遊戯王OCG新カード考察:賤竜の魔術師

公開日: : 最終更新日:2015/04/25 カード考察, 遊戯王, 遊戯王OCG ,

今回はマスター・オブ・ペンデュラムよりこちらの紹介です。

 

賤竜の魔術師
ペンデュラム・効果モンスター
星6/風属性/魔法使い族/攻2100/守1400
【Pスケール:青2/赤2】
「賤竜の魔術師」のP効果は1ターンに1度しか使用できない
①:もう片方の自分のPゾーンに「魔術師」カードが存在する場合に発動できる。
自分のエクストラデッキの表側表示の、
「賤竜の魔術師」以外の「魔術師」Pモンスターまたは「オッドアイズ」Pモンスター1体を選んで手札に加える。
【モンスター効果】
「賤竜の魔術師」のモンスター効果は1ターンに1度しか使用できない。
①:このカードが召喚・特殊召喚に成功した場合、自分の墓地の、
「賤竜の魔術師」以外の「魔術師」Pモンスターまたは「オッドアイズ」モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターを手札に加える。

 

 

以前、慧眼の魔術師の考察で「今後魔術師カードが増えるだろう」とは予想してましたが、

まさかいきなりこんな続々と登場するのは予想GUYでした。

 

魔術師やオッドアイズに依存する効果を多く持った、完全な魔術師ペンデュラム用のカードです。

ペンデュラム効果はもう片方のペンデュラムゾーンが魔術師である時に、

エクストラデッキの魔術師かオッドアイズを手札に加える効果です。

単純に手札1枚を稼ぐ事が出来る効果ではありますが、この効果を発動できるという事は、

多くの場合はペンデュラム召喚が可能な状況でもあります。

回収せずにそのままエクストラデッキからペンデュラム召喚をした方がいい場合もあるので、

現在のペンデュラムスケールでは召喚できないカードや、

現在のペンデュラムゾーンのカードが破壊された時に再度セッティングできるカードを補充する等、

状況に合わせて回収するカードを考えていく必要があります。

 

モンスター効果は召喚、特殊召喚した時に墓地の魔術師ペンデュラムモンスターか、

オッドアイズモンスターを手札に回収できる効果です。

賤竜の魔術師はレベル6のペンデュラムモンスターである為、

基本的にペンデュラム召喚で呼び出して効果を使う事になります。

アドバンス召喚を狙う場合は魔道化リジョンを利用するのがオススメです。

魔術師テーマには通常モンスターの魔法使い族もいるので相性がいいです。

こちらもアドバンテージを取れる効果ではありますが回収対象となるのが、

オッドアイズ・ドラゴン、オッドアイズ・セイバー・ドラゴン以外全てペンデュラムカードである為、

墓地から回収するには一工夫必要です。

もっとも手っ取り早いのはエクシーズ召喚の素材にしてしまう事ですが、

魔術師ペンデュラムはレベルがばらけているので、考えて構築する必要があります。

エクシーズ召喚を狙うのであれば、慧眼の魔術師、竜脈の魔術師、相生の魔術師がいるレベル4、

竜穴の魔術師、相克の魔術師、各種オッドアイズが存在するレベル7のどちらを軸にすれば、

レベルを揃えやすくエクシーズ召喚も狙いやすくなるでしょう。

 

アドを取れるカードではありますが、効果を有効に使うには状況を選ぶ効果でもあります。

使いどころをしっかりと見極めて運用していきましょう。

 

 

 

以下は個人的に相性がいいと思われるカードを挙げていきます。

※カード名をクリックでwikiを表示します

 

 

竜穴の魔術師

魔術師ペンデュラムの中でも特に相性がいいモンスターだと思われます。

ペンデュラムスケールが8である為、

賤竜の魔術師とセットでペンデュラムスケールをセッティングすれば、

幅広いレベルのペンデュラム召喚が可能です。

また、竜穴の魔術師のペンデュラム効果で手札のカードをコストにすれば、

賤竜の魔術師の墓地回収効果も有効に活用できます。

 

 

アーカナイト・マジシャン

賤竜の魔術師を繰り返しペンデュラム召喚しようと思った場合、

能動的にリリースする手段が欲しい所ですが、ペンデュラムモンスターである為、

ワンダー・ワンドで墓地に送れないのが痛い所です。

手っ取り早いのはシンクロ素材にしてしまう事です。

魔法使い族である為レベル1のチューナーと組み合わせれば、

アーカナイト・マジシャンをシンクロ召喚する事が可能です。

アドバンテージを稼ぎやすい効果ですし、ランク7のエクシーズを狙うデッキであれば、

そのままエクシーズ素材に出来る為使い勝手がいいです。

組み合わせるチューナーはエフェクト・ヴェーラーが汎用性も高くお勧めです。

共に魔法使い族ですので共有できるサポートカードもあるでしょう。

関連記事

遊戯王カード考察:ヴァンパイアの支配 ライフ払うどころか逆に回復できる万能カウンター罠

本日いよいよデッキビルドパック ダーク・セイヴァーズの発売です。 今回紹介するのはそのダーク・

記事を読む

遊戯王カード考察:サイコ・エース  アドバンス召喚用の新たなリリース要員

今回紹介するのはCYBERNETIC HORIZONよりこのカードです。  

記事を読む

遊戯王OCG新カード考察:真紅眼の遡刻竜(レッドアイズ・トレーサードラゴン)

レジェンダリーコレクションから結構時間経ってますけど気にせずいきます。 今回紹介するのはこのカ

記事を読む

古代の機械巨人(アンティーク・ギアゴーレム)-アルティメット・パウンド:遊戯王カード考察

三回連続の貫通攻撃で敵を一網打尽ナノーネ   今回紹介するのは1月21日に発売

記事を読む

2018年10月の制限改定判明!ついに奴が帰って来た!・・・・・・1枚だけ

2018年10月のリミットレギュレーションが判明しました。    

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:イルミラージュ

今回紹介するのはブレイカーズ・オブ・シャドウよりこのカードです    

記事を読む

遊戯王カード考察:トリックスター・ブルム 手っ取り早くヒヨスやマンドレイクの効果を使いたい時に

今回紹介するのはフレイム・オブ・デストラクションよりこのカードです。   &n

記事を読む

遊戯王テーマ考察:【シュトロームベルクの金の城(グリム童話)】 フィールド魔法1枚から色々できる

遊戯王デュエルモンスターズにおけるアニメオリジナル展開の1つ、 「KCグランプリ編」の黒幕であ

記事を読む

遊戯王カード考察:墓守の霊術師(はかもりのれいじゅつし) やっぱりいた融合内蔵墓守!

今回紹介するのはSOUL FUSION(ソウル・フュージョン)よりこのカードです。  

記事を読む

遊戯王カード考察:TG(テックジーナス) トライデント・ランチャー ハルバード・キャノンを使う大きな意味が生まれました

今回紹介するのはSAVAGE STRIKE(サベージ ストライク)よりこのカードです。 &nb

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

広告1

スポンサーリンク
    • 5,952,208 総合計アクセス数
  • 2018年12月
    « 11月    
     12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    31  
PAGE TOP ↑