遊戯王OCGカード考察:ゴールド・ガジェット、シルバー・ガジェット

ガジェットの時代はまだ終わらない!

 

劇場版遊戯王の公開とムービーパックの発売も近づいてきましたね。

今回紹介するのはTHE DARK SIDE OF DIMENSIONS MOVIE PACKよりこのカードです。

 

 

 

ゴールド・ガジェット
効果モンスター
星4/光属性/機械族/攻1700/守 800
「ゴールド・ガジェット」の①②効果は1ターンに1度、
いずれか1つしか使用できない。
①:このカードが召喚・特殊召喚に成功した時に発動できる。
手札から機械族・レベル4モンスター1体を特殊召喚する。
②:このカードが戦闘・効果で破壊された場合に発動できる。
デッキから「ゴールド・ガジェット」以外の
レベル4の「ガジェット」モンスター1体を特殊召喚する。

 

 

シルバー・ガジェット
効果モンスター
星4/光属性/機械族/攻1500/守1000
「シルバー・ガジェット」の①②の効果は1ターンに1度、
いずれか1つしか使用できない。
①:このカードが召喚・特殊召喚に成功した時に発動できる。
手札から機械族・レベル4モンスター1体を特殊召喚する。
②:このカードが戦闘・効果で破壊された場合に発動できる。
デッキから「シルバー・ガジェット」以外の
レベル4の「ガジェット」モンスター1体を特殊召喚する。

 

 

 

新しく登場する2体のガジェットです。

既に存在している3体のガジェットと違い

巨大な歯車のパーツが無いなど少し形状に違いが見られます。

また地属性であるレッド、グリーン、イエローと違い光属性となっています。

同胞の絆を使う場合などには気をつけましょう。

 

 

ゴールド・ガジェットとシルバー・ガジェットは攻撃力と守備力が違いますが

効果に関しては2体ともほとんど同じものとなっています。

①と②の効果は1ターンに1度、どちらか片方しか使えません。

 

 

①の効果は召喚、特殊召喚に成功した時に

手札から機械族・レベル4モンスター1体を特殊召喚できるというものです。

似たような効果を持つモンスターにブリキンギョが存在しますが

あちらと比較すると機械族しか特殊召喚できなくなった代わりに

特殊召喚した時にも効果が発動できるようになっているのが大きな利点です。

機械族以外のレベル4モンスターをあまり採用していないのであれば

ブリキンギョよりもこちらの方が使いやすい効果となってくるでしょう。

「時の任意効果」でありタイミングを逃す点には注意しましょう。

 

 

②の効果は戦闘、効果で破壊された場合に

デッキから自身と同じ種類以外のガジェットを特殊召喚できるというものです。

「場合の任意効果」の為タイミングを逃さないガジェットらしかなる効果です。

レッド、グリーン、イエローを特殊召喚すればサーチ効果を発動でき、

自身と違う方のゴールド、シルバーを特殊召喚すれば

そちらでも②の効果を発動できる為、もう1回分壁として機能させられます。

状況に応じてどのガジェットを特殊召喚するか判断するといいでしょう。

 

 

【ガジェット】にとって展開力を補うのに重宝するカードであると同時に

「手札にガジェットが1枚も無い」といった状態でも

②の効果でデッキからガジェットを特殊召喚できる保険となる2枚です。

【ガジェット】を構築する時はは手札のダブりを抑止する為に

意図的にデッキ枚数を増やす事も多いですがあまり枚数を増やしすぎると

今度は1枚もガジェットを引けないというケースも多くなってきます。

しかしこの2枚があればそういった状況を減らす事が可能となってきます。

 

 

ガジェットはかなり古い時期から存在するカードであり

その後もほとんど直接的なサポートカードが存在していなかったにも関わらず

その着実にアドバンテージを作る堅実な効果によって

時代と共にシンクロ、エクシーズ、ペンデュラムを取り入れて行き

【除去ガジェット】【マシンガジェット】【音響ガジェット】と様々な派生を見せ

現在でも十分に実用的なテーマとして存在し続けています。

まさにガジェットは「遊戯王の歴史」といっても過言ではないテーマだと思います。

「ガジェットが成績を残せる環境は良環境」という格言も存在しますが

さすがにそろそろ環境に追いつくには厳しくなってきたのか

最近では姿を見かける数も減ってきました。

そんな中で今回とうとうガジェットの直接的な新カードが登場してきました。

まだまだガジェットの時代はこれからなのかもしれませんね。

 

遊戯1

関連記事

遊戯王VRAINS(ヴレインズ)第15話『闇に忍ぶオルターガイスト』感想

遊戯王ヴレインズ15話の感想です。 ゴーストガールの「1000ライフ以下にさせずに削り切る」と

記事を読む

巨大要塞ゼロス:遊戯王カード考察

ヴァー   今回紹介するのはマキシマム・クライシスよりこのカードです。

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:RR(レイド・ラプターズ)-ラスト・ストリクス

今回紹介するのはウィング・レイダーズよりこのカードです。    

記事を読む

V・HERO(ヴィジョンヒーロー) ヴァイオン:遊戯王カード考察

D-HEROにとって非常にありがたい墓地肥やし!   今日3月11日、いよいよ

記事を読む

幻煌龍(げんおうりゅう):遊戯王テーマ考察

通常モンスターである幻煌龍(げんおうりゅう) スパイラルを主軸にする新しいテーマ、 それがマキ

記事を読む

沼地のドロゴン:遊戯王カード考察  初の幻竜族融合、簡易融合から出せて様々な素材に

今回紹介するのはデュエリストフェスティバル2017で配布されるこのカードです。  

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:黒魔導強化(ブラック・エクスパンド)

どの効果も便利です   今回紹介するのはザ・ダーク・イリュージョンよりこのカー

記事を読む

遊戯王OCG新カード考察:苦渋の決断

今回紹介するのはディメンション・オブ・カオスよりこのカードです。   &nbs

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:EM(エンタメイト)オッドアイズ・ライトフェニックス

オッPよりもペンデュラム召喚しやすいオッドアイズ!   今回紹介するのはシャイ

記事を読む

DDD運命王ゼロ・ラプラス:遊戯王カード考察

わが社は新マスタールールも見越している!   4月4日に漫画版遊戯王ARC-V

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

広告1

スポンサーリンク
遊戯王カード考察:ヴァンパイア・スカージレット 使いやすい蘇生効果を持つ優等生吸血鬼

今回紹介するのはデッキビルドパック ダーク・セイヴァーズよりこのカード

遊戯王カード考察:ヴァンパイアの支配 ライフ払うどころか逆に回復できる万能カウンター罠

本日いよいよデッキビルドパック ダーク・セイヴァーズの発売です。

遊戯王カード考察:ヴァンパイア・グリムゾン せっかくだから俺はこの赤の破壊耐性付与を選ぶぜ

今回紹介するのはデッキビルドパック ダーク・セイヴァーズよりこのカード

遊戯王カード考察:ヴァンパイア・フロイライン 手札からポンと出てきて3000攻撃力ポンとくれたぜ(ライフコストいるけど)

今回紹介するのはデッキビルドパック ダーク・セイヴァーズよりこのカード

遊戯王VRAINS(ヴレインズ)第40話『勝利への渇望』感想

遊戯王ヴレインズ40話の感想です。 前回のあらすじ:ミラ

→もっと見る

    • 5,073,916 総合計アクセス数
PAGE TOP ↑