遊戯王アークファイブ第105話『レジスタンスの絆』感想

公開日: : 最終更新日:2016/05/16 アニメ感想, 遊戯王, 遊戯王アークファイブ

遊戯王ARC-V105話の感想です。

父榊遊勝に憎しみを抱くエドに出会った遊矢でしたが

結局手がかりを掴むことは出来ませんでした。

 

 

ギャラクシーアイズ・サイファー・ドラゴン×3

瓦礫に埋もれていた遊矢ですが結構ピンピンしています。

やっぱりデュエリストは頑丈ですね。

そして同じく外に出ていたアレンとサヤカはデュエルをするカイトを見つけます。

ギャラクシーアイズ3体という大盤振る舞いでアカデミアを蹴散らすカイト、

アカデミアを容赦なくカード化する姿にサヤカは目を背けます。

カイトを引きとめようとするアレンですがカイトは耳を傾けません。

しかし同じく黒咲がカイトの前に立ちはだかります。

「お前もカード化されたいのか?」というカイトの言葉にも怯まず

黒咲はデュエルディスクを構えました、こうして2人のデュエルが始まります。

 

 

懐かしいモンスター効果

先行は黒咲、まずはバニシングレイニアスを召喚します。

そしてその効果で手札のバニシングレイニアスを特殊召喚しようとしますが

実際に特殊召喚するのはバニシングと同名カードになった新カード、

RR-レトロフィットレイニアスです。

このカードは1枚で2体分のエクシーズ素材になるという

なんともZEXAL時代を思わせる効果を持っています。

そして2体分のレトロフィットとバニシングでオーバーレイネットワークを構築、

ライズファルコンをエクシーズ召喚です。

しかしライズファルコンは相手のモンスターに応じて攻撃力を上昇させるモンスター、

相手の場に何も無い時に出しても攻撃力は100のままだとカイトに指摘されます。

そんな事は100も承知とばかりに黒咲は新しい永続魔法、

ラプターズ・インターセプト・フォームを発動、これは相手のターンの間

自分のRRの攻守を入れ替える効果を持っています。

こうしておけばライズファルコンの攻撃力は2000、

攻撃力100で立たせるよりはよっぽどマシとなりました。

そしてカードを2枚伏せてターンエンドです。

 

カイトのターン、ドロー。

カイトは相手の場に特殊召喚されたモンスターがいる事で特殊召喚条件を満たした

サイファー・ツイン・ラプトルを特殊召喚。

そして続けてサイファー・ウィングを召喚してリリース、

ツインラプトルのレベルを8にします。

そしてこいつも1体で2体分のエクシーズ素材になる効果持ってました。

何か今回のデュエルはすっごくZEXALっぽいぞ、さすがエクシーズ次元同士。

そしてオーバーレイネットワークを構築して銀河眼の光波竜をエクシーズ召喚です。

ギャラクシアイズの効果でライズファルコンのコントロールを奪おうとしますが、

ラプターズ・インターセプト・フォームのもう1つの効果でそれを無効にします

しかしカイトは間髪入れずにギャラクシーアイズでライズファルコンを攻撃、

ラプターズ・インターセプト・フォームがあってもその攻撃力は2000、

ギャラクシーアイズの3000には届きません。

そこで黒咲はアクション魔法「奇跡」でなんとか場を凌ぎます。

アレンとサヤカはアクションカードが初見となりますので

解説約の沢渡さんが簡潔に教えてくれました。

アクションカードを使う黒咲の姿をカイトは腑抜けたと罵ります。

カイトはカードを2枚伏せてターンエンドです。

 

 

仲間ではなく分身

黒咲のターン、ドロー。

黒咲はRUM-レイド・フォースを発動しライズファルコンをランクアップ、

ブレイズ・ファルコンをエクシーズ召喚します。

そしてその効果でギャラクシーアイズを破壊しようとしますが、

ここでカイトが罠カード「光波防輪(サイファー・ビット)」で破壊を無効、

さらにこのカードをギャラクシーアイズのオーバーレイユニットにします。

ですがブレイズ・ファルコンの破壊効果はこれだけではありません、

カイトにダイレクトアタックでダメージを与えた後に再び破壊効果を発動、

ギャラクシーアイズを破壊する事に成功します。

しかしカイトは光波分光(サイファー・スペクトラム)を発動して

ギャラクシーアイズを蘇生、さらにエクストラデッキから

2体目のギャラクシーアイズを特殊召喚します。

黒咲はこれでターンエンドです。

黒咲はカイトのその様子から倒されても再び立ち上がり、

仲間と共に戦うその姿はレジスタンスそのものであると説得をします。

そしてここで遊矢が乱入、仲間同士で争っている場合ではないと

2人のデュエルを止めさせようとしますがカイトは

「仲間という生ぬるいものではない、ギャラクシーアイズは自分そのものだ」

と仲間というものを否定します。

ユートもまた今は隼に任せるべきだといい遊矢もデュエルを見守る事にしました。

 

カイトのターン、ドロー。

2体のギャラクシーアイズでブレイズ・ファルコンを攻撃します。

黒咲は永続罠「オーバーレイ・ブレスト・アーマー」を発動、

オーバーレイユニットを消費する事エクシーズモンスターの破壊を無効にしますが

2体分の攻撃を食らってライフを一気に削られてしまいます。

カイトはこれでターンエンド、黒咲は追い詰められた形になりました。

しかし黒咲は諦めていません、必ずカイトを説き伏せると言います。

どうやらユートも黒咲のこのような姿は見た事ないとの事です。

まあ明らかに無茶する側だったもんね。

 

 

仲間の力、アクションカード

黒咲のターン、走りながらドローをします。

そして攻撃力を下回るブレイズファルコンでギャラクシーアイズを攻撃、

無茶な攻撃ですが黒咲はアクションカードは仲間の力だと主張します。

そう、2000の攻撃力差をアクションカードで埋めるつもりなのです。

今の黒咲にとって仲間はレジスタンスだけではありません、

ランサーズやシンクロ次元で出会ったクロウも立派な仲間だと黒咲は言います。

1枚目アタック・フォース、攻撃力の高い相手と戦う時攻撃力を600上昇させます。

2枚目ハイダイブ、モンスター1体の攻撃力を1000上昇させます。

これでギャラクシーアイズとの攻撃力差は残り400です。

しかし3枚目に取得したアクション魔法は飛翔、

これは攻撃力を600上昇させますが相手の攻撃時にしか発動できません。

結局ブレイズファルコンは返り討ちに合い撃破されてしまいます。

それを見てカイトは仲間に頼った結果がこれだと黒咲に告げます。

それでも黒咲は諦めずにRUM-デス・ダブル・フォースを発動します。

このカードは自分のRRエクシーズが破壊された時に発動できるカードです、

もしアクション魔法で攻撃力を上昇させていなければ

発動する前に黒咲のライフは尽きていました、決して無駄ではなかったのです。

こうして見事、RR-アルティメット・ファルコンのエクシーズ召喚に繋げました。

さらに黒咲は罠カード「アルティメット・フルバースト」を発動、

バトルフェイズ中にオーバーレイユニットを使用する効果を発動可能にし、

さらに相手モンスター全てに攻撃を可能とします。

 

まず1体目のギャラクシーアイズに攻撃してこれを撃破、カイトのライフは残り1500、

2人の様子を見て遊矢の中にいるユートは「2人にはいつも子供達がいた」と言います。

何故そんな事を知っているのかとアレンが問うと「俺の中にユートがいる」と答える遊矢、

ユートは以前言っても信じて貰えないと言いましたが

どうやら黒咲はなんとなくユートが近くにいる事を感づいていたようです。

そして2体目のギャラクシーアイズに攻撃、しかしここでカイトは

手札の光波鏡騎士(サイファー・ミラー・ナイト)の効果を発動、

このカードとフィールドに伏せたカード1枚を墓地に送る事で

墓地のギャラクシーアイズを蘇生させます。

さらにこの時伏せていたサイファー・クローン・マジックの効果も発動、

このカードの効果によりデッキからサイファー・インター・フィアを発動させます。

こうして攻撃力が4000になったギャラクシーアイズ、

攻撃力3500のアルティメットファルコンを上回りこれを撃退します。

アルティメットファルコンを返り討ちにされ黒咲のライフは0となってしまいました。

カイトの勝利です。

 

 

かつての仲間であった黒咲をも問答無用でカードにしようとするカイト、

しかしその手をかけようとした時サヤカは涙を流しながらやめてと懇願します。

瑠璃が連れ去られたのは自分のせいだとサヤカは言います。

サヤカは瑠璃がユーリに連れ去られる場面に出くわしていましたが、

恐怖に駆られ立ちすくんでしまった事を涙ながらに告白します。

サヤカの懇願が功を奏してかカイトはカード化を取りやめその場を後にします。

それを見る黒咲のは目はどこか悲しそうでした。

 

 

 

前回のが酷いネタバレ次回予告だったのが判明しました。

次回予告でうつってたアルティメット・ファルコンが撃破されるシーン、

これ今回のデュエルの最後も最後な場面じゃん!

兎にも角にも黒咲はカイトを説得する事が出来ませんでした。

しかし本当に黒咲は丸くなりましたね。

 

次回予告 106話『アークエリア・プロジェクト』

とうとう遊勝の行方不明になっていた経緯が語られるそうです。

そして遊勝塾を襲撃してくるユーリ、

とうとうユーリのデュエルが見られるのでしょうか。

それにしてもこのユーリ、ノリノリである

 

 

超熱血!デュエル塾

今回は詰めデュエルの応え合わせです。

最後にターンエンドで〆というのは中々渋い問題でした。

関連記事

遊戯王アークファイブ第148話(最終回)『ペンデュラムが描く奇跡』感想

遊戯王ARC-V148話の感想です。 3年続いたアークファイブもついに最終回を迎える事になりま

記事を読む

沼地のドロゴン:遊戯王カード考察  初の幻竜族融合、簡易融合から出せて様々な素材に

今回紹介するのはデュエリストフェスティバル2017で配布されるこのカードです。  

記事を読む

真竜(しんりゅう)「ランク9軸」:遊戯王テーマ考察

V.F.D.(ザ・ビースト)率いる真竜皇とそれに対抗する為に メタルフォーゼ、クリストロン、十

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:SR(スピードロイド)パチンゴーカート、SR電々大公(でんでんだいこう)

着実に増えるスピードロイド   今回紹介するのはシャイニング・ビクトリーズより

記事を読む

遊戯王アークファイブ第110話『破かれたスマイル・ワールド』感想

遊戯王アークファイブ110の感想です。 カイトの助けによりオベリスクフォースを撃破できた遊矢達

記事を読む

遊戯王アークファイブ第135話『揺れ動く次元』感想

遊戯王ARC-V135話の感想です。 頼みのダーク・リベリオン・エクシーズ・ドラゴンを奪われて

記事を読む

デスペラード・リボルバー・ドラゴン:遊戯王カード考察 コイントスを最大限に意識してます

11月11日に遊戯王シリーズの歴代デュエリスト達のリメイククカードを収録した 「デュエリストパ

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:魔界劇団の楽屋入り

ほらほら、羽箒打ってもいいんだよ?(ゲス顔)   今回紹介するのはデステニー・

記事を読む

遊戯王カード考察:魔導原典(まどうげんてん) クロウリー

今回紹介するのはLINK VRAINS PACK(リンク・ヴレインズ・パック)よりこのカードです。

記事を読む

遊戯王カード考察:月光彩雛(ムーンライト・カレイド・チック)

墓地に送ってもよし、除外してもよし   本日いよいよディメンション・ボックスが

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

広告1

スポンサーリンク
遊戯王カード考察:剛鬼(ごうき)ザ・マスター・オーガ アタッカーと制圧役どっちも行ける

今回紹介するのはフレイム・オブ・デストラクションよりこのカードです。

遊戯王カード考察:LAN(ラン)フォリンクス 効果なし!その代わり素材指定も一切なし!

今回紹介するのはストラクチャーデッキ-パワーコード・リンク-よりこのカ

遊戯王カード考察:甲虫装機(インゼクター) ピコファレーナ 超進化の繭が使いやすくなりました

今回紹介するのはLINK VRAINS PACK(リンク・ヴレインズ・

遊戯王カード考察:ジェムナイト・ファントムルーツ ジェムナイトの持ち味である連続融合のサポートに

今回紹介するのはLINK VRAINS PACK(リンク・ヴレインズ・

遊戯王カード考察:魔導原典(まどうげんてん) クロウリー

今回紹介するのはLINK VRAINS PACK(リンク・ヴレインズ・

→もっと見る

    • 4,803,191 総合計アクセス数
PAGE TOP ↑