遊戯王OCGカード考察:沈黙の剣士-サイレント・ソードマン、沈黙の剣

今回紹介するのはデュエリストパック-王の記憶編-よりこのカードです。

 

 

沈黙の剣士-サイレント・ソードマン
特殊召喚・効果モンスター
星4/光属性/戦士族/攻1000/守1000
このカードは通常召喚できない。
自分フィールドの戦士族モンスター1体をリリースした場合のみ特殊召喚できる。
①:自分・相手のスタンバイフェイズに発動する。
このカードの攻撃力は500アップする。
②:1ターンに1度、魔法カードが発動した時に発動できる。
その発動を無効にする。
③:フィールドのこのカードが戦闘または相手の効果で破壊された場合に発動できる。
手札・デッキから「沈黙の剣士-サイレント・ソードマン」以外の
「サイレント・ソードマン」モンスター1体を召喚条件を無視して特殊召喚する。

 

 

 

表遊戯の代名詞の1つとも言えるレベルモンスター、

その1つであるサイレント・ソードマンがリメイクされました。

レベルモンスターではなくなりましたが代わりにターンごとに攻撃力が上昇し

既存のサイレント・ソードマンとは別の形で原作再現のアプローチをしています。

 

 

 

特殊召喚モンスターであり戦士族を1体リリースする必要があります。

墓地利用のしやすい幻影騎士団あたりをリリースするのが無駄が無いでしょう。

 

 

①は自分、相手のスタンバイフェイズごとに攻撃力が500上昇する効果です。

このモンスターの攻撃力1000は原作のレベル0の時の数値であり

1ターンごとにレベルが上昇していく様子を表しているのでしょう。

このカードを使う時は是非ターン経過に合わせてレベルを宣言しましょう!

ただ、そのまま出しただけですと相手にターンを回した状態の時で

攻撃力は1500しかない為、維持には何らかのサポートは必要となるでしょう。

 

 

②は1ターンに1度、魔法カードの発動を無効にするというものです。

サイレント・ソードマンLV7同様に相手の魔法の発動を妨害する事が可能です。

ただし破壊そのものはしない為ペンデュラムスケールのセットは許してしまいます。

追記:ちゃんと無効にしたペンデュラムを墓地へ送りました、すいません。

 

 

③の効果はこのカードが戦闘か相手の効果で破壊された場合に

手札かデッキからこのカードと同名カード以外のサイレント・ソードマン1体を

召喚条件を無視して特殊召喚するというものです。

サイレント・ソードマン LV7を特殊召喚する事が出来れば

2800打点を確保しつつ引き続き相手の魔法の発動を妨害する事が可能となります。

強力な後続に繋げられる効果である為チャンスがあれば

積極的に自爆特攻からサイレント・ソードマンLV7に繋げてもいいでしょう。

 

 

 

またこのカードと同時にサイレント・ソードマンのサポートカードも判明しています。

 

沈黙の剣
速攻魔法
①:自分フィールドの「サイレント・ソードマン」モンスター1体を対象として発動できる。
その自分のモンスターの攻撃力・守備力は1500アップし、
ターン終了時まで相手の効果を受けない。
このカードの発動と効果は無効化されない。
②:墓地のこのカードを除外して発動できる。
デッキから「サイレント・ソードマン」モンスター1体を手札に加える。

 

 

サイレント・ソードマン用のサポートカードとなる速攻魔法です。

沈黙の剣はサイレント・ソードマンの攻撃名であり必殺技カードの1つと言えます。

①の効果は自分フィールドのサイレント・ソードマン1体の攻撃力と守備力を

1500まで上昇し、さらにそのターンの間完全耐性を付与するというものです。

さらにさらにこのカードの発動と効果に対する無効化を封じる発生保障がついています。

原作における「時の飛躍-ターン・ジャンプ-」を意識したような効果になっており、

サイレント・ソードマンの攻撃力を3ターン分上昇させています。

サイレント・ソードマンのステータスを大幅に上昇させつつ完全耐性を付与させ、

コンバットトリック、除去回避どちらに対しても非常に高い性能を発揮します。

さらに完全耐性の付与はそのターン限りですが攻撃力守備力の上昇は永続であり、

引き続きそのサイレント・ソードマンを強力なアタッカーとして運用できます。

攻撃力1500の沈黙の剣士-サイレント・ソードマンに使ったとしても

攻撃力は3000にまで到達し、さらに次のターンには3500となる為、

魔法の発動を封じるアタッカーとして十二分に活躍が期待できます。

 

 

②の効果は墓地のこのカード除外する事で

デッキからサイレント・ソードマン1体をサーチできる効果です。

墓地に落とすだけで1枚のアドバンテージに繋がる問答無用の強力効果であり

①の効果と共にサイレント・ソードマンを使う上でとてもお世話になるでしょう。

 

 

個人的に表遊戯の使うカードの中でも特に印象に残っていたのが

サイレント・ソードマンとサイレント・マジシャンのレベルモンスターです。

最近の初代遊戯王モンスターのリメイクを作っていく公式のスタンスは

本当に自分にとっては嬉しい限りですね。

 

サイレント・ソードマン

関連記事

遊戯王OCGカード考察:天声の服従

新たなるサイドデッキの有力株!   6月4日、今日ついにデュエリストパック-王

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:幻創(げんそう)のミセラサウルス

なんか恐竜族にすっごいの来た!   今回紹介するのはレイジング・テンペストより

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:妖精伝姫(フェアリーテイル)-シラユキ

あまりにも豪快な蘇生条件!     今回紹介するのはザ・ダーク

記事を読む

遊戯王OCG新カード考察:PSYフレームロード・Ω

今回紹介するのはハイスピード・ライダーズよりこのカードです。    

記事を読む

遊戯王VRAINS(ヴレインズ)第7話『ハノイの天使』感想

遊戯王ヴレインズ第7話の感想です。 プレイメーカーとブルーエンジェルのデュエルが開始されました

記事を読む

遊戯王アークファイブ第126話『悪魔の生まれた日』感想

遊戯王ARC-V126話の感想です。 暴走により瑠璃とセレナを撃退した遊矢とユートは2人を追い

記事を読む

遊戯王VRAINS(ヴレインズ)第9話『追い求めてきた敵』感想

遊戯王ヴレインズ第9話の感想です。 ついにプレイメーカーの前に姿を現したリボルバー。 リ

記事を読む

遊戯王カード考察:破壊剣士の揺籃(はかいけんしのようらん)

墓地からバスブレ落としてそのまま蘇生!   2017年の1月14日にマキシマム

記事を読む

遊戯王アークファイブ第81話『それぞれの戦場』感想

遊戯王ARC-V81話の感想です。 期待していたであろう新旧闇属性鳥獣族対決。 はたして

記事を読む

遊戯王OCG新テーマ考察:SR(スピードロイド)

ハイスピード・ライダーズに収録されるカードも少しずつ判明してきましたね。 やはり予想通りといい

記事を読む

Comment

  1. 匿名 より:

    ペンデュラムモンスターはペンデュラムゾーンへ置くための魔法カードとしての発動を無効にされた場合は破壊が含まれなくてもエクストラに行くこともフィールドに留まることもせずに墓地へ送られますよ

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

広告1

スポンサーリンク
セキュリティ・ドラゴン:遊戯王カード考察 そろそろトーチ・ゴーレム許されなさそう

10月21日にVジャンプ12月号が発売されます。 今回紹介するの

アロマセラフィ-ジャスミン:遊戯王カード考察  アロマだけでなく植物族全般で有用

今回紹介するのはLINK VRAINS PACK(リンク・ヴレインズ・

遊戯王VRAINS(ヴレインズ)第23話『ゲノムの巨人』感想

遊戯王ヴレインズ23話の感想です。 アザナー状態になったマコトの

彼岸の黒天使 ケルビーニ:遊戯王カード考察 彼岸だけでなくレベル3メイン全般で有用!

今回紹介するのはLINK VRAINS PACK(リンク・ヴレインズ・

水晶機巧(クリストロン)-ハリファイバー:遊戯王カード考察 アクセルシンクロの救世主、むしろもっとやばい何か

11月25日に既存OCGテーマ用のリンクモンスターを収録したパック、

→もっと見る

    • 4,722,073 総合計アクセス数
PAGE TOP ↑