遊戯王OCGカード考察:EM(エンタメイト)オッドアイズ・メタル・クロウ

元祖「融合」が活きる融合モンスター!

 

遊戯王ARC-V 最強デュエリスト遊矢!!の1巻が

本日7月29日に発売されます。

今回はその付属カードとしてついてくるこのカードの紹介です。

 

 

 

EMオッドアイズ・メタル・クロウ
融合・効果モンスター
星8/闇属性/ドラゴン族/攻3000/守2000
「オッドアイズ」モンスター+「EM」モンスター
このカードは融合素材にできない。
①:「融合」の効果で融合召喚したこのカードは他のカードの効果を受けない。
②:このカードの攻撃宣言時に発動する。
自分フィールドの全てのモンスターの攻撃力は、
バトルフェイズ終了時まで300アップする。

 

 

エンタメイトとオッドアイズの複合となる融合モンスターです。

「最強デュエリスト遊矢!!」において使用されたカードであり

オッドアイズ・ペンデュラム・ドラゴンとEMシルバー・クロウを素材に

融合召喚されました。

 

EMオッドアイズメタルクロウ

その姿はオッドアイズ・ペンデュラム・ドラゴンが鎧となって

シルバークロウがその鎧を纏ったかのような形状です。

まさにシルバークロウとオッドアイズペンデュラムの融合体と言えます。

メタル・クロウという名の通り両手の鋭利な爪が特徴的です。

シルバークロウがベースのように見えますがドラゴン族になっています。

 

 

融合素材にはオッドアイズとエンタメイトを1体ずつ要求しています。

単純に融合召喚するだけならトランプガールを使うと出しやすいでしょう。

なおこのカード本体は融合素材に出来ないという制約が存在します。

 

 

 

 

①は「融合」によって融合召喚した場合に完全耐性を得るという効果です。

これはそのまま魔法カードの「融合」もしくは「置換融合」を使って

融合召喚するという意味であり、前述のトランプガールの効果や

オッドアイズ・フュージョンなどを使って融合召喚した場合には

この完全耐性を得る事は出来ません。

3000という攻撃力に完全耐性を付与させる事が出来る為、

この効果を狙う価値は非常に高いと言えます。

ただしこの効果で完全耐性を得ていると自分のカードの効果も受けなくなります。

このカードはEMに属しておりEMは攻撃力を上げる手段が豊富に存在する為、

それらの活用を考える場合必ずしも完全耐性を得たほうがいいとは限りません。

EMトランプ・ウィッチであればペンデュラム効果で融合召喚ができる上に

モンスター効果で融合を手札に持ってくる事が可能であり

状況に合わせて完全耐性を付与するかどうかを選ぶ事が可能です。

 

 

②の効果はこのカードの攻撃宣言時に

自分の場の全てのモンスターの攻撃力を

バトルフェイズの間300ポイントアップさせるというものです。

まさにEMシルバー・クロウの強化版とも言える効果であり

EMに限らず全てのモンスターの攻撃力を上昇できるようになっています。

このカード自身の攻撃力と合わせて3300打点で攻撃が可能となる為、

特に3000ラインのモンスターを突破したい場合に重宝します。

 

 

エンタメイトであると同時にオッドアイズでもあり②の効果も含めれば

オッドアイズ・アブソリュート・ドラゴンの効果で出せる最高打点となります。

EMサポートと組み合わせれば更に打点を強化する事も可能である為、

選択肢の1つとして覚えておくといいでしょう。

 

 

エンタメイトとしては初のエクストラデッキのモンスターとなります。

完全耐性を付与する場合でも打点を強化していく場合でも

エンタメイトの切り札の1つとして活躍が期待できます。

最近ではテーマごとの専用融合が存在するのが当たり前でしたが

ここに来て元祖融合に大きな意義のあるカードが登場しました。

こういう昔のカードに意味を持たせてくれる存在は個人的に大好きです。

関連記事

遊戯王OCG新カード考察:ヒドゥン・ショット

今回紹介するのはハイスピード・ライダーズよりこのカードです。    

記事を読む

遊戯王OCG:「電影の騎士ガイアセイバー」から考えるリンクモンスターの傾向予測、まだ不明瞭な点など

リンク召喚の登場と新マスタールールにおけるエクストラデッキの制限により 遊戯王の環境が激変、各

記事を読む

遊戯王アークファイブ第105話『レジスタンスの絆』感想

遊戯王ARC-V105話の感想です。 父榊遊勝に憎しみを抱くエドに出会った遊矢でしたが

記事を読む

遊戯王カード考察:超重武者ダイ-8(ちょうじゅうむしゃ ダイハチ)

旦那ぁ!超重武者装留お届けに参りました!   今回紹介するのはディメンション・

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:RR(レイド・ラプターズ)-ラスト・ストリクス

今回紹介するのはウィング・レイダーズよりこのカードです。    

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:流星方界器(りゅうせいほうかいき)デューザ

どんどん墓地にモンスターを溜めろ!   今回紹介するのは4月11日に発売された

記事を読む

遊戯王アークファイブ第69話『疾走するディーバ』感想

遊戯王ARC-V69話の感想です。 今回は柊柚子VSエンジョイ長次郎。 シンクロ次元に来

記事を読む

HEROの遺産(ヒーローのいさん):遊戯王カード考察

3枚ドローってお前・・・   今回紹介するのはプレミアムパック19よりこのカー

記事を読む

遊戯王OCG新カード考察:シンクローン・リゾネーター

今回紹介するのはハイスピード・ライダーズよりこのカードです。    

記事を読む

遊戯王アークファイブ第106話『アークエリア・プロジェクト』感想

アークファイブ106話の感想です。 黒咲でさえもカイトを説得する事は出来なかった。 その

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

広告1

スポンサーリンク
東方鈴奈庵第51話『博麗霊夢の誤算(後編)』感想

鈴奈庵51話の感想です。 ・前回のあらすじ 魔理沙「君は行

白闘気海豚(ホワイト・オーラ・ドルフィン):遊戯王カード考察  自己蘇生の可能な戦闘担当レベル6シンクロ

今回紹介するのはコレクターズパック2017よりこのカードです。

剛鬼(ごうき)サンダー・オーガ:遊戯王カード考察  お互いの召喚権を増やす豪気なカード!

今回紹介するのはサーキット・ブレイクよりこのカードです。 &nb

遊戯王VRAINS(ヴレインズ)第3話『ファースト・コンタクト』感想

遊戯王ヴレインズ3話の感想です。 見事デコード・トーカーを駆使し

オッドアイズ・ランサー・ドラゴン:遊戯王カード考察  サポート豊富で結構出しやすい3000打点

今回紹介するのはコレクターズパック2017よりこのカードです。

→もっと見る

    • 4,305,688 総合計アクセス数
PAGE TOP ↑