遊戯王OCGカード考察:The despair URANUS(ザ・ディスペア・ウラヌス)

普通にアタッカーとして優秀

 

今回紹介するのはコレクターズパック「閃光の決闘者編」よりこのカードです。

 

 

 

The despair URANUS
効果モンスター
星8/光属性/岩石族/攻2900/守2300
①:自分フィールドに魔法・罠カードが存在せず、
このカードがアドバンス召喚に成功した時に発動できる。
相手はカードの種類(永続魔法・永続罠)を宣言する。
自分はデッキから宣言した種類のカード1枚を選んで自分の魔法&罠ゾーンにセットする。
②:このカードの攻撃力は、自分フィールドの
表側表示の魔法・罠カードの数×300アップする。
③:このカードがモンスターゾーンに存在する限り、
自分の魔法&罠ゾーンの表側表示のカードは効果では破壊されない。

 

 

OCG化されていなかったカードの多いプラネットシリーズですが

閃光の決闘者編においていくつかOCG化される事となりました。

このウラヌスもそうしてOCG化される事になったプラネットシリーズの1つです。

漫画版GXにおいてアモン・ガラムが遊城十代戦で使用したカードであり

その効果により3800まで攻撃力を上昇させました。

漫画版では攻撃力上昇効果しか持っていませんでしたが

OCG化に伴い大幅に強化されています。

 

ザ・ディスペアウラヌス

古代エジプト人の顔が描かれた巨大な球体とも言える形状です。

「ディスペア」という名前からこの顔は絶望を表しているのかもしれません。

 

 

①の効果は自分フィールドに魔法罠が存在しない状態で

このカードをアドバンス召喚できた場合に相手は

永続魔法か永続罠のどちらかを選択、その選択した方から好きなカードを

自分のデッキから選んでフィールドにセットする事が出来るというものです。

どちらをセットするかは相手が決める為不安定要素が強いですが

選ばれた方ならば好きなカードをデッキから場に出す事のできる優秀な効果です。

帝であれば帝王関連の永続魔法や永続罠が存在する為

サーチできるカードに困る事もないでしょう。

ただ実際に永続魔法や永続罠を採用しているデッキを使っている場合、

フィールドに魔法罠が無い状態という条件を満たせないケースも多いです。

このカードは既に永続魔法や永続罠が発動している状態であれば

それはそれで場に出すメリットが存在する為、

効果を発動できる状況であれば狙ってみる、ぐらいの感覚でもいいと思います。

 

 

②は自分の場に表側表示で存在している魔法罠の数×300の数値まで

このカードの攻撃力を上昇させるという強化効果です。

攻撃力の上昇量自体はそれほど大きくはありませんが

このカードの元々の攻撃力が2900ある為、1枚でも場にあれば

3000を超える攻撃力を手にする事が可能です。

 

 

③の効果はこのカードがフィールドに存在している限り

自分の魔法罠ゾーンに表側表示で存在するカードに効果破壊耐性を付与します。

②の効果と違いフィールド魔法やペンデュラムカードは範囲の対象外であり

そちらに効果破壊耐性を付与する事が出来ない点には留意しておきましょう。

 

 

①、②、③全ての効果が永続魔法と永続罠に関わりを持つカードです。

アドバンス召喚をしてこそ真価を発揮するカードではありますが

無理に①の効果を狙わなくともリビングデッドの呼び声で蘇生させれば

3200打点のアタッカーとして活躍させる事ができ、

おまけにリビングデッドの呼び声に効果破壊耐性も付与できる為、

蘇生対象として十分に候補に挙がります。

岩石族である為岩投げアタックや岩投げエリアなどを使えば

墓地に落とすのも難しくないでしょう。

他にも安全地帯や虚無空間とも相性がよく。

これらのカードの場持ちを飛躍的に高める事に貢献してくれます。

特に虚無空間は自壊効果からも守る事が出来る為非常に相性がいいです。

 

 

永続魔法や永続罠を採用しており、

このカードを場に出す算段のあるデッキであれば

採用してみるのも面白いと思います。

 

アモン

関連記事

神光の波動と一緒に揃えておきたいカードは? 神の通告は用意しておくといいかも

今日9月23日、ストラクチャーデッキR-神光の波動-が発売されます。 収録されるカードリストは

記事を読む

サブテラーの導師:遊戯王カード考察 サーチも出来るし妨害もできるし展開の補助もできる

9月21日にVジャンプ11月号が発売されます。 今回紹介するのはその付録としてついてくるこのカ

記事を読む

遊戯王アークファイブ第135話『揺れ動く次元』感想

遊戯王ARC-V135話の感想です。 頼みのダーク・リベリオン・エクシーズ・ドラゴンを奪われて

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:超重忍者(ちょうじゅうにんじゃ)サルト-B

今回紹介するのはインベイジョン・オブ・ヴェノムよりこのカードです。   &nb

記事を読む

【メタファイズ】:遊戯王テーマ考察  タイムラグのある除外トリガーを上手く活用していく新基軸の除外テーマ

9期の頃、アームズ・ドラゴンやホルスの黒炎竜といった懐かしのモンスターが それぞれメタファイズ

記事を読む

【剛鬼(ごうき)】:遊戯王テーマ考察  プロレスらしい脳筋テーマだ!相手の攻撃力を下げて物理で殴れ!

遊戯王VRAINS(ヴレインズ)に登場するカリスマデュエリスト、鬼塚豪。 恐らくアークファイブ

記事を読む

遊戯王カード考察:ファイヤーオパールヘッド 3体目のスケール0、ランスフォリンクスとセットでどうぞ

今回紹介するのはデュエリストフェスティバル2017で配布されたこのカードです。  

記事を読む

遊戯王カード考察:にらみ合い アカシック・マジシャンにメンチビームさせたいあなたに

今回紹介するのはフレイム・オブ・デストラクションよりこのカードです。   &n

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:EM(エンタメイト)ブランコブラ

たかが攻撃力300、だがしかし・・・   今回紹介するのはスターターデッキ20

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:不知火流 輪廻の陣(しらぬいりゅう りんねのじん)

不知火に貴重なドローソースが!   今回紹介するのはレイジング・テンペストより

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

広告1

スポンサーリンク
遊戯王カード考察:エルフェーズ サイバネット・バックドアと相性よし リンク素材にするだけが芸じゃない

今回紹介するのはストラクチャーデッキ-マスター・リンク-よりこのカード

遊戯王カード考察:プロフィビット・スネーク 毎ターン回収可能な戦闘サポート

今回紹介するのはストラクチャーデッキ-マスター・リンク-よりこのカード

遊戯王VRAINS(ヴレインズ)第57話『雲上の決戦』感想

遊戯王ヴレインズ57話の感想です。  

遊戯王カード考察:シューティングコード・トーカー 攻撃力を上昇させるメリットがでかい

今回紹介するのはストラクチャーデッキ-マスター・リンク-よりこのカード

遊戯王カード考察:G戦隊 シャインブラック 意外と充実している地属性昆虫族通常モンスター

7月にジャンプビクトリーカーニバル2018が行われます。 今回紹

→もっと見る

    • 5,407,382 総合計アクセス数
PAGE TOP ↑