遊戯王OCGカード考察:マグネット・コンバーション

何ていうかもう爆アド

 

今回紹介するのはストラクチャーデッキ-武藤遊戯-よりこのカードです。

 

 

 

マグネット・コンバーション
通常罠
①:自分の墓地のレベル4以下の
「マグネット・ウォリアー」モンスターを3体まで対象として発動できる。
そのモンスターを手札に加える。
②:墓地のこのカードを除外し、除外されている自分のレベル4以下の
「マグネット・ウォリアー」モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターを特殊召喚する。
この効果はこのカードが墓地へ送られたターンには発動できない。

 

 

磁石の戦士のサポートカードとなる通常罠です。

イラストでは磁石の戦士βと電磁石の戦士βがパーツ交換をしております。

 

①は自分の墓地からレベル4以下のマグネット・ウォリアーを

3体まで手札に回収するという効果です。

「まで」なので状況によっては1体だけ、2体だけ回収というのも可能です。

通常モンスターの強みの1つである闇の量産工場よりもさらに1体多い、

3体分のモンスターを一気に回収できるというトンデモ効果であり

マグネット・バルキリオンの特殊召喚条件を満たすのは勿論の事、

電磁石の戦士γからの複数展開や、手札コストの要因など大活躍します。

 

 

②の効果は墓地のこのカードを除外する事で除外されている

レベル4以下のマグネット・ウォリアー1体を特殊召喚するというものです。

ただし墓地へ送られたターンには発動できない制約が存在します。

マグネット・ベルセリオンは特殊召喚に電磁石の戦士3体を除外する必要があり、

効果を活用する場合にも墓地のマグネット・ウォリアーを場外する必要がある為、

電磁石の戦士マグベット・ベルセリオンを活用していれば

自然と除外されているマグネット・ウォーリアーを特殊召喚できるでしょう。

 

 

アドバンテージの塊のようなカードです。

①の効果で3体のマグネット・ウォリアーを回収でき、

②の効果で除外されているマグネット・ウォリアーを特殊召喚と

1枚のカードで最大で実に4枚分ものアドバンテージを確保しています。

弱点と言えば罠カード故の遅さと、最大限にアドバンテージを確保するには

墓地に3体、除外ゾーンに1体のマグネット・ウォリアーが必要な点くらいであり

【磁石の戦士】を構築する上ではほぼ必須と言ってもいいカードとなるでしょう。

 

 

新しく登場する磁石の戦士用のカードは

どれもアドバンテージを確保する能力に非常に優れています。

新しい【磁石の戦士】がどれほどの活躍を見せるかは見物ですね。

 

鋼鉄ジーグ3

関連記事

遊戯王OCGカード考察:超重魔獣(ちょうじゅうまじゅう)キュウ-B(ビー)

今回紹介するのはブレイカーズ・オブ・シャドウよりこのカードです    

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:古代の歯車機械(アンティーク・ギアガジェット)

機械複製術と相性抜群!   今回紹介するのはストラクチャーデッキR-機械竜叛乱

記事を読む

巨神竜復活と一緒に揃えておきたいカードは?色んなカードが収録されているぞ!

ストラクチャーデッキR-巨神竜復活-の発売日となる2月6日もいよいよ目前に迫ってきました。 既

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:仁王立ち

俺はフルモンをやめるぞ、遊矢ーー!   今回紹介するのはシャイニング・ビクトリ

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:魔界劇団の楽屋入り

ほらほら、羽箒打ってもいいんだよ?(ゲス顔)   今回紹介するのはデステニー・

記事を読む

動画紹介:どういうことだ!? 説明しろギラグ!!

かつて、あの重々しき歌に送られた戦士たち。 故国を守る誇りを厚い拳に包んだ反骨の闘士の、ここは墓場

記事を読む

生存境界:遊戯王カード考察

大量展開と万能除去を兼ね備える!   いよいよ今日恐獣の鼓動の発売ですね。

記事を読む

遊戯王OCG新カード考察:外神(がいしん)アザトート

今回紹介するのはEXTRA PACK 2015よりこのカードです。   &nb

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:ブンボーグ007(ゼロゼロセブン)、ブンボーグ008(ゼロゼロエイト)

ブレイカーズ・オブ・シャドウ、とうとう今日発売ですね! 今回紹介するのはブレイカーズ・オブ・シ

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:電子光虫(デジタル・バグ)-ライノセバス

今回紹介するのはシャイニング・ビクトリーズよりこのカードです。    

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

広告1

スポンサーリンク
    • 4,301,291 総合計アクセス数
PAGE TOP ↑