遊戯王OCGカード考察:魔界劇団の楽屋入り

ほらほら、羽箒打ってもいいんだよ?(ゲス顔)

 

今回紹介するのはデステニー・ソルジャーズよりこのカードです。

 

 

 

魔界劇団の楽屋入り
通常罠
「魔界劇団の楽屋入り」は1ターンに1枚しか発動できない。
①:自分のPゾーンに「魔界劇団」カードが2枚存在する場合に発動できる。
デッキから「魔界劇団」Pモンスター2体を選び、
自分のエクストラデッキに表側表示で加える(同名カードは1枚まで)。

 

 

魔界劇団用の罠カードです。

 

魔界劇団の楽屋入り

楽屋裏の和気藹々とした一場面が表示されています。

個人的にかなりイラストアドの高い1枚です。

一番手前側ではファンキー・コメディアン、ワイルド・ホープ、

そしてダンディ・バイプレイヤーが打ち合わせをしています。

ビッグ・スターは今しがた出番が終わった所なのでしょう、

ソファに座り首にタオルを巻いてドリンクを飲んでいます。

プリティ・ヒロインは鏡の前でお色直しをしております。

恐らくこれから出番があるのでしょう。

OCG版ではリリースという表現になっていましたが

アニメではいくつかの魔界劇団の効果はフィールドの魔界劇団を

エクストラデッキに移動させる事で発動していました。

この効果もエクストラデッキに関係のある効果であり魔界劇団では

エクストラデッキを楽屋裏に見立てている事が連想できます。

 

 

その効果は1ターンに1度、自分のペンデュラムゾーンに

両方とも魔界劇団がセッティングされている時に

デッキから魔界劇団2体を1種類ずつ選び、

エクストラデッキに表側表示で置いておくというものです。

墓地肥やしならぬエクストラデッキ肥やしとも言うべき効果であり

実質的に任意の2枚の魔界劇団をペンデュラム召喚できる効果となります。

発動条件の関係上おかしなスケールのセッティングをしていない限りは

このカードが発動できる=ペンデュラム召喚の準備が整っている事になります。

 

 

またこのカードは魔界台本のセットされた状態で破壊される地雷効果の条件である

「エクストラデッキに魔界劇団ペンデュラムが存在している事」

を満たしやすくする上でも重宝します。

例えば相手がハーピィの羽箒を握っているとして

「よし今はまだエクストラに魔界劇団いないな、使うなら今しかねぇ!」

と考えてぶっ放してきた場合にもそれにチェーンしてこのカードを発動する事で

エクストラデッキに魔界劇団を送り地雷効果を発動させる事も出来るわけです。

とは言っても相手がこのカードの情報を知っているのならば

セットカードが存在する状況では迂闊に羽箒使ってくる可能性は低いでしょう。

しかし逆に言えば「魔界劇団の楽屋入りというカードが存在する」という事実だけで

実際にセットしていなかったとしても相手は伏せカードを迂闊に破壊できなくなります。

まさにデッキプールに存在している事が意味を持つカードだと言えるでしょう。

 

沢渡3

関連記事

遊戯王アークファイブ考察:零羅は赤馬零児の弟ではない?

アークファイブ公式のキャラクター説明なんですが零羅の説明に大きな違和感を感じました。 『零児を「兄

記事を読む

遊戯王カード考察:地翔星(ちしょうせい)ハヤテ、天昇星(てんしょうせい)テンマ

今回紹介するのはコレクターズパック2018よりこのカードです。    

記事を読む

遊戯王アークファイブ第71話『白銀の剣』感想

遊戯王ARC-V71話の感想です。 次回予告の時点でシンクロ次元の闇がひしひしと感じられる今回

記事を読む

遊戯王OCG新カード考察:ラーの翼神竜-球体形(スフィア・モード)

初代遊戯王のボス敵存在であり多くのファンを持つ人気カードであるラーの翼神竜。 ですが今までOC

記事を読む

遊戯王OCGテーマ考察:アモルファージ

シャイニング・ビクトリーズに登場する新しいテーマが判明しました。 その名も「アモルファージ」、

記事を読む

ハック・ワーム:遊戯王カード考察  条件さえ満たせば複数展開可能!ジェスター・コンフィと一緒にどうぞ

今回紹介するのはコード・オブ・ザ・デュエリストよりこのカードです。   &nb

記事を読む

覇王龍ズァーク:遊戯王カード考察

アークファイブラスボス(多分)ここに君臨!   今回紹介するのはマキシマム・ク

記事を読む

遊戯王カード考察:魔界の警邏課(けいらか)デスポリス シャドウ・ディストピアを採用出来るデッキが増える

6月21日にVジャンプ8月号が発売されます。 今回紹介するのはその付属としてついてくるこのカー

記事を読む

アロマセラフィ-ジャスミン:遊戯王カード考察  アロマだけでなく植物族全般で有用

今回紹介するのはLINK VRAINS PACK(リンク・ヴレインズ・パック)よりこのカードです。

記事を読む

遊戯王OCG新カード考察:汎神(はんしん)の帝王

8月ももうすぐ終わりですね。早く涼しくなって欲しいものです。 今回紹介するのは真帝王降臨よりこ

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

広告1

スポンサーリンク
遊戯王カード考察:トークバック・ランサー LINK-1の中でも攻撃力高め、効果も優秀

今回紹介するのはストラクチャーデッキ-マスター・リンク-よりこのカード

遊戯王カード考察:サイバネット・コーデック 最大で6枚サーチ!あとはデッキに何を採用するか

本日6月23日、ストラクチャーデッキ-マスター・リンク-の発売です。

遊戯王カード考察:エルフェーズ サイバネット・バックドアと相性よし リンク素材にするだけが芸じゃない

今回紹介するのはストラクチャーデッキ-マスター・リンク-よりこのカード

遊戯王カード考察:プロフィビット・スネーク 毎ターン回収可能な戦闘サポート

今回紹介するのはストラクチャーデッキ-マスター・リンク-よりこのカード

遊戯王VRAINS(ヴレインズ)第57話『雲上の決戦』感想

遊戯王ヴレインズ57話の感想です。  

→もっと見る

    • 5,411,840 総合計アクセス数
PAGE TOP ↑