動画紹介:ロックマンもできるMUGENの可能性

公開日: : 最終更新日:2016/10/29 MUGEN, ゲーム紹介, 動画紹介

恐らく多くの人は「MUGENとは何か?」と聞かれた場合、

「何でもありな格闘ゲーム」って思っているのではないでしょうか?

それは間違いではないのですがイコールで繋がるものでもありません。

MUGENというツールは時にはシューティングゲームにもなり、

アクションゲームにもなる可能性を秘めています。

 

今回紹介する動画はこちらのMUGEN動画です。

ロックマン∞2 ~史上最低な目的!!

 

なんとMUGENでロックマン風のアクションゲームを作ってしまったというものです。

ボスキャラクターは全員MUGENに存在するキャラを、

ロックマン風のドットにアレンジしたものとなっています。

ステージは無く、8ボスやその後の巨大ボスとひたすら戦っていく形式になります。

8ボスから武器を取得できるシステムもしっかりと存在し、

MUGENのキャラクターにちなんだ多彩な技をロックマンが覚えます。

このあたりは「STREET FIGHTER x MEGA MAN」を彷彿とさせますね。

そして実際に作者のホームページにてプレイできるデータを公開しています。

ロックマンをプレイした事ある人は是非一度プレイしてみる事をオススメします。

作者ホームページ:ソコヲ退クノダ!本気デ!!(口皿口)

ただしMUGENのツールを必要としていますので、

MUGENを触った事が無い人には導入が少々面倒かもしれません。

MUGENの導入に役立つサイトも以下に紹介しておきます。

無限小学校

 

自分も実際にプレイしてみましたが実にロックマンでした。

ボスも個性的な動きをしてくるのものが多くプレイしていて凄く楽しいです。

そしてちょっとロックマンには自信があったのでハードモードをプレイしたのですが

滅茶苦茶難しかったです。

豆鉄砲縛りをしていたせいもあるのですが1つのボスに100回死ぬ事もザラでした。

アクションゲームに自信の無い人はハードモードは選ばない方は懸命かもしれません。

ですがボス戦だけの関係上やり直しが簡単である為、

何度もチャレンジする事が全然辛くありませんでした。

また難しいといっても理不尽な攻撃というのは全然なく、

きちんと対処すれば回避できるものばかりです。

そういう意味でも少しずつ敵の攻撃を見切っていく楽しさがありました。

トライ&エラーが好きな方には丁度いいゲームといえます。

 

 

また、タイトル「2」とありますように前作も存在しそちらもプレイが可能です。

そして現在引き続き「ロックマン∞3 ~宿敵と屑鉄!!」が製作中となっています。

同じように動画が投稿されていますので気になる方は是非見てみましょう。

 

※動画の著作権はそれぞれの製作者に帰属します。
もし紹介した動画に問題があるようでしたら、メールよりご連絡ください。
対処いたします。
また他の方の迷惑に繋がりますので、
紹介した動画に対して「○○から来ました」といったコメントは、
控えていただくようお願いします。

関連記事

雑記:MHXXにおける弓エリアルスタイルについて追記(重射の補正や無敵時間、ジャンプ近接攻撃について)

前回エリアル弓についての記事を書いたのですが あれ以降もエリアル弓を使い続けてかなり使用頻度が

記事を読む

動画紹介:東方卓遊戯という名目のMUGEN卓

今度はTRPG、ソードワールド2.0から動画を紹介していきたいと思います。 一応このサイト、T

記事を読む

東方Project新作 『東方紺珠伝 ~ Legacy of Lunatic Kingdom.』発表

東方Project15作目の新作が発表されましたね。   「東方紺珠伝 ~ L

記事を読む

東方深秘録ネタバレ:ラスボス判明、あのキャラのご先祖様?

例大祭、皆さんはどうだったでしょうか?目的のものは入手できましたか? 早くも東方深秘録製品版を

記事を読む

動画紹介:黒咲隼への愛にあふれたMAD

デュエルの運命を司るのは、神か、偶然か。 それは時の回廊を巡る永遠の謎掛け。 だが、黒咲の運命を

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:竜の束縛(ドラゴンズ・バインド)

今回紹介するのはブレイカーズ・オブ・シャドウよりこのカードです。   &nbs

記事を読む

【ネタバレ注意】東方紺珠伝発売開始、新キャラクターも判明しました

お盆休みの時期ですね。自分は母方の実家に家族と一緒に出かけておりました。 とうとう夏コミが開始

記事を読む

東方深秘録追加情報、全員のオカルトが判明した模様

例大祭が近づいてきましたし深秘録の情報も増えてきましたね。 ちなみに自分は例大祭にはいけませぬ

記事を読む

東方紺珠伝web体験版が実装、さて今回目玉の完全無欠モードは?

7月31日、待ちに待った東方紺珠伝のweb体験版が配信されました。 今までずっと人聞きだったり

記事を読む

動画紹介:この遊戯王のデュエルはギャンブルである

まだ考察しかしていませんでしたが、 このサイトは動画紹介のサイトでもあるので動画も紹介していきます

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

広告1

スポンサーリンク
    • 4,732,249 総合計アクセス数
PAGE TOP ↑