遊戯王OCG新カード考察:矮星竜 プラネター

クラッシュ・オブ・リベリオン、いよいよ今日発売ですね。

今回はこのカードの解説です。

 

 

矮星竜 プラネター
効果モンスター
星4/光属性/ドラゴン族/攻1700/守1200
①:このカードを召喚したターンのエンドフェイズに発動できる。
デッキから光属性または闇属性のレベル7モンスター1体を手札に加える。

 

 

光と闇の竜のように色が真っ二つに分かれた見た目をしていますが、

闇属性としても扱うような効果は持っておらず、普通に光属性です。

 

最近になってまたシンプルなテキストのカード増えてきましたね。

ジェネクス・ニュートロンと非常によく似たテキストをしています。

多くの特徴が一致しているのでこのカードの効果がよく分からない場合は

ジェネクス・ニュートロンのwikiを参照にしておくといいでしょう。

一応こちらでも説明させていただくと、サーチ効果を発動する為には、

このカードを召喚した後エンドフェイズまでこのカードをフィールドに維持する必要があります。

エクシーズやシンクロの素材にしてしまうとサーチ効果が使えなくなってしまう為、

気をつけましょう。ジェネクス・ニュートロンの時にも時々見られたミスです。

攻撃力は1700とそこそこ高いですが、それでも場に残す事に気が引ける場合、

オネストで攻撃力を補強するなり、竜の転生の除外要因にするなりしましょう。

 

さて本題の効果ですがデッキから光属性か闇属性のレベル7モンスターをサーチできます。

基本的にレベル7のモンスターというのはサーチできる手段が限られています。

その為このカードでしかサーチできないカードというのは多いです。

レベル7の中にはダーク・シムルグのようにデッキの中核になるようなカードも存在しますので、

そういったデッキを使う人にとっては待望のカードと言えるかもしれません。

 

 

 

 

今回はオススメカードというよりは矮星竜 プラネターでサーチできるカードの中で、

個人的に注目しているものをピックアップしていきたいと思います。

※カード名をクリックでwikiを表示します

 

 

ダーク・アームド・ドラゴン

レベル7の闇属性といえばこいつは外せませんね。

制限カードであるこのカードをサーチできる事は大きいです。

ただサーチできるカードがこのカードだけですと、

今度は矮星竜 プラネターが腐りやすくなってしまいます。

出来れば他にサーチできるカードも入れたい所ですね。

 

 

幻奏の音姫ローリイット・フランソワ

墓地の天使族・光属性モンスターを回収できるモンスターです。

天使族デッキでは幅広く活躍できるカードであり、

神の居城-ヴァルハラで手札からの特殊召喚もしやすい為、

デッキからサーチできる意義は大きいです。

 

 

オッドアイズ・セイバー・ドラゴン

効果の特性上、オッドアイズ・ドラゴンをデッキに入れる必要があり、

尚且つオッドアイズ・ドラゴンはなるべくドローしたくありません。

その為オッドアイズ・セイバー・ドラゴンを直接サーチする事が可能な、

矮星竜 プラネターの価値は大きいです。

 

 

 

 

 

 

インヴェルズ・ギラファ

超個人的に大本命です。

このカードの登場で一番嬉しかった事が実はギラファのサーチ手段が出来た事です。

自分が愛用するデッキの1つにインヴェルズが存在します。

それもインヴェルズの斥候を軸にギラファをひたすら使いまわすタイプのものです。

しかしギラファが来ないとほとんど何も出来ないデッキであった為、

手札事故を起こしてしまう事も多かったです。

以前は終末の騎士でギラファを落とし悪夢再びで回収する手段を取っていましたが、

終末の騎士が制限となった事でそれも難しくなっていました。

今回、矮星竜 プラネターでギラファを直接サーチする手段が出来た為、

ようやく安定性を手に入れたと言えます。

これでいままで以上に侵略に勤しむ事が可能になるでしょう。

関連記事

隠密忍法帖(おんみつにんぽうちょう):遊戯王カード考察  ようやくあのカードが有効活用できます

今回紹介するのはEXTRA PACK 2017よりこのカードです。   &nb

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:仁王立ち

俺はフルモンをやめるぞ、遊矢ーー!   今回紹介するのはシャイニング・ビクトリ

記事を読む

城塞クジラ、潜海奇襲(シー・ステルス・アタック):遊戯王カード考察  原作再現度かなり高い!

6月3日に「デュエリストパック-レジェンドデュエリスト編-」が発売されます。 城之内がパッケー

記事を読む

遊戯王VRAINS(ヴレインズ)第40話『勝利への渇望』感想

遊戯王ヴレインズ40話の感想です。 前回のあらすじ:ミラフォトレンド入り &nb

記事を読む

遊戯王カード考察:競闘(きょうとう)-クロス・ディメンション アルティメット・パウンドと相性抜群

デュエリストパック-レジェンドデュエリスト編2-、いよいよ明日発売です。 今回紹介するのはそん

記事を読む

遊戯王アークファイブ第65話『打ち砕かれたエンタメ』感想

ジャックアトラスに完膚なきまでに完敗し、 さらにエンタメにまでダメ押しを喰らってしまった遊矢。

記事を読む

遊戯王カード考察:ドラグニティ・ドライブ 特殊召喚の制約はまあなんとかなります

今回紹介するのはCYBERNETIC HORIZONよりこのカードです。  

記事を読む

【星杯(せいはい)】:遊戯王テーマ考察  連続でリンクしろと言わんばかりの展開能力!

コード・オブ・ザデュエリストに登場するリンクテーマ「星杯」 恐らくはこれがアニメ本編と関係ない

記事を読む

遊戯王カード考察:BM-4ボムスパイダー 色々と融通が利く自爆効果

今回紹介するのはデュエリストパック-レジェンドデュエリスト編2-よりこのカードです。 &nbs

記事を読む

遊戯王カード考察:ヴァンパイアの支配 ライフ払うどころか逆に回復できる万能カウンター罠

本日いよいよデッキビルドパック ダーク・セイヴァーズの発売です。 今回紹介するのはそのダーク・

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

広告1

スポンサーリンク
遊戯王カード考察:シューティングコード・トーカー 攻撃力を上昇させるメリットがでかい

今回紹介するのはストラクチャーデッキ-マスター・リンク-よりこのカード

遊戯王カード考察:G戦隊 シャインブラック 意外と充実している地属性昆虫族通常モンスター

7月にジャンプビクトリーカーニバル2018が行われます。 今回紹

遊戯王カード考察:混源龍(こんげんりゅう)レヴィオニア どの効果もデッキを選ばず活用できる

今回紹介するのはSOUL FUSION(ソウル・フュージョン)よりこの

遊戯王カード考察:エターナル・エヴォリューション・バースト 相変わらず殺意全振りなサイバー流

今回紹介するのはデュエリストパック-レジェンドデュエリスト編3-よりこ

遊戯王カード考察:サイバース・クロック・ドラゴン ザ・脳筋効果 パラサイトフュージョナーの新しい融合先にも

7月14日にSOUL FUSION(ソウル・フュージョン)が発売されま

→もっと見る

    • 5,403,659 総合計アクセス数
PAGE TOP ↑