遊戯王OCGカード考察:EM(エンタメイト)ハンサムライガー

上級ペンデュラムを何でもサーチ!

 

今回紹介するのはVジャンプの定期購読特典でついてくるこのカードです。

 

 

EMハンサムライガー
効果モンスター
星4/地属性/獣戦士族/攻1800/守 400
「EMハンサムライガー」の効果は1ターンに1度しか使用できない。
①:このカードが戦闘で相手モンスターを破壊し墓地へ送った時に発動できる。
デッキからレベル5以上のPモンスター1体を手札に加える。

 

 

エンメイトの仲間となる獣戦士族モンスターです。

漫画版アークファイブにおいて榊遊矢が紫雲院素良戦で使用したカードであり

EMバラードとEMバラクーダでペンデュラムスケールをセッティングした後に

ペンデュラム召喚され柚子を大いに喜ばせました。

 

ハンサムライガー

名前は「ハンサム」「サムライ」「ライガー」の3つを組み合わせたものと思われ

その名の通り超美形の侍風のモンスターとなっています。

それでいて星マークが描かれたジャケットがエンタメイトの一員である事を伺わせます。

ファントムさんはお姉さん向けのエンタメも理解しています。

 

 

その効果は1ターンに1度、戦闘で相手モンスターを破壊して墓地に送った時に、

デッキからレベル5以上のペンデュラムモンスターをサーチできるというものです。

攻撃力は1800と準アタッカークラスでありやや心もとない攻撃力ですが

エンタメイトは攻撃力を上昇させる手段が多い為、

それらで強化する事でサーチ効果も発動しやすくなるでしょう。

獣戦士族である幻獣の角でコンバットトリックを狙う手もあります。

 

 

同じく獣戦士族のエンタメイトであるヘイタイガーと似た効果を持っており、

あちらと違い下級のペンデュラムをサーチする事は不可能ですが

その代わりヘイタイガーよりも攻撃力が100高く、

またエンタメイト以外のペンデュラムもサーチできる利点が存在します。

基本的に純正のエンタメイトを扱う場合ではヘイタイガーに、

魔術師やオッドアイズなど他のテーマとの混合デッキを扱う場合では

ハンサムライガーが採用候補に挙がってくるでしょう。

また魔装邪龍 イーサルウェポンやマジェスペクター・ユニコーン、

アモルファージ・イリテュム等強力なペンデュラムもサーチ可能であり

エンタメイトにこれらの単体でも強力なペンデュラムを混ぜたい時に、

そのサーチ手段としてハンサムライガーを採用するのも面白いです。

万能サーチであるオッドアイズ・ペンデュラム・ドラゴンもサーチ可能であり、

一緒に混ぜる事でより腐らせずに運用する事が出来るでしょう。

 

 

「攻撃力を強化した方が扱いやすくなる」という点では

脳筋型のエンタメイト向けのカードであり、

それでいて他のテーマのカードを混ぜる時に真価を発揮する為、

「エンタメイト中心でかつ他のペンデュラムも混ぜる」

という一癖あるデッキを組む事が求められます。

このカードを上手く扱おうと考えているのなら

そういったデッキを組むのに挑戦してみるのも面白いでしょう。

 

柚子8

関連記事

遊戯王OCGカード考察:マジシャンズ・ロッド

今回紹介するのはザ・ダーク・イリュージョンよりこのカードです。    

記事を読む

遊戯王OCG新カード考察:マジェスティックP(ペガサス)、マジェスペクター・フォックス

マジェスペクター、早速大会で成績残したみたいですね。 サーチ能力に関しては圧倒的な性能を持つテ

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:フルメタルフォーゼ・アルカエスト

相手モンスターを溶かしまくれ!   今回紹介するのはインベイジョン・オブ・ヴェ

記事を読む

遊戯王OCG新カード考察:デストーイ・サーベル・タイガー

今回紹介するのはディメンション・オブ・カオスよりこのカードです。   &nbs

記事を読む

遊戯王カード考察:シーアーカイバー リンク召喚するデッキなら無理なく使えます

今回紹介するのはストラクチャーデッキ-パワーコード・リンク-よりこのカードです。  

記事を読む

遊戯王VRAINS(ヴレインズ)第53話『賞金稼ぎ(バウンティハンター) ブラッドシェパード』感想

遊戯王ヴレインズ53話の感想です。   前回のあらすじ:早見くんの貴重

記事を読む

遊戯王VRAINS(ヴレインズ)第3話『ファースト・コンタクト』感想

遊戯王ヴレインズ3話の感想です。 見事デコード・トーカーを駆使してハノイの騎士を倒したプレイメ

記事を読む

影霊衣の巫女(ネクロスのみこ) エリアル:遊戯王カード考察

ちゃっかり生きてました   今回紹介するのはマキシマム・クライシスよりこのカー

記事を読む

遊戯王カード考察:TG(テックジーナス) トライデント・ランチャー ハルバード・キャノンを使う大きな意味が生まれました

今回紹介するのはSAVAGE STRIKE(サベージ ストライク)よりこのカードです。 &nb

記事を読む

真紅眼の鉄騎士(レッドアイズ・メタルナイト)-ギア・フリード、真紅眼の幼竜(レッドアイズ・ベビードラゴン):遊戯王カード考察

今回紹介するのはデュエリストパック-レジェンドデュエリスト編-よりこのカードです。  

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

広告1

スポンサーリンク
    • 6,392,975 総合計アクセス数
PAGE TOP ↑