遊戯王OCGカード考察:カイザー・ブラッド・ヴォルス

レベル5手札特殊召喚の新たな候補!

 

今回紹介するのはTHE DARK SIDE OF DIMENSIONS MOVIE PACKよりこのカードです。

 

 

 

カイザー・ブラッド・ヴォルス
効果モンスター
星5/闇属性/獣戦士族/攻1900/守1200
①:自分フィールドにモンスターが存在しない場合、
このカードは手札から特殊召喚できる。
②:このカードが戦闘で相手モンスターを破壊した場合に発動する。
このカードの攻撃力は500アップする。
③:このカードが戦闘で破壊された場合に発動する。
このカードを破壊したモンスターの攻撃力は500ダウンする。

 

 

 

ブラッド・ヴォルスのリメイクモンスターです。

元となったブラッド・ヴォルスと属性、種族、攻撃力守備力は同じですが

唯一レベルが4から5に上昇しており上級モンスターとなっています。

イラストではブラッド・ヴォルスがなんというか随分パンクな格好になっています。

刃の部分に柄のある特徴的な斧もやたらと外見がパワーアップしており

刃の部分がギザギザになっている他

逆側にもついていた刃が無くなり代わりにトゲ付き鉄球になっています。

上手く使えば打撃と斬撃を使い分けられる便利そうな武器ですね。

 

 

①の効果は自分フィールドにモンスターが存在しない場合、

手札から特殊召喚できるというものです。

サイバードラゴン系の手札特殊召喚効果の類ですが

超量士レッドレイヤー同様自分フィールドにモンスターが存在しなければ

相手モンスターがいない状態であっても特殊召喚可能なのが特徴です。

 

 

②の効果はこのカードが相手モンスターを戦闘破壊した場合に

攻撃力を永続的に500上昇させる事が出来るというものです。

1体破壊できれば攻撃力2400と上級アタッカーの攻撃力になれます。

 

 

③の効果はこのカードが戦闘破壊された時に

破壊されたモンスターの攻撃力を500ダウンさせるというものです。

いざという時には自爆特攻によって無理矢理攻撃力を下げて

後続のモンスターの攻撃に繋げるといった動きも出来るでしょう。

 

 

サイバー・ドラゴンから続く自分フィールドにモンスターがいない時に

手札から特殊召喚できるレベル5モンスターの一角です。

同じような効果を持ったカードは数多く、それらの中でも

このカードと同じく相手モンスターがいない状態でも特殊召喚でき、

なおかつこのカードより高い攻撃力と繰り返し使える再利用効果を持った

超量士レッドレイヤーが特に大きなライバルとなってくるでしょう。

レッドレイヤーと比較してこのカードの優位性を見出す場合、

②と③の効果を上手く上手く利用していくか、

もしくは闇属性獣戦士族である事を上手く活かす必要が出てくるでしょう。

獣戦士族である為炎舞カードが1枚あれば攻撃力を2000にする事ができ

魔のデッキ破壊ウイルスのリリース要因として使用する事が可能です。

何気に緩い条件で特殊召喚できてウイルスの媒介に出来るカードは貴重なので

このカードを活かす方法の1つとして覚えておくといいでしょう。

戦闘補助として幻獣の角を装備させるのも1つの手です。

 

 

それにしてもブラッド・ヴォルスのリメイクとはまた渋い所が来ました。

当時の下級モンスターで1900というのは1つのラインとして存在していたので

海馬の使うモンスターでも結構印象に残っていたのは事実なんですけどね。

 

ブラッド・ヴォルス

関連記事

遊戯王OCG,2016年7月の制限改定を個人的に予想してみる

6月になりました。そろそろ新しいリミットレギュレーションの時期ですね。 とはいってもブルーアイ

記事を読む

アーティファクト-ミョルニル:遊戯王カード考察 純構築向けのカード、制約とどう向き合うか

今回紹介するのはEXTREME FORCE(エクストリーム・フォース)よりこのカードです。 &

記事を読む

遊戯王アークファイブ考察:赤馬零羅のCCCってあれどうやってOCG化しよう?

アニメ遊戯王には数多くのカードが登場しています。 そして実際に数多くのカードがOCGに効果を調

記事を読む

遊戯王OCG新カード考察:絶望神アンチホープ

Vジャンプ8月号の付録カードが絶望神アンチホープである事は 結構以前から判明していたのですがつ

記事を読む

遊戯王カード考察:シューティング・ライザー・ドラゴン ハリファイバーで出す有力な候補

3月20日にVジャンプ5月号が発売されます。 今回紹介するのはその付属としてついてくるこのカー

記事を読む

遊戯王OCG新カード考察:No.(ナンバーズ)93 希望皇ホープ・カイザー

今回はザ・ヴァリアブル・ブック18の付属カードであるこのカードの紹介です。  

記事を読む

遊戯王OCG新カード考察:矮星竜 プラネター

クラッシュ・オブ・リベリオン、いよいよ今日発売ですね。 今回はこのカードの解説です。 &

記事を読む

遊戯王カード考察:ファイヤーオパールヘッド 3体目のスケール0、ランスフォリンクスとセットでどうぞ

今回紹介するのはデュエリストフェスティバル2017で配布されたこのカードです。  

記事を読む

栄光の聖騎士団(えいこうのせいきしだん):遊戯王カード考察 トリスタンとの組み合わせが強力

皆さんコード・トーカーはもう貰いましたか? 自分のいった所は自分が初めて貰いにいった客だったみ

記事を読む

調星(ちょうせい)のドラッグスター:遊戯王カード考察  レベル1チューナーとして普通に優秀

今回紹介するのはEXTRA PACK 2017よりこのカードです。   &nb

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

広告1

スポンサーリンク
    • 5,555,431 総合計アクセス数
PAGE TOP ↑