遊戯王OCG新テーマ考察:アクアアクトレス

せっかく新テーマも出ている事ですしちょっとそちらの考察もしていきましょうか。

新テーマはカード単体だけの紹介をしても分かりづらいと思うのでまとめて紹介したいと思います。

今回紹介するテーマはアクアアクトレスです。

 

 

アクアアクトレス・グッピー
効果モンスター
星2/水属性/水族/攻600/守600
①:1ターンに1度、自分メインフェイズに発動できる。
手札から「アクアアクトレス」モンスター1体を特殊召喚する。

 

アクアアクトレス・アロワナ
効果モンスター
星6/水属性/水族/攻2000/守2000
①:1ターンに1度、自分メインフェイズに発動できる。
デッキから「アクアアクトレス」モンスター1体を手札に加える。

 

水舞台(アクアリウム・ステージ)
永続魔法
①:自分フィールドの水属性モンスターは、水属性以外のモンスターとの戦闘では破壊されない。
②:自分フィールドの「アクアアクトレス」モンスターは相手モンスターの効果を受けない。
③:このカードがフィールドから墓地へ送られた場合、
自分の墓地の水族モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターを特殊召喚する。
この効果の発動後、ターン終了時まで自分は水族モンスターしか特殊召喚できない。

 

水照明(アクアリウム・ライティング)
永続魔法
①:「水照明」は自分フィールドに1枚しか表側表示で存在できない。
②:自分の「アクアアクトレス」モンスターが相手モンスターと戦闘を行うダメージ計算時に発動する。
その自分のモンスターの攻撃力・守備力はダメージ計算時のみ倍になる。
③:このカードがフィールドから墓地へ送られた場合、
自分の墓地の水族モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターを特殊召喚する。
この効果の発動後、ターン終了時まで自分は水族モンスターしか特殊召喚できない。

 

 

原作では鮎川アユが使っていたテーマですね。

モンスターの方は最近のテーマとしては随分と大人しい性能をしており、

単体ではお世辞にもあまり強いとは言えません。

しかしその一方でサポートとなる永続魔法の方はかなり強烈な効果を有しています。

この事から永続魔法に強く依存するテーマと言えるでしょう。

 

永続魔法である水舞台と水照明はアクアアクトレスに関する効果の他に、

水族全体に関する効果も持ち合わせているのが特徴です。

まだアクアアクトレスはカードの種類が少ない為、他の水族を併用する形になるでしょう。

墓地に送られた時に発動できる特殊召喚は水族であれば制限はありません、

水精鱗であればアビスリンデあたりが高い恩恵を得られますが、

水族以外は特殊召喚できなくなる点は留意しておきましょう。

蘇生条件を満たしているのならCNo.101 S・H・Dark Knightも強力です。

参考までにこの効果で呼べる最高攻撃力は雲魔物-アイ・オブ・ザ・タイフーンです。

 

水舞台と水照明が発動している状況であればアロワナは効果耐性持ちの4000打点へと大化けします。

これは十分な強みではありますが問題はアロワナをサーチ手段が限られてくるので注意が必要です。

また湿地草原を併用したグッピーを主軸として用いる方法もあります。

湿地草原と水照明が組み合わさった状態であればグッピーも3600打点のアタッカーへと化けます。

元々レベル2かつ攻撃力600なので墓地からの回収、蘇生手段には事欠かないのが特徴です。

特殊召喚効果を持っているのでサルベージから3600打点を二匹並ばせる事も可能です。

多くのレベル2の水族と併用できるのでそれらのデッキにグッピーを混ぜてみるのも面白いでしょう。

 

まだ力不足感が否めないテーマではありますが、永続魔法の強力さには目を見張るものがあります。

今後のカード次第では非常に面白いテーマになると思われます。

 

 

 

以下は個人的に相性がいいと思われるカードを挙げていきます。

※カード名をクリックでwikiを表示します

 

暗躍のドルイド・ウィド

フィールドから墓地へ送られた場合に永続魔法を回収できるモンスターです。

永続魔法の依存度が非常に強いテーマですので回収手段は重要になるでしょう。

 

スピッド・バード

戦闘破壊された時に墓地のレベル2モンスター2体を特殊召喚できるモンスターです。

グッピーをメインに運用するデッキ構築の際には役に立ってくれるでしょう。

効果は無効になりますが問題は少ないでしょう。

 

神騎セイントレア

こちらもグッピーをメインに運用する際に採用したいモンスターです。

水舞台があれば場にモンスターを維持しやすく、ランク2のエクシーズも狙いやすいです。

ランク2の中でも特に強力なモンスターであり、また破壊耐性を持った相手にも有効です。

関連記事

遊戯王OCG新カード考察:イグナイト・デリンジャー

今回紹介するのはディメンション・オブ・カオスよりこのカードです。   &nbs

記事を読む

遊戯王カード考察:シャドール・ネフィリム ネフィリムが帰って来た!・・・・・・あれなんか違う

今回紹介するのはLINK VRAINS PACK(リンク・ヴレインズ・パック)よりこのカードです。

記事を読む

遊戯王アークファイブ第129話『覇王の片鱗』感想

遊戯王ARC-V129話の感想です。 零王の精霊機巧軍に立ち向かう遊矢と零児。 そしてレ

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:魔界劇団-ワイルド・ホープ

デビル・ヒールの最高の相方   今回紹介するのはデステニー・ソルジャーズよりこ

記事を読む

遊戯王アークファイブ第92話『悲運の再会』感想

遊戯王ARC-V92話の感想です。 もうタイトルからして不穏な気配しかしませんね。 つい

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:青眼の精霊龍(ブルーアイズ・スピリット・ドラゴン)

今回紹介するのはシャイニング・ビクトリーズよりこのカードです。    

記事を読む

遊戯王OCG新カード考察:PSYフレームロード・Ω

今回紹介するのはハイスピード・ライダーズよりこのカードです。    

記事を読む

遊戯王OCG新カード考察:RR(レイド・ラプターズ)-ファジー・レイニアス

クラッシュ・オブ・リベリオンが発売されましたね。 皆さんが特に注目しているカードは何でしょうか

記事を読む

遊戯王アークファイブ第124話『蘇る幻影騎士団』感想

遊戯王ARC-V124話の感想です。 狂気に目覚めたユーリの前に敗北した明日香、 ユーリ

記事を読む

遊戯王カード考察:剛鬼死闘(ごうきデスマッチ) デッキから可能な限りっておま・・・

今回紹介するのはLINK VRAINS BOX(リンク・ヴレインズ・ボックス)よりこのカードです。

記事を読む

Comment

  1. 匿名 より:

    コアキメイルアイスおすすめ

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

広告1

スポンサーリンク
遊戯王カード考察:トリックスター・デビルフィニウム リンカーネイションの再利用手段にどうぞ

今回紹介するのはフレイム・オブ・デストラクションよりこのカードです。

遊戯王VRAINS(ヴレインズ)第35話『もう一つのロスト事件』感想

遊戯王ヴレインズ35話の感想です。 前回のあらすじ:スペ

遊戯王カード考察:やぶ蛇 地雷カードの決定版 発動できた場合皆は何を出す?

今回紹介するのはフレイム・オブ・デストラクションよりこのカードです。

遊戯王カード考察:クインテット・マジシャン シンプルに豪快で強い、未来融合もオススメ

2月23日にザ・ヴァリュアブル・ブック20が発売されます。 今回

遊戯王カード考察:ヤジロベーダー さあなんか新用語が出て来ましたよ

今回紹介するのはフレイム・オブ・デストラクションよりこのカードです。

→もっと見る

    • 4,970,658 総合計アクセス数
PAGE TOP ↑