遊戯王OCGカード考察:No.(ナンバーズ)51 怪腕のフィニッシュ・ホールド

ドッゴラァァァァ!!!

 

今回紹介するのはコレクターズパック「閃光の決闘者編」よりこのカードです。

 

 

 

No.51 怪腕のフィニッシュ・ホールド
エクシーズ・効果モンスター
ランク3/地属性/岩石族/攻2600/守   0
レベル3モンスター×3
①:このカードは戦闘では破壊されない。
②:このカードが戦闘を行ったダメージステップ終了時に、
このカードのX素材を1つ取り除いて発動できる。
このカードにカウンターを1つ置く(最大3つまで)。
③:このカードが戦闘を行ったバトルフェイズ終了時、
このカードのカウンターが3つ置かれている場合に発動できる。
相手フィールドのカードを全て破壊する。

 

 

新しく登場するナンバーズの1体となるランク3のエクシーズモンスターです。

レベル3のモンスター3体を素材に要求します。

 

怪腕のフィニッシュホールドグレンタール1

完全に一致!

イラストでは鬼のようなマスクを被った巨漢が右腕を強調させています。

「怪腕」というカード名が示すとおり腕力に大きな自信があるのでしょう。

フィニッシュホールドとはプロレス用語の1つであり

「そのレスラーにとって試合に決着をつける為の決め技」を意味します。

キン肉マンで言うマッスルスパークやキン肉バスターのようなものであり

そのプロレスラーにとっての代名詞とも言える存在となります。

 

 

①の効果は戦闘では破壊されないという戦闘破壊耐性です。

2600というランク3の中ではアシッドゴーレムの次に高い攻撃力もあいまって

ランク3でも特に戦闘面に強いカードとなるでしょう。

 

 

②と③の効果は戦闘を行ったダメージステップ終了時に

オーバーレイユニットを消費する事でこのカードにカウンターを1つ置き、

3つ溜まった状態で戦闘を行った際のバトルフェイズ終了時に

相手のカードを全て破壊する事が出来るというものです。

この時カウンターを取り除く必要はなく、1度溜める事が出来れば

戦闘をするたびに相手のカードを全て破壊する事が可能となります。

発動さえ出来れば強力な効果なのですが

実際にカウンターを3つ溜めるのは中々困難な作業となるでしょう。

もし発動を狙うのであれば立ちはだかる強敵などを使い

相手に攻撃を強制させるのを狙ってみるといいでしょう。

 

 

③の効果を狙っていくのは中々難しい為

基本的には単純に2600打点の戦闘破壊耐性持ちとして使う事になるでしょう。

その場合大きな壁となるのが同じくレベル3のモンスター3体を素材に要求する

トライエッジ・リヴァイアの存在です。

あちらも実質的に2600打点として運用する事が出来る上に

フリーチェーンで相手モンスターの効果を無効にする事も可能です。ぐるじお・・・

このカードがトライエッジ・リヴァイアに勝る点としては

オーバーレイユニットが無くても2600打点と戦闘破壊耐性を確保できる点であり

リビングデッドの呼び声などで蘇生させて活躍させる事も可能です。

 

それ以外では地属性や岩石族である点を上手く活用していくといいでしょう。

トラミッド関連のカードをはじめとする岩石族サポートを受けられる他、

ブロック・ゴーレムなどを利用したい場合にこのカードが生きてきます。

守備力は0ですが戦闘破壊耐性がある為、

ムーン・スクレイパーを発動し毎ターン月を攻撃するというのも面白いです。

 

 

またランク3の中ではホープ・ザ・ライトニングと殴り合える貴重な存在であり

ライトニングに効果を使われても戦闘破壊されずに済む上に

2600という絶妙な攻撃力によりそのままならライトニングに殴り勝てる為、

相手にオーバーレイユニットの消費を強制させる事が可能です。

 

 

ここに来て順調にナンバーズが埋まってきています。

いつか本当にナンバーズが全て揃う日も来るかもしれませんね。

関連記事

遊戯王OCGカード考察:涅槃の超魔導剣士(ニルヴァーナ・ハイ・パラディン)

前代未聞のシンクロペンデュラムモンスター!   今回紹介するのはザ・ダーク・イ

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:妖精伝姫(フェアリーテイル)-シラユキ

あまりにも豪快な蘇生条件!     今回紹介するのはザ・ダーク

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:BF(ブラックフェザー)-朧影(おぼろかげ)のゴウフウ

とっても使いやすいレベル5チューナーモンスター!   今回紹介するのはザ・ダー

記事を読む

遊戯王アークファイブ第87話『野獣の記憶』感想

遊戯王ARC-V87話の感想です。今年最後の遊戯王アークファイブですね。 突如ナイターで始まる

記事を読む

真竜(しんりゅう)「アドバンス召喚軸」:遊戯王テーマ考察

竜剣士ラスターPと竜魔王レクターPの対決は2人が合体し 真竜剣士マスターPになるスペリオルドラ

記事を読む

遊戯王カード考察:白翼の魔術師(はくよくのまじゅつし)

使いやすいペンデュラムチューナーが来ました   今回紹介するのはペンデュラム・

記事を読む

遊戯王OCG新テーマ考察:SR(スピードロイド)

ハイスピード・ライダーズに収録されるカードも少しずつ判明してきましたね。 やはり予想通りといい

記事を読む

No.(ナンバーズ)29 マネキンキャット:遊戯王カード考察  壊獣やDNA改造手術あたりと一緒に使ってみる?

今回紹介するのはコレクターズパック2017よりこのカードです。    

記事を読む

魂喰い(たまぐい)オヴィラプター:遊戯王カード考察

サーチも墓地肥やしもどっちもできる!   今回紹介するのはストラクチャーデッキ

記事を読む

遊戯王カード考察:調弦の魔術師(ちょうげんのまじゅつし)

手札からのペンデュラム召喚を狙え!   今回紹介するのはディメンション・ボック

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

広告1

スポンサーリンク
サイバネット・バックドア:遊戯王カード考察 サイバース族用強化版亜空間物質転送装置!

今回紹介するのはサイバース・リンクよりこのカードです。 &nbs

【オルターガイスト】:遊戯王テーマ考察  罠カードメイン低速メタビート!いやらしく相手を妨害していこう

遊戯王VRAINSにおいて財前晃とちょっと大人な関係を匂わせつつ

拮抗勝負(きっこうしょうぶ):遊戯王カード考察  大量展開にきっついオシオキを

今回紹介するのはサーキット・ブレイクよりこのカードです。 &nb

遊戯王VRAINS(ヴレインズ)第7話『ハノイの天使』感想

遊戯王ヴレインズ第7話の感想です。 プレイメーカーとブルーエンジ

ダックドロッパー:遊戯王カード考察  相手にダイレクトアタックを強要しつつ自分は高い耐性で身を隠す!

今回紹介するのはサーキット・ブレイクよりこのカードです。 &nb

→もっと見る

    • 4,384,955 総合計アクセス数
PAGE TOP ↑