遊戯王OCGカード考察:EM(エンタメイト)ウィム・ウィッチ

ペンデュラムもアドバンス召喚する時代!

 

今回紹介するのはインベイジョン・オブ・ヴェノムよりこのカードです。

 

 

 

EMウィム・ウィッチ
ペンデュラム・効果モンスター
星3/闇属性/魔法使い族/攻 800/守 800
【Pスケール:青4/赤4】
「EMウィム・ウィッチ」のP効果は1ターンに1度しか使用できない。
①:エクストラデッキから特殊召喚されたモンスターが
相手フィールドにのみ存在する場合に発動できる。
Pゾーンのこのカードを特殊召喚する。
【モンスター効果】
①:Pモンスターをアドバンス召喚する場合、
このカードは2体分のリリースにできる。

 

 

新しいエンタメイトの仲間となるペンデュラムモンスターです。

アークファイブにおいて榊遊矢が天城カイト戦で使用したカードであり

ペンデュラムゾーンにセットされた後に自身の効果によって

特殊召喚され、その後刻剣の魔術師と共にエクシーズ素材となりました。

アニメでは特殊召喚する条件が存在しませんでしたが

さすがにこれだと緩すぎた為かOCG化の際に条件が付与されました。

 

EMウィムウィッチ

実にケモナーを狙い撃ちしたかのようなデザインです。

これは猫でしょうか?なんとも可愛らしい外見です。

プリキュアのマスコットも十分に勤まると思います。

動物的な外見ですが魔法使い族なので間違えないようにしましょう。

 

 

ペンデュラム効果は1ターンに1度、相手フィールドにのみ

エクストラデッキから特殊召喚されたモンスターが存在する場合に

ペンデュラムゾーンのこのカードを特殊召喚できるというものです。

・相手の場にのみエクストラデッキからのモンスターが存在する

・自分のペンデュラムゾーンに空きがある

・魔法の発動を封じられていない

以上の条件を満たしている時にペンデュラムゾーンを経由する事で

実質的に手札から直接特殊召喚できる効果だと言えるでしょう。

エクストラデッキのカードを利用するデッキが相手であれば

発動条件を満たすのはそう難しくはないでしょう。

 

 

モンスター効果はペンデュラムモンスターをアドバンス召喚する時に

2体分のリリース要因になれるダブルコスト効果です。

ペンデュラムモンスターをアドバンス召喚する場合という

かなり対象が限定されている効果ですが意義のあるカードはいくつかあり

特に魔妖仙獣 大刃禍是はレベルが高くペンデュラム召喚を行うのが困難な為

このカードがあればアドバンス召喚を狙いやすくなるでしょう。

それ以外ではアモルファージ・イリテュムやDDD壊薙王アビス・ラグナロク、

魔界劇団デビル・ヒールなどもアドバンス召喚の候補に入ります。

 

 

特殊召喚を狙う為にはペンデュラムゾーンに空きが必要であり

またこのカードのスケールも4と中途半端な数値なので

基本的にあまりペンデュラムゾーンに長居させるカードではありません。

ペンデュラム効果を狙うのであれば

そもそもペンデュラム召喚を狙わないデッキである方が活かしやすいでしょう。

もしくは最初からペンデュラム効果を狙わずに

毎ターンペンデュラム召喚で場に出してリリース要因にする手も存在します。

低レベルのペンデュラム召喚をメインにしつつ最上級のペンデュラムも使いたい場合

このカードの出番だと言えるでしょう。

 

 

何気にEMの中でも自身を特殊召喚する効果を持つ存在は貴重だったりします。

EMコールやドクロバットマジシャンのサーチに対応している為

ランク3中心のデッキでカバと一緒に採用してみるのも面白いでしょう。

ディスカバーヒッポを1枚しか採用していないデッキであっても

エンタメイト用のサポートカードを入れやすくなります。

 

EMウィムウィッチ

関連記事

マスター・オブ・ペンデュラムと一緒に揃えておきたいカードは?財布と相談だ!

6月20日土曜日、いよいよマスター・オブ・ペンデュラムの発売ですね。 数多くの魅力的な新カード

記事を読む

ダックドロッパー:遊戯王カード考察  相手にダイレクトアタックを強要しつつ自分は高い耐性で身を隠す!

今回紹介するのはサーキット・ブレイクよりこのカードです。    

記事を読む

遊戯王OCG、2017年7月の制限改定判明!あのカードがとうとう2枚入れられる時代に!

2017年7月のリミットレギュレーションが判明しました。 新マスタールールになってから2回目の

記事を読む

遊戯王カード考察:花札衛-月花見-(カーディアン つきはなみ)

カーディアンにシンクロチューナーが登場どすえ   ディメンションボックスの収録

記事を読む

遊戯王カード考察:レディ・デバッガー シンプルかつ優秀なサーチ効果

今回紹介するのはストラクチャーデッキ-パワーコード・リンク-よりこのカードです。  

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:花札衛(カーディアン)-雨四光(あめしこう)-

エンジョォォォォォォォイ!   5月14日にコレクターズパック「閃光の決闘者編

記事を読む

ぶつかり合う魂:遊戯王カード考察

ライフアドバンテージの概念が変わる   今回紹介するのは20th ANNIVE

記事を読む

遊戯王カード考察:トリックスター・デビルフィニウム リンカーネイションの再利用手段にどうぞ

今回紹介するのはフレイム・オブ・デストラクションよりこのカードです。   &n

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:マシュマカロン

何度でも、何度でも、な・ん・ど・で・も!   今回紹介するのはTHE DARK

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:妖精伝姫(フェアリーテイル)-シラユキ

あまりにも豪快な蘇生条件!     今回紹介するのはザ・ダーク

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

広告1

スポンサーリンク
遊戯王カード考察:エルフェーズ サイバネット・バックドアと相性よし リンク素材にするだけが芸じゃない

今回紹介するのはストラクチャーデッキ-マスター・リンク-よりこのカード

遊戯王カード考察:プロフィビット・スネーク 毎ターン回収可能な戦闘サポート

今回紹介するのはストラクチャーデッキ-マスター・リンク-よりこのカード

遊戯王VRAINS(ヴレインズ)第57話『雲上の決戦』感想

遊戯王ヴレインズ57話の感想です。  

遊戯王カード考察:シューティングコード・トーカー 攻撃力を上昇させるメリットがでかい

今回紹介するのはストラクチャーデッキ-マスター・リンク-よりこのカード

遊戯王カード考察:G戦隊 シャインブラック 意外と充実している地属性昆虫族通常モンスター

7月にジャンプビクトリーカーニバル2018が行われます。 今回紹

→もっと見る

    • 5,408,252 総合計アクセス数
PAGE TOP ↑