遊戯王OCG新カード考察:矮星竜 プラネター

クラッシュ・オブ・リベリオン、いよいよ今日発売ですね。

今回はこのカードの解説です。

 

 

矮星竜 プラネター
効果モンスター
星4/光属性/ドラゴン族/攻1700/守1200
①:このカードを召喚したターンのエンドフェイズに発動できる。
デッキから光属性または闇属性のレベル7モンスター1体を手札に加える。

 

 

光と闇の竜のように色が真っ二つに分かれた見た目をしていますが、

闇属性としても扱うような効果は持っておらず、普通に光属性です。

 

最近になってまたシンプルなテキストのカード増えてきましたね。

ジェネクス・ニュートロンと非常によく似たテキストをしています。

多くの特徴が一致しているのでこのカードの効果がよく分からない場合は

ジェネクス・ニュートロンのwikiを参照にしておくといいでしょう。

一応こちらでも説明させていただくと、サーチ効果を発動する為には、

このカードを召喚した後エンドフェイズまでこのカードをフィールドに維持する必要があります。

エクシーズやシンクロの素材にしてしまうとサーチ効果が使えなくなってしまう為、

気をつけましょう。ジェネクス・ニュートロンの時にも時々見られたミスです。

攻撃力は1700とそこそこ高いですが、それでも場に残す事に気が引ける場合、

オネストで攻撃力を補強するなり、竜の転生の除外要因にするなりしましょう。

 

さて本題の効果ですがデッキから光属性か闇属性のレベル7モンスターをサーチできます。

基本的にレベル7のモンスターというのはサーチできる手段が限られています。

その為このカードでしかサーチできないカードというのは多いです。

レベル7の中にはダーク・シムルグのようにデッキの中核になるようなカードも存在しますので、

そういったデッキを使う人にとっては待望のカードと言えるかもしれません。

 

 

 

 

今回はオススメカードというよりは矮星竜 プラネターでサーチできるカードの中で、

個人的に注目しているものをピックアップしていきたいと思います。

※カード名をクリックでwikiを表示します

 

 

ダーク・アームド・ドラゴン

レベル7の闇属性といえばこいつは外せませんね。

制限カードであるこのカードをサーチできる事は大きいです。

ただサーチできるカードがこのカードだけですと、

今度は矮星竜 プラネターが腐りやすくなってしまいます。

出来れば他にサーチできるカードも入れたい所ですね。

 

 

幻奏の音姫ローリイット・フランソワ

墓地の天使族・光属性モンスターを回収できるモンスターです。

天使族デッキでは幅広く活躍できるカードであり、

神の居城-ヴァルハラで手札からの特殊召喚もしやすい為、

デッキからサーチできる意義は大きいです。

 

 

オッドアイズ・セイバー・ドラゴン

効果の特性上、オッドアイズ・ドラゴンをデッキに入れる必要があり、

尚且つオッドアイズ・ドラゴンはなるべくドローしたくありません。

その為オッドアイズ・セイバー・ドラゴンを直接サーチする事が可能な、

矮星竜 プラネターの価値は大きいです。

 

 

 

 

 

 

インヴェルズ・ギラファ

超個人的に大本命です。

このカードの登場で一番嬉しかった事が実はギラファのサーチ手段が出来た事です。

自分が愛用するデッキの1つにインヴェルズが存在します。

それもインヴェルズの斥候を軸にギラファをひたすら使いまわすタイプのものです。

しかしギラファが来ないとほとんど何も出来ないデッキであった為、

手札事故を起こしてしまう事も多かったです。

以前は終末の騎士でギラファを落とし悪夢再びで回収する手段を取っていましたが、

終末の騎士が制限となった事でそれも難しくなっていました。

今回、矮星竜 プラネターでギラファを直接サーチする手段が出来た為、

ようやく安定性を手に入れたと言えます。

これでいままで以上に侵略に勤しむ事が可能になるでしょう。

関連記事

ゴーストリック・リフォーム:遊戯王カード考察  なんという事でしょう、2ターンで駄天使のオーバーレイユニットが10に

今回紹介するのはEXTREME FORCE(エクストリーム・フォース)よりこのカードです。 &

記事を読む

遊戯王VRAINS(ヴレインズ)考察:第1話時点での謎とその予測について、サイバース世界は危険?

遊戯王VRAINS、いよいよ放送開始しました。 ディエルこそありませんでしたがその分世界観の紹

記事を読む

遊戯王OCG新カード考察:RR(レイド・ラプターズ)-デビル・イーグル、RR-ワイルド・ヴァルチャー

今回紹介するのはディメンション・オブ・カオスよりこのカードです。   &nbs

記事を読む

遊戯王OCG新カード考察:レッド・スプリンター

今回紹介するのはハイスピード・ライダーズよりこのカードです。    

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:破戒蛮竜(はかいばんりゅう)-バスター・ドラゴン

ようやく秋らしい涼しさになってきましたね。 自分は完全に冬型の人間で暑いのが大の苦手なので助か

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:RUM(ランクアップマジック)-スキップ・フォース

お前ランクアップマジック何枚目だよ!   今回紹介するのはシャイニング・ビクト

記事を読む

遊戯王VRAINS(ヴレインズ)第17話『完全無欠のAIデュエリスト』感想

遊戯王ヴレインズ17話の感想です。 SOL社のデータバンクにクラッキングをしたプレイメーカー、

記事を読む

Re:EX(レックス):遊戯王カード考察  2700打点まで届く下級恐竜族の脳筋担当!

今回紹介するのはコード・オブ・ザ・デュエリストよりこのカードです。   &nb

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:左腕の代償

最近ずっとモンスターハンターXやっております。 ニャンターがすごく楽しいです。 ブーメラ

記事を読む

遊戯王テーマ考察:召喚獣(しょうかんじゅう)

いよいよフュージョン・エンフォーサーズの発売が迫ってきました。 今回はそんなフュージョン・エン

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

広告1

スポンサーリンク
遊戯王カード考察:聖騎士の追想 イゾルデ ボールスに続くまとまった聖剣墓地肥やし手段

いよいよ今日、LINK VRAINS PACK(リンク・ヴレインズ・パ

遊戯王カード考察:インヴェルズ・オリジン 激流葬あたりと組み合わせよう

今回紹介するのはLINK VRAINS PACK(リンク・ヴレインズ・

遊戯王カード考察:フレッシュマドルチェ・シスタルト 魔法罠を守る優しいシスター

今回紹介するのはLINK VRAINS PACK(リンク・ヴレインズ・

遊戯王VRAINS(ヴレインズ)第28話『三騎士、最後の将』感想

遊戯王ヴレインズ28話の感想です。 惜しくもロンリーブレイブの前

遊戯王カード考察:トラフィックゴースト 待望の下方向3つの汎用LINK-3

今回紹介するのはストラクチャーデッキ-パワーコード・リンク-よりこのカ

→もっと見る

    • 4,814,486 総合計アクセス数
PAGE TOP ↑