遊戯王OCGカード考察:蛇神(じゃしん)ゲー

公開日: : 最終更新日:2016/10/04 カード考察, 遊戯王, 遊戯王OCG ,

随分とコンパクトなカードになりました。

 

6月24日に遊戯王アニメコンプリートガイド「千年の記憶」が発売されます。

今回紹介するのはその千年の記憶の付属としてついてくるこのカードです。

 

 

 

蛇神ゲー
特殊召喚・効果モンスター
星12/闇属性/爬虫類族/攻   ?/守   0
このカードは通常召喚できず、このカードの効果でのみ特殊召喚できる。
①:自分フィールドのモンスターが相手の攻撃・効果で破壊された場合、
LPを半分払って発動できる。このカードを手札から特殊召喚する。
②:このカードは効果の対象にならない。
③:このカードが相手モンスターを攻撃するダメージステップの間、
そのモンスターの効果は無効化され、攻撃力は元々の攻撃力の半分になる。
④:このカードが戦闘を行うダメージ計算時に発動できる。
このカードの攻撃力は、フィールドのモンスターの一番高い元々の攻撃力と同じになる。

 

 

 

遊戯王デュエルモンスターズ、ドーマ編のラスボスであるダーツが使用する

切り札中の切り札であるラスボスカード、蛇神ゲーがついにOCG化されました。

蛇神ゲー

まあ何ていうかヘビです。

もうこれでもかとうほどヘビです。

しかしドーマ編の最終ボスだけあり召喚条件、スペック共に凄まじく

「ライフ1万以上の状態でオレイカルコス・シュノロスが破壊された時、

ライフを全て支払う事で特殊召喚」

という難解な特殊召喚条件を有していました。

そもそも召喚条件に存在するオレイカルコス・シュノロス自体が

オレイカルコス・キュトラーが破壊された時に特殊召喚できるモンスターであり、

それ自体が切り札級の力を秘めている強大なモンスターでありました。

その切り札であるシュノロスが破壊されて始めて特殊召喚できる蛇神ゲーは

・ライフ0でもこのカードが存在する限り敗北しない特殊ルール

・一切の効果を受け付けない完全耐性

・攻撃する為にはデッキを10枚墓地送る必要がある豪快な制約

・攻撃力∞!!!

というまさにラスボスに相応しい歴代遊戯王でも最強クラスのカードでした。

ですがさすがにこんなカードを再現するのは不可能だったのか

残念ながらOCG化の際にほとんど別物のカードとなってしまいました。

それでも・・・それでももう少し原作再現して欲しかった!

 

 

 

特殊召喚モンスターであり、自身の効果でのみ特殊召喚が可能です。

①の効果は自分の場のモンスターが相手の攻撃か効果によって破壊された場合に

ライフを半分支払う事で手札から特殊召喚できるというものです。

この手の条件としては珍しく「相手の攻撃」によって破壊される必要がある為、

自爆特攻によって特殊召喚条件を満たす事は出来ない点には注意が必要です。

ライフコストこそ痛いですがとにかく自分のモンスターが

相手によって破壊されればいい為、比較的容易に条件を満たす事が出来るでしょう。

 

 

②は効果の対象にならないという対象耐性です。

対象の取らない効果には無力ですが特殊召喚した時には攻撃力は0であり

奈落の落とし穴には引っかかりません。

 

 

③は相手モンスターを攻撃するダメージステップの間、

相手モンスターの効果を無効化し攻撃力を半分にする効果です。

④の効果と合わせて大抵のモンスターを戦闘破壊する事が出来ますが

自分から攻撃する場合にしか発動しない点には注意が必要です。

 

 

④は戦闘を行うダメージ計算時に

フィールドに存在する元々の攻撃力が1番高いモンスターと

同じ攻撃力になるというものです。

多くの場面で相打ち以上に持ち込める攻撃力を手に入れる事が出来ますが

あくまで「そのモンスターの元々の攻撃力」になる為、

攻撃力の強化されたモンスター相手には一方的に敗北してしまいます。

 

 

性能をまとめると自分から攻撃する分には強いカードです

特殊召喚自体は狙いやすいですが受動的な部分が強いので、

特殊召喚するタイミングは見極める必要があるでしょう。

戦闘ではかなりの強さを誇りますが相手に攻撃されると結構脆い部分もあります。

特にホープ・ザ・ライトニングにはとっても注意です。

ライトニングに攻撃をされてしまうと③の効果も④の効果も発揮できず、

攻撃力5000で直接殴られてしまいます。

しかもこのカードを特殊召喚する時にライフを半分支払っている為、

端的に言ってライトニングに殴られると死にます。

ライトニングが怖い場合はあらかじめ絶望皇ホープレスでも墓地に置いときましょう。

ライフコストの問題こそありますが特殊召喚自体は狙いやすく、

また爬虫類族である為キングレムリンでサーチが可能であり

墓地に落ちても悪夢再びで回収可能と中々扱いやすいカードとなっています。

違う、神に求めてるのはそういうお手軽さじゃないんだ。

 

 

なんだかんだ言って

「モンスター破壊したら突然ゲーがポンと出てきた」

というのは相手からすればかなり困るケースも多いです。

比較的デッキを選ばずに活用できるカードではありますが

前述の通りキングレムリンでサーチ可能な為、

ランク4のエクシーズ召喚を狙うデッキとは特に相性がいいでしょう。

その場合ライフコストを半分支払うデメリットは

希望皇ホープレイの効果を活用する布石に出来るケースも存在します。

それ以外でも元々ライフを半分支払うカードを多様するようなデッキであれば

ライフコストを完全に割り切った運用も出来るでしょう。

そういったデッキは場ががら空きになってしまうととてもピンチになりますが

このカードががら空きを防ぐ防御手段としても機能します。

残念ながらアニメ版のようなラスボスの風格はあまりありませんが

手軽に特殊召喚できる地域密着型蛇神として頑張っていきましょう。

 

トカ&ゲー

関連記事

遊戯王カード考察:終焉龍(しゅうえんりゅう) カオス・エンペラー ペンデュラム召喚は狙わなくて大丈夫

5月21日に発売されるVジャンプ7月号には応募者全員サービスとして 過去に禁止カード、制限カー

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:沈黙の剣士-サイレント・ソードマン、沈黙の剣

今回紹介するのはデュエリストパック-王の記憶編-よりこのカードです。   &n

記事を読む

遊戯王OCGテーマ考察:十二獣(じゅうにしし)

レイジング・テンペストに登場する新たなエクシーズテーマ、 その名も十二獣(じゅうにしし)!

記事を読む

遊戯王カード考察:闇鋼龍(くろがねりゅう) ダークネスメタル デッキに戻った方が都合がいいカードと言えば?

今回紹介するのはVジャンプ7月号の 応募者全員サービスとしてついてくるこのカードです。

記事を読む

剛鬼(ごうき)ヘッドバット:遊戯王カード考察

今回紹介するのはサーキット・ブレイクよりこのカードです。    

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:真実の名

今回紹介するのはMILLENNIUM PACKよりこのカードです。   &nb

記事を読む

2015年度、遊戯王OCG検定テスト終了、自分が躓いた問題に関して

5月15日から25日の間、遊戯王OCG検定テストが実施されていました。 これに合格した人には遊

記事を読む

遊戯王アークファイブ第56話『セキュリティ完全包囲網』感想

遊戯王ARC-V56話です。 シンクロ次元と同盟を結びに来たはずなのに シンクロ次元の住

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:水晶機巧(クリストロン)-グリオンガンド

チューナーが大量に出せるデッキにどうぞ   今回紹介するのはレイジング・テンペ

記事を読む

遊戯王アークファイブ第67話『シティの光と影』感想

遊戯王ARC-V67話の感想です。 次回予告からして不穏な気配が全開です。 どんどん評議

記事を読む

Comment

  1. 匿名 より:

    元のゲーの何が一番まずいってOCGのルール的にライフ全部払った瞬間にゲーの効果処理を行うどころかその発動へのチェーン確認すら行う前にライフ0による敗北が執行される事なのよね(ライフ2000の時に神警撃った場合と同様)。
    とりあえず今のゲーを使うなら自身の攻撃力変動が永続的なのを活かしてワイトキングやダークガイアみたいな元々の攻撃力が超高くなるやつの攻撃力コピーしてライトニング圏内から脱出させといた方がいい。

  2. 匿名 より:

    「悪夢再び」は対象とる効果だった気がするので②の効果のせいで無理なのでは…?
    違ったらすいません

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

広告1

スポンサーリンク
    • 5,473,381 総合計アクセス数
PAGE TOP ↑