遊戯王アークファイブ第101話『銀河の眼(まなこ)』感想

公開日: : 最終更新日:2016/04/16 アニメ感想, 遊戯王, 遊戯王アークファイブ

遊戯王ARC-V101話の感想です。

遊矢、沢渡、権現坂が出会ったエクシーズ次元のデュエリスト、天城カイト。

明らかに復讐に燃えている感じですが果たしてどうなるのか。

ちなみに公式ページによるとカイトは黒咲のライバルだったそうです。

そうなると黒咲の年齢は18歳であるカイトと同じくらいと推測できますね。

 

 

新しい開幕ナレーション

ニコニコ動画などで先に公開されていた新たなナレーション。

シンクロ次元編とは一変、絶望を煽るものとなっています。

エクシーズ次元がいかに悲惨な状況かを強く表しています。

 

 

 

安定のデュエル脳

アカデミアをカード化した事に対して非難をする遊矢達、

現状カード化は命を奪うのに等しい行為ですから

例え敵だとしてもカード化するのは抵抗があるのでしょう。

沢渡もそれに便乗していますが仲間2人から白い目で見られています。

お調子者な感じですが今回の場合見逃すと周囲に危険が及ぶ可能性がありましたし

ある意味沢渡は必要であれば命を奪う覚悟があるとも言えます。

自分達は味方だと主張する遊矢ですがカイトはそれを信じようとしません

敵か味方かはデュエルで見極めるといいます。

どうやらアカデミアの中には味方のフリをしていたのもいたようで

言葉だけでは信じる気にはなれないようです。

それに対して沢渡が2人の制止を振り切りデュエルに挑みます。

沢渡VSカイトのデュエルが始まりました。

 

久しぶりの口上

沢渡がクロスオーバーを発動し、周囲がアクションフィールド用になりましました。

初めてのアクションデュエルにカイトも少し驚いています。

遊矢と権現坂を子分扱いする沢渡、それに対して文句を言いながらも

「久しぶりにあれをやるぞ」と言われ2人はそれに付き合います。

戦いの殿堂に集いしデュエリストたちが!
モンスターとともに地を蹴り宙を舞い!
フィールド内を駆け巡る!
見よ!これぞデュエルの最強進化形!
アクショーン・・・デュエル!

いやぁ久々にやってくれました、アクションデュエルの口上。

なんだかんだでこのアクションデュエル口上好きなんですよね。

こういうのを率先してやってくれるのが沢渡というキャラクターです。

 

 

仲違い

先行は沢渡。

沢渡はまず新カードである魔界劇団-ワイルド・ホープを召喚します。

その時に権現坂が乱入ペナルティを受けながらデュエルに乱入してきました。

権現坂は超重武者ソード-999を攻撃表示で召喚。

普段守備を固める権現坂が攻撃表示でモンスターを出しているのに対し、

権現坂も怒りが溜まっているのだと感じた沢渡ですが

権現坂はあくまで2人のデュエルを仲裁するのが目的であるようです。

権現坂は超重武者装留チュウサイをソード999に装備させます。

これによって全てのプレイヤーはソード999にしか攻撃できなくなりました。

しかもアニメのソード999は戦闘する時相手の攻撃力を0にできる為、

このカードを下手に攻撃する事も出来ません。

 

このデュエルは勝ってもも負けても意味が無いと主張する権現坂。

それに対して沢渡は好きにやらせてもらうと反対します。

沢渡はアクション魔法「ブレイク・ルイン」を発動、

沢渡とカイトの手札の差2枚×300の600ダメージをカイトに与えます。

カイトも少しずつアクションデュエルというものを理解してきたようです。

そして効果ダメージが発生した事によりチュウサイの自壊効果が発生しました。

思いっきり権現坂と沢渡がお互いに足を引っ張っている感じであり

仲間同士で争っている場合じゃないと遊矢も主張します。

しかしそれに対して「仲間などではない」と言い放つカイト。

アクションデュエルなどエクシーズ次元に存在しなかったものであり

そんな得体の知れないものを使うのは他次元の侵略者に違いないと主張します。

駄目ですこの人初期の黒咲さん以上に厄介なタイプです。

さらには「動かないと宣言した権現坂はターン終了したも同然」とう長理論です。

沢渡もカードを1枚伏せてターンエンドでします。

 

 

対策に定評のある沢渡さん

カイトのターン、ドロー。

カイトはサイファー・ウィングを通常召喚、

フィールドに同名モンスターが存在する時に手札から同名カードを特殊召喚でき

手札から2枚目のサイファー・ウィングを特殊召喚します。

いきなりレベル4のモンスターが2体整いました。

これに対して沢渡が永続罠「魔界劇団の欠員」を発動、

モンスター1体を指定しその指定したレベルのエクシーズ召喚を行えなくします。

沢渡はカイトがエクシーズ次元のデュエリストであると判断し、

さらに先ほど見たドラゴンが切り札のカードであると予測しました。

アカデミア3人を一気に粉砕したドラゴンが強力なのは間違いないと考え

あらかじめエクシーズ召喚の対策となるカードを用意していたのです。

以前にも沢渡はペンデュラム召喚の対策と思われる氷帝メビウスを使ったり

妖仙獣を使った遊矢とのデュエルでもペンデュラム封じを使っていました。

このように相手の戦術を学習し、その対策を用意しておくというのが

沢渡のデュエルスタイルなのでしょう。

何気にランサーズの中でも特に渋いデュエルをしている人だと思います。

 

 

カイトの新テーマ「光波(サイファー)」

ランク4のエクシーズ召喚を封じられたカイトですがまだ別の手を持っていました。

カイトは永続魔法「光波干渉(サイファー・インターフェア)」を発動、

これによりサイファー・ウィング1体の攻撃力をバトルの間2倍にします。

攻撃力2800まで上昇したサイファー・ウィングでワイルド・ホープを撃破、

ワイルド・ホープは破壊されますがこの時に効果発動、魔界劇団をサーチします。

そして2体目のサイファー・ウィングでダイレクトアタック。

沢渡は大きくダメージを受けながらも持ちこたえます。

カイトはカードを2枚伏せてターンエンドします。

どうやらアークファイブのカイトは「フォトン」でも「ギャラクシー」でもなく

3つ目のテーマである「サイファー」を中心に使っていくみたいですね。

 

 

ぬくもりのあるカイト

容赦のないカイトのデュエル、前はこんな人物ではなかったと

遊矢の中にいるユートが語りかけます。

カイトは以前はエクシーズ次元のデュエルチャンピオン候補として

もっとぬくもりのあるデュエリストだったと言います。

実際にユートの記憶にあるカイトは非常に温かい笑顔を浮かべていました。

まあ爽やかな顔してハーピィの羽箒とか容赦ないカード使っているのですが。

この時、ユートは黒咲や瑠璃と共にデュエルの観戦をしているのですが

 

瑠璃2

瑠璃ちゃん拳を上げて応援しておりめっちゃテンション高いです。

もしかしたら瑠璃はカイトの熱烈なファンなのかもしれませんね。

ユートの記憶にあった頃に比べ今のカイトはあまりにも豹変しているのだと言います。

まあ十中八九ハルトに何かあったのでしょう。

それにしてももう普通にユートが会話しています。

そろそろユートが遊矢の体を借りてデュエルできたりもしそうですね。

 

 

魔法、罠の押収

沢渡のターン、ドロー。

カイトに手ひどくやられた沢渡、もう手加減しないぞと言います。

いや最初から手加減してないよね、思いっきりメタ戦術取ってたよね。

沢渡はファンキー・コメディアンとデビル・ヒールでペンデュラムスケールをセッティング、

手札からビッグ・スターとエクストラデッキからワイルド・ホープをペンデュラム召喚です。

初めて見るペンデュラム召喚を冷静に観察しようとするカイト。

そしてビッグ・スターの効果で魔界台本「火竜の住処」をサーチして発動、

このカードは魔界劇団モンスターが相手モンスターを破壊した時、

相手のエキストラデッキから3枚除外できる効果を持っています。

沢渡はとことんカイトのエースカードを封じる戦術のようです。

そしてさらに永続魔法「魔界劇団の衣装箱」で魔界衣装をサーチ、

そのサーチした装備魔法である魔界衣装「勇者の剣」をビッグ・スターに装備させます。

さらにここでファンキー・コメディアンのペンデュラム効果を発動、

ワイルド・ホープをエクストラデッキに送る事でその攻撃力分

ビッグ・スターの攻撃力を上昇させます。

ここでもカイトは初めて見るペンデュラム効果を冷静に分析しています。

そして攻撃力の上昇したビッグ・スターでサイファー・ウィングを攻撃、

光波干渉の効果で攻撃力が2倍になりますがそれでもビッグ・スターの方が上です。

しかしカイトはさらに永続罠「光波防壁(サイファー・シールド)」を発動、

サイファーモンスターが2体以上いる時破壊から防ぎ、効果ダメージも無効にします。

これにより戦闘ダメージこそ受けましたがサイファ・ウィングを破壊から守り、

火竜の住処によるエクストラ除外効果も防ぐ事に成功しました。

さらにカイトは永続罠「光波連鎖(サイファー・チェーン)」を発動、

フィールドのモンスターがどれか1体でも破壊された時にその全てを破壊、

全てのモンスターの攻撃力合計分のダメージを全プレイヤーに与えます。

しかもカイトは光波防壁で効果ダメージを防いでいる為、

このダメージは沢渡と権現坂にだけ発生します。

沢渡のターンが終了してファンキー・コメディアンの効果が終了、

ビッグ・スターの攻撃力が下がりますがそれでも攻撃力の総合系は

2人を即死させるのに十分すぎるものとなっています。

 

 

忍者の・・・シンクロ!

権現坂のターン、ドロー。

この状況を打開する為に権現坂は超重武者カゲボウ-Cを召喚、

さらに手札からマカルガエシを墓地に送りホラガ-Eを特殊召喚します。

そしてソード-999、カゲボウ-C、ホラガ-Eの3体でチューニング。

新たなレベル8シンクロモンスター、超重忍者サルト-Bをシンクロ召喚です。

何気に忍者カテゴリにも属するシンクロモンスターが登場しました。

光波連鎖の効果が発動するのはあくまで破壊された時であり、

シンクロ素材などで墓地に送った場合には発動しません。

さらにサルト-Bは墓地に魔法罠が存在しない時、

相手の魔法罠を1枚破壊できる効果を持っています。

これにより光波連鎖を破壊、バーンを封じる事に成功しました。

ここで沢渡が魔界劇団の衣装箱の効果で魔界衣装「ドワーフの盾」をサーチ、

そのままサルト-Bに装備させ守備力が300をアップさせます。

サルト-Bもやはり守備表示のまま攻撃できる効果を持っており、

サイファーウィングを攻撃、破壊こそ出来ませんがダメージを与えました。

これで権現坂のターンは終了です。

 

 

新たなるギャラクシーアイズ

カイトのターン、ドロー。

手札から3枚目のサイファー・ウィングを特殊召喚します。

3体並んだとしてもランク4のエクシーズ召喚は出来ないと主張する沢渡、

しかしカイトは「ランク4はな」と言い放ちサイファー・ウィングの効果発動。

自身をリリースする事でそれ以外のサイファーのレベルを4上げます。

これによってサイファー・ウィングのレベルは2体とも8になりました。

魔界劇団の欠員で封じれるのはあくまでランク4、ランク8は防げません。

そしてレベル8のサイファー・ウィング2体でオーバーレイ。

闇に輝く銀河よ
復讐の鬼神に宿りて我が僕となれ!
エクシーズ召喚!降臨せよ!ランク8!
銀河眼の光波竜(ギャラクシー・アイズ・サイファー・ドラゴン)!

新たなるギャラクシーアイズは

効果モンスターである銀河眼の光子竜と違いエクシーズモンスターでした。

そして銀河眼の光波竜の効果発動、オーバーレイユニットを1つ消費する事で

相手のモンスター1体のコントロールを奪取し

さらに銀河眼の光波竜として扱い同じ攻撃力を得ます。

何それ超強い。

ビッグアイと違って攻撃に関する制約もありません、強いです。

そして銀河眼の光波竜でビッグ・スターを攻撃、

銀河眼の光波竜の攻撃力は光波干渉で2倍となりなんと6000、

再度ペンデュラム召喚を狙う暇もなく一撃で沢渡のライフは0となってしまいました。

さらに2体目の銀河眼の光波竜で権現坂にダイレクトアタック、

乱入ペナルティでライフ2000となっていた権現坂も一撃でライフ0です。

こうしてカイトは沢渡と権現坂の2人を一気にまとめて倒してしまいました。

 

倒された2人の元に駆け寄ろうとする遊矢ですがカイトが見逃しません。

遊矢ともども3人をカード化させようと遊矢にデュエルを挑んできます。

言葉では分かり合えないと判断した遊矢はデュエルによって対話しようと試みます。

 

 

 

 

 

いやぁカイト強いですね。

なんと新しいテーマを引っさげての登場です。

それにしても今回は非常に見所のあるデュエルでした。

魔界劇団のOCG化が待ち遠しいです。

 

次回予告 102話『非常の狩人』

次回は劇場版遊戯王についての番組になるので再来週での放送となります。

遊矢とカイトのデュエル、ユートが積極的に介入しています。

カイトの反応を見る限りユートの事を知っているのかもしれません。

知っている場合遊矢に対してユートそっくり的な反応が無いのが少し気がかりですが。

問題はユートのカードを使っている事をどう思われるかでしょうか。

そもそも黒咲に対してもこのあたりのちゃんとした説明されてなかった気がします。

 

 

 

 

超熱血!デュエル塾

司会は遊矢と黒咲、詰めデュエルの解答となります。

アニメではラギットグローブの効果に回数制限が無い為2回攻撃力が上昇していますが

2体のモンスターで攻撃した後にワンダー・エクシーズを使えば

OCGの効果でもライフポイントを削りきるのは可能だったりします。

関連記事

遊戯王OCGカード考察:超銀河眼の光波龍(ネオ・ギャラクシーアイズ・サイファー・ドラゴン)

とりあえず4500でダイレクトアタックする!   今回紹介するのはレイジング・

記事を読む

時械神(じかいしん)ラツィオン:遊戯王カード考察  結構再現度高いぞ!墓地から希望を奪い取れ!

今回紹介するのはコレクターズパック2017よりこのカードです。    

記事を読む

遊戯王アークファイブ第128話『決戦!精霊機巧軍(スピリット・テック・フォース)』感想

遊戯王ARC-V128話の感想です。 娘を元に戻したいという父親としてのエゴを貫こうとする零王

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:メタルフォーゼ・カウンター、メタモルF(フォーメーション)

今回紹介するのはザ・ダーク・イリュージョンよりこのカードです。    

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:真竜(しんりゅう)の目覚め

デッキから儀式モンスターだと!?     今回紹介するのはシャ

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:眠れる巨人ズシン

ずっと君のOCG化を待っていた!6年待ったぞ!   今回紹介するのはコレクター

記事を読む

【星杯(せいはい)】:遊戯王テーマ考察  連続でリンクしろと言わんばかりの展開能力!

コード・オブ・ザデュエリストに登場するリンクテーマ「星杯」 恐らくはこれがアニメ本編と関係ない

記事を読む

ダイナミスト・ハウリング:遊戯王カード考察

どちらか片方だけでもすごい強化なのに・・・   今回紹介するのはマキシマム・ク

記事を読む

エクスコード・トーカー:遊戯王カード考察  今度のコード・トーカーはメインモンスターゾーン向き

今回紹介するのはEXTREME FORCE(エクストリーム・フォース)よりこのカードです。 &

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:RUM(ランクアップマジック)-デス・ダブル・フォース

今回紹介するのはウィング・レイダーズよりこのカードです。    

記事を読む

Comment

  1. 匿名 より:

    権現坂がサイファーシールド破壊してれば相打ちで終了に
    出来たはず。

  2. ジョージア=ネメシス=ストレンジャーズ より:

    こ・・これがペンデュラム召喚?
    アクションデュエルとは・・・

    カイト,学びながらデュエルしてる・・

    サイファー? ・・光子(フォトン)では無いのか!?

    おいっカイト! ハルトはどうした! 遊馬はっ!?

    ・・この流れ・・・もしやいずれ城之内や瀬人様にも・・?
    遊星には会えんかった様だから十代や遊戯は無理そうだが・・・

    個人的にはⅣとシャークには再会したいな。
    ・・できればアンナちゃんにも。

    エ゛ッッ!!? カイトがエクシーズ召喚を!!?
    サイファー・・・サイファーって確か,破壊や混沌をつかさどる魔神や死に神の原点・・・

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

広告1

スポンサーリンク
遊戯王カード考察:ストームサイファー デメリットだけじゃない2400打点デメリットアタッカー

今回紹介するのはストラクチャーデッキ-パワーコード・リンク-よりこのカ

遊戯王カード考察:オルターガイスト・キードゥルガー 場合によっては自爆特攻も考慮

今回紹介するのはフレイム・オブ・デストラクションよりこのカードです。

遊戯王カード考察:トポロジック・トゥリスバエナ 魔法罠を除去できる汎用LINK-3、攻撃力も高め

【お詫び:「新月」のボイスについて】 駆逐艦「新月」のボイスですが、

遊戯王VRAINS(ヴレインズ)第31話『終末のトリガー』感想

遊戯王ヴレインズ31話の感想です。 はじまったゴーストガールとリ

遊戯王カード考察:No.(ナンバーズ)5 亡朧竜(もうろうりゅう) デス・キマイラ・ドラゴン

今回紹介するのはプレミアムパック20よりこのカードです。 &nb

→もっと見る

    • 4,875,666 総合計アクセス数
PAGE TOP ↑