遊戯王OCGカード考察:破滅竜ガンドラX(クロス)

とりあえず二回出して殴れば大体勝てると思う

 

劇場版遊戯王の公開日も近づいてまいりました。

劇場版遊戯王の特典としてカードが入場者プレゼントとして貰えます。

もらえるカードは週ごとに違いまして

4月23日~4月29日:破滅竜ガンドラX

4月30日~5月6日:暗黒騎士ガイアロード

5月7日~5月13日:レモン・マジシャン・ガール

5月14日~5月20日:守護神官マハード

となっていますので目当てのカードがある人は注意しましょう。

今回紹介するのは第1弾として配布されるこのカードです。

 

 

 

破滅竜ガンドラX
効果モンスター
星8/闇属性/ドラゴン族/攻   0/守   0
①:このカードが手札からの召喚・特殊召喚に成功した時に発動できる。
このカード以外のフィールドのモンスターを全て破壊し、
破壊したモンスターの内、
攻撃力が一番高いモンスターの攻撃力分のダメージを相手に与える。
このカードの攻撃力は、この効果で相手に与えたダメージと同じ数値になる。
②:自分エンドフェイズに発動する。
自分のLPを半分にする。

 

 

破壊竜ガンドラのリメイクとなるカードです。

元となる破壊竜ガンドラとレベルや属性、種族、ステータスなどは一緒となっています。

効果もリメイク元を意識したものとなっていますが様々な部部分で手が加えられています。

 

 

①の効果は手札から召喚、特殊召喚に成功した時に

このカード以外のフィールドのモンスターを全て破壊し

その中で1番攻撃力の高かったモンスターの数値分のダメージを相手に与え

このカードの攻撃力をその与えたダメージと同じ数値にするというものです。

場の状況に依存する部分は強いですが上手くいけば相手に大ダメージを与えた上で

そのまま相手にダイレクトアタックをする事が可能です。

攻撃力4000のモンスターを破壊し直接攻撃できればそのまま1ターンキルが成立し

攻撃力2000でも2回同じ事をすれば決着をつける事ができます。

攻撃力上昇のタイミング上奈落の落とし穴に引っかからないのも利点ですが

代わりに連鎖除外には引っかかってしまう点には注意しましょう。

 

 

②の効果は自分エンドフェイズ時にライフを半分にするデメリット効果です

回避したい場合は強制脱出装置などで手札に戻すなり

エクシーズ素材などにしてしまうといいでしょう

 

 

元の破壊竜ガンドラと比較すると破壊できるのがモンスターに限定され

また除外も出来なくなっていますが特殊召喚が可能になっている点、

自壊しなくなっている点で使いやすくなっています。

手札から場に出す事が効果の発動条件となっていますが

1番手っ取り早いのは普通にアドバンス召喚してしまう事でしょう。

天帝従騎イデアと冥帝従騎エイドス等でリリース要因を確保するのは難しくなく

最上級帝と同じような形で運用する事も可能です。

アドバンス召喚用のカードとしてみると砂塵の悪霊と似た効果を持ちますが

こちらは裏側表示も破壊できる点、効果ダメージを与えられる点で優れています。

またドラゴン族である為、レッドアイズ・ダークネスメタルドラゴンや

神影龍ドラッグルーオンの効果で手札から特殊召喚する事も可能です。

この場合特殊召喚に使ったモンスターを巻き添えにする事で

そのモンスターの攻撃力分のバーンダメージを与える事が可能です。

 

 

元々の攻撃力、守備力が0である事も大きな特徴です。

闇属性である為ダーク・バーストや悪夢再びで墓地からの回収が容易であり

またカメンレオンで蘇生させれば神立のオニマルのシンクロに繋げられます。

 

 

映画特典のカードは4種類ありどのカードにするか迷っている人も多いと思いますが

個人的にはこのガンドラXが欲しいカードとしては大本命だったりします。

自分の愛用するデッキの1つにバトルフェーダーやレベル1ゴーストリックを入れた

【ゴストリ帝】とも言うべきデッキがあるのですが守備力0であるこのカードは

バトルフェーダーやゴーストリック・ランタンと共に悪夢再びを採用できる為、

繰り返し使いやすいアドバンス召喚用のカードとして強く注目しています。

 

ガンダムX

関連記事

遊戯王カード考察:真竜皇V.F.D.(しんりゅうおう ザ・ビースト)

相手モンスターの効果を無効にしつつコストに!   今回紹介するのはマキシマム・

記事を読む

ミセス・レディエント:遊戯王カード考察

エクストラ召喚枠確保の期待の星   今回紹介するのはコード・オブ・ザ・デュエリ

記事を読む

遊戯王アークファイブ第136話『覇王龍君臨』感想

遊戯王ARC-V136話の感想です。 勝つ事だけを考えろというNGワードにより復活してしまった

記事を読む

遊戯王カード考察:プロトロン 予想GUYなどからガベージコレクターでドングルドングリに

今回紹介するのはフレイム・オブ・デストラクションよりこのカードです。   &n

記事を読む

リコーデッド・アライブ:遊戯王カード考察  主役カードサポート登場、合計2回特殊召喚できる便利な奴です

今回紹介するのはサイバース・リンクよりこのカードです。    

記事を読む

究極伝導恐獣(アルティメットコンダクターティラノ):遊戯王カード考察

さあ恐竜族の時代がやってきた!   2月25日に「ストラクチャーデッキ-恐竜の

記事を読む

真紅眼の鉄騎士(レッドアイズ・メタルナイト)-ギア・フリード、真紅眼の幼竜(レッドアイズ・ベビードラゴン):遊戯王カード考察

今回紹介するのはデュエリストパック-レジェンドデュエリスト編-よりこのカードです。  

記事を読む

究極宝玉神(きゅうきょくほうぎょくしん) レインボー・オーバー・ドラゴン:遊戯王カード考察 未来融合で7体墓地肥やし

今回紹介するのはデュエリストパック-レジェンドデュエリスト編2-よりこのカードです。 &nbs

記事を読む

遊戯王カード考察:リンク・ストリーマー 効果を発動させる手段は色々あります

今回紹介するのはフレイム・オブ・デストラクションよりこのカードです。   &n

記事を読む

ペンデュラム・スイッチ/Pendulum Switch:遊戯王カード考察  Pゾーンとモンスターゾーンを反復横跳び

今回紹介するのはEXTRA PACK 2017よりこのカードです。   &nb

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

広告1

スポンサーリンク
    • 5,250,884 総合計アクセス数
PAGE TOP ↑