遊戯王OCGカード考察:EM(エンタメイト)ハンサムライガー

上級ペンデュラムを何でもサーチ!

 

今回紹介するのはVジャンプの定期購読特典でついてくるこのカードです。

 

 

EMハンサムライガー
効果モンスター
星4/地属性/獣戦士族/攻1800/守 400
「EMハンサムライガー」の効果は1ターンに1度しか使用できない。
①:このカードが戦闘で相手モンスターを破壊し墓地へ送った時に発動できる。
デッキからレベル5以上のPモンスター1体を手札に加える。

 

 

エンメイトの仲間となる獣戦士族モンスターです。

漫画版アークファイブにおいて榊遊矢が紫雲院素良戦で使用したカードであり

EMバラードとEMバラクーダでペンデュラムスケールをセッティングした後に

ペンデュラム召喚され柚子を大いに喜ばせました。

 

ハンサムライガー

名前は「ハンサム」「サムライ」「ライガー」の3つを組み合わせたものと思われ

その名の通り超美形の侍風のモンスターとなっています。

それでいて星マークが描かれたジャケットがエンタメイトの一員である事を伺わせます。

ファントムさんはお姉さん向けのエンタメも理解しています。

 

 

その効果は1ターンに1度、戦闘で相手モンスターを破壊して墓地に送った時に、

デッキからレベル5以上のペンデュラムモンスターをサーチできるというものです。

攻撃力は1800と準アタッカークラスでありやや心もとない攻撃力ですが

エンタメイトは攻撃力を上昇させる手段が多い為、

それらで強化する事でサーチ効果も発動しやすくなるでしょう。

獣戦士族である幻獣の角でコンバットトリックを狙う手もあります。

 

 

同じく獣戦士族のエンタメイトであるヘイタイガーと似た効果を持っており、

あちらと違い下級のペンデュラムをサーチする事は不可能ですが

その代わりヘイタイガーよりも攻撃力が100高く、

またエンタメイト以外のペンデュラムもサーチできる利点が存在します。

基本的に純正のエンタメイトを扱う場合ではヘイタイガーに、

魔術師やオッドアイズなど他のテーマとの混合デッキを扱う場合では

ハンサムライガーが採用候補に挙がってくるでしょう。

また魔装邪龍 イーサルウェポンやマジェスペクター・ユニコーン、

アモルファージ・イリテュム等強力なペンデュラムもサーチ可能であり

エンタメイトにこれらの単体でも強力なペンデュラムを混ぜたい時に、

そのサーチ手段としてハンサムライガーを採用するのも面白いです。

万能サーチであるオッドアイズ・ペンデュラム・ドラゴンもサーチ可能であり、

一緒に混ぜる事でより腐らせずに運用する事が出来るでしょう。

 

 

「攻撃力を強化した方が扱いやすくなる」という点では

脳筋型のエンタメイト向けのカードであり、

それでいて他のテーマのカードを混ぜる時に真価を発揮する為、

「エンタメイト中心でかつ他のペンデュラムも混ぜる」

という一癖あるデッキを組む事が求められます。

このカードを上手く扱おうと考えているのなら

そういったデッキを組むのに挑戦してみるのも面白いでしょう。

 

柚子8

関連記事

遊戯王OCG新カード考察:ミラー・リゾネーター

遊戯王OCGラボでハイスピード・ライダーズのカードをメインに使用した 【スピードロイド】VS【

記事を読む

遊戯王アークファイブ第144話『呪われし機械仮面(ギアマスク)』感想

遊戯王ARC-V144話の感想です。 黒咲とデュエルをする為にエクシーズ次元へと旅立った遊矢。

記事を読む

やりすぎた埋葬:遊戯王カード考察  調整版早すぎた埋葬、手札コストをどう用意するか

今回紹介するのはサーキット・ブレイクよりこのカードです。    

記事を読む

デコード・トーカー:遊戯王カード考察

リンク召喚のトップバッター兼アピール要因!種族も新しい!   4月に新しく放映

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:同胞の絆

今回紹介するのはMILLENNIUM BOX GOLD EDITIONよりこのカードです。 &

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:混沌の使者

繰り返し使用できるコンバットトリック!   今回紹介するのはレイジング・テンペ

記事を読む

遊戯王OCGテーマ考察:超量(ちょうりょう)

ウィング・レイダーズはユートと黒咲の使うカードが多数収録されていますが それとは別にまったく新

記事を読む

遊戯王OCG新カード考察:レッド・ワイバーン

今回紹介するのはハイスピード・ライダーズよりこのカードです。    

記事を読む

武力の軍奏(ぶりきのぐんそう):遊戯王カード考察 チューナーがチューナーを蘇生しさらにチューナーをシンクロ召喚

モンスターハンター:ワールドでニャンターが使えるのかが気になる今日この頃。 今回紹介するのはD

記事を読む

遊戯王アークファイブ第139話『闇に染まる眼』感想

遊戯王ARC-V139話の感想です。 ズァークに立ち向かう4番手は沢渡とクロウ。 ここま

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

広告1

スポンサーリンク
寄生虫パラノイド:遊戯王カード考察 大丈夫、リメイク前よりはグロくないです

今回紹介するのはデュエリストパック-レジェンドデュエリスト編2-よりこ

輪廻のパーシアス:遊戯王カード考察 カウンター罠多めに採用すれば他のデッキにも

ストラクチャーデッキR-神光の波動-の発売にも近づいてまいりました。

遊戯王VRAINS(ヴレインズ)第19話『闇に葬られし事件』感想

遊戯王VRAINS19話の感想です。 リバースモンスターを駆使す

SW2.0:エイジ・オブ・グリモワール登場 新種族「ノーブルエルフ」「マナフレア」に新技能「グリモワール」「アーティサン」「アリストクラシー」

2017年9月20日、ソードワールド2.0の新しいサプリメント、

銃砲撃(ガン・キャノン・ショット):遊戯王カード考察 実にキースらしいイカサマカード

今回紹介するのはデュエリストパック-レジェンドデュエリスト編2-よりこ

→もっと見る

    • 4,629,400 総合計アクセス数
PAGE TOP ↑