遊戯王OCGカード考察:サイバー・エンジェル-美朱濡(ビシュヌ)-

融合モンスター以外もメタれるぞ!

 

今回紹介するのはインベイジョン・オブ・ヴェノムよりこのカードです。

 

 

 

サイバー・エンジェル-美朱濡-
儀式・効果モンスター
星10/光属性/天使族/攻3000/守2000
「機械天使の儀式」により降臨。
①:このカードが儀式召喚に成功した場合に発動できる。
エクストラデッキから特殊召喚された相手フィールドのモンスターを全て破壊し、
破壊したモンスターの数×1000ダメージを相手に与える。
このターン、このカードは1度のバトルフェイズ中に2回攻撃できる。
②:1ターンに1度、
フィールドのカードを破壊する魔法・罠・モンスターの効果が発動した時、
自分の墓地の儀式モンスター1体をデッキに戻して発動できる。
その発動を無効にし破壊する。

 

 

無窮なる力を秘めし光の天使よ。
今あまねく世界にその姿現し万物を照らせ!
降臨せよ!レベル10!サイバー・エンジェル-美朱濡-!

 

 

新しく登場するサイバー・エンジェルのレベル10の儀式モンスターです。

他のサイバー・エンジェル同様儀式魔法「機械天使の儀式」に対応します。

アークファイブにおいて天上院明日香がアカデミア補導員戦で使用し

その効果により相手のモンスターを全滅させた上で3回攻撃をし、

見事ワンターンスリーキルゥを決めました。

アニメでは融合モンスターしか破壊できなかった代わりに

破壊したモンスターの数だけ連続攻撃が可能でしたが

OCG化に伴い破壊できるモンスターの幅が増え攻撃回数が一定になりました。

また新しい効果も追加されています。

 

 

サイバー・エンジェル・ビシュヌ

4本の腕を持つ女性型モンスターと言うべき形状をしています。

ヴィシュヌ神はインド神話の神であり4本の腕を持つ事も共通しています。

ちなみに元々は男性神です。

 

 

①の効果は儀式召喚に成功した場合に

エクストラデッキから特殊召喚された相手モンスターを全て破壊、

その破壊した数×1000のダメージを与えます。

さらにさらに豪華特典として2回攻撃も可能となります。

破壊効果もさる事ながら攻撃力3000で2回攻撃できる事も強烈であり

この2回攻撃は一切の制約が存在せずダイレクトアタックも可能であり、

2体以上のモンスターを破壊した上でダイレクトアタックを2回決めれば

それだけで1ターンキルを達成するダメージを与える事が可能となっています。

覇王黒竜オッドアイズ・リベリオン・ドラゴンと似たような効果を持っていますが、

こちらはよりエースモンスターに対応しやすい破壊範囲となっています。

特にエクシーズモンスターを破壊できるのは大きなポイントと言えるでしょう。

 

 

②の効果は1ターンに1度、

フィールドのカードを破壊する魔法、罠、モンスター効果が発動した時に

墓地の儀式モンスター1体をデッキに戻す事で無効にして破壊する効果です。

最近は破壊以外の除去が増えていますがそれでもブラック・ホールや

ハーピィの羽箒、ツイン・ツイスターなどを牽制できるのは大きいです。

サイバー・エンジェルは儀式モンスターも積極的にリリース要因にする為、

そうして墓地に送った蘇生制限を満たせず蘇生の出来ない

儀式モンスターをデッキに戻せば再び再利用が可能となります。

 

 

レベル10の儀式モンスターであり【サイバー・エンジェル】であれば

マンジュ・ゴッドなどのサーチ効果を利用した後にそのマンジュ・ゴッドと

手札にあるレベル6のサイバー・エンジェルを生贄にすれば無駄がないでしょう。

この時サイバー・エンジェル-韋駄天-をリリース要因にすれば、

攻撃力4000で2回攻撃が可能となります。

 

 

正しくサイバー・エンジェルの切り札と呼べるモンスターであり

非常に殺意の高い性能を誇っています。

特に相手の場にエクストラデッキから特殊召喚したモンスターしかいない場合が

このカードで勝負を決めにいく大きなチャンスとなるでしょう。

 

明日香2

関連記事

DDD超死偉王(ちょうしいおう)パープリッシュ・ヘル・アーマゲドン:遊戯王カード考察  シンプルながらも強い破壊効果

今回紹介するのは4月28日に発売されるマスターガイド5の 付属カードとしてついてくるこちらです

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:オスティナート

ついに幻奏もデッキ融合をする時代に!   今回紹介するのはDIMENSION

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:煉獄の騎士(テラナイト) ヴァトライムス

プトレマイオス闇堕ちしました   今回紹介するのはインベイジョン・オブ・ヴェノ

記事を読む

灼銀の機竜(ドラッグ・オン・ヴァーミリオン)遊戯王カード考察  不鵺城の蘇生対象としてうってつけ!

9月9日に海外のカードが多数収録されたEXTRA PACK 2017が発売されます。 今回紹介

記事を読む

エンコード・トーカー:遊戯王カード考察 デコード・トーカーの親戚登場!スピードデュエル向きのリンクマーカー

6月17日にストラクチャーデッキ-サイバース・リンク-が発売されます。 藤木遊作の使うサイバー

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:ペンデュラム・ホール

対ペンデュラム特化型カウンター罠!   今回紹介するのはザ・ダーク・イリュージ

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:A-アサルト・コア、B-バスター・ドレイク、 C-クラッシュ・ワイバーン

公式はユニオンを見捨てていなかった!   今回紹介するのはストラクチャーデッキ

記事を読む

遊戯王カード考察:魔界劇団-コミック・リリーフ とうとう自分から台本壊しに行くのか・・・

本日6月9日、デュエリストパック-レジェンドデュエリスト編3-の発売です。 今回紹介するのはそ

記事を読む

遊戯王カード考察:おジャマッチング 素直に万丈目デッキを組むかそれとも・・・

今回紹介するのはデュエリストパック-レジェンドデュエリスト編2-よりこのカードです。 &nbs

記事を読む

サイバース・コンバーター:遊戯王カード考察 セクレタリーと並ぶ手札からの展開手段に

7月21日にVジャンプ9月号が発売されます。 今回紹介するのはその付録としてついてくるこのカー

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

広告1

スポンサーリンク
遊戯王カード考察:エルフェーズ サイバネット・バックドアと相性よし リンク素材にするだけが芸じゃない

今回紹介するのはストラクチャーデッキ-マスター・リンク-よりこのカード

遊戯王カード考察:プロフィビット・スネーク 毎ターン回収可能な戦闘サポート

今回紹介するのはストラクチャーデッキ-マスター・リンク-よりこのカード

遊戯王VRAINS(ヴレインズ)第57話『雲上の決戦』感想

遊戯王ヴレインズ57話の感想です。  

遊戯王カード考察:シューティングコード・トーカー 攻撃力を上昇させるメリットがでかい

今回紹介するのはストラクチャーデッキ-マスター・リンク-よりこのカード

遊戯王カード考察:G戦隊 シャインブラック 意外と充実している地属性昆虫族通常モンスター

7月にジャンプビクトリーカーニバル2018が行われます。 今回紹

→もっと見る

    • 5,407,932 総合計アクセス数
PAGE TOP ↑