遊戯王OCGカード考察:サモン・ゲート

あ、やっぱり禁止カード行きってそういう扱いなんですね

 

今回紹介するのはインベイジョン・オブ・ヴェノムよりこのカードです。

 

 

 

サモン・ゲート
永続罠
①:このカードが魔法&罠ゾーンに存在する限り、
お互いはそれぞれ1ターンに合計3体までしか
エクストラデッキからモンスターを特殊召喚できない。

 

 

INOVで登場した永続罠です。

 

サモン・ゲート

サウサク「それじゃ皆、元気でねー」

ゴヨウ・ガーディアン「うう・・・もうお別れなんだね・・・」

ノーデン「おのれサウザンド」

ショック・ルーラー「おのれサウザンド」

ヒグルミ「おのれサウザンド」

 

そこには唐草模様の風呂敷とハンカイを持って満面の笑顔で出所する

かつてのボスカードの姿がそこにありました。

そんなサウザンド・アイズ・サクリファイスの別れを惜しむゴヨウ・ガーディアン

その一方恨めしい視線を送るノーデン、ルーラー、ヒグルミの姿がそこにあります。

この4体はいずれもOCGにおいて禁止カードとなっている存在であり

なおかつエクストラデッキから特殊召喚が可能な4体であるという点です。

融合、エクシーズ、シンクロ、ペンデュラムが1体ずつというのも奥深いですね。

対してサウサクは今年になってから禁止カード化を解除された存在です。

まず間違いなくこのイラストはその禁止解除を表した図と言えるでしょう。

禁止カード行き=牢獄行きという図式が完全に公式化しています。

 

エクストラネット

同じような場所が召喚制限-エクストラネットにも写っています。

思えばこのカードも禁止カードとなっている2体が

脱獄しようとして捕まっている図式なわけですね。

ゴヨウがサウサクと別れを惜しんでいるのも

一緒に脱獄計画を企てるほど仲が良かったからだと推測が可能です。

 

 

その効果はこのカードが表側表示で存在している間お互いに

1ターンに3体までしかエクストラデッキから特殊召喚できなくなります。

エクストラメタの1つですが逆を言えば3体までなら特殊召喚が可能であり

拘束能力としてはそこまで強いものではありません。

ただ1ターンに何度もシンクロ召喚を繰り返すデッキや

ペンデュラムデッキには一定の効果が期待できるでしょう。

特にメタルフォーゼや竜剣士のようにペンデュラム召喚から

さらに融合やエクシーズ、シンクロなどを狙っていくデッキに対しては

中々馬鹿にならない妨害効果を発揮可能です。

また自分がエクストラデッキから積極的に特殊召喚するデッキであっても

問題なくこのカードを採用できるのも1つのメリットです。

 

 

メタとして機能するデッキは限られている為、

基本的にはサイドデッキ用のカードとなるでしょう。

前述した通り自分にはほとんど影響がなく、気軽に使えるメタカードであり

メタルフォーゼや竜剣士の対策を考えてみるのなら

サイドデッキに忍ばせておくのも面白いと思います。

関連記事

EM(エンタメイト)オッドアイズ・ディゾルヴァー:遊戯王カード考察  EMガトリングールを出しやすくしてくれます

今回紹介するのはコレクターズパック2017よりこのカードです。    

記事を読む

弾帯城壁龍(ベルトリンク・ウォール・ドラゴン):遊戯王カード考察  カウンターの増減をしっかり把握しよう

今回紹介するのはEXTREME FORCE(エクストリーム・フォース)よりこのカードです。 &

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:竜魔王レクターP(ペンデュラム)

シャイニング・ビクトリーズの発売も近づいてまいりました。 既にフラゲ情報も出回っているようです

記事を読む

遊戯王OCGテーマ考察:U.A.(ウルトラアスリート)

いよいよ真帝王降臨とEXTRA PACK 2015が発売されますね。 彼岸の紹介はしましたがも

記事を読む

オルターガイスト・ヘクスティア:遊戯王カード考察 メインアタッカー兼優秀な繋ぎ要因

今回紹介するのはEXTREME FORCE(エクストリーム・フォース)よりこのカードです。 &

記事を読む

サブテラーの導師:遊戯王カード考察 サーチも出来るし妨害もできるし展開の補助もできる

9月21日にVジャンプ11月号が発売されます。 今回紹介するのはその付録としてついてくるこのカ

記事を読む

遊戯王OCG新カード考察:超重武者ツヅ-3(ミ)

今回紹介するのはディメンション・オブ・カオスよりこのカードです。   &nbs

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:チューニングガム

②の効果だけでも便利!   今回紹介するのはザ・ダーク・イリュージョンよりこの

記事を読む

遊戯王OCG、2016年1月の制限改定判明!コナミさん最近サボってません?

2016年1月のリミットレギュレーションが判明しました。 10月の時点ではEMEmにノータッチ

記事を読む

星霜のペンデュラムグラフ、時空のペンデュラムグラフ:遊戯王カード考察

強いのに虹彩の魔術師でサーチし放題!   というわけで12月25日、ク

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

広告1

スポンサーリンク
遊戯王カード考察:ストームサイファー デメリットだけじゃない2400打点デメリットアタッカー

今回紹介するのはストラクチャーデッキ-パワーコード・リンク-よりこのカ

遊戯王カード考察:オルターガイスト・キードゥルガー 場合によっては自爆特攻も考慮

今回紹介するのはフレイム・オブ・デストラクションよりこのカードです。

遊戯王カード考察:トポロジック・トゥリスバエナ 魔法罠を除去できる汎用LINK-3、攻撃力も高め

【お詫び:「新月」のボイスについて】 駆逐艦「新月」のボイスですが、

遊戯王VRAINS(ヴレインズ)第31話『終末のトリガー』感想

遊戯王ヴレインズ31話の感想です。 はじまったゴーストガールとリ

遊戯王カード考察:No.(ナンバーズ)5 亡朧竜(もうろうりゅう) デス・キマイラ・ドラゴン

今回紹介するのはプレミアムパック20よりこのカードです。 &nb

→もっと見る

    • 4,876,128 総合計アクセス数
PAGE TOP ↑