遊戯王OCG新テーマ考察:アクアアクトレス

せっかく新テーマも出ている事ですしちょっとそちらの考察もしていきましょうか。

新テーマはカード単体だけの紹介をしても分かりづらいと思うのでまとめて紹介したいと思います。

今回紹介するテーマはアクアアクトレスです。

 

 

アクアアクトレス・グッピー
効果モンスター
星2/水属性/水族/攻600/守600
①:1ターンに1度、自分メインフェイズに発動できる。
手札から「アクアアクトレス」モンスター1体を特殊召喚する。

 

アクアアクトレス・アロワナ
効果モンスター
星6/水属性/水族/攻2000/守2000
①:1ターンに1度、自分メインフェイズに発動できる。
デッキから「アクアアクトレス」モンスター1体を手札に加える。

 

水舞台(アクアリウム・ステージ)
永続魔法
①:自分フィールドの水属性モンスターは、水属性以外のモンスターとの戦闘では破壊されない。
②:自分フィールドの「アクアアクトレス」モンスターは相手モンスターの効果を受けない。
③:このカードがフィールドから墓地へ送られた場合、
自分の墓地の水族モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターを特殊召喚する。
この効果の発動後、ターン終了時まで自分は水族モンスターしか特殊召喚できない。

 

水照明(アクアリウム・ライティング)
永続魔法
①:「水照明」は自分フィールドに1枚しか表側表示で存在できない。
②:自分の「アクアアクトレス」モンスターが相手モンスターと戦闘を行うダメージ計算時に発動する。
その自分のモンスターの攻撃力・守備力はダメージ計算時のみ倍になる。
③:このカードがフィールドから墓地へ送られた場合、
自分の墓地の水族モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターを特殊召喚する。
この効果の発動後、ターン終了時まで自分は水族モンスターしか特殊召喚できない。

 

 

原作では鮎川アユが使っていたテーマですね。

モンスターの方は最近のテーマとしては随分と大人しい性能をしており、

単体ではお世辞にもあまり強いとは言えません。

しかしその一方でサポートとなる永続魔法の方はかなり強烈な効果を有しています。

この事から永続魔法に強く依存するテーマと言えるでしょう。

 

永続魔法である水舞台と水照明はアクアアクトレスに関する効果の他に、

水族全体に関する効果も持ち合わせているのが特徴です。

まだアクアアクトレスはカードの種類が少ない為、他の水族を併用する形になるでしょう。

墓地に送られた時に発動できる特殊召喚は水族であれば制限はありません、

水精鱗であればアビスリンデあたりが高い恩恵を得られますが、

水族以外は特殊召喚できなくなる点は留意しておきましょう。

蘇生条件を満たしているのならCNo.101 S・H・Dark Knightも強力です。

参考までにこの効果で呼べる最高攻撃力は雲魔物-アイ・オブ・ザ・タイフーンです。

 

水舞台と水照明が発動している状況であればアロワナは効果耐性持ちの4000打点へと大化けします。

これは十分な強みではありますが問題はアロワナをサーチ手段が限られてくるので注意が必要です。

また湿地草原を併用したグッピーを主軸として用いる方法もあります。

湿地草原と水照明が組み合わさった状態であればグッピーも3600打点のアタッカーへと化けます。

元々レベル2かつ攻撃力600なので墓地からの回収、蘇生手段には事欠かないのが特徴です。

特殊召喚効果を持っているのでサルベージから3600打点を二匹並ばせる事も可能です。

多くのレベル2の水族と併用できるのでそれらのデッキにグッピーを混ぜてみるのも面白いでしょう。

 

まだ力不足感が否めないテーマではありますが、永続魔法の強力さには目を見張るものがあります。

今後のカード次第では非常に面白いテーマになると思われます。

 

 

 

以下は個人的に相性がいいと思われるカードを挙げていきます。

※カード名をクリックでwikiを表示します

 

暗躍のドルイド・ウィド

フィールドから墓地へ送られた場合に永続魔法を回収できるモンスターです。

永続魔法の依存度が非常に強いテーマですので回収手段は重要になるでしょう。

 

スピッド・バード

戦闘破壊された時に墓地のレベル2モンスター2体を特殊召喚できるモンスターです。

グッピーをメインに運用するデッキ構築の際には役に立ってくれるでしょう。

効果は無効になりますが問題は少ないでしょう。

 

神騎セイントレア

こちらもグッピーをメインに運用する際に採用したいモンスターです。

水舞台があれば場にモンスターを維持しやすく、ランク2のエクシーズも狙いやすいです。

ランク2の中でも特に強力なモンスターであり、また破壊耐性を持った相手にも有効です。

関連記事

遊戯王OCGカード考察:サイバー・エンジェル-那沙帝弥(ナーサテイヤ)-

墓地にさえいけば蘇生しつつコントロール奪取!   今回紹介するのはレイジング・

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:真紅眼(レッドアイズ)の凶星竜(きょうせいりゅう)-メテオ・ドラゴン、流星竜メテオ・ブラック・ドラゴン

黒炎弾と合わせて4900バーン   今回紹介するのはインベイジョン・オブ・ヴェ

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:破壊剣一閃

とうとうブレイカーズ・オブ・シャドウのCMが流れましたね。 今回はそのCMで判明したこのカード

記事を読む

遊戯王アークファイブ第140話『魂のペンデュラム』感想

遊戯王ARC-V140話の感想です。 沢渡とクロウも倒され零王も倒され 沢渡からペンダン

記事を読む

遊戯王カード考察:ゴッドオーガス サイコロ関連のサポートカードと順当に相性よし

今回紹介するのはコレクターズパック2018よりこのカードです。    

記事を読む

天空聖騎士(エンジェルパラディン)アークパーシアス:遊戯王カード考察  やっぱりパーシアスと言えば貫通効果

9月23日に「ストラクチャーデッキ-閃光の波動-」のリメイクとなる 「ストラクチャーデッキR-

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:覚醒の魔導剣士(エンライトメント・パラディン)

帝も随分強くなったなぁとしみじみ思う今日この頃です。 今回紹介するのはブレイカーズ・オブ・シャ

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:超量士(ちょうりょうし)グリーンレイヤー

今回紹介するのはウィング・レイダーズよりこのカードです。    

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:RUM(ランクアップマジック)-デス・ダブル・フォース

今回紹介するのはウィング・レイダーズよりこのカードです。    

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:EM(エンタメイト)ブランコブラ

たかが攻撃力300、だがしかし・・・   今回紹介するのはスターターデッキ20

記事を読む

Comment

  1. 匿名 より:

    コアキメイルアイスおすすめ

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

広告1

スポンサーリンク
遊戯王カード考察:エルフェーズ サイバネット・バックドアと相性よし リンク素材にするだけが芸じゃない

今回紹介するのはストラクチャーデッキ-マスター・リンク-よりこのカード

遊戯王カード考察:プロフィビット・スネーク 毎ターン回収可能な戦闘サポート

今回紹介するのはストラクチャーデッキ-マスター・リンク-よりこのカード

遊戯王VRAINS(ヴレインズ)第57話『雲上の決戦』感想

遊戯王ヴレインズ57話の感想です。  

遊戯王カード考察:シューティングコード・トーカー 攻撃力を上昇させるメリットがでかい

今回紹介するのはストラクチャーデッキ-マスター・リンク-よりこのカード

遊戯王カード考察:G戦隊 シャインブラック 意外と充実している地属性昆虫族通常モンスター

7月にジャンプビクトリーカーニバル2018が行われます。 今回紹

→もっと見る

    • 5,407,382 総合計アクセス数
PAGE TOP ↑