遊戯王OCGカード考察:レッド・ライジング・ドラゴン

ジャックデッキを組みたいあなたに!

 

今回紹介するのは20th ライバル・コレクションよりこのカードです。

 

 

 

レッド・ライジング・ドラゴン
シンクロ・効果モンスター
星6/闇属性/ドラゴン族/攻2100/守1600
悪魔族チューナー+チューナー以外のモンスター1体以上
①:このカードがS召喚に成功した時、
自分の墓地の「リゾネーター」モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターを特殊召喚する。
この効果を発動するターン、
自分はドラゴン族・闇属性Sモンスターしかエクストラデッキから特殊召喚できない。
②:墓地のこのカードを除外し、
自分の墓地のレベル1の「リゾネーター」モンスター2体を対象として発動できる。
そのモンスター2体を特殊召喚する。
この効果はこのカードが墓地へ送られたターンには発動できない。

 

 

闇属性、ドラゴン族のレベル6シンクロモンスターです。

チューナーに悪魔族を指定しているため効果も考えて

リゾネーターで使う事が基本となるでしょう。

レベル6でありレッドリゾネーターからレベル4を手札から特殊召喚したり

クレーンクレーンでレベル3リゾネーターを蘇生させる事で

シンクロ召喚につなげる事が可能です。

 

 

①の効果はシンクロ召喚に成功した時に

墓地のリゾネーター1体を蘇生できるというものです。

ただしこの効果発動するターン、エクストラデッキから特殊召喚できるのは

闇属性ドラゴン族のシンクロモンスターのみに限られる制約が発生します。

必然的に闇属性ドラゴン族のシンクロにつなげる為の効果となるでしょう。

この効果でシンクロ召喚する第一候補は何といってもレッド・デーモン・アビスであり

レベル3のリゾネーターを蘇生する事でそのままシンクロに繋げられます。

 

 

②の効果は墓地のこのカードを除外する事で

墓地からレベル1リゾネーター2体を蘇生させるというものです。

ただし墓地に送られたターンには発動できない制約が存在する為

一度にチューナーを2体用意できる為レッド・デーモン・カラミティや

レッド・デーモンズ・ドラゴン・タイラントのシンクロ召喚をするのに便利ですが

蘇生できるのはレベル1に限定されている為レベルの調整には気をつける必要があります。

こちらの効果は①と違って特殊召喚に制約が発生しない為、

単純に墓地からチューナー2体を蘇生させる効果として幅広く活用が可能です。

また①の効果もですが1ターンに1度の制限が存在しておらず、

墓地に複数のレッドライジングドラゴンが墓地に存在すれば

その枚数だけ蘇生効果を発動する事が可能です。

 

 

②の効果だけでも十分に強力な為、轟雷帝ザボルグなどで直接墓地に落とすのも効果的です。

まとめて墓地に落とす事ができればそのターンには蘇生効果は使えませんが

次のターンには最大で6体ものリゾネーターの蘇生をする事が可能です。

連続でシンクロを決めるのもやりたい放題に可能となるでしょう。

ランク1のエクシーズ召喚を狙う手もあります。

 

 

どう考えても強いってこれ

どちらの効果もレッド・デーモン関連のシンクロ召喚を

そしてリゾネーターを強烈にサポートする効果となっています。

リゾネーターとレッドデーモンをメインに活用するジャックデッキを作りたい人には

まさに待ってましたとも言うべきカードではないでしょうか。

どちらの効果も非常に強烈であり、特にレッド・デーモン・アビスの召喚難易度は

このカードの登場によって大幅に低下したと言えます。

 

ジャック9

関連記事

遊戯王OCGカード考察:RUM(ランクアップマジック)-幻影騎士団(ファントム・ナイツ)ラウンチ

汎用性の高い新しいランクアップマジック!   今回紹介するのはインベイジョン・

記事を読む

遊戯王カード考察:破壊剣士の揺籃(はかいけんしのようらん)

墓地からバスブレ落としてそのまま蘇生!   2017年の1月14日にマキシマム

記事を読む

ペンデュラム・エボリューションと一緒に揃えておきたいカードは?覇王龍ズァークは来年まで我慢だ!

今日12月23日、ペンデュラム・エボリューションがいよいよ発売です。 収録されているカードも判

記事を読む

遊戯王OCG:デッキ枚数を減らす事、増やす事それぞれの意義について

「デッキ枚数はどれくらいがいいのか?」 遊戯王においてたびたび検証される永遠の議題ですね。

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:スターヴ・ヴェノム・フュージョン・ドラゴン

7月9日に新パック「インベイジョン・オブ・ヴェノム」が発売されます! 今回紹介するのはそのイン

記事を読む

遊戯王OCG,10月の制限改定を個人的に予想してみる

新しいリミットレギュレーションが出る10月も近づいてまいりました。 前回7月の制限改定はまさか

記事を読む

遊戯王アークファイブ第99話『永遠のデュエル』感想

遊戯王ARC-V99話の感想です。 今回は100と一挙同時放送となります。 100話の方

記事を読む

遊戯王OCG新カード考察:絶望神アンチホープ

Vジャンプ8月号の付録カードが絶望神アンチホープである事は 結構以前から判明していたのですがつ

記事を読む

白闘気海豚(ホワイト・オーラ・ドルフィン):遊戯王カード考察  自己蘇生の可能な戦闘担当レベル6シンクロ

今回紹介するのはコレクターズパック2017よりこのカードです。    

記事を読む

遊戯王OCG新カード考察:法眼の魔術師

Vジャンプのレジェンダリーコレクション、皆さんは入手できたでしょうか? ホープゼアルは人気出る

記事を読む

Comment

  1. 匿名 より:

    欲を言えば墓地除外時の蘇生対象は単にリゾネーター2体かせめて「レベルの合計が4以下になるようにリゾネーター2体」とかにしてくれると嬉しかった(スカノヴァ的な意味で)

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

広告1

スポンサーリンク
    • 5,252,100 総合計アクセス数
PAGE TOP ↑