遊戯王OCGカード考察:流星方界器(りゅうせいほうかいき)デューザ

どんどん墓地にモンスターを溜めろ!

 

今回紹介するのは4月11日に発売された

週間少年ジャンプ19号の付録カードであるこのカードです。

 

 

 

流星方界器デューザ
効果モンスター
星4/光属性/機械族/攻1600/守1600
①:このカードが召喚・特殊召喚に成功した場合に発動できる。
デッキから「方界」カード1枚を墓地へ送る。
②:1ターンに1度、このカードが表側表示で存在する状態で、
モンスターが自分の墓地へ送られたターンに発動できる。
このカードの攻撃力はターン終了時まで、
自分の墓地のモンスターの種類×200アップする。
この効果は相手ターンでも発動できる。

 

 

新しく登場する光属性、機械族のレベル4モンスターです。

劇場版遊戯王のPVで藍神が「方界」と名のつくモンスターを使用しており

このモンスターもまた藍神が使うカードの1つだと思われます。

 

流星方界器デューザ

全体的に球状のデザインをしている独特の形状をしたモンスターです。

上手くは言えないのですが初代遊戯王っぽい独特の禍々しさが感じられます。

 

 

①の効果は召喚、特殊召喚に成功した場合に

デッキから「方界」カード1枚を墓地に送るという墓地肥やし効果です。

方界というカテゴリがどの程度墓地に依存するかは不明ですが

このカード単体でも②の効果に繋げられる代物となっています。

 

 

②の効果は1ターンに1度、この効果表側表示で存在する時に

モンスターが自分の墓地に送られた場合にそのターンの間発動可能になる効果で

ターン終了時まで墓地のモンスターの種類×200分攻撃力をアップさせます。

特徴的なのは「墓地にモンスターが送られた時に発動する効果」ではなく

「墓地にモンスターが送られたターンの間発動が可能になるフリーチェーン効果」

であるという点です。墓地にモンスターが送られた時に発動が可能になる為、

墓地にモンスターが送られた瞬間に攻撃力が上昇しない点には注意してください。

ただし攻撃力変動効果である為、相手の攻撃に合わせて墓地にモンスターを送れば

ダメージステップに攻撃力を上昇させられる為コンバットトリックに利用可能です。

 

 

同じように墓地のモンスターの数に応じて攻撃力を上昇させるカードとして

カオス・ネクロマンサーが存在します。

カオス・ネクロマンサーと比較した場合このカードは攻撃力の上昇量が低く、

また同名モンスターは1枚分にしか計算しない上に

攻撃力を上昇させる為にはそのターンモンスターを墓地に送る必要が存在します。

その代わり素の状態でも攻撃力が1600あり、また自身の効果で墓地を肥やせる為

墓地にモンスターがいない状態でも1800打点になれる点で優れています。

5種類墓地にモンスターがいるだけでも2600打点になれる為、

カオス・ネクロマンサーよりも準備に手間をかけずにそこそこの打点を確保可能です。

攻撃力の上昇に条件があるのは上手くすれば相手の攻撃を誘うチャンスにもなるでしょう。

①の墓地肥やし効果はカオス・ネクロマンサーの攻撃力上昇にも繋がる為、

両方を採用して墓地肥やしで打点を上昇させるコンセプトに特化させるのも面白いです。

 

 

まだ方界がどのような性能を秘めているかは未知数ですが

映画における藍神の活躍に期待したい所ですね。

 

藍神1

関連記事

RR(レイド・ラプターズ)-レヴォリューション・ファルコン-エアレイド

素良戦の原作再現が可能になりました   今回紹介するのはザ・ヴァリュアブル・ブ

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:破壊剣一閃

とうとうブレイカーズ・オブ・シャドウのCMが流れましたね。 今回はそのCMで判明したこのカード

記事を読む

遊戯王アークファイブ第94話『魂を刻んだ右腕』感想

遊戯王ARC-V94話の感想です。 生きたデュエルマシン(ロジェ談)と化し アクションデ

記事を読む

遊戯王アークファイブ第60話『地獄の沙汰もカード次第』感想

遊戯王ARC-V60話の感想です。 ロジェ長官の手腕によって一網打尽とされてしまったランサーズ

記事を読む

遊戯王アークファイブ第101話『銀河の眼(まなこ)』感想

遊戯王ARC-V101話の感想です。 遊矢、沢渡、権現坂が出会ったエクシーズ次元のデュエリスト

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:トルクチューン・ギア

チューナーのユニオン登場!   今回紹介するのはインベイジョン・オブ・ヴェノム

記事を読む

遊戯王アークファイブ第73話『地を這う敗北者達』感想

遊戯王ARC-V73話の感想です。 また遊戯王アニメで記念すべき777回でもあります。

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:レッカーパンダ

場に残せば残すほど攻撃力がどんどん上昇!   今回紹介するのはザ・ダーク・イリ

記事を読む

遊戯王OCG新カード考察:リバース・リユース

コレクターズパック-運命の決闘者編-の発売も間近になって来ました。 新しいカードの情報も次々来

記事を読む

遊戯王OCG新カード考察:EMラクダウン

今回もクラッシュ・オブ・リベリオンの新カードの考察をしていきたいと思います。  

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

広告1

スポンサーリンク
亡龍の戦慄(ぼうりゅうのせんりつ)-デストルドー  単純にレベル7チューナーとしても便利な上に自己蘇生効果つき

今回紹介するのはサーキット・ブレイクよりこのカードです。 &nb

サイバネット・バックドア:遊戯王カード考察 サイバース族用強化版亜空間物質転送装置!

今回紹介するのはサイバース・リンクよりこのカードです。 &nbs

【オルターガイスト】:遊戯王テーマ考察  罠カードメイン低速メタビート!いやらしく相手を妨害していこう

遊戯王VRAINSにおいて財前晃とちょっと大人な関係を匂わせつつ

拮抗勝負(きっこうしょうぶ):遊戯王カード考察  大量展開にきっついオシオキを

今回紹介するのはサーキット・ブレイクよりこのカードです。 &nb

遊戯王VRAINS(ヴレインズ)第7話『ハノイの天使』感想

遊戯王ヴレインズ第7話の感想です。 プレイメーカーとブルーエンジ

→もっと見る

    • 4,386,180 総合計アクセス数
PAGE TOP ↑