

スポンサーリンク
遊戯王カード考察:ヴァンパイア・スカージレット 使いやすい蘇生効果を持つ優等生吸血鬼

今回紹介するのはデッキビルドパック ダーク・セイヴァーズよりこのカード

遊戯王カード考察:ヴァンパイアの支配 ライフ払うどころか逆に回復できる万能カウンター罠

本日いよいよデッキビルドパック ダーク・セイヴァーズの発売です。

遊戯王カード考察:ヴァンパイア・グリムゾン せっかくだから俺はこの赤の破壊耐性付与を選ぶぜ

今回紹介するのはデッキビルドパック ダーク・セイヴァーズよりこのカード

遊戯王カード考察:ヴァンパイア・フロイライン 手札からポンと出てきて3000攻撃力ポンとくれたぜ(ライフコストいるけど)

今回紹介するのはデッキビルドパック ダーク・セイヴァーズよりこのカード

遊戯王VRAINS(ヴレインズ)第40話『勝利への渇望』感想

遊戯王ヴレインズ40話の感想です。 前回のあらすじ:ミラ

→もっと見る

    • 5,073,916 総合計アクセス数
PAGE TOP ↑