遊戯王OCGカード考察:電磁石の戦士マグネット・ベルセリオン

今回紹介するのはストラクチャーデッキ-武藤遊戯-よりこのカードです。

 

 

 

電磁石の戦士マグネット・ベルセリオン
特殊召喚・効果モンスター
星8/地属性/岩石族/攻3000/守2800
このカードは通常召喚できない。
自分の手札・フィールド・墓地から「電磁石の戦士α」
「電磁石の戦士β」「電磁石の戦士γ」を1体ずつ除外した場合に特殊召喚できる。
①:自分の墓地からレベル4以下の「マグネット・ウォリアー」モンスター1体を除外し、
相手フィールドのカード1枚を対象として発動できる。
そのカードを破壊する。
②:このカードが戦闘または相手の効果で破壊された場合、
除外されている自分の「電磁石の戦士α」「電磁石の戦士β」
「電磁石の戦士γ」を1体ずつ対象として発動できる。
そのモンスターを特殊召喚する。

 

 

 

磁石の戦士はα、β、γの3体が合体する事により、

磁石の戦士マグネット・バルキリオンへと合体しました。

勿論電磁石の戦士も合体します!

 

マグネット・ベルセリオン

コイルをやU磁石をモチーフにした中々スマートな形状のロボットです。

コイル型のメイスとも槍とも言える武器が特徴的です。

背中のパーツはプライマルアーマー整波装置でしょうか?

 

 

マグネット・バルキリオンとは特殊召喚の条件が違っており、

手札・フィールド・墓地から電磁石の戦士α、β、γを除外する事で

特殊召喚が可能となります。

除外を必要とする代わりに墓地の電磁石の戦士も合体要因にする事が可能であり

岩投げエリアなどで墓地に落とせば特殊召喚条件を満たしやすいでしょう。

攻撃力守備力はマグネット・バルキリオンよりも劣りますが

それでも3000と十分な攻撃力を有しています。

なおバルキリオン同様「マグネット・ウォリアー」のルビは振られておらず

「でんじしゃくのせんし」と読みます。

 

 

①の効果は墓地にあるレベル4以下のマグネット・ウォリアーを除外する事で

相手フィールドのカード1枚を破壊するというものです。

ターン制限は一切ありません♥

墓地にマグネット・ウォリアーが存在する限り、

何度でも、何度でも、な・ん・ど・で・も除去効果を使う事が可能です。

この効果の為にもどれだけ墓地を肥やせるかが鍵となってくるでしょう。

 

 

②の効果は戦闘か相手の効果で破壊された場合に

除外されている電磁石の戦士α、β、γを1対ずつ特殊召喚するというものです。

このカードの特殊召喚や①の効果の為に除外した電磁石の戦士を再利用可能であり、

さらにこの時に電磁石の戦士α、β、γそれぞれの効果を発動する事が可能です。

その為3体特殊召喚する以上のアドバンテージが確保可能であり、

状況次第では自爆特攻も十分に選択肢に入ります(攻撃力3000ありますが)

当然相手は迂闊にこのカードを破壊する事は出来ないでしょう。

 

 

マグネット・バルキリオン同様一度特殊召喚に成功してしまえば

蘇生制限を満たす事が可能であり各種蘇生カードで墓地から蘇生が可能です。

バルキリオンと比べると能動的に分離できない欠点が存在しますが、

代わりに分離した時のメリットが多大であり厄介な壁となる事が可能です。

勿論墓地コストを確保できているなら相手フィールドを焼け野原にできます。

このをマグネット・ベルセリオンをどれだけ活躍させられるかが

新しい磁石の戦士のキーとなってくるでしょう。

 

 

関連記事

メガロスマッシャーX(エックス):遊戯王カード考察

様々なエクシーズ召喚先がある下級2000打点バニラ!   今回紹介するのはスト

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:光波異邦臣(サイファー・エトランゼ)

サイファー以外でも大いに役立つ!   今回紹介するのはレイジング・テンペストよ

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:月光香(げっこうが)

最近の蘇生魔法はおまけつき!   今回紹介するのはザ・ダーク・イリュージョンよ

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:D-HERO(デステニーヒーロー) ダイナマイトガイ

攻撃を防ぎつつ相手にダメージ   今回紹介するのはデステニー・ソルジャーズより

記事を読む

遊戯王OCG新カード考察:超重武者ツヅ-3(ミ)

今回紹介するのはディメンション・オブ・カオスよりこのカードです。   &nbs

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:EM(エンタメイト)ウィム・ウィッチ

ペンデュラムもアドバンス召喚する時代!   今回紹介するのはインベイジョン・オ

記事を読む

DDD怒涛大王エグゼクティブ・シーザー:遊戯王カード考察  相手の妨害に専念する?それとも積極的に攻撃力上げる?

今回紹介するのはコード・オブ・ザ・デュエリストよりこのカードです。   &nb

記事を読む

智天の神凰龍(セフィラ・トーラ・グラマトン):遊戯王カード考察

これがセフィラの切り札だ!   1月14日、とうとうマキシマム・クライシスが発

記事を読む

遊戯王カード考察:白翼の魔術師(はくよくのまじゅつし)

使いやすいペンデュラムチューナーが来ました   今回紹介するのはペンデュラム・

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:HSR(ハイスピードロイド)マッハゴー・イータ

今回紹介するのはブレイカーズ・オブ・シャドウよりこのカードです。   &nbs

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

広告1

スポンサーリンク
トリックスター・ブラッディマリー:遊戯王カード考察  Sっぽいけど癒し系、でもその実ハンデスの布石となるえげつない子

Vジャンプ9月号の応募者全員サービスにおいて 遊戯王VRAINS

東方鈴奈庵第53(最終話)話『八雲紫の安寧(後編)』感想

東方鈴奈庵53話の感想です。 はい、最終話です。何の予告もなく突

遊戯王VRAINS(ヴレインズ)第11話『轟く弾倉 ヴァレルロード』感想

遊戯王ヴレインズ第11話の感想です。 ついにはじまったプレイメー

ソードワールド2.0の神々の何かちょっとおかしい紹介:戦勝神ユリスカロア

ものすごく久しぶりですがソードワールド2.0に関する記事です。

ゲートウェイ・ドラゴン:遊戯王カード考察 シンプルながらも重宝する展開要員

今回紹介するのはサーキット・ブレイクよりこのカードです。 &nb

→もっと見る

    • 4,476,075 総合計アクセス数
PAGE TOP ↑