動画紹介:この遊戯王のデュエルはギャンブルである

公開日: : 最終更新日:2015/04/16 動画紹介, 遊戯王

まだ考察しかしていませんでしたが、
このサイトは動画紹介のサイトでもあるので動画も紹介していきます。
何か問題があったりした場合には記事を削除する予定なので、
動画の紹介は1つずつしていこうと思います。

今回紹介したい動画はこちらです。

コードギアス×遊戯王

 

遊戯王関連のニコニコ動画の1つに「架空デュエル」というものがあります。
実際にデュエルをするわけではなく、アニメの遊戯王のようなデュエルを
他の作品のキャラで擬似的に再現してみよう、みたいな感じですね。

その中でも特に個人的にお気に入りなのがこの「コードギアス×遊戯王」です。
この動画の特徴としてデュエル中の1ターンが物凄く長いです。
でもそれは長いソリティアをするからとかそういう理由ではありません。
1ターンの、そして1手の描写が物凄く丁寧なんです。
1手ごとに込められた重み、心理状況というのが細かく伝わってきます。
そのためアニメのような派手な展開こそあまりないですが、
まるでギャンブルのような、1手1手が非常に重いデュエルがそこにあります。

また架空デュエルの中では珍しくマッチデュエルを採用しているのも特徴です。
これによりシングルデュエルにはないサイドデッキも含めた戦術、
そして何より相手のカードを把握する情報戦を展開します。
これにより1デュエルごとの駆け引きがまた複雑になるんです。
少し古い動画である為ルールも昔のものではありますが、
自分が非常にお勧めできる架空デュエル動画です。

注意事項としては実際にデュエルが始まるのは2話目からです。

残念ながら動画の更新が停止している状態であり途中までしかありませんが、
こういった動画は是非増えて欲しいですね。

 

 

※動画の著作権はそれぞれの製作者に帰属します。
もし紹介した動画に問題があるようでしたら、メールよりご連絡ください。
対処いたします。
また他の方の迷惑に繋がりますので、
紹介した動画に対して「○○から来ました」といったコメントは、
控えていただくようお願いします。

関連記事

遊戯王カード考察:剛鬼(ごうき)ザ・マスター・オーガ アタッカーと制圧役どっちも行ける

今回紹介するのはフレイム・オブ・デストラクションよりこのカードです。   &n

記事を読む

遊戯王VRAINS(ヴレインズ)第47話『帰って来たPlaymaker』感想

遊戯王ヴレインズ48話の感想です。 前回のあらすじ:第一部完!大トリはデコード・トーカ

記事を読む

遊戯王カード考察:ペンテスタッグ 実に汎用リンクしているカードです

今回紹介するのはSTARTER DECK(2018)よりこのカードです。  

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:スクランブル・ユニオン

上手くモンスターを除外しろ!   今回紹介するのはストラクチャーデッキ-海馬瀬

記事を読む

遊戯王カード考察:魔法都市の実験施設(エンディミオン・ラボ) それが悲劇の前触れでした

今回紹介するのはストラクチャーデッキR-ロード・オブ・マジシャン-よりこのカードです。 &nb

記事を読む

遊戯王カード考察:機界騎士(ジャックナイツ)アヴラム サイキック族通常モンスターはかなり貴重

今回紹介するのはフレイム・オブ・デストラクションよりこのカードです。   &n

記事を読む

遊戯王OCG考察:あの禁止カードどもはどうエラッタすれば復帰できるか?

昨日の夜、ライフを失くしてバーンの海に濡れていた。 今日の昼、ドローカードを元にエクゾディアを追っ

記事を読む

遊戯王OCG新カード考察:昇天の剛角笛(グレイトホーン)

今回紹介するのはディメンション・オブ・カオスよりこのカードです。   &nbs

記事を読む

DDD運命王ゼロ・ラプラス:遊戯王カード考察

わが社は新マスタールールも見越している!   4月4日に漫画版遊戯王ARC-V

記事を読む

遊戯王カード考察:フォーチュン・ヴィジョン フォーチュンレディ用のサーチカード登場、耐性も付与できる

今回紹介するのはRISING RAMPAGEよりこのカードです。   &nbs

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

広告1

スポンサーリンク
    • 6,394,829 総合計アクセス数
PAGE TOP ↑