遊戯王OCGカード考察:EM(エンタメイト)オッドアイズ・メタル・クロウ

元祖「融合」が活きる融合モンスター!

 

遊戯王ARC-V 最強デュエリスト遊矢!!の1巻が

本日7月29日に発売されます。

今回はその付属カードとしてついてくるこのカードの紹介です。

 

 

 

EMオッドアイズ・メタル・クロウ
融合・効果モンスター
星8/闇属性/ドラゴン族/攻3000/守2000
「オッドアイズ」モンスター+「EM」モンスター
このカードは融合素材にできない。
①:「融合」の効果で融合召喚したこのカードは他のカードの効果を受けない。
②:このカードの攻撃宣言時に発動する。
自分フィールドの全てのモンスターの攻撃力は、
バトルフェイズ終了時まで300アップする。

 

 

エンタメイトとオッドアイズの複合となる融合モンスターです。

「最強デュエリスト遊矢!!」において使用されたカードであり

オッドアイズ・ペンデュラム・ドラゴンとEMシルバー・クロウを素材に

融合召喚されました。

 

EMオッドアイズメタルクロウ

その姿はオッドアイズ・ペンデュラム・ドラゴンが鎧となって

シルバークロウがその鎧を纏ったかのような形状です。

まさにシルバークロウとオッドアイズペンデュラムの融合体と言えます。

メタル・クロウという名の通り両手の鋭利な爪が特徴的です。

シルバークロウがベースのように見えますがドラゴン族になっています。

 

 

融合素材にはオッドアイズとエンタメイトを1体ずつ要求しています。

単純に融合召喚するだけならトランプガールを使うと出しやすいでしょう。

なおこのカード本体は融合素材に出来ないという制約が存在します。

 

 

 

 

①は「融合」によって融合召喚した場合に完全耐性を得るという効果です。

これはそのまま魔法カードの「融合」もしくは「置換融合」を使って

融合召喚するという意味であり、前述のトランプガールの効果や

オッドアイズ・フュージョンなどを使って融合召喚した場合には

この完全耐性を得る事は出来ません。

3000という攻撃力に完全耐性を付与させる事が出来る為、

この効果を狙う価値は非常に高いと言えます。

ただしこの効果で完全耐性を得ていると自分のカードの効果も受けなくなります。

このカードはEMに属しておりEMは攻撃力を上げる手段が豊富に存在する為、

それらの活用を考える場合必ずしも完全耐性を得たほうがいいとは限りません。

EMトランプ・ウィッチであればペンデュラム効果で融合召喚ができる上に

モンスター効果で融合を手札に持ってくる事が可能であり

状況に合わせて完全耐性を付与するかどうかを選ぶ事が可能です。

 

 

②の効果はこのカードの攻撃宣言時に

自分の場の全てのモンスターの攻撃力を

バトルフェイズの間300ポイントアップさせるというものです。

まさにEMシルバー・クロウの強化版とも言える効果であり

EMに限らず全てのモンスターの攻撃力を上昇できるようになっています。

このカード自身の攻撃力と合わせて3300打点で攻撃が可能となる為、

特に3000ラインのモンスターを突破したい場合に重宝します。

 

 

エンタメイトであると同時にオッドアイズでもあり②の効果も含めれば

オッドアイズ・アブソリュート・ドラゴンの効果で出せる最高打点となります。

EMサポートと組み合わせれば更に打点を強化する事も可能である為、

選択肢の1つとして覚えておくといいでしょう。

 

 

エンタメイトとしては初のエクストラデッキのモンスターとなります。

完全耐性を付与する場合でも打点を強化していく場合でも

エンタメイトの切り札の1つとして活躍が期待できます。

最近ではテーマごとの専用融合が存在するのが当たり前でしたが

ここに来て元祖融合に大きな意義のあるカードが登場しました。

こういう昔のカードに意味を持たせてくれる存在は個人的に大好きです。

関連記事

遊戯王VRAINS(ヴレインズ)第51話『カリスマを捨てた男』感想

遊戯王ヴレインズ51話の感想です。     前回のあら

記事を読む

遊戯王カード考察:おジャマパーティ 普通におジャマ単体で使えるほど優秀

今回紹介するのはデュエリストパック-レジェンドデュエリスト編2-よりこのカードです。 &nbs

記事を読む

剛鬼(ごうき)サンダー・オーガ:遊戯王カード考察  お互いの召喚権を増やす豪気なカード!

今回紹介するのはサーキット・ブレイクよりこのカードです。    

記事を読む

遊戯王アークファイブ第69話『疾走するディーバ』感想

遊戯王ARC-V69話の感想です。 今回は柊柚子VSエンジョイ長次郎。 シンクロ次元に来

記事を読む

遊戯王OCG新カード考察:死なばもろとも

そういえば今までモンスターカードの考察しかしていませんでしたね。 というわけで今回はデュエリス

記事を読む

遊戯王OCG:2018年10月の制限改定を個人的に予想してみる

9月になりました。まだ死ぬほど暑いんですけど! こんなの残暑じゃないよ!残酷暑だよ! そ

記事を読む

遊戯王カード考察:TG(テックジーナス) トライデント・ランチャー ハルバード・キャノンを使う大きな意味が生まれました

今回紹介するのはSAVAGE STRIKE(サベージ ストライク)よりこのカードです。 &nb

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:機械天使の絶対儀式

リリース要員は墓地から確保!   今回紹介するのはレイジング・テンペストよりこ

記事を読む

リンク・ディサイプル:遊戯王カード考察  サイバース・ガジェットが使いやすくなりました

5月21日にVジャンプ7月号が発売されました。 今回紹介するのはその付属としてついてくるこのカ

記事を読む

遊戯王カード考察:F.A.(フォーミュラアスリート)ターボチャージャー デッキから特殊召喚する有力候補

今回紹介するのはEXTRA PACK 2018よりこのカードです。   &nb

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

広告1

スポンサーリンク
    • 5,750,213 総合計アクセス数
PAGE TOP ↑