遊戯王OCG、2016年7月の制限改定判明!あんまり変わってない!

2016年7月のリミットレギュレーションが判明しました。

前回はがっつりと手が加わり環境に大きな影響を与えましたが

果たして今回はどうなるでしょうか。

 

 

規制強化されたカード

無し!

 

規制緩和されたカード

・準制限

クリッター
サウザンド・アイズ・サクリファイス
光の護封壁

 

・無制限

超再生能力

 

 

 

 

アマンダ1

・・・・・・うんまあこんなもんだよね。

どうやら公式は今の環境を弄るのが怖かった模様です。

かなり無難な所を緩和してきました。

今回規制強化されたカードは一切なく、

緩和されたカードも4枚のみという結果となりました。

実際の所この制限改定はそこまで環境に影響を及ぼしたりはしないと思います。

ブルーアイズやメタルフォーゼが1歩リードしている環境はもう少し続きそうです。

でも個人的にはもうちょい頑張って欲しかったな!

 

 

とりあえず今回変更のあったカードを見てきましょう。

 

クリッター(制限→準制限)

エラッタされて制限に戻ったクリッターが準制限へと緩和されました。

サーチしたカードをそのターン使えない制約は

今の高速化した環境では想像以上に痛手のようであり

準制限でも問題ないと判断されたようです。

なお黒き森のウィッチは相変わらず許されてません。

 

 

サウザンド・アイズ・サクリファイス(制限→準制限)

こちらも禁止から制限に復帰し、準制限へと緩和されたカードです。

簡易融合で出せる融合モンスターの中では特に優秀な1体であり

準制限になった事でこのカードを主軸にしたデッキも作りやすくなるでしょう。

今でも強力なカードである事は間違いないと思います。

 

 

光の護封壁(制限→準制限)

ライフ調整用カードとして優秀なこのカードも準制限です。

大逆転クイズの他にもCNo.39 希望皇ホープレイ

RR-ブレードバーナーファルコンあたりも使いやすくなるでしょう。

 

 

超再生能力(準制限→無制限)

ドラゴン族の強力なドローソースとなるこのカードがついに無制限です。

特に聖刻にとっては大きな強化だと言えるでしょう。

このカードが無制限になるというのは

征竜が存在していた頃には考えられませんね。

・・・・・・ブルーアイズさらに暴れたりしないよね?

 

 

 

総評

なんとなくそんな気はしていましたが

やはり今回はあまり大規模な改定は行われませんでしたね。

今までの傾向をみるに本格的な改定は4月と9月に行われるようです。

去年の大エンタメ時代に比べればはるかに群雄割拠な環境である為、

何だかんだでしょうがないかと割り切れるレベルではありますが

それでも寂しさは感じますね。

ただ今回緩和された4枚のカードはどれも複数のデッキで使われるものであり

今回の制限改定で新しく何かが台頭してくる可能性も十分にあります。

何が台頭してくるかは未知数な部分も多く

そういう意味では中々興味深い制限改定だと言えるでしょう。

 

2016年7月

関連記事

沼地のドロゴン:遊戯王カード考察  初の幻竜族融合、簡易融合から出せて様々な素材に

今回紹介するのはデュエリストフェスティバル2017で配布されるこのカードです。  

記事を読む

十二獣(じゅうにしし)クックル:遊戯王カード考察

こいつ素材にした十二獣エクシーズ結構厄介なんです   今回紹介するのはマキシマ

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:電磁石の戦士マグネット・ベルセリオン

今回紹介するのはストラクチャーデッキ-武藤遊戯-よりこのカードです。   &n

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:クリアウィング・ファスト・ドラゴン

シンクロペンデュラムモンスター第2弾!   2016年10月4日に漫画版アーク

記事を読む

遊戯王カード考察:F.A.(フォーミュラアスリート)ライトニングマスター レベル7汎用シンクロの新たなChoices

9月8日に海外のカードを収録したEXTRA PACK 2018が発売されます。 今回紹介するの

記事を読む

遊戯王アークファイブ第108話『アマゾネス・トラップ』感想

遊戯王ARC-V108話の感想です。 タイラー姉妹に敗北してしまったアレンとサヤカ、 そ

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:降竜の魔術師(こうりゅうのまじゅつし)

ドラゴン族絶対殺すマンのお供に   今回紹介するのはレイジング・テンペストより

記事を読む

遊戯王OCG新カード考察:竜魔王ベクターP(ペンデュラム)

とうとう今日ディメンション・オブ・カオスの発売ですね! 皆さんにとってのお目当てのカードは何で

記事を読む

遊戯王カード考察:X・HERO(エクストラヒーロー) ワンダー・ドライバー HEROリンクついに登場

今回紹介するのはプレミアムパック20よりこのカードです。    

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:ブルーアイズ・カオス・MAX・ドラゴン、カオス・フォーム

今回紹介するのはTHE DARK SIDE OF DIMENSIONS MOVIE PACKよりこの

記事を読む

Comment

  1. 匿名 より:

    アフターバーナーじゃなくて
    ブレードバーナーですよ

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

広告1

スポンサーリンク
    • 5,559,917 総合計アクセス数
PAGE TOP ↑